出産前後の痔にはご注意!

苗木から6年目です。
今年こそ、ちゃんとした実をならせたいと考えてがんばっています。

みかんの葉裏に、カイガラムシというんでしょう。
変なのが付いています。
恐らく昨年からだと思います。
どうしたら良いのか、ご指導ください。
よろしくお願いします。

「みかんの木の病気」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんな感じで6月に薬をまけば大丈夫です。


カイガラムシと言ってもいろいろありますが、防除法は同じです。
http://www.jakanagawa.gr.jp/kn5128/einou/einoui_ …
他にもカイガラムシ 農薬で検索すればでてきます。
6月は防除の適期です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ところで、
カイガラムシであることは、
間違いないのでしょうか?
色々調べても似ているくらいしかわかりません。
出来れば、教えてください。

お礼日時:2015/05/16 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミカンの葉が縮れてます。どう対処すべきでしょうか。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当にハダニなのかわかりません。対処法を教えていただけないでしょうか?少なくともここ2週間以内に発生したのは確実です。

ミカンの種類は桜島小みかんで、鉢植えで育てています。

今のところは殺虫剤をまいてみました。あと今日は遅いので明日以降やろうと考えていますが中心部分は生い茂っていて空気があまり通らない状態ですので剪定しようかと思っています。剪定もやるべきですよね。


あともう一つ質問ですがすさまじく萎れている部分を切ったのですがそれを近所のホームセンターか花屋に持って行って何の病気か害虫かどうか聞くのはいいのでしょうか?

この状況のみかんへの対処法に関して、情報提供どうかよろしくお願いします。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当...続きを読む

Aベストアンサー

間違いなくミカンハダニの仕業です。要は剪定をしないため通気性が悪く
なったのが主な原因です。ミカンの木を見て、全体的に葉が生い茂ってい
るように見えませんか。そうであるなら、剪定を怠っている証拠です。

アクテリック乳剤に展着剤(ダイン)混ぜ、それを噴霧器で葉の裏表や、
幹や枝に十分に噴霧して下さい。1回だけでは効きません。10日置きに
2~3回繰り返すのがコツです。

冬場に枝抜きを中心に、剪定を行う事も必要です。

肥料不足は病害虫の被害に遭いやすいので、施肥時期が来たら必ず施肥は
行って下さい。

ホームセンターでは分かる人は居ません。ホームセンターは売るだけの所
と認識して下さい。花屋でも同じです。草花に関しては知識があるでしょ
うが、果実に関しては知識は持たれていません。

今回の場合はミカンハダニで間違いありませんから、別に聞きに行かれる
必要は無いと思います。画像の枝を持参しても答えられる人は居ないでし
ょう。害虫被害は害虫が付いていないと答えられません。

Q葉が黄変する

みかんを鉢植えで栽培しています。全部で5,6鉢ありますが、そのうち1,2鉢が木全体に葉が黄変してきました。水が不足しているのかと思ってここ2,3週間頻繁に水遣りをしていますが、改善しません。枯れているわけではないのですが、気になります。何か原因があると思うのですがわかりません。参考に近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

Aベストアンサー

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているようなものです。

全ての農薬が悪いわけではありません
病気になったら素直に薬を飲んで休み、体力の回復をもって病気に打ち勝つしかないのです。

※今回の件は、肥料をやる事
鉢の少ない土に含まれてる栄養を食べてる雑草を取ることです。

地植えならみかんの木は栄養を求めて根をドンドン伸ばしていきますから無肥料でも栄えます。
栄えていれば病気を寄せ付けない体力も備えてるから大事にも至らないのです。
そうなれば無肥料、無農薬でも育てていけますが、毎日観察して早期に病気を見つけ悪い部分の枝を落としたりしないと農薬を使って木を守るか他の木に移らないよう木を処分するかの二者選択をする事になります。

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているよ...続きを読む

Qみかんの果実にマシン油をかけていいのですか?

1月に、温州みかんにマシン油をかけようと思いますが、樹にはまだ果実がなっています。
果実をすべて収穫してからマシン油をかけるのでしょうか? それとも果実にマシン油をかけてもいいのでしょうか?
みかんは出荷はしていません、自宅で食べるのみです。

Aベストアンサー

油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物
で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。
マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら
れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。

温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す
る事はありません。ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布
時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って
も、収穫時に使用する事は避けるべきです。

カイガラムシの駆除で使用されるのは問題ありませんが、今の時期に散布
してもマシン油が無断になるだけです。
マシン油がカイガラムシに付着するとカイガラムシは窒息しますが、今の
時期はカイガラムシは体内に固いロウ状の膜を持っていて、全ての薬剤を
寄せ付けなくなっています。カイガラムシの表面にはマシン油は付着しま
すが、体内に浸透しないため死ぬ事は無いと言う事です。
確実な時期は春先の、少し気温が上がって暖かくなった頃です。今は休眠
していますから、動く事(肉眼では見えませんが、微妙に動いています)
も冬場はしませんので、使用するなら休眠期以外に行う事です。

全ての薬剤は、収穫時期には使わない事が鉄則です。

油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物
で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。
マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら
れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。

温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す
る事はありません。ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布
時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って
も、収穫時に使用する事は避けるべき...続きを読む

Qみかんの育て方を教えて下さい

2ヶ月ほど前にみかんの苗を植えました。ところが、ちゃんと育ってないみたいのです。新芽が出てきてないのです。いまのところ枯れてはいないのですが。肥料が足りないのでしょうか?隣の畑のは順調そうです(1-3年ほど前に植えられたもの)。鶏糞があるのですが有効でしょうか?また、米ヌカも作物に良いと聞いたのですが、みかんにあげても良いでしょうか?ちなみに、当方滋賀県に住んでおります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

2ヶ月たっても、ミカンの木は変化がないのですね?
新葉が出ないときは、根もあまり出ていないはずです。
ミカンの根本の土をちょっと掘り返してみてください。
たぶん、土が乾燥しすぎているか、または、土が加湿になっているか、どちらかだろうと思います。
もしくは、植えた時が、雨あがりではなかったですか?ぬかるんだ土を掘り起こして、苗を植えるとなかなか根が伸びません。
ミカンの苗木を植えるときは、穴を大きめに掘り、ミカンの苗木をおき、埋め戻す土に、堆肥・リン酸・少しの肥料(多くは必要ありません)を混ぜて、土をかぶせることが多いです。
最初は、根が張っていないので、水を頻繁にやります。
根が出て、新葉が出てから、肥料をやります。肥料は有機肥料、化成肥料などいずれかをやります。
鶏糞は、今はやめておいた方が無難です。鶏糞は完全に発酵していないので、土にやると、その状態で発酵を開始します。発酵するときに、根に有害なものがでます。やるなら、ミカンの苗木から、1メートル以上あけたところに将来の肥料としてやりましょう。また、ミカンの木がおおきくなって、ミカンを成らす時期がきたら鶏糞はやめましょう。酸っぱいミカンになってしまします。
また、米ヌカは、鶏糞と同様、発酵していないので、今はやめておきましょう。
ミカンが大きくなるとやっても問題ないでしょう。米ヌカはリン酸が主体なので、ミカンの味・色をよくしてくれます。

今の状態が続くと、ミカンの葉が落ちてしまうおそれがあります、とにかく根が伸びていない理由を突きとめることです。

こんにちは、

2ヶ月たっても、ミカンの木は変化がないのですね?
新葉が出ないときは、根もあまり出ていないはずです。
ミカンの根本の土をちょっと掘り返してみてください。
たぶん、土が乾燥しすぎているか、または、土が加湿になっているか、どちらかだろうと思います。
もしくは、植えた時が、雨あがりではなかったですか?ぬかるんだ土を掘り起こして、苗を植えるとなかなか根が伸びません。
ミカンの苗木を植えるときは、穴を大きめに掘り、ミカンの苗木をおき、埋め戻す土に、堆肥・リン酸・少し...続きを読む

Qかんきつ類のハガグレガ(えかきむし)の駆除

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モスピランの水溶剤(粉末剤)を購入して来春に備えているのですが、

そこでお聞きしたいのは
1)スミチオン、マラソン剤はハガグレガには効果がないのか。
 (私の駆除方法に問題があったのか)
2)モスピランを使用するときの注意点は。
3)根元にまく(埋める)オルトラン粒剤は、ハガグレガに有効か。
4)根元にまく(埋める)モスピランの粒剤をホームセンターで見たのですがこれは有効でしょうか。
いろいろな薬剤を同時に使うとどれが有効だったのか分からなくなって困るかなとも思いまして。
ご助言頂ければ幸いです。

