大気圧以下(釜内部を真空ポンプ等で減圧)において、フイルム等の接触剥離を行った場合、通常大気中で、同じ様にフイルムの接触剥離を行った場合に比べ、静電気の発生状態、自己放電状態等、変化は、あるのでしょうか?
空気が薄くなることにより湿度も変化する事を思うと・・発生しやすくなる様に思うのですが、実際の測定した事がないので、良くわかりません?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

静電気 測定」に関するQ&A: 静電気の測定法

A 回答 (2件)

dokuさんこんにちは


回答がないようなので、私なりの考えを書いてみます。
電気磁気学的に考えると、固体間での静電気の発生は湿度や気圧には依存しないのではないでしょうか。むしろ、発生した静電気(正負電荷)が中和する過渡的な特性が湿度に影響されます。もちろん静電気を発生させる媒体が湿っている場合は、表面の状態が異なりますから、発生表面の状態が同一条件であるという前提は要りますがね。従って、真空にして湿度を下げても、乾燥空気を入れて湿度を下げても同じですから、dokuさんの考えられている「発生しやすくなる」は2次的な要素によるものでしょう。
一方、放電現象については、気圧との関係は密接にあります。たとえば、静電気発生装置をインパルス発生装置などで置き換えて、真空容器内に電極を設け、少しずつ気圧を下げながら、任意の電圧における放電有無を確かめてみます。パルスを加えて、放電有無の比率が50%であるような電圧(V50)を測定していくと、気圧変化に対してV50も変化していきます。基本的にはパッシェン特性を示すのではないでしょうか。「パッシェン特性」については放電の専門書で調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
”発生した静電気(正負電荷)が中和する過渡的な特性が湿度に影響されます”この部分をもう少しご説明おねがいできませんか?。
「パッシェン特性」については、蛍光灯内の電荷移動と同じ感じなのかなぁ

お礼日時:2001/06/15 21:44

どもども、またまた登場です。


「静電気が発生する=帯電する→コンデンサが充電している」
と考えると、(火花を伴わない)放電は、気体中の荷電粒子や、物体表面の水分など、電気を流す所を通って行われるはずです。このとき、電気を流す因子が多いということは、(火花を伴わない)放電抵抗が小さいと考えることができませんか?コンデンサの放電を考えてみてください。同じ量の電荷を蓄えていても、抵抗が小さいほど早く放電してしまいます。つまり、乾燥している時は電気を流す因子が少なく放電抵抗が高いため、帯電が長い時間持続されます。一方湿った状態では電気を流す因子が多く、放電抵抗が低いため、帯電が持続されません。
パッシェン特性は気圧とギャップ間(極間)の積に対する放電電圧の変位を表します。一般に、ギャップ間一定の条件では、気圧が低いほど放電電圧は下がり放電しやすくなります。しかし、さらに気圧が下がり真空に近くなると、放電電圧は急激に上昇し、逆に放電しにくくなるような特性を示します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に丁寧な回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/06/16 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直流と交流による電食の違い

文献やインターネットで検索すると、「直流では電食が問題となる・・・」とか、「交流では電食はあまり問題とならない・・・」などとありますが、直流と交流で電食の現象に違いがあるのはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

電食の原理は電解液に接している金属にプラス方向の電気が流れた時に、金属から電子が放出されてイオン化することで生じます。それはイオン化した金属が溶け出てしまうことによります。

交流の場合は、電気のブラスマイナスが交互しますが、直流の場合は一定方向に流れていることから、金属がプラス側となって電子が放出され続ける時間が長くなることが原因だと思います。

Q断熱圧縮は等エントロピー変化で、等エンタルピー変化とならないのはなぜ?

モリエル線図(p-h線図)で冷凍サイクルの勉強をしています。

圧縮機における圧縮はごく短時間で行われ、外部との熱のやり取りがほとんど行われず断熱圧縮とみなせるため、エントロピーの定義式
S=∫dQ/T
においてdQ≒0とし、エントロピー一定の変化を起こすということは分かりました。
http://www.jsrae.or.jp/E-learning/saikuru2/saikuru2.html

ここで疑問なのは、
熱のやり取りがないのに、なぜ、エンタルピーは増加するのでしょうか?
圧縮時に外界から受ける仕事がエンタルピーの増加につながっているとも考えたのですが、熱の授受がないと仮定しているので、仕事のエネルギーがどこに保存されているのか説明がつきません。
圧縮による仕事はどこへ行ってしまったのでしょうか?

また、膨張弁では、仕事もせず熱も出入りしないため、等エンタルピー変化を起こすようですが、これも断熱変化、および、等エントロピー変化と考えられるのでしょうか?

熱力学初心者なので、用語の理解が間違っているかもしれませんのでご指摘お願いします。

モリエル線図(p-h線図)で冷凍サイクルの勉強をしています。

圧縮機における圧縮はごく短時間で行われ、外部との熱のやり取りがほとんど行われず断熱圧縮とみなせるため、エントロピーの定義式
S=∫dQ/T
においてdQ≒0とし、エントロピー一定の変化を起こすということは分かりました。
http://www.jsrae.or.jp/E-learning/saikuru2/saikuru2.html

ここで疑問なのは、
熱のやり取りがないのに、なぜ、エンタルピーは増加するのでしょうか?
圧縮時に外界から受ける仕事がエンタルピーの増加につながって...続きを読む

Aベストアンサー

モリエル線図なんて初めて聞きましたが・・・。

>熱のやり取りがないのに、なぜ、エンタルピーは増加するのでしょうか?
熱のやり取りがなければエンタルピーは変化しない(or減少する)と思っていないとこういう疑問は出てこないと思いますが、何故そう思ったのでしょうか?
とりあえず、可逆過程ならば、dH=TdS+Vdpとなります。エントロピーが一定なら(dS=0)、dH=Vdpより、圧力の増加とともにエンタルピーも増加しますね。

>圧縮による仕事はどこへ行ってしまったのでしょうか?
内部エネルギーです。実際、温度が上昇してるんですよね。

>また、膨張弁では、仕事もせず熱も出入りしないため、等エンタルピー変化を起こすようですが、これも断熱変化、および、等エントロピー変化と考えられるのでしょうか?
膨張弁の構造を知らないのですが、(圧力を保った)低圧の空間に一定の圧力で気体を"押し出す"ような過程であれば、断熱変化ですが、エントロピーは上昇します。(不可逆過程なので)

Q異種金属の電食について

こんにちわ。
カテゴリがあってるかわかりませんが、電食について教えてください。

建材として使うのですが、
アルミの型材にステンレス(SUS316)の板1.5mmでカバーをするのですが、電食はおこるのでしょうか?
電食がおこるとすればどのような対策をすれば良いのでしょうか?
アルミの型材にアルマイトした場合は有効なのでしょうか?
もし有効だとすれば膜厚は関係するのでしょうか?

知ってらっしゃる方、教えてください。
また、参考HPなどありましたら教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アルミとSUSでは、電位差があるので、条件が揃えば電食は起きますね
簡単な所では、水分の存在がその条件になりますので、
水分が存在しないようにしてやれば、防止出来るのではないかと思いますよ

Q「定」圧変化、「定」積変化、「等(?)」温変化

ちょっと細かい質問なんですが、どうして等温変化だけ「定」温変化ではないんですか?決まっているんですか?

Aベストアンサー

化学でも同じだと思いますので,回答いたします。

 「化学辞典」(東京化学同人)には「等温変化 [isothermal change]」の項に『定温変化,定温過程 (isothermal process) ともいい,・・・』とあります。

 「定温変化 [isothermal change]」の項には『= 等温変化』とあります。

 「等温変化」が一般的という事で,「定温変化」も間違いではないですね。

Q塗膜を介しても電食はおきますか?

塗膜を介しても電食はおきますか?

異種金属を直接接触させず
たとえば鉄の上に塗装を施しその上に亜鉛やアルミを接触させる場合には
電食はまったくおきないと考えてもいいでしょうか?
イオンは塗膜は介さないものなのでしょうか?
塗装は通常のペンキ程度です。

Aベストアンサー

塗膜の種類によるけど
通常のペンキなら電食は起こると見るべきです

塗膜は溶剤の蒸発でミクロン単位で結構穴が開いています
その穴に空気中の水分がたまれば
金属間で導通が起こるでしょう

Qガイスラー管の放電の様子が真空度と共に変化する理由

タイトルまんまです。
ガイスラー管の放電の様子が真空度と共に変化する理由
を説明しろと言われても、専門外なのでさっぱりです。
どうかお願いします。

Aベストアンサー

高校時代に物理の実験でありましたね!
私は、一時真空を使用する製品開発をしておりましたので、良くこのガイスラー管を使って、粗引きで、リグロインをたらしながら真空漏れを探しました。時代も変わり、mmHg→Torr(とりチェリー)→Pa(パスカル)と時代は変わり、私にとっては、もう過去の話です。それと、ロータリーポンプだけではなく、拡散ポンプを使用する、超真空で、ガイスラー管の域ではありません。なんとなく懐かしくなり、前置きが長くなりました。私が説明するより、下記のサイトが分かりやすいです。

参考URL:http://www.nucleng.kyoto-u.ac.jp/People/ikuji/edu/vac/chap3/geiss.html

Qリレーコイルの電食に関する質問

温度・湿度ともに高い状態で長時間使用するとき、リレーコイルは直流電圧をかけるとコイルが電気的に腐食される、いわゆる電食が発生しコイルが断線するそうです。

しかし電源の(-)側をアースした状態でコイルの一方はスイッチを介して(スイッチ切で)マイナス電極に接続し、もう一方はプラス電極に接続したときも電食が発生するそうです。

そこで
1.原則は電源の(+)側をアースする。
2.もし電源の(-)側をアースする場合、接点(またはスイッチ)を電源の(+)側に入れる。
3.アースしない場合、アース端子とコイル(+)側を接続する。

ことを主に行うのですが、なぜ電食が発生し、その結果上3つの対策が有効なのでしょうか?

Aベストアンサー

1. 電源の(+)側をシャーシアースしてください。(全リレー共通)
2. やむ得ず電源の(-)側をアースする場合、またはアースのできない場合
1) 接点(またはスイッチ)を電源の(+)側に入れてください。全リレー共通)
2) アース端子が不要の場合はアース端子とコイル(+)側を接続してください。NFおよびNRアース端子付)
3. 電源の(-)側をアースし、かつ(-)側に接点(またはスイッチ)を入れることはお避けください。(全リレー共通)
4. アース端子付リレーの場合、アース端子の効果(感電防止、ノイズ防止)を考慮しないときは、アース接続をしない方が電食防止に役立ちます(3の場合を除く)


やっぱりね 変だと思った・・・

これを要約すると

電食と言うのは、微細な電流が流れて・・・・・
結果、電子の移動によって腐食されるものです

したがって、電位差が無ければ起こらないのす

上のやり方は、電位差をいかに少なくする(なくする為の)為の手法です

アースを繋ぐことにより電位が一定になります
したがって、電食が起こる為の微細な電気が流れないのです

ただ、機械の設計方法により意味があるのもありますので、全部が有効にはなりません

No2の数十キロVをかけたボイラの電食はこれは誘導に電流によるものですね
電圧が高いと 簡単にうず電流などがシャシーに発生するの起こるんですね

 防ぐのは難しいですが


1. 電源の(+)側をシャーシアースしてください。(全リレー共通)
これは FGを接続すれば誘導による電気等がFGなら逃げます
結果として同じ電位になりますので腐食が発生しにくいいことになります

2. やむ得ず電源の(-)側をアースする場合、またはアースのできない場合
1) 接点(またはスイッチ)を電源の(+)側に入れてください。全リレー共通)

これはFGと同じ電位にたもつためです

3. 電源の(-)側をアースし、かつ(-)側に接点(またはスイッチ)を入れることはお避けください。(全リレー共通)

 マイナスに入れると、FGとの接続から浮く時がありますので、電位差が発生する可能性があるってことですよ


2) アース端子が不要の場合はアース端子とコイル(+)側を接続してください。NFおよびNRアース端子付)

これ説明変気がしますね
たぶん、

 リレーのが抜けてますね・・それならば判るが・・

1つ疑問が・・・・このリレー
 プラス設置で使う為のリレーに思えるが・・・・

  それと

 G グランドと
 FG フレームクランドは別物ですが・・・・

 最初から GとFGを繋いで置くのか・・・
 切り離して使うのか
 どっちなんでしょうかね・・・

1. 電源の(+)側をシャーシアースしてください。(全リレー共通)
2. やむ得ず電源の(-)側をアースする場合、またはアースのできない場合
1) 接点(またはスイッチ)を電源の(+)側に入れてください。全リレー共通)
2) アース端子が不要の場合はアース端子とコイル(+)側を接続してください。NFおよびNRアース端子付)
3. 電源の(-)側をアースし、かつ(-)側に接点(またはスイッチ)を入れることはお避けください。(全リレー共通)
4. アース端子付リレーの場合、アース端子の効果(感電防止、ノイズ防止)を考慮し...続きを読む

Q放電管が放電し、発光する原理

世の中にはキセノン灯や水銀灯、また水素放電管など発光する物が色々ありますが、それらに電圧を加えるとどうして発光するのですか?
電圧を加えるという事は電子にエネルギーを与える事になるので、電子が上のエネルギー準位へ励起されると思います。でも、そこでどうして電子が光を出して発光するのかが分かりません。1度エネルギーを与えて電子を励起しても、電子は何もしなくてもすぐにエネルギーを失って元のエネルギー準位に下がるので光を出す(元の状態で安定しようとする)という性質でもあるのですか?電灯の事を調べてもガラス管内のガスをどうのという原理はよく理解できず、私が知りたい内容も得られませんでした。これは余談ですけど、光電効果では光を金属表面に当てると電子が飛び出す事がありますが、光子からエネルギーをもらった電子は(飛び出した電子じゃなくても)、その金属固有の光を出す事はあるのですか?

電子はどういった過程で光を出すのか、どなたかご教授お願いします。

Aベストアンサー

フランクヘルツの実験
http://www.shiga-ec.ed.jp/kagaku/05shisets/bake/kiki_phys_12.pdf#search='%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%84%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93'

これを一通り読んで理解できなければ、基礎知識不足です。
(実験結果の図1枚を理解できれば解決します)

Q電食は海水の方がおきやすい?

清水と海水では電食のおきる速度は違うのでしょうか?

Aベストアンサー

電食とは異種金属が接触して通電性の液に浸された場合、低電位な金属が+、高電位な金属が-となり、局部電池を構成して+側の金属がイオン化し腐食することで、通電性の高い液体であればあるほど腐食は進むことになります。清水に比べて海水は塩化ナトリウムなどの濃度が高く通電性は清水よりもはるかに大きいものです。電食による腐食の速度は清水に比べてはるかに早いですね。海岸近くでは鉄などの腐食が進みやすいですね。

Qエネルギーの変化を求める計算についてですが、エネルギー等の変化を求める計算は例えば問題35のように

エネルギーの変化を求める計算についてですが、エネルギー等の変化を求める計算は例えば問題35のように

電池を通った電荷=変化後の電荷-前の電荷

と言うように

Δ変化量=変化後-変化前

勉強したのですが画像の問題36の解答では静電エネルギーの変化は

(最初にあったエネルギー)-(後のエネルギー)

で計算しています。回路にあった静電エネルギーの差がジュール熱になったので前のエネルギーから後のエネルギーを差し引くという理屈は理解できます。

最初にエネルギーが2あって変化後のエネルギーが1だとすると
変化したエネルギーは(後-前)の考えだと1-2=-1になり「変化した量」が、
前-後の考えだと2-1=1で「減った量」が計算出来るということなのかなと思ったのですが「減った量」と「変化した量」の違いがよく分かりません。
記号だらけの複雑な回路や式の場合
どう使い分ければいいのでしょうか

なぜ問36は後-前で計算出来ないのでしょうか

Aベストアンサー

はい、またなんかあったら、なんでもおききください(^^);


人気Q&Aランキング