アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

30代の男です。
5年ほど前から短髪にしていたのですが、このたび髪を伸ばそうとしたところ
2ヶ月経っても少しまでしか伸びなくなってしまいました。
特に前頭部分が伸びなく、かつ薄いため見すぼらしい状態で困っています。
これからの季節汗をかくためさらに薄毛が顕著になり、人前でとても恥ずかしくなることになりそうです・・・
育毛剤等の対策をとったことはありません。

思い当たる要因としては以下になります。
1 生活習慣・・・昼夜逆転、睡眠時間平均4~6時間
2 ストレス・・・詳細は割愛いたしますが、外出時は特にですが、在宅時とも一人でいる時以外は強いストレスを感じがちです
3 性欲・・・性欲(男性ホルモンの分泌)が頭髪に影響するという話をよく聞きますが、人並みか少し少ない程度です
4 遺伝・・・父母祖父祖母とも問題ありません

原因と解決策をご教授いただけましたら大変助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

プロペシアを飲むか、リアップx5を塗るかが王道ですね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前頭部から抜けた髪はまたはえるの?

2年近くにわたり過剰な不規則生活・野菜の摂取を怠っており、過剰なストレスもあったためその影響でか前頭部の髪が抜け落ちてきています。
ようやくストレスから解放され生活も直りつつあるのですが、今後食生活も正していけばまた髪が生えてくることはあるのでしょうか?
またそうでなければどのようにすればいいかおしえていただけるとうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

まず,絶対条件として,毛穴が存在しなければ生えてきません。
当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが,長い間,髪の毛が生えてこない毛穴は,消えてしまうことがあるのです。
ですから,まず,毛穴があるか,確認する必要があるかもしれませんね。
ただし,発毛サロンなどで確認してもらいますと,場合によっては,脅かされ,毛穴がないのに当店の製品を購入すると生えてくると勘違いしやすい言葉で高額商品を購入させられてしまうこともないとは言えませんので,理容師か,または,美容師に確認してもらうようにしてください。
もちろん,皮膚科などの医師に確認してもらっても良いですよ。

毛穴が残っていれば,生活の改善などで,また生えてくるという考え方があります。
ただし,2年前の状態に戻すには,4年間かかってしまうと考えられています。

栄養バランスを考えた食事
「亜鉛ミネラルが良い」,「ナイアシンやビタミンB6を摂取しましょう」,「ビタミンB2は脂漏性脱毛症に有効だ」などと言われていますが,実は,栄養学的には,これらだけを充分摂取していれば良いという話ではないのです。
もし,別の栄養素で所要量(1日に摂取するべきだと定められている量)を下回ってしまうものがありますと,髪の毛にとって大切な栄養が,髪の毛まで充分に届かなくなってしまうのです。
ですから,「3日間で完璧な栄養バランスになる食事」を心がけてください。
また,たまには,栄養相談を受けるのも良いと思いますよ。
その際,各市町村の健康センターなどで定期的に行われる「無料栄養相談」(たぶん,要予約)を利用されてはいかがでしょう。
また,ご自分で調べるのでしたら,書店で食品成分表と所要量などが載っている本(1000円前後~1300円くらい)がありますので,これを購入するか,または,下記サイトなどを利用してみてください。

所要量について

第6次改定日本人の栄養所要量について(厚生労働省のサイト内)
http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9906/s0628-1_11.html

食品に含まれる栄養について

食品成分データベース
http://food.tokyo.jst.go.jp/index.html

すぐわかる栄養成分ナビゲーター(江崎グリコのサイト内)
http://www.glico.co.jp/cgi-bin/navi/gonavi.cgi

食事時刻
栄養バランスを完璧にしても,食事時刻がバラバラですと,せっかくの栄養が充分体内に取り入れられなくなってしまいます。
これは,体が食品の消化吸収する準備が出来ないためだそうです。
1週間のうち,5日間はほぼ同じ時刻に食事を取り始めるようにしてください。

睡眠
睡眠という作業は,体の修復・成育をする作業です。
そのため,極度に疲労していたりなどで,栄養とエネルギー,及び,時間を消費しないことが大切になってくると考えています。
また,食事時刻と同じで,起床時刻と就寝時刻がバラついてしまいますと,体の修復・成育の準備が整わないと考えています。
生活のリズムの原点は起床時刻ですので,まず,これを毎日ほぼ同じにすることと,その上で,起床時刻の6時間半前,8時間前,9時間半前のいずれか一つに就寝時刻を決め,その時刻には就寝するようにしてください。

精神的ストレスの解消
精神的ストレスを受けますと,血管が収縮します。
特に,髪の毛などに栄養を届けている「毛細血管」は,精神的ストレスの度合いにもよりますが,場合によっては,潰れてしまい,血流量が全くなくなってしまうこともあります。
このような状態は,精神的ストレスが解消されるまで継続されますので,早めに解消することを推奨します。
少なくとも,その日に受けた精神的ストレスは,その日のうちに解消してしまいましょう。

禁煙の勧め
喫煙者でしたら,禁煙を目指してください。
喫煙しますと,胃などの異常運動が起こることは有名だと思いますが,精神的ストレスと同じように,血管が収縮してしまうのはご存じでしょうか。
もちろん,毛細血管も影響しますので,髪の毛に栄養が届きにくくなってしまうのは,想像しやすいと思います。
禁煙することを強くお勧めしたいのですが,禁煙することが苦痛となり,精神的ストレスを受けてしまうようでは本末転倒になってしまいます。
その場合は,1時間に1本>2時間に1本>4時間に1本>・・・と言うように,減煙するようにしてください。

ここまでは,髪の毛の栄養に関することです。
また,前髪の脱毛の直接的な原因ではないと考えられますので,順次改善していけば良いと考えています。
また,髪の毛の栄養に関することまで1度に改善してしまいますと,新たな精神的ストレスになってしまう危険がありますので,ゆっくり改善していけば・・・と考えています。

ここからは,出来るだけ早く改善するようにして欲しいと考えていることを挙げていきます。

シャンプー方法の変更
前髪の脱毛原因のほとんどは,皮脂と男性ホルモンです。
この両方が揃って,初めて脱毛原因に転換されるというのが最近の考え方のようです。
つまり,皮脂が存在しないか,または,男性ホルモンと良く混じり合った古い皮脂が,毛穴に存在していなければ,脱毛原因になりにくいと考えられます。
そのため,シャンプーする際,毛穴から1日経った古い皮脂を除去するシャンプー方法をとるようにしてみてください。

1.まず,よくすすぐ
よく,シャンプー前に,汚れ落としをするという理由から,ブラッシングを推奨する記述を見ますが,汚れを落とすときの抵抗により,髪の毛の脱毛が進むことは充分考えられますので,お勧め出来ません。
また,乾燥した状態でブラッシングしますと,特に冬場は静電気が起きやすく,その静電気によって,髪の毛が傷んでしまうことがありますので,やはり,お勧め出来ないと思います。
ほとんど毎日シャンプーしている人の場合,シャンプー剤をつける前に,シャワーで頭皮を1~2分すすぎますと,皮脂以外の汚れやホコリなどは簡単に洗い流せますので,充分にすすぐようにしてください。

2.頑固な汚れは蒸しタオルで温める
工場など髪の毛が油になりやすい環境にいる人のみ,蒸しタオル(お湯に浸して水分が滴り落ちない程度に絞ったタオル)で髪の毛を包み,頑固な汚れを軟らかくしてください。

3.シャンプー剤を手にとる
ポンプ式ボトルの場合,ポンプ1回押しの量を,その他のボトルの場合,手にとったときの状態で500円玉程度の量を,手にとり,水分を数滴加え,両手でよく泡立たせてください。
量を多くしたり,水分を加えなかった理などしますと,すすぎが不充分になりやすいので,注意してください。

4.横と後ろの頭皮はゴシゴシと
指先と指の腹の中間部分,つまり,指を軽く曲げてパソコンのキーに触れる部分で,頭の横と後ろの頭皮を軽くゴシゴシ洗います。このとき,頭皮を上に集める感じで擦る感じにしてください。
なお,爪が長い場合,頭皮に爪が触れてしまうときは,指の腹を使うようにしてください

5.前頭部から頭頂部を揉み洗い
親指をコメカミから耳の後ろの間に置き(必要があれば移動して構いません),他の指を前髪の生え際に併せて置きます。(なお,指が触れている部分は,4と同じ,指先と指の腹の中間部分です)
親指以外の指がそれぞれ円を描くようにまわして,頭皮を優しくマッサージします。
次に,指1本分ツムジ側に動かし,同じように頭皮をマッサージします。
これをツムジ付近まで繰り返してください。
なお,絶対に擦らないでください。(擦ってしまいますと,髪の毛が抜けることがあるためです)
また,強くマッサージしないでください。(髪の毛の保護と角栓除去のためです)

6.皮脂の絞り出し その1
両手の親指をツムジ付近に置き,他の指を前髪の生え際に置き,頭皮をツムジ付近に集める感じでマッサージし,頭皮の皮脂を絞り出します。
次に,親指以外の指を指1本分ツムジ側に移動し,同じようにマッサージして,皮脂を絞り出してください。
これをツムジ付近まで繰り返します。
このときも,頭皮を絶対に擦らないように注意してください。

7.皮脂の絞り出し その2
まず,両手の指を両方の耳を覆うような感じで指を置き,頭皮を正中線(鼻筋の延長線上,頭の前後を通るライン)に集めるような感じでマッサージし,皮脂を絞り出します。
次に,指1本分正中線側に移動し,同じようにマッサージし,皮脂を絞り出します。
これを,正中線付近まで繰り返します。
このときも,頭皮を絶対に擦らないように注意してください。
また,この絞り出し方法をとる際には,前髪に近い正中線へ向かいながらマッサージ,次に真ん中,最後にツムジに近い正中線へと,何回かに分けてマッサージしますと,より効果的です。

8.皮脂とシャンプー剤をなじませる
最後に,絞り出された皮脂がシャンプー剤と結びつくようにするため,決して力を入れず,撫でるような感じで皮脂とシャンプー剤をなじませてください。

9.長めの髪の毛の場合のみ,髪の毛も洗う
髪の毛が長い場合のみ,手グシで梳かすような感じで髪の毛も洗ってください。

10.シャンプー剤のすすぎ
実は,このすすぎが1番重要です。
必ず,シャワーを使用してください。
シャンプー剤のすすぎは,泡が消えただけではシャンプー剤の洗浄成分が頭皮などに残ってしまい,頭皮のトラブルを招く恐れがありますので,「頭皮のみで2~3分間」すすぐようにしてください。
なお,髪の毛が長い場合のみ,髪の毛をすすぐ時間も加える必要があります。
また,もし,シャワー設備がない場合やすすぎに自信が持てないときには,1番最後に湯船に潜ってすすぐようにしてみてください。

このシャンプー方法ですと,古い皮脂の除去が可能だと考えています。
なお,くどいようですが,頭皮を洗うときもすすぎの時も,指先と指の腹の間の部分,つまり,指を軽く曲げてパソコンのキーボードに触れる部分を使用してください。
ただし,その部分を使用しても爪があたってしまうときには,爪を切るか,または,指の腹を使用してください。

あと,もう一つ,お勧めしたいのは,大豆製品の摂取です。
大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は,女性ホルモンにたいへんよく似た物質です。
女性ホルモンは,髪の毛の成育に欠かせない物質ですので,この大豆イソフラボンで代用してみてはいかがかという考えから,お勧めしたいと思っています。
ただし,生の大豆や生のまま加工した大豆は,絶対に摂取しないようにしてください。
豆類には,実は,たいへん強い毒が含まれています。
ただし,この毒は火を加えますと,消滅するものですので,煎る・煮るなどして,必ず,火を入れた製品を摂取するようにしてください。
豆まき用の大豆や納豆,豆腐,きな粉などいろいろとありますので,無理して嫌いな食べ方をせず,毎日摂取出来るようにしてください。
なお,味は保証出来ませんが・・・と言うか,はっきり言ってまずい(少なくとも,うまいものではない)と思いますが,「きな粉牛乳」を勧める人(特に医師や栄養士)が多いですね。
私は,それだったら豆腐が入っている豚汁なんかをお勧めしたいですが・・・。

まず,絶対条件として,毛穴が存在しなければ生えてきません。
当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが,長い間,髪の毛が生えてこない毛穴は,消えてしまうことがあるのです。
ですから,まず,毛穴があるか,確認する必要があるかもしれませんね。
ただし,発毛サロンなどで確認してもらいますと,場合によっては,脅かされ,毛穴がないのに当店の製品を購入すると生えてくると勘違いしやすい言葉で高額商品を購入させられてしまうこともないとは言えませんので,理容師か,または,美容師に確認...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報