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モ...続きを読む

Aベストアンサー

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、良く見ると濃い茶色の糞が見えるかも知れません。

農薬の使い方は、使用説明書をしっかり読んでください。以下の項目の組み合わせで表示されています。

作物名・適用害虫名・使用量・使用時期/総使用回数・使用方法

ここでは作物名「かんきつ」と適用害虫名「エカキムシ」または「ハモグリガ」などの組み合わせが記されている農薬を選びます。

目的の組み合わせが表示されていなければ、適用外ということです。効果や副作用について実績が無いので、使えません。
有効成分が同じでも、メーカー、剤型が違うと別の農薬です。同じように思えても、記載がなければ適用外になります。

その農薬の適用害虫については、個々の製造(販売)者に使用説明書をメールやFAXで送ってもらい、確認してから使ってくださいね。

なお、都市部だと市役所などの緑化関係の部署で、こういう相談に答えるダイヤルや相談会を持っていることが多いです。
郊外で農協があれば、やはり同じような相談窓口があると思いますので、そこに聞くと良いと思います。

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、...続きを読む

Qみかんの葉がちじれる

みかんの木を育てています。
最近ぴんとした葉ではなく、ちじれたようなへなへなした葉が出てきます。
何かの病気でしょうか。
もしそうだとしたら対策も教えてください。

もう1点。葉全体に粉をふいたように白い微粒子がついています。(そんなに白くなってるわけではありませんが、綺麗な緑ではありません)
これについてもご指導ください。

Aベストアンサー

>みかんの葉がちじれる

              ↓
ご心配な事ですね・・・
我が家も、柑橘類としては→みかん・甘夏・すだち・金柑を栽培してます。
その体験と勉強&検索しての情報ですが<ご参考までに>

ミカンは寒さに弱い事と土壌の性質や過度の肥料に気をつければ、比較的、育て易いように思います。

◇主な病気・害虫と対応

モザイク病:まだら模様や葉が縮れる。→MEP剤、マラソン剤の散布

縮葉病:葉が赤く火ぶくれ状になり、縮れて落ちる右トッピジン、ベンレートの散布

うどん粉病:葉の表面に白いカビが生え、粉を振りかけたようになる→トップジン、ベンレートの散布

ハダニ:白い斑点が出来、スカスカになって枯れる→殺ダニ剤で駆除

ケムシ:葉や芽が食い荒らされる。→割り箸やピンセットで捕殺、スミチオンやオルトランで駆除

アブラムシ:葉が縮れ、ブツブツが出来る。樹勢が弱まり、うどん粉病やすす病の原因にもなる。→オルトランで駆除

と成りますが、基本は安全安心なので、樹木の健康に気を付け、早めに被害葉や枝を処分したり、害虫を捕殺したりガムテープでくっ付けて処分して、早期発見と出来るだけ薬品を使わずに被害の拡大を食い止めております。

尚、薬品については、被害葉をガラス瓶に入れ、園芸店や造園業者、ホームセンターで原因をチェック頂き、薬品の用途用法をアドバイス頂き、安全面に配慮して使用する事をお薦めします。



参考URL
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/kaju.htm
http://nao-k.jp/kaju/kaju.htm
http://botany.cool.ne.jp/wwwlng.cgi?print+200908/09080112.txt



junchann様に於かれましては、皆様方からの情報やアドバイスを参考にされ、ミカンの元気回復、美味しく安全安心な結果・収穫が出来ますよう、心より祈念申し上げております。

>みかんの葉がちじれる

              ↓
ご心配な事ですね・・・
我が家も、柑橘類としては→みかん・甘夏・すだち・金柑を栽培してます。
その体験と勉強&検索しての情報ですが<ご参考までに>

ミカンは寒さに弱い事と土壌の性質や過度の肥料に気をつければ、比較的、育て易いように思います。

◇主な病気・害虫と対応

モザイク病:まだら模様や葉が縮れる。→MEP剤、マラソン剤の散布

縮葉病:葉が赤く火ぶくれ状になり、縮れて落ちる右トッピジン、ベンレートの散布

う...続きを読む

Qすす病になってしまいました・・・

プランターで育ててるオクラがすす病になってしまってます。
葉の裏や茎に白い透明なツブツブがついていたので、いつも
取り除いていたのですが、少し前から小さい白い虫(2ミリ位)が
葉の裏に1~2匹いるようになり、それも駆除してたのですが、
最近になって葉に黒いシミみたいなものが出来てきました・・・。

色々と調べてみた結果、その小さい虫は<オンシツコナジラミ>で
その排泄物からすす病が発生したものと思われます。

対処法も色々と検索してみたのですが、農薬を使うか、
コツコツと木酢液をかけたりして予防したりする事しか
わかりませんでした。

虫は駆除して、以前からずっと竹酢液でスプレーしたりして
いましたが・・・。

すす病になった葉は取り除いた方がいいのでしょうか?
竹酢液をスプレーする以外でいい方法はないでしょうか?

