バクテリアを大腸菌にクローニングするメカニズムを教えてください。遺伝子の組み込みはどんな方法原理で行っているのか、また、組み込みのベクターの選定は何に影響するのかなど、まったくの素人です。一言では、いえないとは思いますが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それではご要望にお答えしてファージ編を。


まず、ファージとはバクテリオファージ、つまり大腸菌に感染するウイルスです。
ファージは大腸菌の体内に入ると大腸菌に自分の複製をたくさん作らせ、十分な量の複製ができると大腸菌を溶かして外に出ます。
実際の手順としては先ほどのプラスミドの際と同様に導入したい遺伝子を含むDNAとファージのDNAをライゲースで結合します。このDNAを特殊なタンパク質(ファージの外殻)で包み(パッケージング)、ファージを作ります。宿主となる大腸菌とこのファージ、そして寒天培地を混合して培養すると、培地が増殖した大腸菌でにごるのですが、その中に小さく丸く透き通った部分ができます。これはファージに感染した大腸菌が死んでしまうためで、この部分をプラークといいます。このプラークの部分には単一のファージが多く含まれているのでこれを精製し、液体培養などで更に多くの量を集めてからファージのDNAを回収し、制限酵素を用いて目的の遺伝子を取り出します。
しかし、用いる宿主によってはファージのDNAが大腸菌のDNAへ組み込まれてしまうため、大腸菌を殺さずに多くのクローンを得ることもできますし、また、λZAPというファージベクターを用いればヘルパーファージという別のファージの力を借りてλZAPの一部を普通のプラスミドにしてしまうこともできます。当然、プラスミドになってしまえば宿主も死にませんし、扱いも楽になります。その上、λZAPやλgt11などのベクターは導入した遺伝子をβ-ガラクトシダーゼとの融合タンパク質として発現するため、遺伝子の機能解析や、抗体によるスクリーニングを行うこともできます。
以上がファージによる形質転換の大雑把な説明です。
また何かわからないことがあれば説明します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!最近仕事が変わってまったく知らない遺伝子関係・・・。専門書は難しく、適当な本が見つからないまま泣いてました!上記の言葉も全部解る・・・とはいかないのですが、がんばります!またお願いします!

お礼日時:2001/06/18 23:00

バクテリアを大腸菌にクローニング、というのはバクテリアの遺伝子を、ということでよろしいのでしょうか?でしたら簡単な説明を。

まず、バクテリアから取り出したDNAをPCRで増幅し、そのPCR産物を精製してベクターとなるプラスミド(あらかじめ制限酵素で切ってある)とリガーゼ(ライゲース)を用いて結合させます。一部のキットではこの際にライゲースではなく、特殊な加工をしたプラスミドを用いてイソメラーゼで結合させるようです。こうして組替えたプラスミドと、細胞壁をなくした大腸菌(コンピテントセル)を混合して氷中でしばらく接触させ、42度のお湯に2分間つけて(ヒートショック)、細胞内にとりこませます。この仕組みははっきりとは分かっていないのですが、ヒートショックにより細胞膜に隙間ができるとか、イマイチ説得力に欠ける説明があります(笑)。この形質転換体を培養することにより目的の遺伝子を持った大腸菌のコロニーを得ることができます。
組み込みの際のベクターの選定は、目的の遺伝子を再び取り出す際に使える制限酵素の種類や、形質転換効率、形質転換体かどうかをスクリーニングする際の手間(ブルーホワイトセレクションが行えるかどうか)などににかかわってきます。
おっと、そうそう、以上はベクターにプラスミドを用いた際の話です。
ベクターにλファージを用いる方法もありますが、かなり長くなりますし、組み込まれた大腸菌が死んでしまうのでご質問からは少しそれてしまうかもしれないため、一応割愛しました。
ご希望でしたらそちらも説明しますが?

この回答への補足

説明の難しい質問に、丁寧に答えていただきありがとうございます。確かに本筋とは離れるのですが、とても興味がでました。教えていただけますか?

補足日時:2001/06/15 00:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒートシンクについて・・・

音の静かなヒートシンクってありますよね!

あれってどうゆう原理でCPUとか冷やすんでしょう?

長い棒のようなのが何本もあるだけにしか見えないのですが・・・・・

アスロンXP2600用のヒートシンクもありますでしょうか?

また電源本体のヒートシンクというのもあるようですがまったく音がしないような説明ですが、どんなもんでしょう?

電源本体と、CPUクーラーをヒートシンクにすると
ほぼ無音になるのでしょうか?????

