保証修理期間が過ぎた商品のクレームを受けています。
商品は中古の原付です。
保証期間は、3ヶ月なのですが
先日
「原付が壊れて動かなくなった。保証してほしい。」
とお電話がありました。
保証期間の3ヶ月を2ヶ月以上過ぎていることから、保証修理は出来ない旨お伝えしました。
そうした所、最初から調子が悪かったなど文句を言われました。
「なぜ最初から調子が悪かったのならその時言ってもらえないのでしょうか?
それを言わなかったのなら、こちら側で分かり様もありません。
保証期間が少し過ぎている位なら対応しますが2ヶ月以上過ぎているのでは対応出来ません。」
と断りました。(私は販売者ではありません。バイク屋さんを紹介しました)
バイク屋さんに相談しましたが、保証期間が明らかに過ぎていますし
今後の取引上、販売店に保証修理を無理強いできませんし、するべきではないと考えています。
ただ、相手が暴言がひどく厄介な方で困っています。
私の対応は間違っていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

保証期間満了後は、当然ですが保証対象とはなりません。


その期間の定めがある契約ですので、契約不履行ともなりません。
相手には、内容証明で保証はできないことと、今後の請求に関しては恐喝罪で刑事告訴をする「可能性」があると通知することがいいでしょう。
可能性と言うのは、告訴しても、告訴しなくても問題はありません。
販売店でもない相談者が、対応している意味がわかりませんが、殆どが内容証明で落ち着きます。
相手が訴訟をしても、原告立証責任というのがあり、保証期間内に調子が悪かったことを第三者の証人や修理店等の証明が必要になります。
内容証明を送り、相手の出方を見る方がいいでしょう。
メールや電話は、保存して残してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
今回恐喝に値する言動は私自身言われております。
ここでは書けないほどです。
エンジンの焼きつきが原因ですが、
現在別のバイクショップで点検という名目でチェックしてもらった所、その他の消耗品も悪くなってたから見積もりが8万円だったと言われました。点検の費用も請求すると言われております。
毎日業務で過酷に使っている車両のため、消耗するのは当たり前です。
それすら保証しろって事だと私は受け取っています。
電話だけでのやりとりだったのですが、録音ができない機種(iPhone)での受け答えのため録音出来なかった事が悔やまれます。
今回会社の社長からの依頼でバイクを納めたのですが、電話をしてきたのは従業員です。
社長とは全く連絡が取れず電話をかけても繋がりません。
その暴言を吐く従業員と同じ考えなのだと思います。
まだ修理で入庫していませんので、今のところ様子見です。

お礼日時:2015/05/27 02:10

NO5です。


ICレコーダーと、iPhoneを接続して録音できるイヤホンマイクが、市販されています。
金額的にも、たしか2000円前後だったと記憶しています。
常識が通じない相手ですから、証拠だけはできるだけ保存することが武器になります。
またPL法ですが、今回の場合には相談者には適用される法律ではありません。
一応気になったので、私の顧問弁護士に確認したところ、相談者の対応は間違っていませんと言われました。
中古販売の場合、保証期間内に何らかのトラブルが車体等に発生しても、そのバイクの使い方や保管方法によっても保証対象外になる場合があるそうです。
エンジンの焼き付きは、殆どの場合「兆候」がありますので、瑕疵と言えるかが重要な問題となります。
そこのところを、兆候の有無を言わないでエンジンオイルの補給状態を確認するように話すのも方法ではあるかと思います。
思うに、相談者さんは「仲介」を生業としているのかなと思いますが、今回の様に「ごり押し」する相手には徹底的に通用しないことを態度で示す方が今後の為になるかと思います。

この中古車購入の場合、保証期間が3か月と認識しての購入となりますので、契約上は法的には有効な期間ですので、2か月も経過しての保証要求は「無理強い」でしかありません。
弁護士より、内容証明を送ってもらうと費用面でもかかりますので司法書士に依頼して、司法書士名で内容証明を送るのも相手に対して「精神的なゆさぶり効果」が期待できます。
相手も、私の憶測では「無理難題」であるとわかっているかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答をしてくださって誠にありがとうございます。
今回の問題は解決いたしました。

解決の内容としては、
①車体の代金を使った分を除き返金する
②今後一切取引しない

私としては、苦渋の決断でした。
はっきり言って車体で一切利益も売上も出ていないからです。
裁判と言う選択肢も考えましたが
政治的に早期の解決をする必要があると経営判断させていただきました。
納得はしていません。

そして保証期間が大幅に過ぎている事だけが今回問題になっていましたが
走行距離も相当なものでした。
オイル交換を頻繁にした形跡(最終は5/11になっていました)も見受けられませんでした。
この走行距離でオイル交換をせずに、保証期間が過ぎ、調子が悪くなったからオイル交換したが
時すでに遅しで調子は戻らずにクレームに至ったんだと予測されます。

皆様色々なアドバイスをしていただき誠にありがとうございます。
本当に苦渋な決断でした。

お礼日時:2015/06/03 16:27

PL法持ち出されたら、保証期間なんて意味が無い。


弁護士に相談するのが一番です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
PL法は、製造者にかかるものだと認識していますが販売店も関係あるのでしょうか?

お礼日時:2015/05/27 02:13

中古品の場合 



売りっぱなしで
現況バイクを見てもいない状態で争うと、たいてい
契約の解除が出来る。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
契約の解除になるならなるで、一向にかまいません。
今後一切の付き合いができなくなるだけなので、気が楽になるだけです。
その際一矢報いるぐらいはさせていただきます。
私も人間ですから感情はありますので。

お礼日時:2015/05/27 01:57

一般的には、保証と保証期間の考え方はご質問の通りで間違っては居ません。


その主張で買主を説得し切れればそれで終わりです。もちろん、長い目で譲歩して修理し、今後の顧客満足につなげ、より多くの商機を獲得する戦略もあるでしょう。

まず、保証契約や保証内容を確認する必要があります。消費者が商品を購入する場合に、瑕疵担保責任をどのように契約に含めているか確認が必要です。
民法では、売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは売主の責任としています。そのため、中古品の売買契約では、商品の現状有姿での販売の条件に、売主の瑕疵担保責任を免責とする特則をつけることがあります。しかし、一方で、消費者契約法で、目的物に隠れた瑕疵があるときに、当該瑕疵により買主に生じた損害を賠償する売主の責任の全部を免除する条項は無効とされています。
どちらかといえば、中古品などで消費者に専門的な知識や経験が期待できない場合を想定し、消費者側に立つ判断がされています。
したがって、争い(裁判)になった場合は、売主側が不利になる可能性はあります。現実に、「瑕疵」とは何か、どのように隠れていたのか、かなりの議論が必要になります。
いずれにせよ、裁判に至れば、双方がそれなりの損害を被ることは予想されますので、お勧めは、できるだけ穏便に済ませることです。感情を含めて杓子定規に突っぱねるのも良いでしょうが、ここは冷静に進めることがよいのではないでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回の決着につきましては、
私が折れるか、私の看板を守るかの問題です。
相手も私自身が販売店じゃないことも十分わかっています。
その上で、言いやすい私に要求してきているのだと思います。
私も商売をしていますので、自身の看板を守るためなら例え損しても保証をしたり、裁判を行う事は想定の範囲内です。
一般の方が適正を思われる保証の範囲内であれば、私がどれだけ損をしようと責任を取るつもりで商売をしています。
今回に関しては、私には全く過失はありません。
私は販売者ではありませんし、かつ故障の報告も受けていません。
杓子定規に、保証期間が1日過ぎたからもう保証しませんと言っているのではありません。
一ヶ月程度であれば、当然お客様の気持ちを汲み取って対応します。
今回は保証から3ヶ月以上過ぎています。
しかも最初からだったという相手の主張なので、それなら最初からせめて伝えて貰えれば良いだけだと思っています。
それもせずに、保証期間もかなり過ぎて「最初から調子悪かったから保証せよ」とは理不尽過ぎてキツイものはあります。

お礼日時:2015/05/27 01:52

保証期間内に起きた故障について保証する契約であって、それは保証期間内か有効と定めてあるので、無限保証ではない。



と伝えてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回の件で、私に保証を求めてきているのは
当時取引先の社長から(今は取引は全くありません)バイクに詳しいとの事で、車種を限定しての探してほしいとの依頼があったからです。
別に探したところで何の利益も出ませんが、顧客へのサービスの一環としてバイクを探してバイク屋さんから見積もりをもらって、運搬と登録料で5000円だけ上乗せして見積もりを作成しました。
私の売上は5000円だけです。
他には何の利益もとっていません。
それだけに私に保証を求められて納得ができませんでした。
相手からは、バイク屋さんに無料で修理させろを要求されていますが
今回の件は別にしてもこの会社とは、今は取引ありませんし今後するつもりはありません。
色々恐喝的(書けませんが)な事を言われますが、電話だけでの対応でなんとか突っぱねようと思います。

お礼日時:2015/05/27 01:40

おはようございます。



保証期間内から起きていたと言い出した場合は、その時に相談しても
らうのが筋であり、忙しくて来れなかったとしても「その期間は使用
していない」のが譲歩の前提だと思います(故障は進むことが珍しく
なく、使用していれば悪化しえます)。

そのまま使用していたのであれば、保証期間内対応は出来ない、とい
うことでいいと思います。

ただ、
・故障内容によっては技術スタッフが見ても「本当に最初から起きて
 いたとしか思えない」なんて不良もありえるかもしれません。最初
 から起きていたなら期間内として扱う事も考えるべきかもしれませ
 ん。
・今後の取引という取引相手が販売店だけをさしているなら、乱暴か
 もしれません。そのお客さんも取引相手として考えるべきであり、
 一方的拒否は客を逃すだけです。常連さんなら多少サービスしても
 トータル的に儲けを出せるかもしれませんし、新規さんでもしっか
 りした対応が未来の常連さんになってくれるかもしれないことを考
 えておくべきです。→お客ともめている間の店員の時給も出費にな
 ります(ストレスにもなりますね)。大切なのは筋を通すことでは
 なく、信頼を得て儲けを出すことだと思うのです。

こんな考え方もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今回の内容は、現物がまだ無いためなんとも言えない状況ではあります。
今回は、現物もありませんし基本的に販売店に対しては保証期間が満了しており責任を負わせるべきではないと判断しています。
私が販売店の立場であるならば、最初から調子が悪いならなぜ早めに言わないのか?と思うからです。
購入してから、私や、販売店への不具合の連絡もなくどのような使い方をしていたかも不明で、オイル交換などの定期メンテナンスをしていたのかも不明な状態で、かつ車体もまだ見ていない状況で相手側から一方的に悪意があるものを販売されたとの言い分です。
この状況で、販売店が悪い、販売店に保証させますとは口が裂けても言えません。
販売店も、できうる限りの車両のチェックをしています。
しかしながら全てを見通す事は出来ないと思っています。
そのための、3ヶ月の保証期間だと私は認識しています。
どうしてもゴネ得に納得いきません。

お礼日時:2015/05/25 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保証期間を過ぎたら、どんな場合でも修理は有償ですか?(長文です)

購入後2年10ヶ月のノートパソコンの蝶番(ちょうつがい)部分が壊れました。日本の常識的な家屋の室内の机の上にほとんど置いたままで、1日に1~2回開け閉めするぐらいの使用状況で、大きな力や衝撃を加えたことはありません。
まだメーカーの窓口に持ち込んではいませんが、保障期間の1年は過ぎてはいますが、下記の理由から私は欠陥商品として無償での修理を要求するつもりです。

1) 上に書いたように、ごく普通の環境で、ごく普通の使い方しかしていない。

2) 無償修理の範囲で液晶を交換してもらったことが2度あるが、自分では分解などはしていない。

3) 破損部分を見ると、開閉時の力がプラスチック部品にかかる構造になっていて、そのプラスチックが割れて破損に至ったようである。力のかかる部分に耐久性のないプラスチックを採用した設計上の欠陥である。

4) 金属部品が外れてその結果3)に至ったようにも見えるが、2)の通り自分でいじっていないので金属部品の外れはユーザーのなせることではない。

5) ノートパソコンにとってモニターの開閉は主要機能であり、主要機能が損なわれるということは製品の寿命に等しい。使用による劣化などがあるにせよ、1)、2)のような常識的な状況下で2年10ヶ月で寿命とは欠陥商品といわざるを得ない。

質問ですが、
このような保証期間外の無償修理要求、しかも一個人ユーザーからの要求は通る見込みはありますか。
また、過去にそのような要求を通したご経験がありましたら、どのように交渉するのがいいのかアドバイスをください。

よろしくお願いします。

購入後2年10ヶ月のノートパソコンの蝶番(ちょうつがい)部分が壊れました。日本の常識的な家屋の室内の机の上にほとんど置いたままで、1日に1~2回開け閉めするぐらいの使用状況で、大きな力や衝撃を加えたことはありません。
まだメーカーの窓口に持ち込んではいませんが、保障期間の1年は過ぎてはいますが、下記の理由から私は欠陥商品として無償での修理を要求するつもりです。

1) 上に書いたように、ごく普通の環境で、ごく普通の使い方しかしていない。

2) 無償修理の範囲で液晶を交換してもら...続きを読む

Aベストアンサー

自然故障でしか経験がないので、今回の場合は何とも言えませんが、初めから
「無償で」と要望すると難しいと思います。
まず、サポートセンター窓口に持参し、故障状況を説明し、「ここはこんなに
簡単に壊れるものなのですか?」「この修理の人はたくさん、いますか?」
「修理にはいくらくらいかかるのでしょうか」など質問し、その際に「こういう
作りは壊れやすいのでは?!」などを指摘する。
そして、見積もりは無料であることを確認し、「要 見積もり」で修理に出します。
有償の結果が出たら、メーカー側に「こうこうこうであるから作りが悪いのでは
ないか?! 修理代がいくらかかるとのことだが、納得いかない」などと言ってみる。

私自身、こういったクレームはありませんが、販売経験から言うとあまり
「無償で」とか「何かくれ」という態度の人には、何もしてあげたくなくなるのが
人間です。
自分自身、とてもこの商品を気に入って丁寧に使っていたのに簡単に壊れた、
という謙虚な気持ちでいると、メーカー側も対応を変えることがあります。
ただし、ちょっと難しいかな、という気もしますが・・・

自然故障でしか経験がないので、今回の場合は何とも言えませんが、初めから
「無償で」と要望すると難しいと思います。
まず、サポートセンター窓口に持参し、故障状況を説明し、「ここはこんなに
簡単に壊れるものなのですか?」「この修理の人はたくさん、いますか?」
「修理にはいくらくらいかかるのでしょうか」など質問し、その際に「こういう
作りは壊れやすいのでは?!」などを指摘する。
そして、見積もりは無料であることを確認し、「要 見積もり」で修理に出します。
有償の結果が出たら、メ...続きを読む

Q電化製品などの保障期間について

あまりにつまらない話かもしれませんが、カーナビから冷蔵庫までの電化製品については、保障期間がお買い上げから1年間、となっていますが、これは法律のどの部分に基づいているのでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 民法の売買契約で決められている瑕疵担保責任の期間が原則1年になっています(民570、民566)。それをそのまま準用しているだけです。

参考URL:http://www.joho-kyoto.or.jp/~house-s/HANREI/yougo/kasi.htm

Qメーカー保証の保証規定と説明義務

当方大学生で家電量販店でバイトしております。
ある程度の価格のものには購入日を証明する保証書を付けているわけですが、メーカーの保証規定として、データに関する保証は一切しないとなっている物がほとんどです。
社会通念上、データの保護がメーカー保証規定から外れていることは常識だと思っていたのですが、(事実かどうかは分かりませんが)そんなの知らないデータも保証しろというクレームが入りました。
実際保証規定なんかを書いている紙はほとんど箱の中に入っており、購入者は開封するまでそれを知り得ません。
そこで疑問に思ったのですが特段保証規定に関する質問をされなかった場合でも販売店に保証規定を説明する義務はあるのでしょうか?
また、説明を怠った場合、過失と認められ、民法570条等を根拠に販売者責任を追及される場合はあるのでしょうか?
(購入者は善意無過失、販売店は説明を忘れただけで基本的に善意無過失とします)

私はあまり大声で文句が言えないタイプなので、声の大きいクレーマーが得をするような世の中にはしたくありませんので、クレーマーの不当な要求には断固としてNOと言いたいです。
できるだけ穴のないような文章を書いたつもりですが、法律を学んでいるわけではないので判断材料が不足しているかもしれないことを先にお断りしておきます。
拙く読みづらい文章で申し訳ありませんが、回答よろしくお願いします。

当方大学生で家電量販店でバイトしております。
ある程度の価格のものには購入日を証明する保証書を付けているわけですが、メーカーの保証規定として、データに関する保証は一切しないとなっている物がほとんどです。
社会通念上、データの保護がメーカー保証規定から外れていることは常識だと思っていたのですが、(事実かどうかは分かりませんが)そんなの知らないデータも保証しろというクレームが入りました。
実際保証規定なんかを書いている紙はほとんど箱の中に入っており、購入者は開封するまでそれを知り得...続きを読む

Aベストアンサー

各立場によってなすべきことが違う場合があるので、整理して回答します。

1.販売店の店員
会社や店ごとにルールがあります。
日本の法律の順守はもちろんですが、社内ルール・店内ルールに沿って対応しなければなりません。
それも一種の義務です。
従って、「まずは店内ルール・社内ルールを確認してください」が回答になります。
「説明義務は法律上はないけど、販売戦略上店員には説明義務を課している」という店は多いです。

2.社会認識
法律にはないけれど、クレームを避けるために説明するっていうのはあります。
「会社のルールでもなく、法律でもないけれど、トラブったら嫌なので説明するように運営しています」ということが良くあります。
この場合は、その仕事に携わっている人が考えることです。

3.法律等
「薬事法で決まっている」とか「宅建業法で決まっている」とかでの説明義務は法的なものです。
これは聞く方も説明する方も義務になります。

以上を踏まえて、
家電品はおおむね説明義務がありません。
「聞いていない」「そんなこと知らない」は法的には通用しません。
カタログに書いてあればそれでよいことはたくさんありますし、カタログ掲載内容はネットでも確認可能です。
(基本的な注意事項はカタログに記載がありますので、取説を開封しなくても確認出来ることも多いです)
また、事前に確認(店で聞いても良いし、メーカーに聞くことも)出来る事柄は店から積極的に説明しなくても
「聞かれたら答える」で良いこともあります。

以下、回答になります。
>特段保証規定に関する質問をされなかった場合でも販売店に保証規定を説明する義務はあるのでしょうか?

ありません。

>説明を怠った場合、過失と認められ、民法570条等を根拠に販売者責任を追及される場合はあるのでしょうか?

あなたが質問で言っている「保証規定」は「メーカーが定めたもの」です。
法的にメーカーが保証するものを販売店であるあなたが説明義務を負うはずがありません。
従って、(不親切であるかどうかはともかく)メーカー保証規定を聞かれもしないのに説明する義務はありません。
もちろん、「店独自の保証(いわゆる有料の長期保証というやつ)」については、説明義務があります。
最低限、保証規定の説明書きを渡し、「読んでおいてね」程度は伝える必要(義務)があります。
(口頭で読み上げる義務はありませんが、たいていの店では大まかな説明があります)

おまけ
「データの保証」がメーカーにも販売店にも責任がないのは、「保証の原点」が「購入した時」だからです。
購入時点の機能と性能を保証しているだけ(保証には外観も含まれない)なので、
買ってすぐのパソコンや携帯電話には「ユーザーデーターは入っていないはずだから」
として保証しないのです。
そういう(データーも含めた)保証を定めた契約はあり得ますが、普通の販売店ではしません。
法人相手のサーバーとか運用管理も含めたシステム品については「バックアップ体制も含めた価格込み」で契約しますので、
「データの復旧」も保証内容に入っている場合があります(うんと高額ですが)。

参考にしてください。 

各立場によってなすべきことが違う場合があるので、整理して回答します。

1.販売店の店員
会社や店ごとにルールがあります。
日本の法律の順守はもちろんですが、社内ルール・店内ルールに沿って対応しなければなりません。
それも一種の義務です。
従って、「まずは店内ルール・社内ルールを確認してください」が回答になります。
「説明義務は法律上はないけど、販売戦略上店員には説明義務を課している」という店は多いです。