たとえ実がなったとしても、食べない方がいいのでしょうか?

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

koba-kobaさんカメルーンデージーと大葉は元気に育っていますか。
オクラがすす病になってしまったんですね。
オルトランの薬剤を蒔くと害虫は駆除出来ますが食べ物なので嫌ですよね。
木酢液や竹酢液は残念ながらあくまでも予防手段でしかありませんが、他の防除方法に牛乳を少し薄めて霧吹きなどで葉の裏の虫に直接吹きかけると虫が窒息して死ぬというのがありますが牛乳の腐敗臭には困ります。
そこでその他の防除方法が色々載っているサイトを下記参考URLに添付しましたのでご覧下さい。
そして病害虫を寄せ付けない為には健康で丈夫な植物を育てることが第一です。
地植と違ってプランター等の場合は限られた条件で育てるためにどうしてもひ弱になったり病害虫が付きやすくなります。
元肥をしっかりやって剪定やマルチングをして通風や日照条件の調整をして植物に快適な環境を作ってやって害虫等が寄り付かないようにしましょう。
なお、すす病はコナジラミやアブラムシなどの吸汁性害虫の排泄物を栄養にして繁殖しますので一度付いたすす病はこれらの害虫が寄生している間は一年中見られますし特に虫の繁殖期に当たる4~10月にはその発生も多くなりますので常に防除が必要です。
そしてこれらはウイルス病を媒介することもありますのですす病になった葉は取り除き、もしオクラの実もすす病に罹った場合は残念ながら食べるのは諦めた方が良いと思います。

参考URL:http://www.tsuchi-kobo.com/hoken/hoken-chie.html

koba-kobaさんカメルーンデージーと大葉は元気に育っていますか。
オクラがすす病になってしまったんですね。
オルトランの薬剤を蒔くと害虫は駆除出来ますが食べ物なので嫌ですよね。
木酢液や竹酢液は残念ながらあくまでも予防手段でしかありませんが、他の防除方法に牛乳を少し薄めて霧吹きなどで葉の裏の虫に直接吹きかけると虫が窒息して死ぬというのがありますが牛乳の腐敗臭には困ります。
そこでその他の防除方法が色々載っているサイトを下記参考URLに添付しましたのでご覧下さい。
そして病害虫を...続きを読む

Qレモンの葉の変形

この春レモンの苗木を買ってきて、鉢植えしています。
新芽が出て大きくなる頃にアゲハが卵を産んでいき、新芽を食べていきました。
その後新しくまた新芽が出始めたのですが、葉の形が変なのです。
写真のように葉の表面がボコボコしたり、形もいびつになってしまいました。
別の掲示板で相談したところハダニの発生を疑われたので、念のため駆除予防しているのですが、
その後出てくる葉も同じように変形してしまいます。
温州萎縮病という話も出たのですが、別の方からレモンでは発症しないと言われました。
何か他に原因があるのでしょうか?
同じような症状になった方、いらっしゃいますか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私は柑橘類を10種類20本ほど育てています。
レモンも数本あります。
このように葉が変形してしまった経験はありませんが、これは病気や害虫ではなく新芽が十分に栄養や水分を吸収できないのが原因ではないかと思うのですが。
病気や害虫が原因ではないのでこれに効く薬剤はないと思います。
ハダニや温州萎縮病ではないでしょう。

そこでいくつか知りたいことがあるのですが、
1)、春に苗木を買って来てから植え替えましたか。
2)、植え替えたのなら肥料は入れましたか。
3)、>新芽が出て大きくなる頃にアゲハが卵を産んでいき、新芽を食べていきました。
このときの新芽は全部かじられてしまったのですか。もし残っているとしたらその葉は今どんな状態ですか。

写真では鉢の大きさがわかりませんが、買ってきた時の鉢のままで植えかえてないのでしたら大きめの鉢に植え替えたほうが良いでしょう。
写真を拝見した感じでは、今付いている変形していない葉は去年出た葉で、今年の葉は変形した葉だけのように見えます。

