わたしは糖尿病でしたが、食事療法だけで数値が下がり今では正常値に戻りました。

その間、運動らしい運動は何一つ行わずひたすら低糖質療法を実践しました。

運動が嫌いな訳ではないんです。たまに外出して汗を掻きシャワーを浴びると気持ちがいいですし運動後の心地よい疲れも好きなんです。

ただ、医者からも運動をしろ!と言われてはいるのですがどうしても体質改善の為の運動をする的な思考に持って行く事が出来ません。

でも、頭では運動は身体にいい事は何となくは分かってはいるんです。

皆さん、こんな私に運動の大事さや楽しさ又、何故、運動しなければならないかを教えて下さい。

何卒、よろしくお願いします m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自分も糖尿病ですが


運動するとしないとでは、インスリンの効き方がまったく違います。
糖分は筋肉に蓄えられるので運動する事によって筋肉にある糖分を燃焼させる事によって
血糖値の下がり方がスムーズになります。
まったく筋肉を使わないと、糖の吸収する場所がなくなって
血糖の下がりが悪くなるんです。
私は食後に運動するのとしないのとでは、明らかに血糖値の下がり方の早さが違うので
高血糖が長い間続くと、ヘモグロビンA1cの数値が高くなります。
なので運動して、血糖値を早く正常値に下げる事によって
ヘモグロビンA1cの数値を押さえる事が出来るからです。
あなたのように食事だけで血糖コントロールが出来ていて、なおかつヘモグロビンが低い値なら
運動しなくてもいいかもしれません。
ですが、年齢を重ねていくと筋肉は落ちていくので糖の吸収する場所が少なくなります。
そうなると高血糖が長く続くようになるので歳をとって筋肉が落ちた時は注意してください。
糖をあんまりとらない人は食事療法だけでも十分だと思います。
    • good
    • 2

おれも糖尿病です。


運動によって作られた体は、食事制限で作られた体より、
「事故」があったときに粘り強く体質を維持しやすいからですね。
安定させやすいわけです。
    • good
    • 0

食事の前後で運動すると耐糖能が向上することが知られています。


多少の糖質を摂取しても直後に運動すればリカバれるのです。

食事療法だけで十分とお考えになるのも一法かもしれませんが、運動療法を採り入れることで食事の幅が広がります。QOL(Quality of Life)を向上するためにも是非とも運動されるといいと思いますよ。

それから運動することで身体機能の維持につながります。歳をとって来ると内臓が元気でも手足が言うことを聞かなくなります。せっかく糖尿病から生還したのに身体が言うことを聞いてくれないのでは元の黙阿弥ですよ。

そうならないためにも運動するとお考えになってはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

運動て大切だからしているというより、明らかに運動するのが好きだからしている。

    • good
    • 0

運動している私でも贅肉はどんどんついて必要な筋肉はどんどん落ちています。


そのうちに(20年後の80歳の頃かな?)トイレにも行けない状態になるかもしれません。そう思って60歳の現在毎日自転車に乗って20kmほど走っております。
 運動が必要だから学校には体育の授業があるのです。その理由は筋肉は使わなければ退化しますが、使えば使うほど発達するからです。
 クルマのエンジンを考えて下さい。クルマのエンジンは馬力を上げようと思えばエンジンを多額のコストをかけて改造するしかありません。しかし我々動物のエンジンは使えば使うほど馬力が上がっていくのです。最近は散歩しても2km位なら平気で歩けるようになりました、これも運動のおかげだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング