知り合いの紹介で今年の2月にホテルのロビーで簡単な面接を受け、双方合意で働くことを決めました(ただし口頭にて約束)。
就労予定の会社は外国にある飲食店で、経営者は日本人です。
ところがこちらは調理師免許が無いため(食品衛生管理師の資格のみ所有)、ビザの発行が長引くと後日知らせられ、もちろんその期間は辞めたいと思っていた現在の会社で継続して働かねばなりませんでした。

そして6月になってようやくビザが下りたようなのですが、この期間待っている間に先方での勤労意欲がそがれてしまったため、先方にお断り申し上げました。
すると先方は「貴方を雇う予定だったこの先4年間、他の人間を雇うことが出来ない。これは当社の利益の損害になるので、もしどうしても働けないと言うならば損害賠償を支払え」と言ってきました。

このような場合、やはり損害賠償を支払わなければならないのでしょうか。
また雇用契約書を交わしていない状態でも、雇用条件の書面や雇入通知書の提示の有無によって判定は変わってくるものなのでしょうか。

理由が明確でないなど、こちらにも落ち度があるように思えます。
でもこうなってしまった以上、理由を変えてでも辞退したいようなのです。
どなたかご意見を頂ければ幸いです。

ご説明の足りない部分は是非指摘してください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

労働基準法の第16条についてですが、



「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない」

とあるのは、損害賠償の請求をしてはいけないわけではなく、予め不履行について決まった額の「違約金」の定め、あるいは損害賠償「額」を予定してはならないということです。

ですから、決まった額の損害賠償を労働契約締結時に予定していなければ、労働契約の不履行、労働中において生じた損失等について、使用者が労働者に対してこうむった損害の賠償請求を申し立てすることを制限することではありません。

しかしながら、相手の請求する損害賠償の額がどのように算出されるのかあいまいですし、あらたに別の人を向こう4年間採用できない理由も定かではありません。

労働契約ですが、口頭で行われる場合であっても、「当事者間に契約内容に関する具体的意思の合致は必要でなく、ただ当該企業における労働者たる地位を取得する点について意思の合致があれば足りる」(京都地裁。昭和25年11月9日)の判例があることから、口頭での契約が必ずしも無効になるとは限りません。ただし、労働基準法は「労働者の保護」を目的として作られた法律ですから、労働契約に関する不備等を突いて、無効であることを訴えることはできると思います。

Koyamacさんのご指摘どおり労働基準監督署に相談されても良いですし、訴訟になりそうでしたらその前に弁護士会の仲裁センター等に相談されるのも手だと思います。参考URLに第2東京弁護士会仲裁センターを載せておきますので参考にしてください。地方の弁護士会でもセンターを設けていますので、参考にされると良いでしょう。

なお、労働基準法等の法律は国内のみで、海外では通用しませんので念のため。

参考URL:http://www.dntba.ab.psiweb.com/info/chusai.html
    • good
    • 0

私の意見を書きますね。



労働関係は労働関連の法律を
参照するといいです。

この場合は、労働基準法の
第16条をみてみてください。
以下に条文を書きますね。

「使用者は、労働契約の
不履行について違約金を定め、
又は損害賠償額を予定する
契約をしてはならない」

ですから、損害賠償をする
必要があるとは一概には
言えないと思います。

一度、労働基準監督署に
行って相談してみては?
無料で、多分予約はいり
ませんよ。もちろん、
電話もできますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
無料の労働基準監督署があるというのは知りませんでした。
早速相談に行ってみようと思います。

お礼日時:2001/06/15 11:41

契約は一方の申し込みに対して他方の承諾があったときに成立します。

あなたの場合ホテルのロビーであろうとその契約は成立しています。契約書や通知書は必要ありません。口頭であっても契約は成立しています。その契約は原則として解約することはできません。例外は相手の債務不履行(旅費を出してくれる約束が出してくれないなど)や不能(行ってみると相手の店がなかったとか)に限られます。あなたの場合、あなた自信が勤労意欲がなくなり、それで「おことわり」したわけです。法律的にその「おことわり」は一方的にあなたの意志だけでは効力がありません。つまり、今でも「働きます。」「結構です。働いて下さい。」と云う約束は保たれています。ですから、先方の云うように「どうしても働けないなら損害賠償を!」と云うことになります。「どうしても」と云うのは「あなたが契約を解除したいなら当方もやむを得ず承諾するが、損害賠償するなら承諾する」と云うことです。ただ、その額ですが、それはむつかしいです。理論上「貴方の働くために要した金額」ですが、4年間云々が云えるかどうかは問題です。

この回答への補足

ビザの事について調べてみた処、就労ビザは約一万円くらいかかるみたいでした。
その他向こうで住むための部屋を確保しておいてくれていた事も考えると
それらの分の賠償は支払わなければならないかもしれませんね。

補足日時:2001/06/14 11:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。
やはりこう言った身勝手な理由では契約解除は認めてもらえないのですね。
賠償金額については示談と言うことなのでしょうか…
ひょっとしてビザ取得とも関わりがあるかもしれないので調べてみます。

お礼日時:2001/06/13 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損害賠償の損害賠償・・・

よろしく、お願いいたします。

例えばA社の社員がが個人情報を漏洩したとして、お客様からA社が訴えられて、裁判所から10億円の支払請求を受けたとします。
その後、A社は漏洩した社員に対して損害賠償を行った損害を賠償請求することはできるのでしょうか?

ご存知の方、ご教示ください。

Aベストアンサー

もちろん出来ます。
A者がお客に損害賠償を行なったことの原因がその社員の行為にあるのですから、民法上『求償権の行使』(民715(3))により請求できます。

Q損害賠償で、先方様への対応に大変困っております

はじめに、私は追突事故の加害者です。したがって全面的に私の落ち度であり、先方様には大変ご迷惑をおかけしております。

さて、現状保険金額を越えたため、いづれおりる保険金をたたき台に、私自身で被害者の方とお話を続けております。

さて、被害者の方から、電話でいきなり「今日来い」「保険金数日以内に全額振りこまないと訴訟だ」「信用問題だ、示談の前に振りこめ」「そうすれば今は考えを変えるつもりはない」「弁護士は立てるな」など、ことごとく命令され即決を求められます。

訴訟になれば、今回請求するつもりのない、慰謝料その他莫大((高額所得の方で、あくまでも妥当なものとして)なものを請求するとのこと、当然加害者である私は一方的に従わざるを得ません。

またご自身は違うと前置きされて、「普通は日常生活できないほど追いこみかけられ、精神的に参っているはず」と何度かおっしゃいます。それもごもっともでしょう。

せめて示談書だけでも前もって取り交わす方法はないものでしょうか。先方様の主張や態度が日増しに変わってきただけにとても不安です。

どのようなご意見でも結構です。どうぞよろしくご指導のほどお願いいたします。

はじめに、私は追突事故の加害者です。したがって全面的に私の落ち度であり、先方様には大変ご迷惑をおかけしております。

さて、現状保険金額を越えたため、いづれおりる保険金をたたき台に、私自身で被害者の方とお話を続けております。

さて、被害者の方から、電話でいきなり「今日来い」「保険金数日以内に全額振りこまないと訴訟だ」「信用問題だ、示談の前に振りこめ」「そうすれば今は考えを変えるつもりはない」「弁護士は立てるな」など、ことごとく命令され即決を求められます。

訴訟になれば...続きを読む

Aベストアンサー

 そのような方とは、示談に関する話を直接されることは得策ではありません。
 保険金額を超えたということから、これは自賠責の120万円のことだと思いますが、半年以上の長期にわたる可能性がありますので、任意保険に加入でしたら、お詫びやお見舞いはともかく、具体的な示談についてはそちらに任せる、という方針を貫いていいと思います。
 相手方は、誠意がないなどといいがかりをつけてくると思いますが、それとこれとは別の話であり、誠意をみせろ、というのは、金を出せ、という言葉であることが多いので、ゆすりたかりの類の場合も多いと思います。
 追い込み、などという言葉を使うところから、そのスジを匂わせて換金に近づけようという思惑が感じ取れますので、念のため、会話を録音するなり、警察にも相談しておいたほうが無難かも知れません。これらの事実により、後日、休業損害を請求受領しながら、実は元気で働いていた場合など、詐欺罪の立証に近づくでしょう。
 示談を急ぐよりも、相手の言動を冷静に観察して、これを記録して、目にあまるようであれば、あまり人間関係を作らないようにしておき民事調停に誘導すればよろしいかと思います。

 そのような方とは、示談に関する話を直接されることは得策ではありません。
 保険金額を超えたということから、これは自賠責の120万円のことだと思いますが、半年以上の長期にわたる可能性がありますので、任意保険に加入でしたら、お詫びやお見舞いはともかく、具体的な示談についてはそちらに任せる、という方針を貫いていいと思います。
 相手方は、誠意がないなどといいがかりをつけてくると思いますが、それとこれとは別の話であり、誠意をみせろ、というのは、金を出せ、という言葉であることが多いの...続きを読む

Q店側の落ち度でケガをさせられた場合の損害賠償

67歳になる母が手首を骨折しました。
原因は、とある店の敷地内に立てかけてあった、固定されていない看板が強風で倒れ、その瞬間に足を踏み出してしまい転倒した、というものです。

すでに事故から3ヶ月以上経過し、骨はくっついたのですが、一部の骨が短くなったため、手首が少し曲がったような状態で固まってしまい、完全には元に戻らないようです。そのため、今も痛みに耐えながらリハビリを続けており、あと2週間様子を見て回復が見られない場合は、手術もあり得るそうです。

店側は100%非を認めており、治療費はもちろん、治療が終わってから話し合いをさせてください、と言われています。
今後損害賠償の話になると思うのですが、いくらぐらいが妥当な金額なのか見当がつかず困っています。ケガの度合いによって全治何ヶ月ならこれぐらい、など、相場があるのでしょうか。

手首が元の状態に戻らないことや、事故時や治療時の痛み、不自由な生活を強いられたことによる精神的苦痛を、どのように算出したらよいかアドバイスをいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通事故の場合とほぼ同じでしょう。
(1)医療費は実費全額、(2)通院のための交通費(バス・電車等公共の交通機関の往復、またはマイカーなら1キロにつき15円、また、妥当な理由でタクシーを利用した場合、領収書があれば認められます。)、(3)慰謝料(通院1日に4200円、実際に通院した日数の2倍まで、ただし事故から治療終了までの期間が限度)(4)主婦として認められるなら主婦損害として1日5700円(これは被害者の家庭状況によります。家族の住民票を添付して主婦であることを確認します。)(5)後遺障害は事故から6ヶ月経過後の症状で症状固定の場合に医者の後遺認定の診断書があればそれに応じて計算します。

書類はそんなに難しくはありません。ややこしいと思ったら弁護士に相談するべきです。市役所や弁護士会がやっている無料の弁護士相談会で聞くことをお勧めします。

Q損害賠償訴訟中です。追加の損害賠償を求めることができますか。

現在、損害賠償訴訟をしております。
現在、実質の賠償額を訴訟の対象にしておりますが、
慰謝料などの賠償額を、訴訟中に追加できるでしょうか。
それとも、別に訴訟を起こし求めることになるのでしょうか。

お客から、印刷を請け負ったのですが、印刷工程の中の、一部の工程を
被告に依頼しました。被告の原因で、印刷物の内容の多くの部分で、抜け落ちてしまい。刷り直しになりました。
その結果、信用を失ったり、裁判で、多大な労力を要しました。

Aベストアンサー

>具体的な方法を教えていただければ、幸いです。

ctpsysさんは、この裁判を弁護士に依頼して進めていますか? そうなら弁護士に任せ、ここでは本人訴訟としてお答えします。
タイトルは「訴え変更の申立」です。次に、○○と○○との間の○○事件について原告は次のとおり予備的追加的に訴えを変更する。とし、請求の趣旨は「○○万円支払え。との判決を求める。」です。請求の理由は「本件は損害賠償請求だが、その原因は被告の故意によるもので原告は精神的な苦痛を受けた。よって、損害額○○万円に加え請求の趣旨のとおり訴えを変更する。」など記載すればいいと思います。
提出先は担当書記官です。印紙や切手の納付が必要です。担当書記官から聞きながら進めて下さい。

Q損害賠償請求 雇用

仕事を初めて4日しかたっていませんが、
辞めたいと思っています。
二日目でストレスで食事はすべて吐くようになりました。多分仕事してる限りはずっと吐くと思います。
辞る理由は面接で確認した就業条件(実働時間、シフトについて等)と実際では違いがあることと、職場環境がよくないこと。事前にしっていたら採用の内定は辞退していたと言い切れます。

ハローワークの求人票に1年間の雇用契約となっていますし、面接でもいわれましたが、実際には身元保証人の保証期間が何故か5年なっていましたが、実際にいつからいつまでの契約ですよという雇用契約書みたいな書類はもらっていず、サインもしてません。
ちなみに就業規則は有るそうですが、見せてももらってきません。

このような状況で急に辞めたら訴えられますか?
円満退職とはならないとおもいますが、なるべく穏便になる方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

>このような状況で急に辞めたら訴えられますか?

訴えられないと思います。世の中はそんなに暇ではありません。

>円満退職とはならないとおもいますが、なるべく穏便になる方法はないでしょうか?

たった4日しか働いてなくて、質問者さんがその会社にとって辞められたら困る人材になってるとは思えませんので、明日にでも辞めることをはっきり伝えれば何日かで普通に辞めれると思いますよ。

やってはいけないことは、行きたくないからといって無断欠勤を続けて、自然消滅のようなことを考えることです。

正式に辞めるには、やはり会社の出向いて手続きしなければならないことがありますので、最後は必ず会社に行くことになります。それが無断欠勤のあげくだったりすると・・・円満退社になるわけありませんよね。

>1年間の雇用契約となっていますし、

一年間を必ず働かなければならない、ということではありません。

会社側だって当初の3ヵ月の間は試用期間といってお試しで雇ってるだけです。この3ヵ月の間なら無条件(気に入らないとかの理由でも)で解雇できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報