こんにちは。
以前から気になっていることについて質問させていただきます。

今日の英語教育では「英語を英語のまま理解する」ことが重視されていると思います。
実際、私も高校生の時(もう何年も前のことですが……)英語教師からこのように教わりました。
ですが、本当にそんなことは可能なのでしょうか?
(ここでは「英語を英語のまま理解できる状態」を「英語の読書聴話の際、全ての思考が英語で行われ、一切の日本語が介在しない状態」とします。)

まず、そもそも「英語を英語のまま理解する」ことを勧める教師も自分ではおそらくできていないのではないかと思います。
もしできていたとすれば、読んだ内容を英語で自在にパラフレーズしたり、あらゆる文法事項を英語で説明したりできるはずですが、そんなことをしている教員の話は聞いたことがありません。

次に、学習者の英語力の問題があります。
ノンネイティブとして及第点と思われる英検1級であるとかTOEIC 900点台後半といったレベルは、英語話者で言えば小学校高学年程度の言語運用能力と聞きます。
その程度の能力で日本語を介在させず、英語だけで考えるのは心もとないはずです。
ましてや大学受験生やその他多くの英語学習者のレベルはこれにはるかに及ばないわけで、そうすると「小説・大人向けのニュース・マニュアル・科学論文を読み、議論する」といった多くの日本人が英語を使うと思われる状況において、母語の手助けが必要になると思います。

学習者が英語を英語のまま理解することは必要なのか、そもそも可能なのか。
皆様のご意見を聞かせてもらえますでしょうか。

A 回答 (9件)

まず、日本で国語力として小学校6年生(学校教育法の指導基準を全て理解している場合)程度の理解力があれば、普通の学問は充分に理解出来ると思います。


英語の場合、小学校(プライマリースクール)の高学年で、どの程度の語学力があるかはわかりませんが、日本の国語教育と大差なければ、普通の文書は読解できると考えて間違いないです。
また、TOEIC900点が取れる読解力があれば、普通の学問は専門用語などを辞書で補えば理解できるでしょう。(辞書は英英や英語の専門用語辞典でかまいません)
ただ、日本の英語教育の目的が英語を英語で理解する事を求めているとは思えません。
もし、そうならば、和訳などの問題は不要だからです。
問題文も英語にして、英語の穴埋め問題にするか、長文を短文に直すなどの試験にすれば良いだけです。
つまり、英語を母国語としている国の教科書をそのまま使えば良いんです。
ちなみに、小説はよほどの事が無い限り、読めますよ。(表現が難しいものは理解が難しい場合もありますが、大衆小説レベルであれば、それほど凝った表現は無いです)
英文をそのまま理解すると言うか、そのまま読み進んで、いちいち日本語に変換する必要は無いです。
日本語の文に直していると、日本語の小説を読むようなスピードでは読めません。
英語のネイティブスピーカーがどのように英文を理解しているかはわかりませんが、意味はわかるわけですから、英文で説明する事も可能でしょう。
むしろ、日本語で説明する方が難しいです。
長期間英語しか使えない環境にいれば、自然と英語のまま理解するようになるのではないでしょうか?
逆に、英語のネイティブスピーカーでも、日本語しか使えない環境に長期間いると、自然に日本語のまま理解するようになるみたいです。
完全なネイティブと同じレベルになるかはわかりませんが、普通に会話出来るレベルだと、そのようになるようです。
英語のネイティブスピーカーで、長期間日本にいた人が母国に帰った時に、友人と会話していて、相手が突然きょとんとした顔をした時があったそうです。
何故なら、その時日本語でしゃべっていたからです。
極端な専門領域の場合は、語学力と言うよりは、専門知識が必要なだけで、逆にそのような場合は、日本語でも理解出来ないでしょう。
お互いが共通の知識がある場合は、それを繋ぐ言語があれば、コミュニケーションが取れます。
それは、会話でなくても、文章でも可能なわけです。
以前、台湾のコンピューター技術者とコンピューターの設定に関してコミュニケーションを取る必要がありました。
現地技術者は、英語がしゃべれず、北京語しかできませんでした。
この場合は、会話ではコミュニケーションが取れません。
実際には、ホワイトボードで、相手が理解出来る英文を書いてコミュニケーションを取れました。
この場合は、お互いに知識はあるのですが、会話できなかっただけです。
知識はありますから、英文を書けば相手は理解できたわけです。
PC関係は、ほとんど英語の用語なので出来た事です。
ネイティブスピーカーの速度で会話する為には、ある程度はその言語で思考しないと難しいでしょう。
いちいち、母国語に直していたら、会話がゆっくりになります。
求めている語学力が、普通の速度で会話出来る事ならば、その言語で思考するというか、反応出来る能力が必要です。
ただ、極端に難しい表現をした場合は、母国語同士の会話であっても理解出来ない場合もあります。
普通の会話では、そのような場合は、何回も確認をしているはずです。(言語的に冗長な会話になっているはずです)
英語と日本語では、語順の違いがあるので、思考形式に多少の差異はあると思いますが、意味のある文章であれば、5W1Hは満たしているはずです。
特殊な慣用表現を除けば、英文をその流れのまま理解する事は可能だと思います。(この場合は英文の単語はそのまま理解する事になり、日本語にはしません)
ただ、それを日本人に説明する為には、相手がわかるレベルまで日本語に直さなければいけません。
英語圏で英語を使うだけならば、英語だけで理解出来れば足ります。
日本で、英語を使う場合は、日本語しかわからない人にも説明出来なければいけません。
日本が求めているのは、本質的には日本語と英語を両方理解出来る人材だと思いますけどね。
実は、それは結構難しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、たくさんのご回答有難うございます。
ベストアンサーですが、内容に順番を付けられなかったので最初に回答を頂いた方としました。

-----------------------

ありがとうございます。
完全な日本語にいちいち直していたら、スピードが遅すぎてついていけないというのは同意見です。
僕は自分が英文を読んでいる時、返り読みはしていないものの情報は日本語で入っていると思います。
簡単な文章でもそんなに早くは読めないので(分速200 words弱くらい?)、修行がたりないどだと思います。

お礼日時:2015/05/10 22:29

ギャル言葉、いちいち普通の言葉に翻訳している人はいないと思います。


たぶんギャル言葉のままで理解しているはずです。
文法こそ後からです。
まず言葉を覚え、話言葉の感性を身に着けてから、文法を習えば、自分の感性の確かさを確認しつつ体系的に整理できます、必然的に文法に当てはまらない例外も自然に身に付きます。
最も、このカテ内でも、母国語の日本語すら十分理解できない、使いこなせていない人がいますね。
    • good
    • 0

>もしできていたとすれば、読んだ内容を英語で自在にパラフレーズしたり、あらゆる文法事項を英語で説明したりできるはずですが、そんなことをしている教員の話は聞いたことがありません。



英語の教員免許を持っている人なら当然できると思いますが。英語のパラフレーズは大学入試で必要な場合もありますし、以前英語の授業は(文法も含めて)全て英語で行うことになったと聞いたことがあります。

>(ここでは「英語を英語のまま理解できる状態」を「英語の読書聴話の際、全ての思考が英語で行われ、一切の日本語が介在しない状態」とします。)

日本語が介在してはいけないという意味ではありません。そもそも、「日本語」で考えているかなどは証明しようがありません。
私は、文法的なことの方が重要だと思います。和訳以外の時は、英文法や英語固有の考え方を日本語の文法に置き換えない方が良いと思います。

> 学習者が英語を英語のまま理解することは必要なのか、そもそも可能なのか。
皆様のご意見を聞かせてもらえますでしょうか。

必要ですし可能です。小説や専門書などの中から興味のあるものを英語の原文で読んでみることをお勧めします。もっと手軽に英語で書かれてるサイトを読んでみるのも良いと思います。リーダーより会話の方が好きなら英語のネイティブの人とお話ししてみることをお勧めします。
    • good
    • 0

ここまで回答された皆さんは、いずれも英語の達者な方ばかりのようです。

ただ、皆さんも 日頃意識しているわけではなく、英語が上達するにつれ、気付かないうちに いつのまにか英語を英語のまま理解しているのではないかと思うんです。
ただ、私の感覚では 一種の慣れではないかと思います。
例えば、華氏100° と言っても ピンと来ませんよね。最初のうちは 摂氏に換算すると思うんです。
でも、華氏に慣れれば いちいち摂氏に換算しなくとも ピンと来るような感覚に近いとも言いましょうか....
    • good
    • 0

こんにちは。



「英語を英語のまま理解する」

ここのカテゴリでは、学校教育の範疇とは違った見方をするご意見が多いのですが、ご質問者のおっしゃる内容は、教育の問題であって、端に個人の範囲で「英語を英語のまま理解する」というご質問とは違うと、解釈しました。
『今日の英語教育では「英語を英語のまま理解する」』ということを、実際に、この言葉を確認しました。

[文科省 審議のまとめ]
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shoto …

 昔、『英語で考える』という本が出て話題になり、その後、この言葉だけが、ひとり歩きし、議論の的になってしまいましたが、調べてみると、当時の文部省の教育方針を取ったものだったそうです。そして、現代は「英語を英語のままに理解する」ということになったのかと思うと、いつまでも、現実とは乖離したところに、教育方針があるような気がしてしまいます。これは、1999年の故・小渕恵三首相による「21世紀日本の構想」懇談会によるものが多いのではないかと思います。

ここ数ヶ月、私は、大学受験の英語科の内容などをみて、50年ほど、大きな進展もなく、そのまま続いているような気がしているわけです。ここには、「英語を英語のままに理解する」の欠片も存在しません。問題は、教師側だけでなく生徒側両方にあるように感じました。ある意味では、大学受験とその受験産業こそが元凶とさえ思えてくることもあります。

 文科省は、英語教育の専門家よりも、政治的な関係者や官僚から意見を吸い上げるほうが大きいとも聞きます。しかし、学校教育周辺では、生徒自身の実力の低下のままに、10年一日のごとく、同じ教材を供給し続けているわけです。

>教師も自分ではおそらくできていないのではないかと思います。

日本の英語教師は、「英語を英語のまま理解する」ところからの教育というのは、おそらく目的化していないはずです。ただ、これをしていない現実を安易に批判するということは、私は避けたいと思うのです。つまり、その各生徒の内面的な部分を測るすべはないし、まして、あるレベルを越えるいわゆるブレークスルー(break -through)がくるまでには、学習時間が足らないからです。大阪の教育指針には、中学卒業時点で英検2級~準1級を目指すというものがありましたが、いつでも、教育は為政者のおもちゃになってしまうようです。

 2014年のNHKの朝の連ドラ『花子とアン』で、戦前の当時の授業を模したものが放映されていたけれども、後々、主人公・花子は、有名な翻訳家・村岡花子になるわけです。当時の教育は「英語を英語のままに理解する」というようなコンセプトも、「英語で考える」もなかったわけです。これは、新渡戸稲造や鈴木大拙のような人たちも同様なのです。にも関わらず、彼らの語学力は、今でも、遜色ないと思うのです。
 そして、今、現在、明治・大正・昭和に排出した語学の達人に匹敵する人物は、平成の世に現れたのだろうか、と疑問に思うのです。

>ノンネイティブとして及第点と思われる英検1級であるとかTOEIC 900点台後半といったレベルは、英語話者で言えば小学校高学年程度の言語運用能力と聞きます。
>その程度の能力で日本語を介在させず、英語だけで考えるのは心もとないはずです。

「英語を英語のままに理解する」ことが可能か、可能でないかは、優秀なここの回答者なら可能かもしれませんが、理解すると同時にどの程度解釈しているかにもよります。ご質問者が指摘するように、日本人が、本当に、英検1級レベルで、英語ネイティブの小学生高学年レベルの「知能」「知恵」しか持たないのでしたら、「英語を英語のまま理解した」としても、その程度の反応しか見られないはずです。

 ここは、第二言語習得(SLA)論と外国語習得論との違いになるのですが、私たちの社会的知識・常識は、英語で学習しているわけではありません。私たちの、科学・政治・環境などの諸問題についての考察が、英語ネイティブの12歳程度の知能しかないのだ、という考えなら、場合によって、英語を基準とする英米の白人至上主義や植民地主義に従うことになりかねないのです。一部では、英語帝国主義と呼ばれているそうです。

 日本語を母語として使う日本人は、あくまでも、英語は、外国語であるという立場であり、シンガポールやインドのような第二言語ではありません。これは、英語で考えるとか日本語を介さないというような学習方法とは意味が違うわけです。「母語習得」「第二言語習得」「外国語習得」では、それぞれの置かれているステージも方法も違います。昨今、第二言語習得論が賑やかですが、それは、非常に手の込んだ、一種の「亡国論」としか思えないのは、お互いの母語のコミニュケーションに潜む情感を否定し、自国の文化を評価せずに、見せかけの英米の価値観のみを優先させるということが多いのです。以前、「楽天」の朝の朝礼が、CNNのキョンラー氏にどのように報道されていたかは、想像に難くありません。しかしながら、もっと最悪なのは、一見、日本や東洋を理解しているように振りをして、まったくデタラメか、日本文化もどきや東洋文化をもどきを、英語で聞かせられ、それを気づかない日本人がいることほど、屈辱的なことはないはずなのです。ルース・ベネディクトの『菊と刀』などは、その代表作ではないでしょうか。

日本の技術が、英語を通してのみ行われているとするなら、日本は、常に欧米に追従していくだけになってしまいかねません。英米の学者の一部は、日本を含むアジアの諸国の人々は、かつて能力的に科学的思考に劣ると言われました。その後、その統計調査対象の偏りがあること指摘されました。また、英語学習の臨界期説の根拠になった、アジア人や日本人の語学習得期に関しても、在米中国人の特定の団体の人々をもとに行われたものであり、日本の英語早教育に採用するほどの根拠には乏しいことが判明しました。しかし、現在も、こうした考えたは、定説として続いているようです。

>「小説・大人向けのニュース・マニュアル・科学論文を読み、議論する」といった多くの日本人が英語を使うと思われる状況において、母語の手助けが必要になると思います。

 昨今、英語学習者は、あまりにも、内言語または内的言語について、こだわりすぎるように思うのです。私たちの思考自体が、厳密に日本語文法を通した日本語ではなく、あくまでも、「外に現れる言葉」に対する「言語以前」のもののはずです。「英語で考える」というスローガンの際にも、あれこれと議論し尽くしたことではあるけれども、表層的な問題で英語だの日本語だのというレベルの話ではなかったはずなのです。それと同じことで、私たちの知識や教養を、英語モードであろうが、母語の日本語であろうが、それは、完全な一つの言語として体系的に脳内で処理されているわけではありません。英語にならないのは、英語で記憶していないからだと思い込んでいる人もいるようですが、それはあくまでも、語学力自体の問題です。それが、全部英語モードに置き換えられたとしても、記憶の言語は、あまり重要ではないと思うのです。

教育界で「英語を英語のままに理解する」というのは、ある種のプロパガンダなのだろうと思います。それは、第二言語習得論であり、それで以って、外国語学習に当てはめることは本来はありえないのです。
    • good
    • 0

>「英語を英語のまま理解する」本当にそんなことは可能なのでしょうか?


可能です。少なくとも学習者としては、これが出来ると仮定し、出来るとすればどういった状態なのかを絶えず想定し、且つ、これを最終目標として、研鑽を積むべきだと思います。

「英語を英語のまま理解する」とは「文字にとらわれずに、意味を捉えること」だと思います。
日本語を使用する際、無意識に行っている上記の作業を、英語でも出来る様にすること、だと私は思っています。

>読んだ内容を英語で自在にパラフレーズしたり、あらゆる文法事項を英語で説明したりできるはずですが、
あらゆる文法事項を英語で説明できることと、「英語を英語のまま理解すること」は別の技能だと思います。ただ英語を英語のまま理解していれば、パラフレーズは簡単に出来ると思います。