変形していても、葉があれば根の成長に役立つはずですから、今はこのままにしておいて秋になったら変形している葉を全部枝ごと切りとってしまえばよいでしょう。

植え替え時期は、これから熱くなるので秋になってからのほうが良いでしょう。
その間、水は切らさないでください。
肥料も秋に少しあげたらよいでしょう。私は骨粉入り油粕と堆肥を混ぜて、秋、春先、7月ごろに少しづつ入れてます。
肥料のあげ過ぎ、(多肥)には気をつけてください。

おそらく鉢の中で根づまりをおこしているのではないでしょうか。
そして、水分を十分吸収できないため強い日差しや暑さが原因でこのように変形しているのだと思います。
しかし、この木でしたら夏場の水やり、秋の植えかえ、肥料などきちんと管理してあげれば来年は実がなるはずです。
害虫にかじられないように殺虫剤の散布も必要でしょう。
あと、レモンは寒さに弱いので冬場は霜に当たらないようなところで、なおかつ、寒風と日差しはよく当たるようなところに置くことが理想だと思います。暖房のきいた室内はあまり良くないと思います。

我が家のレモンをupします。
今20個ほど小さな実が付いています。
また新しい花芽も出てきていますが、これは冬前には収穫できそうです。

私は柑橘類を10種類20本ほど育てています。
レモンも数本あります。
このように葉が変形してしまった経験はありませんが、これは病気や害虫ではなく新芽が十分に栄養や水分を吸収できないのが原因ではないかと思うのですが。
病気や害虫が原因ではないのでこれに効く薬剤はないと思います。
ハダニや温州萎縮病ではないでしょう。

そこでいくつか知りたいことがあるのですが、
1)、春に苗木を買って来てから植え替えましたか。
2)、植え替えたのなら肥料は入れましたか。
3)、>新芽が出て大...続きを読む

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Qみかんの木の病気について

うどん粉病だと思うのですが、シークワーサーの木とみかんの木についてしまいました。
葉の除去と、薬の散布を行っていますが、気を抜くとすぐ又出てきてしまいます。
風通しが良いように、剪定も行いました。
現在12月です、来春に向けて、今後どのような処理をすれば、うどん粉病はなくなるでしょうか。

Aベストアンサー

ホームセンターの園芸担当をしています。
こういう事を言われるお客様はよくいます。
まず前提として、うどん粉病はつきやすいものと覚えておいてください。
環境にも大きく左右されます。
AさんとBさんは同じ木を育ててるのに、Aさんの家の木には全くつかずに隣のBさんの家の木はうどん粉病と毎年格闘している。なんてこともよくある話です。
また、木も人間のように一本一本違います。病気にかかりやすい子もいればかかりにくい子もいます。

僕は、基本的に質問者様が行っている様に「うどん粉病の予防には風通しを良くする事」としか言っていません。下手なことは言えませんので・・・
まあよく耳にする予防法は
※酢を薄めたものをふりかける
※重曹を水にといたものをふりかける
ですかね。
(もしこれをするならば充分調べて自己責任でお願いします。希釈率を間違えば木に影響が出る恐れがありますので・・・)

ホームセンターの店員として言わせてもらうと、ついてから市販のお薬をふってください。
今は食品成分でできた安全な薬もあります。
そして周りに他の木やお花がある場合は、そちらにもふりかけておいてください。病気が移っている可能性がありますので。

農協で売っているような(印鑑等がいるような)薬は別として、ホームセンターで売っているような薬を「予防」としてふりかける人もいますが、ホームセンターで売っているような薬はふりかけた後、成分があまり残らないようにできていますので意味が無いと思っておいてください。

長々と書いて申し訳ありませんでした。来年はうまくいくといいですね。

ホームセンターの園芸担当をしています。
こういう事を言われるお客様はよくいます。
まず前提として、うどん粉病はつきやすいものと覚えておいてください。
環境にも大きく左右されます。
AさんとBさんは同じ木を育ててるのに、Aさんの家の木には全くつかずに隣のBさんの家の木はうどん粉病と毎年格闘している。なんてこともよくある話です。
また、木も人間のように一本一本違います。病気にかかりやすい子もいればかかりにくい子もいます。

僕は、基本的に質問者様が行っている様に「うどん粉病の予防には...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング