最新閲覧日:

第二次大戦後、アメリカは5件の戦争に参加しました。この戦争として挙げたのは、地上軍を派遣した大規模なものだけですが。
 それらは、朝鮮戦争1949、ベトナム戦争1965、湾岸戦争1991、アフガン戦争2001、イラク戦争2003ですね。
 個々の戦争には、政治的な要因や経済的な要因があると思います。しかし、この5件の戦争を貫いて、アメリカが戦争をした、という理由は何でしょうか・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

戦争で利益を得る商人たちがいる。


徴兵制だけでなく、実戦を経験しないと軍は強さを維持できない。また、いざという時、本当に戦闘を始める軍隊というアピール。
 
安倍総理がおそらく誤解してることですが、戦争が勃発すると、国のリーダーの支持率が上がる。
    • good
    • 0

<5件を通しているのは、世界の警察官、という自認ですか?>



西部開拓で国づくりを行った米国人には皆で分かち合うという共産主義を嫌い「個人の能力を尊ぶ」DNAがあるのですね。ビル・ゲイツなどの金持ちから重税を取って成果のない貧乏人に与える気など国是にないし、反共は彼らの本能です。ソ連を倒すのは米国ほどの大国でなければやれなかったことですし、警察官と揶揄?することは私には出来ません。

ニューヨークの超高層ビルを2つも壊された彼らにとって対テロの戦いはやらざるを得ない事業です。中東の原理主義者は何時米国内で騒ぎを起こすか分かりませんから、根を絶つ必要があるわけです。テロに狙われるのは大国の辛いところですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございました。
前の2つの戦争は、
<「個人の能力を尊ぶ」DNA>
が共産主義を嫌悪する、ことによるのですね。後の3つの戦争は、
<中東の原理主義者>
および同調国(これは、質問者が付け加えたものです)に対する、ことによるのですね。

お礼日時:2015/05/10 15:22

”この5件の戦争を貫いて、アメリカが戦争をした、という理由は何でしょうか” 


     ↑
色々な説があります。

朝鮮戦争とベトナム戦争は、アジアの共産化阻止の為でしたが、
アフガン、イラク戦争は石油利権のため、と言われています。
特にイラク戦争については、国際政治学者の多くは、石油目当ての
戦争だった、と分析しています。

つまり、米国はその力の相対的劣化に伴い、戦争の
目的も矮小化してきたのです。

それを通じて、一環した理由は何かは難しいもんだいですが、
元米国大統領のアイゼンハワーは産軍複合体を原因に
あげています。
つまり、戦争をやると、軍事産業が儲かるから、という
ものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E7%94%A3% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
<産軍複合体>
が原因なのですね。
<つまり、戦争をやると、軍事産業が儲かるから>
なのですね。

お礼日時:2015/05/10 11:25

<朝鮮戦争1949、ベトナム戦争1965、湾岸戦争1991、アフガン戦争2001、イラク戦争2003>



共産主義と戦ったのが朝鮮戦争とベトナム戦争です。もう少しで韓国は消滅しそうでしたが、米国が参戦して今日の韓国があります。ベトナム戦争はフランスの植民地支配から始まりましたが、やはり北が共産主義でしたので朝鮮戦争と似たイメージです。幸い戦後の北ベトナムは北朝鮮のように反米に徹しませんでしたから米国との交易はうまくいっているようです。
湾岸戦争はイラクが隣国に侵攻したことに端を発しています。
アフガン戦争は対タリバンで対テロ戦争です。
湾岸戦争が対ニューヨークのビルが爆破された(米国人は頭に来ていました)ことに端を発する対テロ戦争です。表向きはフセインが核兵器を持っているとか少数民族に化学兵器を使ったとかいう理由を挙げていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
前の2件は、対共産主義、次の2件は、対テロが基になっているのですね。5件を通しているのは、世界の警察官、という自認ですか?

