最近ちふれの乳液さっぱりタイプを検討してます。

ですが、私は今まで使ったことがなくて、友達がちふれを使ってるのですが、あまりキレイな肌じゃないですw保湿不足で化粧浮いてます。
成分表みたところ、美容液成分も種類少ないし、コツコツとまめに保湿する性格の人向きなのでは?と思ってしまいます。
なんと言っても安いし、ネットでも人気があるので、こうやってたまに検討してるのですが。

私は今、ヒアルロン酸と、ビタミンC誘導体(Lーアスコルビン酸)が入った化粧水を使ってるのですが、ちふれの乳液さっぱりは、トレハロースとヒアルロン酸が配合されてる。正直、トレハロース?って感じです(笑)

これは安いけど、保湿の効果はバッチリなんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 本当そうですよね!!SK-2のサンプル(化粧水・乳液・美容液)使った時「え?これがそんなにいいの?」と思いました。自分に合う化粧品探しってけっこう長旅で消費して大変だけど、早く出会えるように頑張ります!!

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/05/04 09:53
  • オルビスはたまに使ってたのですが、全然合いません。逆にターンオーバーが滞って一番肌荒れしますwww
    やさしい着け心地だったら良さそうですね!ん~迷ってきました!!(笑)

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/05/04 19:14

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

よくよくある勘違いなのですが


美容成分がたくさん入っていれば、誰にでも合う、誰でも美肌になれる、なんて事は一切ありません。
大切なのは、既出でもありますが、「自身の肌に合うかどうか」の一点のみ。

数えきれないくらい美容成分が入っているとしても、そのうちのどれか一つだけでも自分の肌に合わないと、それは使用者にとって「最高の化粧品」にはなり得ません。最初は騙せても、使い続けていくうちに「あれ…?」となります。

ちなみに、誘導体という類の物、今そこらじゅうに蔓延っていますが
こちらも肌に合うと感じるのは一般的には最初だけです。基本的には肌の成分を壊して更に奥へと浸透させるためのものなので、実際は本末転倒、最終的には肌荒れ(肌の衰え)に繋がるものです。
その化粧品を使うのをやめると、肌の調子が一旦落ち込むのは、肌を壊してでも中に無理やり浸透させて見た目だけ綺麗にしていたハリボテがはがれてくるからなんですよ。

トレハロースですが、こちらは大雑把に言うなら「糖分」です。
化粧品の成分をよくご覧になられる方ならご存知かもしれませんが、「グリセリン」「ベタイン」等のよく使われている「保湿成分」 …これらの多くも「糖分」です。
「糖分」は保湿効果が高く、原価が安い。化粧品に使われている保湿成分の多くは「糖分」なんですねえ。
高保湿乳液なんかがたまーに唇についたのを誤って舐めてしまった時に「甘い」と感じた事はないでしょうか?それは糖分が入っているからです。
口に入れても問題ないですし、こちらを肌に付けて肌トラブルになることはまずないでしょう。

「安いものは質が悪い」という社会の一般常識は、化粧品に関してはアテになりません。
ちふれ、こちらの会社について調べてみましたか?
ちふれとは、「適切な価格で、質の良い物を消費者にお届けする」ことをモットーにしている会社です。
また、成分表があれほど細かく表記されているメーカーはちふれ以外に見たことがないです。消費者に嘘をついていない証明を自ら積極的にしている良心的なメーカーです。


ご存じない方が多いのですが、化粧品の原価は1割を軽く切っています。
ドラッグストアで一番儲けが出るのは「化粧品」。これは業界では有名な話です。
1,000円の化粧水の原価は50円にも満たない物が殆ど。高級化粧品の価格の1割は女性受けの良い高級感で満足感を出すための「ボトル代」で、残り6~7割は宣伝費用と開発費用分、そして残りは売る側の人件費です。細かい内訳は各メーカーで違うでしょうが、「高いのに合わない人が多い」のは宣伝費用の上乗せ分が大きい企業なのでしょう。「敏感肌用」等と銘打って宣伝をたくさんしているようなところは分かりやすい「要注意メーカー」です(苦笑)
ちふれはこれらを良しとしておらず、宣伝を極力抑え、ボトルも最低限の物にし、適正価格で販売しようとあの価格になっているのです。
だからまぁ、適正価格で、なので内容はパッとしません。つけて「昨日より明らかに肌が良い!」なんて事もありません。

しかし貴方の周りのちふれ愛用者さんにはちふれが合っていないか、生活習慣が悪いのでしょうね。
だからといって貴方に合わないかどうかは試してみないと分かりませんし、肌の事は化粧品で100%決まるわけではないので使ってみても分からない事すらあります。夜更かしする人や便秘な人、肉食な人なんかは吹き出物出易いですしね。

これ以上書くとちふれの回し者かと思われそうなので話を戻しますが、
成分が気になるのでしたら、一度騙されたと思って手作り化粧品を試してみてはいかがでしょう?
「手作り 化粧水」等と検索すればさまざまなレシピが検索に引っかかると思います。
面倒な感じがするなら軽く防腐剤を入れれば半分以下の手間になりますから想像より楽に続けられます。
(防腐剤は最終的には肌を守るために欠かせないもので、悪とイコールというわけではないです)

「自分に効くかどうかよく分からないけどきっとイイんだろう!」と思い込ませている成分を使わず、あるいは自力で入れたり引いたりして作ってみると、「この成分って要らなかった(入ってても意味無かった)んだなあ」なんて思えるようになったりして、今後化粧品を買うに対して見方が結構シビアになり、選別も楽になります。
「ずっと手作りをして」と言っているわけではなく「今後の(化粧品選びの)参考に一度試してみて」という感じでオススメをしてみます。
上記した、市販の化粧品がいかに「ボッタクリ」かどうかもよ~く分かりますよ(笑)


ちふれのお話から逸れ過ぎてて余計なお世話だと自覚はしているのですが、日本女性に多い誤解を解きたくて長文になってしまいました、申し訳ありません。ほんの一部でも参考になれば幸い。

余談ですが私はちふれを愛用していません。以前使っていたことはありますが(万単位の高級化粧品も使用経験あります)、手作り化粧品の経験を経て、ヒアルロン酸やオリーブオイルが自分の肌には不要だと分かったので入っている物を使わない事と、今はホホバオイルと鮫スクワラン&アルガンオイルのみでケアをしているためです。
でもこのケアを続けて早2年、ニキビや吹き出物には殆ど悩まされていません(^^)現在29歳女より
    • good
    • 7

こんにちは



個人的にですけど
可も不可もなくという感じでしょうか
やさしい着け心地なので誰でも合うという感じです

オルビスとかはどうですか?
この回答への補足あり
    • good
    • 1

化粧品に関しては肌に合う合わない、という問題もありますから、人が良くても自分にとって良いものとは限りません。


安くて良いに越したことはありませんから、ちふれなら試しに使ってみる、で良いのではありませんか?
仮に合わなかったら友達にあげれば無駄になりません。

肌に合わない化粧品はどんなに評判が高くて値段が高くても、無用の長物です。
訪問販売の化粧品を使っていますが、そこでのイチオシの最高級の試供品を貰って使ってみたところ、肌がバリバリになりました。
どんなに凄いと言われる美容成分が含まれていても、合わなかったら悲惨です。
この回答への補足あり
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報