3日ほど前にCMで見たんですが、確かおすぎさん?が
「終わる20分前には、涙でスクリーンが見えなくなる」みたいな感じで言っていた映画のタイトルが気になるんです。
確か、戦争ものみたいな感じだったと思います。
分かる方がいらっしゃったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。



ohbayuさんの気になさっている映画は【ブラザーフッド】という韓国映画ですね。韓国映画史上最高の観客動員数(約1,300万人)を動員したそうです。6月26日から全国ロードショーです。

「ブラザーフッド」
http://www.brotherhood-movie.jp/

今韓国映画はすごい人気をはくしています。今月5日から公開されている【実尾島(シルミド)】もその1つです。こちらもブラザーフッドと同じく1,200万人と言う驚異的大ヒットをとばした映画です。

「実尾島(シルミド)」
http://www.silmido-movie.jp/

それではより良い映画環境である事をm(._.)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これです!6月26日からというのは覚えていましたので。
韓国映画は凄いですね…。
実尾島の公式サイトも後で見たいと思います、ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/19 12:48

こんにちは


「ブラザーフッド」です。韓国映画ですよ。
なかなか面白そうなので、私も期待しています。

参考URL:http://www.brotherhood-movie.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
面白そうですよね~。
上映してすぐは人が多そうなので、間をおいて観に行きたいと思ってます。

お礼日時:2004/06/19 12:49

ブラザーフッドじゃなかったかと・・・・



参考URL:http://www.brotherhood-movie.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
公式サイトも後でじっくり見たいと思います。

お礼日時:2004/06/19 12:47

ブラザーフット?



参考URL:http://www.tamoap.com/zakka/drama00057.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
URLも参考になりました、本当に感動するんですねぇ…。

お礼日時:2004/06/19 12:46

ブラザーフッドだと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。
ブラザーフッドっていうんですね。

お礼日時:2004/06/19 12:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悲しい日本の太平洋戦争の戦争映画

悲しい日本の太平洋戦争の戦争映画
40代です。もう40年以上前、ほんの幼少のころ、小学校前にみたテレビです。映画かドラマかです。

子供にはあまりにも凄惨なシーンでした。
日本軍の輸送機に何人の兵士が搭乗しています。
途中米戦闘機に襲撃され、機銃が胴体を貫通して中の兵士が死亡します。
操縦士は無事で機は被弾しながらもなんとか飛行をつづけます。

おどろくべきことに
生存兵が仲間の死体を機内からほりなげるのです。
この前がどうだったか、このあとどうなったか、おぼえていません。
あまりにもむごいこの情景だけが記憶にのこっています。

いまからおもえば
・敵機を振り切るため、機体を軽くするためだと思います。
・死体を機内から遺棄するさい、死んだ仲間にかたりかけ、無念そうでした


わずかな記憶から、しらべたのですが
・輸送機はおそらく零式輸送機
・襲撃した米戦は逆ガルなので、F4Uコルセア

・・・・
誰にもこの話をしないまま40年過ぎました。
もちろんむごすぎて話したくもありません。
でもいったいなんの映画だったのか。

Aベストアンサー

恐らく1963年の東宝作品で加山雄三が主演した「太平洋の翼」に間違いないと思います。

Q「明治天皇の日露大戦争」と「太平洋戦争とひめゆり舞台」のことで少しでも教えてください

こんばんは。

私は映画が好きですが映画の仕組み、歴史、映画館、配給などの方の興味もいっぱいあります。

先日、大阪にある千日前国際シネマが休館になってしまいました。なんと46年にできた劇場で映画の歴史の1つでした。
シネコンに押されてというより配給会社が単館に良い作品を配給してくれないということで大阪の映画館はほぼ全滅してしまいました。

ちょっと遠かったですが入場料金が¥500円ということもあるし最後の雄姿を見たく行って来ました。

上映作品は「明治天皇と日露大戦争」で日本初のシネマスコープ、初のカラー作品、超大作、新東宝製作配給作品で高島忠夫や丹波哲郎なんかも顔出ししてるんでびっくりしました。制作費は3億だったかしら?

この映画は日本映画史に残る大ヒットとなり続編にあたいする作品が3本できてどれもヒットしたようです。

ヒット理由の大きな点はタブーとされていた天皇を描いたことでしょう。これはショッキングであるしカラー作品、超大作となればみんな見に行きたかったと思います。

新東宝の社長が大蔵社長でいろいろ問題があり大蔵社長は退社になってしまったようですが映画への情熱が強かったのか新しく大蔵映画を立ち上げました。
その1作目が日本で3本しかない?70ミリ作品「太平洋戦争と姫ゆり部隊」(150分)なんとこの映画の戦闘シーンでは戦車がいっぱいでてくるとか・・・
戦車と言えば「戦争と人間」は中国に協力してもらって、「野性の証明」はアメリカに協力してもらって・・・というぐらいで他の邦画で戦車がいっぱい出てくる映画はまったく知りません。
「明治天皇と日露大戦争」と同じような豪華さインパクト、そしてタイトルが「太平洋戦争と姫ゆり部隊」だと今リメイクされても超大作で「男たちの大和」よりも描く舞台が壮大だし「姫ゆり部隊」これはきっと「天皇」と同じぐらいタブーでありながらも興味を持ってしまう歴史でないかと思うんです。

と、ところがこの作品はヒットしなかったようで(私はビデオやテレビでもまだ見る機会がないですが)大蔵映画は撮影所の一部を娯楽施設にし大蔵映画チェーン(劇場)も名だけが残る現在になってしまったようです。

でも大蔵映画は別のジャンルの作品へ生き残る道を見出し今も固定ジャンルの映画を配給しています。

ここまで書きましたが私が一番知りたいのはなぜ「明治天皇と日露大戦」が歴史的なヒットをしたのに「太平洋戦争と姫ゆり部隊」はなぜヒットしなかったかなのです。どんな時代でどんな要因でそうなってしまったのでしょうか?

何かからの情報、推測、ご覧になった方(当時含め)のご意見など是非是非少しでもお聞かせください。

またもしこれらの時代の映画や映画館の状況が読めるような本でもありましたらご紹介ください。

どうぞよろしくお願い致します。

こんばんは。

私は映画が好きですが映画の仕組み、歴史、映画館、配給などの方の興味もいっぱいあります。

先日、大阪にある千日前国際シネマが休館になってしまいました。なんと46年にできた劇場で映画の歴史の1つでした。
シネコンに押されてというより配給会社が単館に良い作品を配給してくれないということで大阪の映画館はほぼ全滅してしまいました。

ちょっと遠かったですが入場料金が¥500円ということもあるし最後の雄姿を見たく行って来ました。

上映作品は「明治天皇と日露大戦争」...続きを読む

Aベストアンサー

 なぜ昭和37年(1962)公開の「太平洋戦争と姫ゆり部隊」がヒットしなかったのか-という質問ですが、それより先の昭和28年(1953)今井正監督の名作「ひめゆりの塔」が大ヒットし好評を博していたからです。監督も小森白という無名の人で、内容も二番煎じ--とあれば、期待できなかったでしょう。私も昭和32年(1957)の「明治天皇と日露戦争」は見ましたが、後者は見に行く気が起りませんでした。
 なお、「…日露戦争」は、わが国初のシネスコ版カラーではありません。「…日露戦争」は昭和32年の4月29日封切ですが、同じ年の同じ4月3日に、東映から「鳳城の花嫁」という映画が公開されており、これが日本初の大型カラー作品です。(この項は、私の手元にある『キネマ旬報』1957年度決算版によります。私は戦後の『キネ旬』各年度決算号をすべて持っています。あなたが熱心なので貸してあげたいくらいですが、不可能ですね)

Q10年位前に見た、戦争映画

10年位前、ゴールデン洋画劇場でやったものだと思うのですが、タイトルが解りません。

内容は、
第2次世界大戦、舞台は日本。
ハーフだったか、日本で育った外国人の少女(10歳前後)が、人目を避けるため、蔵で生活をします。
ある日、外に出ると空襲にあい、アメリカの戦闘機に撃ち殺されてしまう、、、。

これくらいしか覚えていないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 松竹映画「子供のころ戦争があった」です。
20年近く前の映画ですね。メインが高倉健の「遥かなる山の呼び声」だったハズです。
 見に行ったのに、よく憶えてないなぁ。

 エミーというアメリカ人記者とのハーフの子供の話ですね。
祖母役の三益愛子のラストの血を吐く様な演技が衝撃的でした。
 じいやの役で伴淳三郎も出てました。

Q5年ほど前に賞を取って結構有名?な映画のタイトル

とても怖いイメージがありましたが、ホラーではないと思います。
何年か前に賞を取ったと思います。嫉妬心?の強い女が浮気などをした男を切りつけたり殺す映画です。

嫉妬心?の強い嫁か彼女が主人公で男性の目を切るシーンや
(赤い液の入ったビニールを切ったようになってました)

浮気をした男を嫁が椅子に縛り付けて目の前の冷蔵庫を空けると元彼の首が冷凍されていたシーンがありました。

情報が少ないですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

映画ということで、違うのかなーとも思うのですが・・・
私が思いついたのは、浅野ゆう子が主演の2時間ドラマでして、それに似たような描写があったのでそれじゃないかなとも思います。
(それは、原作の本が賞をとっていました)
出会い系サイトで主人公と出会ったリカが、ものすごい嫉妬心をむきだしにしてストーカーになり、ありえない行動を繰り返してついには主人公の家族にも手を出す・・・みたいな感じでした。
リカ自身は看護士で、前に好きだった医者の生首を冷蔵庫に入れていたし、針金でぐるぐる巻きにした主人公の目を潰そうとするシーンもあったしで・・・。

映画とのことですので、洋画かもしれませんし、これとは違うかもしれませんが、これであればスッキリされるかなと思って回答しました。

Q25年ほど前に観た映画(ビデオ)のタイトル

そうとうマイナーな映画なのかなもしれませんが思い当たるかた教えてください。
主人公の女性の名前がそのままタイトルになっていたような気がします。(定かではないですがアルファベットだったかも)
内容は、ごく普通のOL(20代後半)の日常生活をドキュメンタリー風に撮影したものでした。主演女優もどこにでもいるような普通の女性で、京都言葉のような訛りがありました。セリフなんかも演技というよりはごく普通の会話でした(全編通して)。
恋愛相手の妻子ある男性はカメラマンで、ブルースリーを意識した髪型をしていて物まねなんかもしていたと思います。(もっと古い映画かもしれませんね)
少ない情報ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

違うかな~?

参考URL:http://takakonoie.exblog.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報