Aベストアンサー

ヒートシンクの冷却原理は表面積を増やして空気と触れれいるところを増やすことによって放熱すします。

いわゆるCPUファンというものにも実際はヒートシンクが付いていますが、いわゆる「ヒートシンク」といわれているものに対しては小さめで電動ファンにより強制的にシンクに触れる空気の量を増やして放熱しています。
ヒートシンクは電動ファンが付いていないため静かなわけですが、触れている空気に動きがないと、シンクの周りの空気が次第に温まっていくことになりますので、冷却できる温度に限界が生じます。
PCによってはケースの後ろや前などに電動ファンを取り付けられますのでケースファンに静かなものを使えばヒートシンクの周りに空気の流れを作ることが出来るので冷却効率のアップを図ることも出来ます。
ただし、結局電動ファンをつけることになってしまいますので、音は出てしまいます。ただ、CPUファンよりもケースファンの方のが直径が大きいので比較をすれば、静かかもしれません。

アスロンXP2600用のヒートシンクということですが、ヒートシンクは高クロックCPUには適さないと思います。わたしは聞いたことがありません。
やはりCPUファンで冷却しないと熱暴走が心配です。

>電源本体と、CPUクーラーをヒートシンクにすると
>ほぼ無音になるのでしょうか?????

電源用のヒートシンクは無いと思いますが、ファンレスのものはあるかもしれません。ただし、アスロンXP2600用ということになると難しいかも知れません。
また、お使いのPCにどんなパーツを使っているかわかりませんが、このほかにビデオカードでファン付のものがあります。これも無くて、電源、CPUのファンが無くなれば、後はハードディスクの音が残ることになります。

ヒートシンクの冷却原理は表面積を増やして空気と触れれいるところを増やすことによって放熱すします。

いわゆるCPUファンというものにも実際はヒートシンクが付いていますが、いわゆる「ヒートシンク」といわれているものに対しては小さめで電動ファンにより強制的にシンクに触れる空気の量を増やして放熱しています。
ヒートシンクは電動ファンが付いていないため静かなわけですが、触れている空気に動きがないと、シンクの周りの空気が次第に温まっていくことになりますので、冷却できる温度に限界が生...続きを読む

QTAクローニング用ベクター

TAクローニング用ベクターって自分で作ることはできないんでしょうか?回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

できます。

割と有名な論文です。PubMedで全文読めます。

Nucleic Acids Res. 1991 Mar 11;19(5):1154.
Construction of T-vectors, a rapid and general system for direct cloning of unmodified PCR products.
Marchuk D, Drumm M, Saulino A, Collins FS.

Qヒートシンク付RAM エアフロー設計

よろしくお願いします。

ヒートシンク付RAMの購入を考えているのですが、以前ある方からヒートシンク付RAMはフィンに風があたるようにしないと意味がない。と教えられたことがあります。

●ヒートシンク付RAMを利用されている方は、どのようなエアフロー設計をされているのか
●ファンの付けている位置、またPCケース
を教えていただけないでしょうか。

個人的背景として動画編集が増えてきておりRAMを大幅に増強する必要が出てきたことがあります。バルク品なら従来のヒートシンクなしが多いですが高信頼?のあるRAMは殆どヒートシンクがあるものばかりで、だったらPCのエアフローを考えないと思い質問しました。

以上、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

RAMに限らず、ヒートシンクは風を当てる、というか熱対流に組み込むことで効果を発揮します。

>ヒートシンク付RAMはフィンに風があたるようにしないと意味がない。
その対流媒体が空気ですから、空気に対する接触面積が増えるという意味でヒートシンクは有効です。
(熱対流が自然発生しますから、無意味ということにはなりません)

ただ、対流速度よりも発熱のほうが一般的には過大になりますから、何もしないとヒートシンクの周りにある空気だけが暑くなってしまい効果が薄れていきます。
ヒートシンクに風を当ててあげることで、対流を強制的に行うことができます。

>●ヒートシンク付RAMを利用されている方は、どのようなエアフロー設計をされているのか
基本的に、CPUクーラーのファン配置がトップフロータイプであればそれで十分効果が出ます。
12cmタイプクラスのトップフロータイプだと、メモリとファンの距離はかなり近くなるはずです。

サイドフローなどでCPUファンからの流入が望めない場合、ケースファンをどう組み込んでいくかが肝になります。
が、一般的なPCケースの場合は大なり小なりフロントファンがあります。
上部ベイ付近にファンが搭載できる場合、ほぼそれでOK。
ただ静音向けなどでファンが少ない場合には、内部フローの作り方によっては、メモリ部分で滞留しますから、後付けファンが必要かも。

