最新閲覧日:

γ-GTPは、アルコールの過剰摂取で上昇すると思うのですが、その他の要因(アルコール以外)で上昇することはあるのでしょうか?

他の肝機能数値と総合的に見るべきなのでしょうが、例えば、悪性腫瘍の肝転移再発等でγ-GTPだけが特に異常に上昇することはありえますか?

そもそもγ-GTPは、アルコールにのみ反応し、その指標とする項目なのでしょうか?

質問ばかりですみません、よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

>γ-GTPは、アルコールの過剰摂取で上昇すると思うのですが、その他の要因(アルコール以外)で上昇することはあるのでしょうか?



あります。胆道系に問題を抱えた時にも良く反応します。アルコールの過剰摂取、肥満、クスリの副作用、胆管の異常などが発生している時に特に上昇しやすいです。

>そもそもγ-GTPは、アルコールにのみ反応し(以下略)

上記の通り、アルコールのみではありません。ただ、アルコール性肝障害などを発見するのに非常に便利な数値である事は確かです。ですから目安として良く用いられます。医師は当然他の検査数値も総合的に診て診断を下しますので、詳しくは必ず医師に聞いて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アルコールだけでなく、胆道系にも反応するのですね。
NET既往があるのに、最近ストレスで飲酒の機会が多く、飲み過ぎかなとも思っていました。
今回職場の健康診断で肝機能がひっかかり、特にγ-GTPが高値…今まで30を越えたことがなかったのですが、驚きの数値でした。
再検査になってしまったので、しっかり調べていただこうと思います。
大変わかりやすいご説明で助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/29 22:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報