お礼日時:2015/05/10 11:17

一貫しているのはドルによる世界支配です。


ただ朝鮮戦争、ベトナム戦争と、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争は趣が違います。前半2つの戦争は共産主義か民主主義・資本主義かというイデオロギー闘争に見せかけた、グローバル化推進戦略でした。この時までは覇権争いをソ連と繰り広げる体で世論を形成しました。体でというのは、実際共産主義に関しても資本主義に関してもそれぞれの陣営の経済学者支援にロスチャイルド、ロックフェラーといった国際金融機関がいたことがわかっていて、演出だとばれたからです。
グローバル化を加速させたのはニクソンショックと呼ばれる、金兌換停止です。これで紙幣は金という裏付けが必要なくなりました。
戦争は良い手段でしたが、アメリカ国内はじめ世界的な反戦ムードがあり、ソ連の崩壊を経て、対立軸をイデオロギーから民族や宗教へと変えました。そしてより明確に資源利権確保の戦争へと変えました。湾岸戦争は石油、アフガンはガスとアヘン、イラクは石油とガスといった形でより具体的な資源確保の目的が明白となっていました。
ということなんですが、そもそも第2次大戦より前からイギリス・アメリカはつかず離れずでタッグを組んで覇権展開を進めています。第1次大戦でドイツに無茶な賠償金を要求して破たんを促したのも明らかに世界戦略の一つです。
そういう意味では日本においても日露戦争の仕掛けなどもイギリス・アメリカのバックアップあってこそですし、さらには明治維新で薩長のバックには明らかにイギリス・アメリカがいました。グラバーさんはイギリスの今でも存在するロスチャイルド系のジャーディンマセソン商会の代理人です。
そして、現在のアメリカの中央銀行と呼べるFRBは、ロスチャイルド、ロックフェラー系の金融機関が出資をしている民間企業です。
ということで、世界の覇権は世代をまたいだ戦略によってなされていることがわかりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
難解な内容ですので、私が正しく理解できているか、疑問です。
<一貫しているのはドルによる世界支配です。>
なのですね。その裏にいるのが、
<ロスチャイルド、ロックフェラー系>
なのですね。5件のうち前半の2件は。共産主義・・・の
<イデオロギー闘争に見せかけた>
のですね。後半3件は、
<資源利権確保の戦争>
に見せかけているのですね。

お礼日時:2015/05/09 09:21

他の方のおっしゃるとおり、パクス・アメリカーナの実現が目的かと。

世界の平和はアメリカの覇権によって維持される、という思想の生んだ戦争なんでしょうね。ただオバマ大統領が「もはやアメリカは世界の警察官ではない」と語ったように、その思想は終焉に向かうのでしょうから、これからは混沌による戦争が増えるのかもしれません。今はその代わりに中国が名乗りを上げつつあるという状況のようで。

 余談ですが、アメリカの軍需産業がアメリカを動かしている~いわゆる軍産複合体という考え方は冷戦頃までは現実のものでしたが、冷戦後は実態としては怪しくなっています。実際、現在のアメリカの主要軍事産業のトップ10の売上げ高を合計しても石油メジャー1社にかなわないません。日本に至ってはもっと顕著で、主要防衛産業の売上高はコンビニ業界の1/4程度だそうで。
 そんな経済規模の組織が国を動かすなんてチャンチャラおかしいですよね。未だに信じている人はいますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご回答ありがとうございました。
<パクス・アメリカーナの実現が目的>
なのですね。それは、
<世界の平和はアメリカの覇権によって維持される、という思想>
からきているのですね。
軍需産業の重みは低下しているから、それが主要な要因から外れてきたのですね。

お礼日時:2015/05/08 15:40

戦争をして勝ったら儲かるからです。

庶民は不況にあえいでいても軍事産業は儲かります。
飛行機、大砲の弾、軍艦、ヘルメット、軍服戦争で儲かる産業はいくらでもあります。
 日本だって、戦争のたびに三菱、富士重工、日立は大きくなっていきました。
 中東の場合は石油の利権までありますので石油産業が儲かります。
 朝鮮もベトナムも戦争に勝っていれば大量の輸出で儲かることができると計算してやったのです。
 しかしアメリカはその多額の軍事費で長大な赤字を抱えています。その赤字は何故か儲かった軍事産業でなくて庶民の増税に回ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
国内的には、
<軍事産業は儲かります。>
が、戦争への駆り立てになるのですね。戦費を支払う方は、たまりませんが。
対外的には、勝てば、輸出で儲かり、また利権を獲得・保持できるのですね。

お礼日時:2015/05/08 15:30

第2次大戦を通じて確立したパクスアメリカーナの


版図維持のためでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
二次世界大戦後、アメリカは、他の国と比較にならない、超大国になりましたね。
その版図を維持する、ということなのですね。

お礼日時:2015/05/08 09:18

正義の執行

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
世界の警察官との自認ですね。

お礼日時:2015/05/08 09:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報