まぁ、実際の運用ではCPU/VGA/HDDあたりよりも優先順位は下がりますから、それらの構造にまずは最適化したほうがよいかと。
その後余裕があれば・・・ってところですかの。

RAMに限らず、ヒートシンクは風を当てる、というか熱対流に組み込むことで効果を発揮します。

>ヒートシンク付RAMはフィンに風があたるようにしないと意味がない。
その対流媒体が空気ですから、空気に対する接触面積が増えるという意味でヒートシンクは有効です。
(熱対流が自然発生しますから、無意味ということにはなりません)

ただ、対流速度よりも発熱のほうが一般的には過大になりますから、何もしないとヒートシンクの周りにある空気だけが暑くなってしまい効果が薄れていきます。
ヒートシンクに風を...続きを読む

Qクローニングベクター

約1700bpのPCR産物をクローニングしたいのですが、サイズ的にZero Blunt TOPO PCRクローニングキットの3.5kbpのベクターでも可能でしょうか?

Aベストアンサー

可能ですよ。
私はpCR2.1-TOPOという、3.9kbのvectorを用いているのですが、それで3.1kbの遺伝子をクローニングしました。
もっと大きなものをとっている人もいますので、大丈夫ですよ。
ただ、1.7kbともなると、遺伝子自体の切り貼りが必要になるかもしれませんけど。

Qヒートシンクについてです。

前の質問で、CPUクーラー・CPUファンについて質問させていただきました。

今回はヒートシンクについてです。ファンを取り外し、ヒートシンクを触ってみると、とても暑くなっていました。

コアの温度をさげるには、ヒートシンクも買い換えたほうがいいのでしょうか?それとも、ファンやクラーを買い換えるだけで大丈夫でしょうか?

お手数ですが、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

ヒートシンクがCPUクーラーのヒートシンクの事であれば
ファンの性能よりヒートシンクの性能が冷却には影響あります
一般的にはヒートシンクとファンのセットで
CPUクーラーとして販売されていますので

CPUクーラーを買い換えるのがベストと思います

ヒートシンクの形状によりファンの大きさは厚みが
決められている製品も多いですので
どれか1つだけ購入するのはやめた方がいいですし
ヒートシンクだけを選ぶのは製品の種類も少ないので
わざわざ範囲を狭めるだけです

ヒートシンクは熱くなって当然ですね
負荷かがかかっているとCPUは70度ぐらいなりますので
その熱を奪って放熱させるのですから熱くて普通です

Q遺伝子のクローニング

ある遺伝子Xを発現させるためのプラスミドを作りたい場合、遺伝子Xの上流(プロモーター)と下流(ターミネーター)はそれぞれどの程度あれば(ORFと一緒にクローニングすれば)よいのでしょうか?遺伝子によって違うとは思うのですが、一般的にはどれぐらいなのか教えてください。

Aベストアンサー

培養細胞に、ORF全長を強制発現するのであれば、cDNA全長(1st メチオニンからストップコドン)まであれば十分です。一方、組織特異的な転写因子をゲノムごと細胞にいれても、その組織由来の細胞であってもちゃんと発現できない場合も多いと思います(キロ~メガbp)。
目的が強制発現(過剰発現、ectopic expression)であれば簡単ですが、ゲノムからの発現であれば、BacやYacといったベクターを用いた大がかりな実験になるとおもいます。
ご参考になれば幸いです。

Qヒートシンクの熱抵抗について

お世話になります。
ヒートシンクの熱抵抗について質問です。

熱抵抗1(℃/W)のヒートシンクに10Wの熱量を与えると10℃の温度差が生じますよね。
これはつまり、10Wの発熱体を取り付けて、たとえば、そこの温度が80℃だとすると、ヒートシンクによって、70℃に下がるということでしょうか。

だとすると、熱抵抗2(℃/W)のヒートシンクだと、同様に10W与えたら、20℃の温度差が生じるので、80℃→60℃に下がるということでしょうか。

つまり、熱抵抗の大きいヒートシンクの方が、放熱効果が高い・・・・???
なんかおかしいですよね。
熱抵抗が低い方が、放熱効果は高いはずですよね・・・??

私の考え方の間違いをご指摘ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#7のお礼について

この理解で大丈夫です。
ヒートシンクを選定する場合には書かれている3つの条件を決めて、できればある程度マージンをとって選定をするとよいでしょう。何かの拍子に出力が上がったりしても問題がないようにぎりぎりの設計は避けた方がよいでしょう。

Qクローニングベクターの詳しい情報を探すには?

ベクターの名前から、配列やマップなど詳しい情報を探そうとしています。これらの情報を手に入れるには、どこで探せばよいのでしょうか?Genbankなどでさがせるのでしょうか?

販売されているものならば、そこのホームページで探せるとは思いますが、誰かが作ったベクターとなると、見つけるのが大変です。

今は、NpT7-5ベクターの詳しい情報を探しています。

Aベストアンサー

#1 です。

でも、参考URLに出ているのは全長どころか、ほんの一部、T7 proの配列だけですが。

原著論文を当たって、どのようなDNAを(たぶんさかのぼれば元になったDNAの配列情報に行き着くでしょう)どのようにconstructしたかを追っていくしかないですね。

Qファン付きヒートシンクの自作

ファンをヒートシンクのフィン部にくっつけてLED冷却用装置作りたいんですが、ファンの送風方向はヒートシンクに向けるんでしょうか?それとも背面方向に?

Aベストアンサー

一般的には#1の方が言われるとおりに、ファンから出た風をヒートシンクに当てる場合が多いですね。ただしこれは#1の方が述べられている扇風機の前後という話とはまったく別の理由です。一般的なプロペラファンではファンから出てきた風は、ファンの軸方向の速度とファンの回転方向の速度を持って出てきます。まぁ、平たく言えばファンの出口側では螺旋状の空気の流れができているんです。そこにヒートシンクのフィンを持ってくるとフィンが一種の整流翼の働きをするため、捩れていた空気の流れを整えると同時に軸方向の流速を早くする役目があるためなのです。フィンに当たる風の速度はできるだけ速いほうが冷却効率が高くなるのです。これはちょっと面倒な理屈があるんですが、微視的に見ると空気の流れはフィンの近くに行けば行くほど、空気とフィンの摩擦によって遅くなりますが、フィンのごく近くでは動きがとても遅い部分ができてくるので、この部分では冷却性能が落ちることになります。そこでできるだけ高い速度を持ってフィンに空気を当ててやり、流れの遅くなる空気の層をできるだけ薄くしてやったほうが効率がよいのです。

ただし、このようにファンの出口側の風を当てる場合はヒートシンクに対しての埃の付着が多くなる傾向がありますので、あまりピッチの小さなフィン(ピッチが1mm程度以下)のヒートシンクを使う場合は、フィルターなどを用いてやらないと、ヒートシンクとファンの間に多量の埃がつまり冷却不良を招くことがあるので要注意です。

どの程度の放熱が必要か不明ですが、一時代前のCPUクーラーなどを流用してはいかがですか?秋葉原などに行けばペンティアム3用などのファンつきヒートシンクが数百円程度の捨て値でいくらでも手に入りますよ。

一般的には#1の方が言われるとおりに、ファンから出た風をヒートシンクに当てる場合が多いですね。ただしこれは#1の方が述べられている扇風機の前後という話とはまったく別の理由です。一般的なプロペラファンではファンから出てきた風は、ファンの軸方向の速度とファンの回転方向の速度を持って出てきます。まぁ、平たく言えばファンの出口側では螺旋状の空気の流れができているんです。そこにヒートシンクのフィンを持ってくるとフィンが一種の整流翼の働きをするため、捩れていた空気の流れを整えると同時に...続きを読む

Q遺伝子クローニングについて

薬剤耐性のプラスミドがベクターとして使用される理由について調べていますが、なかなか分かりません。

当方は理系に関しては入門者です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

簡単に言えば、選別(selection)がかけやすいから、だと思います。
例えば、目的遺伝子を薬剤耐性遺伝子の入ったプラスミドに組み込み、大腸菌に遺伝子導入したとします。
でも全ての大腸菌に遺伝子が組み込まれるわけではありません。
したがって、LB寒天培地などに播き、培養します。
この時、LB寒天培地にはプラスミドに含まれる薬剤耐性遺伝子と同じ抗生物質を添加しておきます。
そうすると、目的遺伝子が導入された大腸菌は同時に薬剤耐性遺伝子も獲得しますので、抗生物質入りの培地でも増殖できます。
一方、遺伝子が導入されなかった大腸菌は増殖ができない、という結果になります。
理解していただけましたでしょうか?

長い文章ですみません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報