最新閲覧日:

外断熱の家にも、色々種類があると思うのですが、実際住んでみて住み心地はどうなんでしょう?
内断熱と外断熱とでは、住み心地に何か違いがあるのでしょうか?
やはり、色々な文献に書いてあるように、外断熱の家は日本の気候に適しているのですか?
今までの家は、ほとんどが内断熱で建てられている様なのですが、やはりこれからは外断熱の時代が来るのでしょうか?
外断熱の短所と、内断熱の長所も、ぜひ教えていただきたいと思います。  
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

私も,ユーザーとして,外断熱に興味を持っている一人です.


私が自信をもって言えるのは,外断熱の欠点は,施工費が非常に割高に
なるという点くらいです.
しかし,冬の暖房費や夏の冷房費などが内断熱に比べて節約できるので,
ランニングコストまで併せて考えると少しは価格のデメリットが打ち消され
そうですが,あまり劇的にその差が縮まるということではなさそうです.

さらに,一口に外断熱といっても,一戸建て住宅の場合は,さまざまな
工法が存在します.

ところで,研究の第一人者は,お茶の水女子大学生活科学部教授の
田中辰明さんと言われています.
検索エンジンで,この人の名前からサイトを探していくと,今後も最新の
情報が得られるのではないかと予想しています.
ちなみに,参考URLは,そのキーワードから行き着いたサイトです.

▼外断熱のブームのきっかけを作ったと思われるテレビ番組
http://www.izzat.co.jp/nittere.htm

参考URL:http://www.sotodan.com/,http://www.ko-bunsha.com …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
外断熱の施工費って、何でそんなに割高になるんでしょうね。
家を 建てるには、どっちにしてもかなりのお金が必要ですが、実際に建てるとなれば迷いますよね。
色々なサイトを 教えていただいたので、またゆっくりと見ていきたいと思います。

お礼日時:2001/06/14 23:58

 「色々な文献」は参考にはなりますが、例えば外断熱工法を施工している建設会社のオヤジが書いたりしていますのでかなり一方的ですよね。


 コンクリート住宅なら外断熱が必須と思いますが、木造住宅なら内断熱(正確には柱間断熱)で良いと思います。但し断熱材は湿気を吸収しない物(硬質発泡ウレタンボードなど)が望ましいと思いますが。
 全ての住宅が外断熱になっていくのではなく、その住宅で使われる構造材の特性によって内断熱と外断熱を選ぶのが合理的と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
そうなんですよ、一方的に書かれたものには、やはり長所が並べてあってなかなか素人には、それがすべて本当なのかが分らないんですよね。
内断熱の断熱材というと、あの黄色いグラスウールなどの綿のような物だけなのかと思っていたら、他にも色々種類があるのですね。

お礼日時:2001/06/14 23:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報