保証修理期間が過ぎた商品のクレームを受けています。
商品は中古の原付です。
保証期間は、3ヶ月なのですが
先日
「原付が壊れて動かなくなった。保証してほしい。」
とお電話がありました。
保証期間の3ヶ月を2ヶ月以上過ぎていることから、保証修理は出来ない旨お伝えしました。
そうした所、最初から調子が悪かったなど文句を言われました。
「なぜ最初から調子が悪かったのならその時言ってもらえないのでしょうか?
それを言わなかったのなら、こちら側で分かり様もありません。
保証期間が少し過ぎている位なら対応しますが2ヶ月以上過ぎているのでは対応出来ません。」
と断りました。(私は販売者ではありません。バイク屋さんを紹介しました)
バイク屋さんに相談しましたが、保証期間が明らかに過ぎていますし
今後の取引上、販売店に保証修理を無理強いできませんし、するべきではないと考えています。
ただ、相手が暴言がひどく厄介な方で困っています。
私の対応は間違っていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

保証期間満了後は、当然ですが保証対象とはなりません。


その期間の定めがある契約ですので、契約不履行ともなりません。
相手には、内容証明で保証はできないことと、今後の請求に関しては恐喝罪で刑事告訴をする「可能性」があると通知することがいいでしょう。
可能性と言うのは、告訴しても、告訴しなくても問題はありません。
販売店でもない相談者が、対応している意味がわかりませんが、殆どが内容証明で落ち着きます。
相手が訴訟をしても、原告立証責任というのがあり、保証期間内に調子が悪かったことを第三者の証人や修理店等の証明が必要になります。
内容証明を送り、相手の出方を見る方がいいでしょう。
メールや電話は、保存して残してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
今回恐喝に値する言動は私自身言われております。
ここでは書けないほどです。
エンジンの焼きつきが原因ですが、
現在別のバイクショップで点検という名目でチェックしてもらった所、その他の消耗品も悪くなってたから見積もりが8万円だったと言われました。点検の費用も請求すると言われております。
毎日業務で過酷に使っている車両のため、消耗するのは当たり前です。
それすら保証しろって事だと私は受け取っています。
電話だけでのやりとりだったのですが、録音ができない機種(iPhone)での受け答えのため録音出来なかった事が悔やまれます。
今回会社の社長からの依頼でバイクを納めたのですが、電話をしてきたのは従業員です。
社長とは全く連絡が取れず電話をかけても繋がりません。
その暴言を吐く従業員と同じ考えなのだと思います。
まだ修理で入庫していませんので、今のところ様子見です。

お礼日時:2015/05/27 02:10

NO5です。


ICレコーダーと、iPhoneを接続して録音できるイヤホンマイクが、市販されています。
金額的にも、たしか2000円前後だったと記憶しています。
常識が通じない相手ですから、証拠だけはできるだけ保存することが武器になります。
またPL法ですが、今回の場合には相談者には適用される法律ではありません。
一応気になったので、私の顧問弁護士に確認したところ、相談者の対応は間違っていませんと言われました。
中古販売の場合、保証期間内に何らかのトラブルが車体等に発生しても、そのバイクの使い方や保管方法によっても保証対象外になる場合があるそうです。
エンジンの焼き付きは、殆どの場合「兆候」がありますので、瑕疵と言えるかが重要な問題となります。
そこのところを、兆候の有無を言わないでエンジンオイルの補給状態を確認するように話すのも方法ではあるかと思います。
思うに、相談者さんは「仲介」を生業としているのかなと思いますが、今回の様に「ごり押し」する相手には徹底的に通用しないことを態度で示す方が今後の為になるかと思います。

この中古車購入の場合、保証期間が3か月と認識しての購入となりますので、契約上は法的には有効な期間ですので、2か月も経過しての保証要求は「無理強い」でしかありません。
弁護士より、内容証明を送ってもらうと費用面でもかかりますので司法書士に依頼して、司法書士名で内容証明を送るのも相手に対して「精神的なゆさぶり効果」が期待できます。
相手も、私の憶測では「無理難題」であるとわかっているかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答をしてくださって誠にありがとうございます。
今回の問題は解決いたしました。

解決の内容としては、
①車体の代金を使った分を除き返金する
②今後一切取引しない

私としては、苦渋の決断でした。
はっきり言って車体で一切利益も売上も出ていないからです。
裁判と言う選択肢も考えましたが
政治的に早期の解決をする必要があると経営判断させていただきました。
納得はしていません。

そして保証期間が大幅に過ぎている事だけが今回問題になっていましたが
走行距離も相当なものでした。
オイル交換を頻繁にした形跡(最終は5/11になっていました)も見受けられませんでした。
この走行距離でオイル交換をせずに、保証期間が過ぎ、調子が悪くなったからオイル交換したが
時すでに遅しで調子は戻らずにクレームに至ったんだと予測されます。

皆様色々なアドバイスをしていただき誠にありがとうございます。
本当に苦渋な決断でした。

お礼日時:2015/06/03 16:27

PL法持ち出されたら、保証期間なんて意味が無い。


弁護士に相談するのが一番です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
PL法は、製造者にかかるものだと認識していますが販売店も関係あるのでしょうか?

お礼日時:2015/05/27 02:13

中古品の場合 



売りっぱなしで
現況バイクを見てもいない状態で争うと、たいてい
契約の解除が出来る。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
契約の解除になるならなるで、一向にかまいません。
今後一切の付き合いができなくなるだけなので、気が楽になるだけです。
その際一矢報いるぐらいはさせていただきます。
私も人間ですから感情はありますので。

お礼日時:2015/05/27 01:57

一般的には、保証と保証期間の考え方はご質問の通りで間違っては居ません。


その主張で買主を説得し切れればそれで終わりです。もちろん、長い目で譲歩して修理し、今後の顧客満足につなげ、より多くの商機を獲得する戦略もあるでしょう。

まず、保証契約や保証内容を確認する必要があります。消費者が商品を購入する場合に、瑕疵担保責任をどのように契約に含めているか確認が必要です。
民法では、売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは売主の責任としています。そのため、中古品の売買契約では、商品の現状有姿での販売の条件に、売主の瑕疵担保責任を免責とする特則をつけることがあります。しかし、一方で、消費者契約法で、目的物に隠れた瑕疵があるときに、当該瑕疵により買主に生じた損害を賠償する売主の責任の全部を免除する条項は無効とされています。
どちらかといえば、中古品などで消費者に専門的な知識や経験が期待できない場合を想定し、消費者側に立つ判断がされています。
したがって、争い(裁判)になった場合は、売主側が不利になる可能性はあります。現実に、「瑕疵」とは何か、どのように隠れていたのか、かなりの議論が必要になります。
いずれにせよ、裁判に至れば、双方がそれなりの損害を被ることは予想されますので、お勧めは、できるだけ穏便に済ませることです。感情を含めて杓子定規に突っぱねるのも良いでしょうが、ここは冷静に進めることがよいのではないでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回の決着につきましては、
私が折れるか、私の看板を守るかの問題です。
相手も私自身が販売店じゃないことも十分わかっています。
その上で、言いやすい私に要求してきているのだと思います。
私も商売をしていますので、自身の看板を守るためなら例え損しても保証をしたり、裁判を行う事は想定の範囲内です。
一般の方が適正を思われる保証の範囲内であれば、私がどれだけ損をしようと責任を取るつもりで商売をしています。
今回に関しては、私には全く過失はありません。
私は販売者ではありませんし、かつ故障の報告も受けていません。
杓子定規に、保証期間が1日過ぎたからもう保証しませんと言っているのではありません。
一ヶ月程度であれば、当然お客様の気持ちを汲み取って対応します。
今回は保証から3ヶ月以上過ぎています。
しかも最初からだったという相手の主張なので、それなら最初からせめて伝えて貰えれば良いだけだと思っています。
それもせずに、保証期間もかなり過ぎて「最初から調子悪かったから保証せよ」とは理不尽過ぎてキツイものはあります。

お礼日時:2015/05/27 01:52

保証期間内に起きた故障について保証する契約であって、それは保証期間内か有効と定めてあるので、無限保証ではない。



と伝えてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回の件で、私に保証を求めてきているのは
当時取引先の社長から(今は取引は全くありません)バイクに詳しいとの事で、車種を限定しての探してほしいとの依頼があったからです。
別に探したところで何の利益も出ませんが、顧客へのサービスの一環としてバイクを探してバイク屋さんから見積もりをもらって、運搬と登録料で5000円だけ上乗せして見積もりを作成しました。
私の売上は5000円だけです。
他には何の利益もとっていません。
それだけに私に保証を求められて納得ができませんでした。
相手からは、バイク屋さんに無料で修理させろを要求されていますが
今回の件は別にしてもこの会社とは、今は取引ありませんし今後するつもりはありません。
色々恐喝的(書けませんが)な事を言われますが、電話だけでの対応でなんとか突っぱねようと思います。

お礼日時:2015/05/27 01:40

おはようございます。



保証期間内から起きていたと言い出した場合は、その時に相談しても
らうのが筋であり、忙しくて来れなかったとしても「その期間は使用
していない」のが譲歩の前提だと思います(故障は進むことが珍しく
なく、使用していれば悪化しえます)。

そのまま使用していたのであれば、保証期間内対応は出来ない、とい
うことでいいと思います。

ただ、
・故障内容によっては技術スタッフが見ても「本当に最初から起きて
 いたとしか思えない」なんて不良もありえるかもしれません。最初
 から起きていたなら期間内として扱う事も考えるべきかもしれませ
 ん。
・今後の取引という取引相手が販売店だけをさしているなら、乱暴か
 もしれません。そのお客さんも取引相手として考えるべきであり、
 一方的拒否は客を逃すだけです。常連さんなら多少サービスしても
 トータル的に儲けを出せるかもしれませんし、新規さんでもしっか
 りした対応が未来の常連さんになってくれるかもしれないことを考
 えておくべきです。→お客ともめている間の店員の時給も出費にな
 ります(ストレスにもなりますね)。大切なのは筋を通すことでは
 なく、信頼を得て儲けを出すことだと思うのです。

こんな考え方もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今回の内容は、現物がまだ無いためなんとも言えない状況ではあります。
今回は、現物もありませんし基本的に販売店に対しては保証期間が満了しており責任を負わせるべきではないと判断しています。
私が販売店の立場であるならば、最初から調子が悪いならなぜ早めに言わないのか?と思うからです。
購入してから、私や、販売店への不具合の連絡もなくどのような使い方をしていたかも不明で、オイル交換などの定期メンテナンスをしていたのかも不明な状態で、かつ車体もまだ見ていない状況で相手側から一方的に悪意があるものを販売されたとの言い分です。
この状況で、販売店が悪い、販売店に保証させますとは口が裂けても言えません。
販売店も、できうる限りの車両のチェックをしています。
しかしながら全てを見通す事は出来ないと思っています。
そのための、3ヶ月の保証期間だと私は認識しています。
どうしてもゴネ得に納得いきません。

お礼日時:2015/05/25 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保証期間付定額型ついて

30歳 会社員 男性です。

厚生年金だけでは心配なので他に何かないか考えています。そこで、かんぽの「保証期間付定額型据置終身年金保険」はいかがでしょうか。

特徴などを教えていただければと思います。

Aベストアンサー

http://www.kampo.japanpost.jp/hoken/shokai/nenkin_2.html

他の保険会社の商品と比べた訳ではありませんが、良い?商品と思います。私が29歳時に加入した民間の個人年金は年金受取期間が15年間と決まってますが一生涯受け取れるようなので、長寿となっても頼れる商品と思います。
でも”一生涯”とは、太っ腹すぎないでしょうか。今の年金保険全般がこういう種類か解りませんけど払いきれるのでしょうか。国でさえ払いきれないのにちょっと心配です。

病気や傷害時の特約も付加できるので、付加するのであれば、これ一本で他の生命保険に加入する必要も無いと思います。年金だけ受け取りたいのであれば付加する必要は無いです。保険会社は、絶対勧めてきますので必要なければ断ってください。

若いうちから加入しておけば、40、50歳代で加入するより少ない金額ですみますので、この保険とは申しませんけど何かに加入されると安心と思います。

取りあえず現在月々払える金額で設計書を作ってもらう事をお勧めします。あと解らない事は、何度も聞いて理解された上でご契約下さい。
期間が長いので無理のない金額で。

http://www.kampo.japanpost.jp/hoken/shokai/nenkin_2.html

他の保険会社の商品と比べた訳ではありませんが、良い?商品と思います。私が29歳時に加入した民間の個人年金は年金受取期間が15年間と決まってますが一生涯受け取れるようなので、長寿となっても頼れる商品と思います。
でも”一生涯”とは、太っ腹すぎないでしょうか。今の年金保険全般がこういう種類か解りませんけど払いきれるのでしょうか。国でさえ払いきれないのにちょっと心配です。

病気や傷害時の特約も付加できるので、付加するの...続きを読む

Q保証期限切れのクレーム、期間内に分かる不具合の場合、法的な解釈は?

こんにちは。

以下のケースで、法的には販売店側にどこまで対応する責任があるのでしょうか。

★ケース1)
通信販売にて
お届け時に明らかに目で見て取れる初期不良や破損の類が合った場合。
初期不良は到着後1週間以内に連絡を書いてある場合に
お客様が期間内に確認をしなかったために
2ヵ月後にそれを発見し、不良があったと連絡してきた場合。

★ケース2)
保証期間1年の電化製品を開封せず、1年と2ヵ月後に開封した場合、不良が合った場合に、メーカーは保証する責があるのか?

-------------------------
以上です。

実は、参考にしたいトラブルは、もっと複雑です。
2ヵ月後にお客様から衣類の穴についてクレームがあり、2ヶ月間使用したということ。いったんお断りしたところ、お客様が消費者センターに持ち込まれました。
消費者センターでは、外的要因による穴(品質に伴わない、外部からのダメージによる破損)と判断されました。つまり、外的要因=穴があったとしたらお店から届けられたときから、と判断されました。もしこれが全くの未使用で2ヵ月後に初めて開封したのであれば期限を越えていてもお取替え対応をしましたが、実際に2ヶ月も使用されているため見極めが困難です。2cmほどの穴を当社で検品時に気が付かず販売した可能性はきわめて低く、また2ヶ月間お客様がそれほどの穴に気が付かなかった可能性もきわめて低いと思われます。メンテナンス(修理)対応を提案していますが納得していただけません。

では、もしも当社の責による初期不良であったと仮定して、お客様の確認の遅れ等によって期間を過ぎてしまったケースでは、どこまで販売者が責を追うべきものなのか、法律上での判断基準を今一度知っておこうと思い質問しました。電化製品等でも、多分よくあるトラブルと思いますが、それがどういう基準で運用されているのか、参考になると思われましたのでお願いいたします。

こんにちは。

以下のケースで、法的には販売店側にどこまで対応する責任があるのでしょうか。

★ケース1)
通信販売にて
お届け時に明らかに目で見て取れる初期不良や破損の類が合った場合。
初期不良は到着後1週間以内に連絡を書いてある場合に
お客様が期間内に確認をしなかったために
2ヵ月後にそれを発見し、不良があったと連絡してきた場合。

★ケース2)
保証期間1年の電化製品を開封せず、1年と2ヵ月後に開封した場合、不良が合った場合に、メーカーは保証する責があるのか?

------------...続きを読む

Aベストアンサー

法律の云々はご質問者様がお考えされてる通りです。
後はどれだけ誠意を見せるかですね。
別に誠意を見せる必要無しとお考えなら 無視で良いですよ。
最後は購入者側が裁判するかどうかのこと。
でも2ヶ月使用しての「穴」微妙ですね。
なんせ
>消費者センターでは、外的要因による穴(品質に伴わない、外部からのダメージによる破損)と判断されました。
これを購入者が開けたか、品質に元々開く要因があったとも取れますので・・・

Q確定年金と保証期間付有期年金の違い

確定年金は、あらがじめ決められた期間内だったら被保険者の生死にかかわらず受け取りできるとありますが、保証期間付有期年金とはどう違うのですか?こちらも被保険者の生死にかかわらず保証期間内であれば受け取りできるとありますが。

Aベストアンサー

こんにちは。

仰るとおり、保証期間付有期年金は保証期間内については被保険者の生死にかかわらずうけとれるものです。
保証期間が過ぎた後は生存している場合受け取れます。

例えば保証期間が5年の10年有期年金でしたら、後半の5年は年金を受け取り為には生存している必要があります。

死亡した人には年金を支払わない為、生存者に回る部分だけ年金額はちょっと多くなります。

Q保証期間内の修理品の送料自己負担について

保証期間内の修理品についてお聞きしたいのですが。送料が自己負担というのは法律的に許されるのでしょうか?
液晶ディスプレイなのですが、過失は完全にメーカー側にあり、いわゆる不良品です。これはメーカーに問い合わせたので間違いありません。ちなみに返送料はメーカー負担だそうです。
手間もかかるし、時間もかかりますし、ディスプレイがない間はどうすることもできないのです。
すぐにでも修理に出したいので、どなたかご教授お願いします。困っています。

Aベストアンサー

私はそういった事例で、消費生活センターに相談し、
送料無料を勝ち取ったことがあります。

とりあえずは電話に出た対応者ではなく、
さらに上の人間へと話を持って行き、
理路整然と「メーカーの過失により送料をユーザーが負担しなければならないのはおかしい」
と伝えることだと思います。

ちなみに・・・どこですか?
ナナオは絶対先に代替機を送ってくるはずなので、
ナナオ以外のメーカーだと思いますが・・・

Qかんぽの据置終身年金保険を一時金で受け取るには

教えてください。
親の支払い・私が受取人のかんぽの据置終身年金保険が満期・年金支給開始が近づいてきました。
税金の事を調べていくと「保険料の負担者」と「保険金受取人」が違う場合、贈与税がかかることを知りました。つまり、そのまま私が年金を受け取ると多大な贈与税がかかることになります。
そこで親には申し訳ないのですが、据置終身年金保険を一時金で親に受け取ってもらうのが最善かなと考えています。
かんぽの据置終身年金保険を一時金で受け取る場合、受取金額はいくらくらいになるのでしょうか。年額90万円(終身)です。
また、満期前に解約した場合、いくらくらい戻ってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

税金の負担を減らすには、
・受取人を保険料を負担していた
 親御さんに変更し、
・年金で親御さんが受け取る
のがよさそうです。

年額90万と言っても、
これまで払っていた保険料が
経費として差し引かれます。

終身ですと現在の平均寿命で
保険料を按分して経費として
差し引くことができます。

正確ではないですが、
仮に平均寿命80歳として
60歳から年金支給開始で
20年でこれまで払っていた
保険料総額を割って、
経費として控除できます。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/tax/tax_q6.html

あとは親御さんの他の収入状況で
所得税率が変わり、それに応じて
納税額が変わります。
また国民健康保険に加入していると
その保険料にも影響してきます。

一時金での受け取りもできそうですが、
http://www.yuchokampo.go.jp/kampo/pdf/item/nenkin_teigaku.pdf
この場合は一時所得となり、
保険料と特別控除50万を控除した
金額が課税所得となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

1度だけ、多額の所得税と健康保険料
(国民健康保険の場合)を払うのと
(少し保険金の総額は減る)
年金で少しずつ払う(一時金より総額は
多い)のとどちらが得かを見定めない
といけませんね。

解約返戻金がいくらになるかは
わかりません。
やはり支払った保険料との見合い
となると思われますが、満期間近
ということで、少なくとも保険料
以上の返戻金が支払われ、受取人
を親御さんに変更すれば、所得税が
かかってくると思います。
ここは保険屋に計算してもらうしか
なさそうです。

まとめると、
①受取人の変更は可能。

②親御さんの現状の収入状況や
 社会保険により、一時金か
 年金かどちらが得か変わる。

といったところでしょうか。

税金の負担を減らすには、
・受取人を保険料を負担していた
 親御さんに変更し、
・年金で親御さんが受け取る
のがよさそうです。

年額90万と言っても、
これまで払っていた保険料が
経費として差し引かれます。

終身ですと現在の平均寿命で
保険料を按分して経費として
差し引くことができます。

正確ではないですが、
仮に平均寿命80歳として
60歳から年金支給開始で
20年でこれまで払っていた
保険料総額を割って、
経費として控除できます。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/tax/tax_q6.html

あ...続きを読む

Q機械製品の修理対応期間について

生活家電では無いのですが海外から輸入している製品で故障が発生し日本の輸入代理店に連絡したところ部品が無く修理出来ないとの回答をもらいました。
製品は製造中止になったので…。と言う事で
家電メーカーではよく製造中止後○年部品供給しますと記載されているのですが 輸入品(アメリカ)では特に部品を何年間持っていないといけない法律はありますか?
(製造中止後、1年半で対応が出来ない…と)
あと、機械製品の最初の保証期間の設定には法律で義務付けが有るのですか?生活家電とかはだいたい1年ですが、違う製品は2年とか3年のメーカー保証の製品が有りますが これはメーカーの自主判断なのでしょうか?
教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これはFAQでして、
いずれも法的な保証期間の定めはありません。 工業製品だと保証期間が3ヶ月や保証無しが実際あります。 部品保有期間も法的な定めはなくて自主規制だけです。 
輸入品に限ったことではないのですが、海外メーカーだとこうゆう対応は残念ながらありえます。 代理店が顧客にどのくらい道義的な責任を持つかの姿勢次第ですが、よく知られたことです。 代替え案としては同等品を安く販売してもらうなど・・・交渉してみてはいかがですか?

Qかんぽの終身年金

おととしに両親が、かんぽの夫婦終身年金に加入しました。3年分前納したので来年まで支払いはないのですが、最近疑問が出てきました。払い込みは8年です。
かんぽの終身年金の金利って、固定なんでしょうか?解約して貯金をすすめた方がいいでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

かんぽは貯金ではありませんから、金利がつくわけではありません。商品自体はコンベンショナルなものです。予定利率というのがありますが、おそらく、1.5パーセントか1.0です。

二年前に、夫婦終身年金に加入したとのことなので受け取り開始後で差益を得る確率が高いか微妙です。払込額と受取額の見込み(何歳まで生きれば元が取れるか)をしたほうがよいかと思われます。

受け取り開始になると解約できなくなりますので注意が必要です。それまでは積んでおくのも手かもしれません。

>解約して貯金をすすめた方がいいでしょうか?

これからの貯金は国の保障がなくなります。かんぽの契約は国の支払保証があります。

いずれにしても、郵便局の窓口できちんと商品説明をうけて理解してください。

Qクレームを出した人を知りたいです。 客からクレームが入りました。許認可制の事業所なので、役所から聞き

クレームを出した人を知りたいです。

客からクレームが入りました。許認可制の事業所なので、役所から聞き取りなどがありました。
クレームを出した人を知りたいです。もしかしたら、客を装った私の知人や従業員の可能性もあります。
その辺を含めて、クレームを出した人を知る方法はありますか?警察に持っていけば動いてくれますか?

Aベストアンサー

クレームが出たことは、反省又は改善すべき事があったという事ですよね。
それなのに犯人捜しのように、警察に動いてもらおうと思っているのですか?

クレームをつけた側が警察にお願いするのは、まだ分かりますがクレームされた側が警察に持っていこうとする心理が分かりません。
それにご自分の知人や従業員を疑うという事は、本当にクレームが付きそうな事業をしているとしか思えませんね。

Q民間の終身年金保険の今後は?

民間の終身年金保険の今後は?


jkujyte245さん



現在 民間の終身年金保険を探すと、全労災のものしか
見当たりません。

少し前まで何社か取扱があったとの事ですが、今後(10年後まで)
金利上昇などの条件によって新たに発売される可能性は高いでしょうか?

それとも、このまま無くなっていく方向に進むのでしょうか?

詳しい方、展望を聞かせてください。

Aベストアンサー

(Q)現在 民間の終身年金保険を探すと、全労災のものしか
見当たりません。
(A)どのように探しているのかわかりませんが、
ネットでは、無理ですよ。

個々の保険会社に直接、問い合わせるか、
代理店に問い合わせをしてください。
10年確定年金などの年金保険を持っている会社ならば、
多くの会社が、終身年金保険を持っています。

今は、超低金利時代であり、保険会社として、
おいしい商品ではないので、PRしていないだけのことです。

Q中古品の保証期間について

通常店舗との売買契約で1年の保証期間がありますが
中古品の売買の場合でも、特約がなければ一年でしょうか
この場合における根拠法は何でしょうか

Aベストアンサー

 店舗との売買契約で購入した「保証書」の法的性質については、実ははっきりしないところがあります。なぜかというと・・・
 民法の規定には、561条から570条に売買契約の売主の担保責任を定めた規定がありますが、これらは任意規定なので、当事者間でこれとは別の特約をすることは可能です(572条参照)。ただ、「特約」というためには、当事者の「合意」が必要であるところ、メーカー発行の保証書は、メーカーの一方的意思によりその内容が決められるものなので、「合意」にはあたらず、民法上の売主の担保責任に関する特約とは解することが出来ないからです。
 結局、保証書の内容は、一定期間の無償修理などの、一種のサービスを約束する一方的債務負担行為、と解するのが妥当、と考えられます。
 まあ、細かいことを突っつくとこうなんですが、要するに、「保証書」の内容は、メーカーが勝手に決めるもので、民法の条文上の根拠があるもんじゃないんですね。新聞の訪問勧誘でとりあえず3ヶ月契約すると、欲しいと言ってないのに大量にサービスで洗剤をくれたりとか、そういうのと法律的には同視出来るんじゃないでしょうか。
 それで、やっと民法の話になるんですが、民法上の担保責任は、570条・566条に根拠があります。ただ、さっき書いたとおりこれは任意規定なので、特約で排除できます。だから、この投稿の場合、中古品の売買契約をするにあたって、「担保責任はナシね」とか、まあそんな法律用語使うやつもいないでしょうが、個人売買とかで、「あとから文句はいいっこなしな、お互い」なんていう場合、これは担保責任排除の黙示の特約、などと解釈することも可能なんですね。こういう事情があると、そもそも何も言えない可能性もありますね。
 それで、格別の特約がない場合、やっと570条・566条の適用が問題になります。そして、担保責任の規定により損害賠償の請求をする場合、「隠れた瑕疵」、つまり、取引上要求される一般的な注意では発見できない(いわゆる、買主が善意無過失である場合の)欠陥について、「その存在を知ってから」1年以内に、売主に対して、請求権を行使する意思を表明しなければなりません。これは、売主に対して具体的に欠陥の内容とそれに基づく損害賠償請求をする旨を表明して、請求する損害額の根拠を示すなどして、売主の担保責任を問う意思を明確に告げることで足り、裁判を1年以内に起こす必要はありません(最高裁判例平成4年10月20日、民集46-7-1129)。そして、この権利行使の意思が1年以内に表明されれば、損害賠償請求権は、「引渡時から」10年(民法167条1項)の消滅時効の期間内は行使出来ます(最高裁判例平成13年11月27日、民集55-6-1311)。
 分かりました?特に、起算点がどこか、っていうのが大事なポイントですね。「1年」は、「気付いてから」数えます。「購入の日から」じゃないです。でも、「1年以内に意思表示」したら、「買ってから」10年は請求可能です。それと、平成13年の判例によると、「気付いた」のが「買ってから」10年後だった場合、さすがに売主がかわいそうなのでもう何も言えないってことです。

 店舗との売買契約で購入した「保証書」の法的性質については、実ははっきりしないところがあります。なぜかというと・・・
 民法の規定には、561条から570条に売買契約の売主の担保責任を定めた規定がありますが、これらは任意規定なので、当事者間でこれとは別の特約をすることは可能です(572条参照)。ただ、「特約」というためには、当事者の「合意」が必要であるところ、メーカー発行の保証書は、メーカーの一方的意思によりその内容が決められるものなので、「合意」にはあたらず、民法上の売主の担保責...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報