グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

精算表の修正記入は何となく出来るのですが、
そこからの損益、貸借がよく分かりません。
特に、仕入、売上原価、繰越商品の科目が
問題によって、計算の場所が違うようで

売上原価は売上原価の行で計算しなさい、や
仕入の行で計算しなさい、等。
今回の問題は売上原価の行です。

そもそも、残った商品は
仕入から繰越商品へ振替するのは
わかるのですが、
仕入高1000 未販売100だと
なぜ、当期の売上900が"仕入原価"であり、
"売上原価"なのでしょうか?
テキストには、
当期に売り上げた商品の仕入原価なので、売上原価を意味します。と
記載されていて意味が分かりません。
精算表で、
未販売の100が売上原価の貸方に記入されるのは何故でしょうか?

今回の問題の所為か
仕入の行は繰越商品と連動せず
借方の数字が貸方へそのまま記入され
さらに売上原価の借方へ記入されています。
2通りあるのですか?
仕入の行で、と言われたら
仕入←→繰越商品になり
売上原価の行で、なら
仕入←→売上原価に記入でしょうか?

よろしくお願い致します>_<

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

既にあるご回答の言い換えになりますが、決算整理前の仕入勘定には、当期に仕入れた分の金額が計上されています。

当期に仕入れた分は、ぜんぶ当期に売れるとは限りません。たいてい、当期に売れた分と、売れ残った分とが混ざっています。

仕入勘定から繰越商品勘定へ数字を移すやり方は、売れ残った分の金額を移しています。こうすることで、当期に売り上げた分の売上原価が、繰越商品勘定に移されず仕入勘定に残ることになります。

仕入勘定から売上原価勘定へ数字を移すやり方は、当期に仕入れた分を移しています。こうすると、当期に売れ残った分も混ざっていますから、売れ残った分をさらに他の勘定科目へ移す必要があります。未販売100を貸方に計上しているのは、売れ残った分を他の勘定科目へ移すためです。
    • good
    • 0

(例)



期首繰越商品(精算表の「繰越商品」欄の借方金額)200
当期仕入高(精算表の「仕入」欄の借方金額)1,000
期末繰越商品 100


①売上原価を仕入勘定で表す場合の仕訳
 (仕入)200(繰越商品)200
 (繰越商品)100(仕入)100

 「仕入」欄の借方に200、貸方に100を記入。
 「繰越商品」欄の借方に100、貸方に200円を記入。

 これにより、
 「仕入」欄は1,000+200-100=1,100(売上原価の金額)
 「繰越商品」欄は200-200+100=100(期末繰越商品の金額)



②売上原価を売上原価勘定で表す場合の仕訳
 (売上原価)200(繰越商品)200
 (売上原価)1,000(仕入)1,000
 (繰越商品)100(売上原価)100

 「売上原価」欄の借方に200、1,000そして貸方に100を記入。
 「繰越商品」欄の借方に100、貸方に200円を記入。
 「仕入」欄の貸方に1,000を記入。
  
 これにより、
 「売上原価」欄は200+1,000-100=1,100(売上原価の金額)
 「繰越商品」欄は200-200+100=100(期末繰越商品の金額)
 「仕入」欄は1,000-1,000=0


売上原価勘定は期中には存在しないため、期首繰越商品の金額と当期仕入高を売上原価勘定に
振り替える必要があります。
ご指摘の通り、②の処理では仕入勘定と繰越商品勘定は連動しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/05/15 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「売上原価を仕入の行で計算」とは?

3級 独学です。

「売上原価を仕入の行で計算」の意味が解かりません!!
この文に対して何をすればいいのかわかりません!!




期首商品棚卸高  仕入××    /  繰越商品××
期末商品棚卸高  繰越商品××  /  仕入××

は関係ありますか??


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

精算表作成の問題ですね。
3級では多分出てこないと思いますが、売上原価は【仕入の行で計算】【損益計算書欄で計算】という場合があります。
3級では【仕入の行で計算】のみかと思いますので、通常通り
期首商品棚卸高  仕入××    /  繰越商品××
期末商品棚卸高  繰越商品××  /  仕入××
という仕訳に従って精算表の修正記入欄に記入すればいいと思います。

Q損益勘定について

ズバリですが、損益勘定自体が分かりません汗これは、何のために、どのように使うものなのでしょう。付随して、仕分けを「仕入」「繰越商品」のように小分けして仕分けする仕方も意味もよくわからないのですが、親切な方がいらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期繰越ではなく損益勘定を使用し、時期に繰り越さず、損益勘定に集合させ、そこででた利益ならば財産である資本金にプラスしよう!というのが損益勘定の役目です!
なのでその期の収益費用は全部、損益勘定に移動してまいります。売上も消耗品費も給料も...そして仕入れも..
それでは仕入勘定の説明にうつります。まず仕入れとは商品の在庫室と考えてください。去年ののこりが今20円分あるよ!というのが期首繰越商品!今年は40円買ってきたよというのが当期仕入れ!そしてその間、商品を売って残った在庫が10円あるよ!が期末繰越商品!
じゃあ今年はいくら在庫が減ったでしょうか?20+40-10=50ですね!この50円何のために買ったのでしょうか?もちろん商品を売るため!商品を売るためには10円のものを10円では売りません!15円で売ったりと利益をつけますそのとき利益は5円ですよね!原価は10円
では決算のときも同じ。先ほどだした50円は...売上原価なのです!!これはりっぱな費用!ですので損益勘定へ移動します!
もちろん費用とし損益勘定に移動しないと、売上は15円のまま..ほんとの利益は5円なのに..おかしいですよね!
教えることに不慣れなものでこんな説明ですみません..少しでもお役に立てればうれしいです!

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期...続きを読む

Q納得いかない決算後の再整理仕訳 (未払利息)

決算整理事項について
期末になって未払いの利息が○○○円あったという場合
借方 支払利息○○○円   貸方 未払利息○○○円
という整理仕訳をすると思うのですが、

よく分からないのは、この後再整理仕訳で
借方 未払利息○○○円   貸方 支払利息○○○円
と反対仕訳をして消してしまうことです。

この仕訳消す必要なんてあるのですか?
未払利息のまま計上しとけばいいと思うのですが。 

Aベストアンサー

例:)
当社は前期7月1日にA銀行より期間5年、利率年4%で1,000,000借入れた。
利息の支払は毎年6月30日(後払い)であり、元金は5年後の6月30日に一括して返済する。
《当社の会計期間4月1日~3月31日》
---------------------------------------
前期、7月1日の仕訳:
現金預金1,000,000 / 長期借入金1,000,000

1)前期末3月31日の仕訳:(見越計上)
支払利息30,000 / 未払利息30,000

2)当期首4月1日の仕訳:(再振替仕訳)
未払利息30,000 / 支払利息30,000

3)当期、6月30日の仕訳:
支払利息40,000 / 現金預金40,000
---------------------------------------
*もし、2)の再振替仕訳をおこなっていなかったら、
6月30日の仕訳は次のようになります。

4)当期、6月30日の仕訳:
支払利息10,000 / 現金預金40,000
未払利息30,000
---------------------------------------
2)と3)の代わりに、この4)の仕訳を6月30日にしても
各勘定残高とも全く同じになるのですが、
4)の仕訳をするためには、前期末の決算整理の経理担当者が
A銀行に対する支払利息の見越計上をしたことを、
当期6月30日現在の経理担当者が把握していなければ出来ません。

経理担当者が1人または少人数の企業であるならば、
前期の処理を覚えていられるのでしょうが、

大きな企業では、期間、利率、取引先の違う
複数の借入金があるのが当たり前で、
期中の取引を日々記帳する複数の経理担当者がいて、
その人達と決算整理する経理担当者が異なることが多いので、

『間違った記帳を行うことが考えられるため、
上記2)および3)の記帳方法を使うことにしましょう。』
という理由です。
(簿記検定でもこの2)および3)の方法を基に作問されています)

例:)
当社は前期7月1日にA銀行より期間5年、利率年4%で1,000,000借入れた。
利息の支払は毎年6月30日(後払い)であり、元金は5年後の6月30日に一括して返済する。
《当社の会計期間4月1日~3月31日》
---------------------------------------
前期、7月1日の仕訳:
現金預金1,000,000 / 長期借入金1,000,000

1)前期末3月31日の仕訳:(見越計上)
支払利息30,000 / 未払利息30,000

2)当期首4月1日の仕訳:(再振替仕訳)
未払利息30,000 / 支払利息30,000

3)当期、6月30日の仕訳:
...続きを読む

Q簿記2級「売上原価の計算⇒売上原価勘定」について

先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。
ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、
質問させていただきます。

期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、
(2)のようになると参考書にあるのですが、

質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。
「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。

質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」のことではないのですか。

質問3)「売上原価勘定で行う」時とはどのようなときなのでしょうか。

仕訳(1)
仕入    2,500 / 繰越商品 2,500
繰越商品 1,100 / 仕入 1,100
損益    12,200 / 仕入 12,200
売上    17,600 / 損益 17,600

仕訳(2)
売上原価 10,800 / 仕入 10,800
売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500
繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100
損益    12,200 / 売上原価 12,200
売上    17,600 / 損益 17,600

質問の仕方に不備がありましたら申し訳ございません。
どなたかお詳しい方、ご教示いただけますようお願いいたします。

先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。
ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、
質問させていただきます。

期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、
(2)のようになると参考書にあるのですが、

質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。
「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。

質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容が商品3分法なので、それに限定したレベルで回答を書きます。
1級や会計士を目指すのであれば、2級合格後に「総記法」や「分記法」と言う物も勉強していってください。

A1&A2
 売上原価を出す為には、ご質問文に有りますように「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算しますし、この時に『仕入/繰商』『繰商/仕入』という定型的な仕訳を憶えた筈です。この仕訳のまま試算表を作成すると、仕入勘定の残高[損益勘定への振り替え額]が売上原価となります。
 では、『売上原価』勘定とは何か?これは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」の計算の計算式をそのまま適用した場合の勘定科目であり、仕入勘定とは別に新たに勘定(発生及び消滅は仕入勘定と同じ)を設けた上で、決算仕訳は「売上原価」を使用して、「仕入」科目では計算いたしません。
 仕訳(2)の仕訳を説明すると、次のようになります。ご自身で「繰越商品」「仕入」「売上原価」のT勘定を作成して、仕訳(1)と結果が同じになる事をご確認下さい。
 『売上原価 10,800 / 仕入 10,800』は「当期商品仕入高」
 『売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500』は「期首商品棚卸高」
 『繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100』は「期末商品棚卸高」
 『損益  12,200 / 売上原価 12,200』は勘定残高の振り替え

A3
 どんなときと言うよりも、試験で問われているから斯様な処理をしているだけであり、実務では色々なやり方が認められております。
・仕入勘定で売上原価の計算を行なう
 ⇒仕訳(1)の事例に該当し、財務諸表では仕入とは書かずに「売上原価」と表示している事がある。
 ⇒簡易な仕訳で用が足りる規模の商店で採用している事が多いと思う。
・仕入勘定と同列で売上原価勘定を使用している
 ⇒仕訳(2)の事例に該当
 ⇒最近は次に書く方法が増えているので余り採用のメリットはない。
・『売上原価』勘定の内訳科目として『期首繰越商品』『仕入』『期末繰越商品』を設定している。
 ⇒法人向けの会計ソフトの大半はこのような設定になっている。

ご質問の内容が商品3分法なので、それに限定したレベルで回答を書きます。
1級や会計士を目指すのであれば、2級合格後に「総記法」や「分記法」と言う物も勉強していってください。

A1&A2
 売上原価を出す為には、ご質問文に有りますように「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算しますし、この時に『仕入/繰商』『繰商/仕入』という定型的な仕訳を憶えた筈です。この仕訳のまま試算表を作成すると、仕入勘定の残高[損益勘定への振り替え額]が売上原価となります。
 では、『売上原...続きを読む


人気Q&Aランキング