>「小説・大人向けのニュース・マニュアル・科学論文を読み、議論する」といった多くの日本人が英語を使うと思われる状況において、母語の手助けが必要になると思います。
「母語の手助けを必要とする」というよりは「母語を通して得た知識・概念の手を借りながら英語で理解していく」と言う作業になると思います。学術論文やニュースの中には、そもそも背景知識がないと理解できない物もあります、ネイティブでも門外漢なら理解できないでしょう。英語力というより、知識の部分で理解できない。言語の運用能力としては、ネイティブの小中学生程度あれば、「英語を英語のまま理解すること」は可能なのだと思います。

私は「英語を英語のまま理解する」は可能であると思います。
必要かどうかは、個人個人でそのレベルにまで達したいのかどうか、によって答えは変わってくると思います。
    • good
    • 0

一つの意見です。




「英語のまま理解する、英語だけで考える」ことができる、というのがどんな状態を意味しているかについては、きっと誰も(もしかしたら文部科学省の方さえ)、さほど明確には捉えていないし、あえて明確化しようとする動きもこれまでなかったのかもしれませんね。

他のご回答にもあるように和訳の試験問題などもありますし、英語で考えるとはいっても、「日本国民である英語学習者は日本語も使う」ことが前提になっているようにも思います。そんな中でなお「英語のまま」と言うのは、精神的な目標であり、具体的に幾ら以上のグレードになったら目標が達成された…という趣旨ではないのかもしれません。

そうだとすれば、学校時代の英語教師の能力がどれだけ低かったとしても、遠い将来の理想像として示しているだけなのだから関係なく、英語の習得に際しての目標というよりは、この国における教育行政を執行・推進していく上で利用される指針に過ぎないのかもしれません(ご質問の目標のみに関して考えれば、という意味です)。


また、全てのコミュニケーションを英語で行っている人には遠く及ばないながらも、英語の基礎を学習中の人でさえ、部分的には英語のまま理解しているところもあるように思うので、指摘しておきたいと思います。

ごく短い文、例えば Let's go. とか now on sale とか label(レーベル)といった言葉は、日本語の会話をしている最中にもよく出てきます。ひとたび意味を知ってしまえば、それ以上深く考えることもないでしょう。たったこれだけの知識であっても、英語に全く触れる機会のない地球上の地域の人たちからすると、とても英語に詳しいことになるのかも。

How are you? とか Good morning. は、いわゆる決まり文句でもあるので、イチイチ単語にばらして意味を検討したり、「良い朝ですね」とか考える人もいないでしょうね。

これが、2 行、3 行、4 行と長く続く文になっていくと、素早く理解できる人数の割合が徐々に減っていくでしょうね。語彙とか文法とかいろんな要素はあるでしょうが、「英語のままで理解する」ということと「すぐに理解できる文の長さ」には、ある程度の相関関係があるかもしれませんね。

つまり、身に付けた英語の実用性を度外視すれば、「英語のまま理解」と一口に言っても、様々な水準があり得るとも考えられそうです。部分的に英語のまま理解しても残りは理解できないなら、日本語などで補うほかないけれども、補うことが許容されるかどうかは、冒頭にも申し上げたとおり明確化されていないのではないでしょうか。
    • good
    • 1

「英語を英語のまま理解する」ことを実践して30年以上が経つ米国在住の者です。

私は英語の使用者であって学習者ではありません。

> 本当にそんなことは可能なのでしょうか?

日本人である私がやっているのだから不可能なはずはありません。ただしすぐにできたわけではありません。私は中一の頃から Sesame Street やTVドラマを英語で視聴し、高二の頃からペーパーバックの多読を始めて英語を英語の語順通りに理解する訓練を自分でやって、「英語を英語のまま理解する」ことができるようになったのはまだ日本に住んでいるときでした。確かに努力はしましたが、自分の好きなことばかりやっていたので決して「苦」に感じたことはありません。英検などの試験で点数を稼ぐ勉強をやっていたら英語が嫌いになると思ったので全然受けていません。

> まず、そもそも「英語を英語のまま理解する」ことを勧める教師も自分ではおそらくできていないのではないかと思います。

私もそう思います。「英語を英語のまま理解する」ことができれば世界が広がるので、教師以外の仕事に就けたのではないでしょうか。

> その程度の能力で日本語を介在させず、英語だけで考えるのは心もとないはずです。

私の能力がどの程度だったのか知りませんが、私は日本語を介さないことで非常に楽になりました。試験問題の長文を読むよりペーパーバック一冊読む方がよっぽど楽だし楽しめると思います。

英語で会話するときも全く日本語を介したり (頭の中で訳したり) することはありません。日本語で何というか知らない単語は山ほどあります。

またこれができるようになると英語を聞き流しただけでもかなりの情報量が頭の中に入ってきます。できない人達にとっては聞き流しは「馬の耳に念仏」状態だし、自分ではインプットの量が多いと思っていても実際にはインプットの絶対量は皆無に近いのです。

> 学習者が英語を英語のまま理解することは必要なのか

可能であることはお話ししましたが、必要かどうかは本人の意思次第です。少なくとも学校の授業を受けるだけではできるようにはならないので個人個人で努力する以外に方法はありません。英語の使用者になりたいなら「英語を英語のまま理解」できるようになることが圧倒的に有利です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。英語圏在住の方の考えが聞けて嬉しいです。

>「英語を英語のまま理解する」ことができれば世界が広がるので、教師以外の仕事に就けたのではないでしょうか。
教師は「英語を英語のまま理解する」ことを勧めるものの、「『英語を英語のまま理解する』ことができれば世界が広がるので、教師以外の仕事に就けた」、というのは皮肉なことですね。

僕はまだペーパーバックを辞書なしで読むとなんとかストーリーは追える程度の能力しか無いのでもっと量を実践する必要があるなあと考えています。

お礼日時:2015/05/10 22:57

「英語を英語のまま理解する」というのはそんなに難しいことを


言っているわけではないと思います。

例えば、関係代名詞を含んだ次のような文があるとします。
I know an American boy who speaks fluent Japanese.

こういう文を日本語に訳す場合、関係代名詞の後ろを先に訳して
から「アメリカ人の男の子」を後で訳し、「私は、流ちょうな日
本語を話すアメリカ人の男の子を知っている」となりますが、そ
ういう英文和訳的な理解のしかたではなく、先に I know an
American boy を理解してから who 以下の節を理解する、という
ように、文を前から理解することが「英語を英語のまま理解する」
の意味だと思います。

私は、英検一級には落ちましたから、語彙も少なく、それほど英語
が使いこなせるわけではありませんが、それでも、たいていは意思
疎通ができます。

英語で話したり書いたりするときには、いちいち日本語で考えてか
ら英訳しているわけではありません。基本的には英語で考えています。

ただ、英語でどういうのかわからないときは日本語をまず考えてから、
英語でどう言えばいいか考える場合もあります。

英検1級に合格するのは簡単ではありませんし、また、英検1級レベ
ルじゃないと役に立たないというのも違うと思います。TOEIC800
点くらいでも、英語を使って仕事をしている人達がたくさんいます。

英語を使うと言うことをそんなに難しく考えないで、楽しく勉強なさ
ってはいかがでしょうか?

Hope it helps.

Hirashin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
>英語を使うと言うことをそんなに難しく考えないで、楽しく勉強なさ
ってはいかがでしょうか?

質問内容から誤解を産んでしまったかもしれませんが、僕は英語は楽しんで学んでますv
(綴りと発音の乖離だけは本当にイライラしますが・・・)

>I know an American boy who speaks fluent Japanese.
これを見た時、「話者にはアメリカ人の男の子の知り合いがいて、その人は日本語を上手に話すんだなあ」というように理解することはできます(厳密には制限用法と非制限用法の違いがありますが)。
結局、僕の脳内ではフレーズごとに瞬間的に日本語に直っていて、それを英語で出てくる順番通りに解釈しなおしていると思います。
これは英語のまま理解したことにはならないんじゃないかなあ、と思います。

お礼日時:2015/05/10 22:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語を英語のまま理解する事について。 よく、英語を出来るようにするには訳すのではなく英語を英語のまま

英語を英語のまま理解する事について。
よく、英語を出来るようにするには訳すのではなく英語を英語のまま頭の中でイメージしろという話をよく聞くんですが正直言って無理じゃないですか?
確かに、名詞、特にAppleなどの名詞なら頭にぽんと浮かばせる事は出来ると思いますが以下の文章

Some critics argue that all television is harmful to children.

「全てのテレビは子供に有害であると主張する批評家もいる。」こんな堅苦しい文章をどうやって訳さずに頭でイメージしろと言うんでしょうか。
私は少なくとも日本人には無理だと思います。
皆さんは英語のまま理解する事についてどう思っていますか?

Aベストアンサー

No. 3 です。

> とりあえず、英長文の中で単語、文法、構造などを全て理解してスラッシュリーディングでなるべく英語のまま何度も読んでたら本当に微かですがモヤッと訳さなくてもイメージ出来たのですがこれは一歩前進したという事でいいんでしょうか?

そうですね。主語と動詞に注目するのはそれらが文章の「核」だからです。[主語] が [動詞] をする。

何かが何かをする。

Some critics argue that all television is harmful to children.

の場合は、Some critics が argue する。何を? that 以下のこと (塊) を。... のように順番通りに、しかも一語一語ではなくある程度の塊 (チャンク) を意識しながら読んでいきます。(主語と動詞が何かを取り違えると文章の意味が取れなくなります。) 慣れてくればここで書いているような日本語のト書きさえ頭に思い浮かべる必要もなくなります。また、文型は何かを意識することなく理解できるようになります。

ただし受験用の英長文を読んでいる限りは自然な英語表現に慣れることはないと考えてください。ネイティヴが最初から英語で書いた文章ではないからです。ネイティヴが書く英文といえども、インターネット上にはコメント欄に見るような句読点もない無茶苦茶な文章がありふれています。プロが書いた小説を私が勧めるのはそのためです。受験勉強している最中はそういうものを読んでいる時間はないでしょうが、もし受験勉強から解放されても英語の勉強を続ける意志がおありなら是非多読・多聴をお試しください。

https://youtu.be/oB-CmXi8wWA

No. 3 です。

> とりあえず、英長文の中で単語、文法、構造などを全て理解してスラッシュリーディングでなるべく英語のまま何度も読んでたら本当に微かですがモヤッと訳さなくてもイメージ出来たのですがこれは一歩前進したという事でいいんでしょうか?

そうですね。主語と動詞に注目するのはそれらが文章の「核」だからです。[主語] が [動詞] をする。

何かが何かをする。

Some critics argue that all television is harmful to children.

の場合は、Some critics が argue する。何を? that 以下のこ...続きを読む

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q英語を英語のまま理解する感覚とは

英語を英語のまま理解する感覚とは

こんにちは。私たちが学校で英語を習った時は英語を日本語に訳しながら理解してきました。そして、NHKの英語の講座でさえ、題材的には学校で習う英語よりも実用的ですが、それでも日本語に訳しながら理解するという姿勢は変わりません。

しかし、いちいち訳していては洋書を読むにも会話をするにしても限界がありますよね。例えば" I love you."程度の簡単な英文なら英語のまま理解できる人が多くとも、内容的に抽象的で複雑な文章だと どうしても訳さないと分らないことが多いかと思います。そこで質問です。英語の得意な皆さんは どのよう練習をして 英語を英語のまま理解できるようになりましたか?

Aベストアンサー

>皆さんは どのよう練習をして 英語を英語のまま理解できるようになりましたか?

経験談の募集ですね。

中学時代ペンパルが3人いました。アメリカとオーストラリアです。手紙がくれば一生懸命読むし、書くのも頭使うし、文章は教科書と違うな、と実地で勉強になりました。

ビデオのない時代でしたが、教育テレビで原語で映画があると、字幕読みながら英語を聞いていて、直訳ではないのだと理解しました。日本文化に合わせて、意訳してますよね。それで、日本語=英語と訳すこと自体が無理で、一回壊して再構築するものだと理解しました。

Sorry, I'm late.と家族が食卓についたところに娘が帰宅しました。その字幕が、「ただいま」。で、その逆はありえない。

その後は、映画を見てもシーンと会話、仕草、感情のみを英語のフレーズで理解するだけで、これは日本語では、と日本語を介在させていません。

頭のスイッチを英語に替えるために、階段上る時とか、お風呂につかる時、数を英語で数えました。カレンダーの日にちを全部英語で言ったり。
ピアノの練習の前に、指使いの練習ありますよね、あれと同じです。
スイッチが入ったら、目に見えるものすべて、英語で考えました。月が見えたらmoon、外が真っ暗だったらit's dark outside.考えても語彙が少な過ぎて穴だらけですから、そこを調べて埋めました。

またフレーズでないと使えない物も多く、none of your businessとか、少しづつフレーズを増やし、あとは繰り返し繰り返し、同じコマーシャル・ソングを歌うとか、ギャグが同じパターンのコメディを見ると、英語の理解が向上したようです。

3D絵画で、視点を寄せていくとある地点で、突然2Dだった物が、深さを増して3Dに見えるのがありますよね、(日本語で何ていうのですか?)その感覚でした。ある日突然、見るもの聞く物がわかるようになって、あれ、何で今まで見えなかったんだろうという感じです。努力が報われた、ではなく、時期が来たらおムツが取れたみたいでした。

>皆さんは どのよう練習をして 英語を英語のまま理解できるようになりましたか?

経験談の募集ですね。

中学時代ペンパルが3人いました。アメリカとオーストラリアです。手紙がくれば一生懸命読むし、書くのも頭使うし、文章は教科書と違うな、と実地で勉強になりました。

ビデオのない時代でしたが、教育テレビで原語で映画があると、字幕読みながら英語を聞いていて、直訳ではないのだと理解しました。日本文化に合わせて、意訳してますよね。それで、日本語=英語と訳すこと自体が無理で、一回壊して再構...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q「英語」を「英語」のまま効率よく理解するためには?

「英語」を「英語」のまま効率よく理解するためには?

私はある程度英語の基礎が出来上がってるので英語が全く分からないわけではないですが、やっぱりどうしても英語→日本語→理解となるので長文もあまり早く読めません(英語を英語のまま読むと内容が頭に入っていきません)。。
外国人の友達とメールしててもどうしても本質の英語を知りたいので日本語だとどのようなニュアンスやフィーリングになるのかばかり考えてしまいます・・

最近では英和辞書も使っていません。
なるべく英英辞書を使うようにしていますが。。

この前TOEICがあったのですが私の友達はあまり勉強していなくて860くらいだったらしいのですが私はかなり勉強したのにそれでも575で前回うけた時より下がっていてショックでした。。

そこで勉強の仕方が効率悪いのかなと思い効率的に勉強するにはどうしたらよいかアドバイスいただきたいと思います。。

また、今度初めてTOEFLの試験をうけるのですが今からどのような勉強をすればいいか教えてください!

あとリスニングアップとしてNHKがいいと聞いたんですが何日の何時から放送されているのか分かりましたら教えてください!
よろしくお願いします。。

「英語」を「英語」のまま効率よく理解するためには?

私はある程度英語の基礎が出来上がってるので英語が全く分からないわけではないですが、やっぱりどうしても英語→日本語→理解となるので長文もあまり早く読めません(英語を英語のまま読むと内容が頭に入っていきません)。。
外国人の友達とメールしててもどうしても本質の英語を知りたいので日本語だとどのようなニュアンスやフィーリングになるのかばかり考えてしまいます・・

最近では英和辞書も使っていません。
なるべく英英辞書を使うようにしていま...続きを読む

Aベストアンサー

そのイライラ感、まるで手に取るようにわかります。
もう文法は十分勉強されましたか? 基本的な文法項目は穴がないという前提でお話します。
(高校終了程度の文法力があれば十分です、あとはボキャブラリーとの勝負です)

簡単な英文をたくさん読む。そして自分で問題を作って回答する いわば一人英会話などどうでしょう?
(私が昔良くやった練習です)

例えば、Yahoo! Answersという「教えてgoo」の英語版みたいなサイトがあります。
http://answers.yahoo.com/

その中でわかり易そうな質問を選んで読んでみましょう。例えばこれ。
http://answers.yahoo.com/question/index;_ylt=AtqICnMgfagcmlNHSqnR3D_j1KIX;_ylv=3?qid=20100224025400AAWr1tw

Open Question
Whats an average cost for tattoo removal? i have a small black tat on my hand.

Answers
depends on the size. You also have to go in multiple times to get it removed, you dont just go in once and its gone like magic.
They run from $200-$1200

読まれましたか。英文のピリオドまで読み終えると同時に情景が頭の中へ入ってくるようにして下さい。(TOEICでは速読が要求されますよね)
帰り読みは禁止です。きれいな日本語に訳す必要もさらさらありません。実際の英会話では英文解釈など必要ありません。
TOEICにも日本語に訳せなどという問題は出ません。
日本語だとどのようなニュアンスやフィーリングになるのかばかり、と言っておられますが、英文解釈は「無駄」です。
ただ、頭の中で何が話されているか、話題になっているかを(映画のように)思い浮かべてください。

質問は、手にある刺青(tattoo)を消したいんだけど、お金がいくらかかる? ということですね。

それに対して最初の回答は 大きさによるね。消すのに何回か(クリニックでしょうか?)通わないとダメだよ(have to go in multiple times)
と答えてますね。最後に値段は$200から$1200だと回答してます。

キーになる表現もありますね。刺青を消す はget + 目的語 + 過去分詞を使ってますよ。
あと(さすが)ネイティブならではの表現もありますね。go in multiple times(何回か通う)goの後のclinic とかを省略しているんでしょうか。
単に英作文しているだけではなかなか思い浮かばない表現ですよね。いいもの見っけ、てな感じで覚えちゃいましょう。
他にもgone like magic(魔法のように)きれいに消えるぜ とか、値段でrunを使ってるのも新鮮だと思いませんか?(run from で辞書を引いてみて下さい)
いくら なのにhow much ではないですね。Whats an average cost for ?ですか。これも実際の会話で使えそうだと思いませんか?
そういう 新鮮そのもの「生きた」フレーズをどんどんチェックしましょう。下手な会話本よりずっと役立ちますよ。

さて、ここからが本番です。
今読んだこの英文の内容を本当に理解しているかを確認するために、自分で「英語で」問いを作ってそれに「英語で」答えるのです。
それを出来るだけ早くできるように練習します。
(英語が得意な人が回りにいるなら、その方に質問を出してもらってそれに答える、ということもできますね)

例えば、質問者はどうしたいと思っているのでしょうか?- 刺青を消したいと思っています だったら

What does the questioner want to do? - He or she want to get the tattoo removed. 

などと言えるでしょう。

他にも、自分が質問者になったつもりで どうしたら刺青って消えるの? クリニックに何回か通うことさ だったら

How can I get my removed? - You've got to go to a clinic in multiple times.

と言えますよね。
こんな感じで質疑応答(大げさですが)を繰り返してみて下さい。

こういうのをすばやくできるように、実際に声に出して(これが大事)やるのです。つまったら練習が足りない証拠。
最初はゆっくり、そしてスピードをどんどん上げていってください。
前にも書きましたが、英語はお稽古ごとです。(その意味で、学校でやっている英語授業はダメです。あれでは上手くなりません)
練習量がすべてです。
何時間やればいい?という疑問も無意味です。出来るまで、納得のいくまでやるのです。(何時間練習すればカーブが投げられるようになりますかと監督に聞く野球選手はいないでしょう)
これは貴方が 効率的という聞き方をされていたから書くのですが、効率的な上達法など 無いです。
本当に英語をマスターされたいならば、自分で納得のいくまで練習されるより他には無い と 確信を持って言えます。

頑張ってください。

そのイライラ感、まるで手に取るようにわかります。
もう文法は十分勉強されましたか? 基本的な文法項目は穴がないという前提でお話します。
(高校終了程度の文法力があれば十分です、あとはボキャブラリーとの勝負です)

簡単な英文をたくさん読む。そして自分で問題を作って回答する いわば一人英会話などどうでしょう?
(私が昔良くやった練習です)

例えば、Yahoo! Answersという「教えてgoo」の英語版みたいなサイトがあります。
http://answers.yahoo.com/

その中でわかり易そうな質問を...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q英語を英語のままで理解するということについて

早稲田法学部を目指している受験生ですが、現在の大学受験の英語の長文とかでは英語を英語のまま読んで理解できないと太刀打ちできないのですか?

現在私は、

例 Look at /the policeman /who /is strolling/ around the parking lot.
見ろ/警官を/そいつは/歩いている/駐車場を

のように切れそうなとこで切って、英語を見ながら頭の中で訳してスタイルを取っているのですが、どうも和田秀樹さんの本、「絶対基礎力をつける勉強法」「和田式 受験英語攻略法」や大岩秀樹さんの「大岩のいちばんはじめの英語長文」とかでは、「まず英語をカタマリを意識しながら音読してカタマリごとに意味を思い浮かべる練習をする。やがていちいち和訳を考えない直読直解ができるようになる」等と書いてあるんですが、受験英語ではそこまでやる必要があるんですか?!
という事は実際の入試では心の中で英語の発音をし、意味をとれるようにしていかなければいかないのですか????

今までの自分のやり方が普通だと思っていたのでショックを受けています。
どうか、英語に詳しい方、早稲田とか受かった方、直読直解ができるようになるためのより具体的な勉強法を教えてください。お願いします。本当に困っています。

早稲田法学部を目指している受験生ですが、現在の大学受験の英語の長文とかでは英語を英語のまま読んで理解できないと太刀打ちできないのですか?

現在私は、

例 Look at /the policeman /who /is strolling/ around the parking lot.
見ろ/警官を/そいつは/歩いている/駐車場を

のように切れそうなとこで切って、英語を見ながら頭の中で訳してスタイルを取っているのですが、どうも和田秀樹さんの本、「絶対基礎力をつける勉強法」「和田式 受験英語攻略法」や大岩秀樹さんの「大岩のいちばんはじめ...続きを読む

Aベストアンサー

apple という単語を見て「リンゴ」という訳語を思い浮かべないでしょう。

Look at the policeman. はどうですか?日本語に置き換えないと気が済みませんか。
He is strolling around the parking lot. はどうでしょう。

おそらくあなたは気づかずに英語を英語で理解しているはずです。

もし、易しい英文でも日本語に置き換える癖があるなら、易しい文章でしかもよく知っている内容(得意分野のことを書いた文章やおとぎ話など)の英文を、速読する練習をしたほうがいいでしょう。

早稲田の入試の英文をいちいち和訳する読み方をしていたら時間がいくらあっても足りませんよ。

少なくともあなたが例に挙げた文なら、 Look at the policeman /who is strolling around the parking lot.ぐらいの区切りで読んでみる努力を重ねてください。

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q英語→日本語で理解するのではなく英語→英語で理解できるようになりたいです。

私は最近英語を話せるようになりたくて英語ばっかりしています。
英語は得意ではないですが外国人の先生と喋ったりするのが好きです。

やっている事は考えている事を英語で考えてみたり目に見えたものを英語にしてみたりあとは洋書を読んだりしています。

学校で習うような英語→日本語ではいつまでたっても日本語に直してからしかできなさそうなので自分で英語→英語で理解できるように勉強しています。

なので洋書を読む時に分からない単語は英英辞書を使うようにしているのですがそれで理解できるのもあれば理解出来ないのもあります。

例えばprairieを英英辞書で引くと
a wide open area of fairly flat land in Norh America which is covered in grass or wheat
と出てきます。
そこで分からない単語が出てきたら更に調べてというのを繰り返すのですが最終的にこの単語は分からなかったので英和辞書で調べると大草原と出てきてなるほどーとやっと英英辞書で出てきた文の理解が出来るのですがこんなやり方でいいのでしょうか??
その後はprairie=大草原ではなくprairie=広いところに草がはえているイメージで覚える(?)ようにしています。
こんなんでいいのでしょうか??効果はありますか?

あとテレビでやっている映画を副音声の英語で見たりしています。
これは効果はありますか??

今週末から留学に6週間行くのですがその帰ってきた後に日本にいながらでも英語を話せるようになりたいんです。

日本語が変な文章でごめんなさい。

私は最近英語を話せるようになりたくて英語ばっかりしています。
英語は得意ではないですが外国人の先生と喋ったりするのが好きです。

やっている事は考えている事を英語で考えてみたり目に見えたものを英語にしてみたりあとは洋書を読んだりしています。

学校で習うような英語→日本語ではいつまでたっても日本語に直してからしかできなさそうなので自分で英語→英語で理解できるように勉強しています。

なので洋書を読む時に分からない単語は英英辞書を使うようにしているのですがそれで理解できるのも...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は英英辞典がなかなか使えませんでした。
どう活用したらいいのかが分からなかったからです。
ライティングの勉強をするようになってから、使い方が分かった気がします。
どういう場合にどの単語を、どうやって使うのか。
似た意味を持つ単語の違いは何なのか。
こうしたことは、英和や和英の辞書だけだと分かりにくいのです。

よく「英和は使わず英英で調べろ」とアドバイスされるのですが、
そんなこと言ったって分かりにくいんだもん~、ということで、
「英和で見て英英で見る」という風にやっています。
※これでも間違いは減らせます。

“英語→日本語で理解するのではなく英語→英語で理解”は、
star→つまり星→ゆえに☆でなく、star→☆(夜空にあるあれ)
と、間の「つまり星」を考える時間を短縮するか、省略するかできれば良いのだと思います。

簡単なのなら出来ますよね?
I love you.
「ええっとIが私で、loveが愛するで、youはあなただから」とか
「Iは一人称でyouは二人称でloveは現在形だから」とか考えませんよね?
自分が理解できる内容で、よく目にしていて、
「目と頭が慣れているから」なんじゃないでしょうか。

「目と頭」あるいは「耳と頭」が慣れると、日本語で訳文を作らなくてもそのまま理解できるようになります。
音読が良いといわれていますよ。

でも、「頭と口」が慣れていないと、喋れるようにならないんだな、これが。

http://www.linkage-club.co.jp/Material/Essays/slashreading.htm
http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20item15.htm

こんにちは。
私は英英辞典がなかなか使えませんでした。
どう活用したらいいのかが分からなかったからです。
ライティングの勉強をするようになってから、使い方が分かった気がします。
どういう場合にどの単語を、どうやって使うのか。
似た意味を持つ単語の違いは何なのか。
こうしたことは、英和や和英の辞書だけだと分かりにくいのです。

よく「英和は使わず英英で調べろ」とアドバイスされるのですが、
そんなこと言ったって分かりにくいんだもん~、ということで、
「英和で見て英英で見る」と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報