2.社会認識
法律にはないけれど、クレームを避けるために説明するっていうの...続きを読む

Qメーカーからの保守部品の供給義務、保有期限について

車とか家電製品では、メーカーに一定期間の部品供給義務があると聞いたことがありますが、これは、法律での義務なのでしょうか?もし、法律で定められているのであれば、何という法律か教えてください。また、一般の個人向け商品ではなく、事業者向けのシステムとかプラントとかについて、契約上、特に定めが無い場合の部品供給義務についても、何か根拠となる法律とかお役所の通達とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

家電製品の修理に関する消費者保護は経済産業省が示すガイドラインに基づいて業界が自主規制を設け、最終的には各メーカが社内基準を設けていると思います。部品の保存期間は製造打ち切り後7~8年が一般的です。
又都道府県は独自に消費者保護条例を設けていますが、各商品の部品保存期間までは定めていません。

このように商品ごとに細かい内規で運営されており、決して法律で既成されているわけではありませんが、その業界で仕事をする以上、これらのガイドラインを守らざるを得ないので罰金罰則のない法律のようなものと理解されます。

個個の製品については業界団体や古手・大手のメーカに教えてもらうのが良いでしょう。

Q日産車 保証期間後の対応 クレーマー扱いかも

初めまして、どうかお知恵をお貸しください・・・

<私の車>
平成9年2月に新車で購入、180SX
これまでの車検は全てディーラーでやってます。

<概要>
 現在7年目ですが、本日車検の見積もりにディーラーに行ったら、ブレーキ系に不備が発覚しました。
その部品は特別保証部位として、5年以内は無償対応するようです。
しかし実はその不具合は5年以内に起きており、7年目となった今では無償対応が難しいと言うところで、モメています。

<今日指摘された故障部位>
 ブレーキマスターシリンダーとブースターの間の、アルミのパーツから、「フルード漏れがあった形跡があった」と指摘。(これが5年保証の対象です)
現在は漏れてないので、車検は通るようです。

<私が↑の故障がなぜ5年以内だと主張するか>
4.5年目の時に、ブースターの下の部分がフルードで濡れているのを発見。同時に塗装が剥がれかけていました。
当時はあまり深刻に考えてなかったので、シリンダータンクだけ清掃して故障個所は追求しませんでした。

<ディーラーの言い分>
 5年保証ですから、7年たった今ではメーカー(日産自動車)が対応してくれません。

<私の言い分>
 例え7年経過してしまっても、5年以内の故障だから何とかしてほしい。(しかし物的、人的証拠なし)
私も素人だから、全ての故障が分かる訳ではない。
これまで修理や車検も出してきたのだから、その間に発見して対応するのが、ディーラーの仕事では!
→「もし故障があっても、ディーラーで発覚できずに保証期間を過ぎたら、ユーザーが泣くのですか?」
ディーラーの回答「まあ、そういうことですかね・・・」

 今日のところはディーラーがメーカーと相談して決めるとのことで一旦連絡まちです。
駄目と言われたときに、何か有効な手段を残しておきたいです。嘘はついてません!どうかお願いします。

初めまして、どうかお知恵をお貸しください・・・

<私の車>
平成9年2月に新車で購入、180SX
これまでの車検は全てディーラーでやってます。

<概要>
 現在7年目ですが、本日車検の見積もりにディーラーに行ったら、ブレーキ系に不備が発覚しました。
その部品は特別保証部位として、5年以内は無償対応するようです。
しかし実はその不具合は5年以内に起きており、7年目となった今では無償対応が難しいと言うところで、モメています。

<今日指摘された故障部位>
 ブレーキマスタ...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に 無償の対応は無理かと思います。そのためにメーカーは明確に 保証期間を定めているわけですから。今回の主張が 仮に通るとすれば メーカーが保証として 対応するのではなく 販売店側が 営業的 見地の基づいて対応する形になると思います。よく私もお客様に お話するのですが ”気付いた時にすぐ 言ってほしい”と。保証修理は 年数と走行距離で判断してるので ”実は 前から壊れてた”といわれても 保証期間を過ぎてしまったものの対応には 困ってしまうのです。まして あなたは 気がついていたとなれば なおさらです。そのときに ディーラーに申し出ていて 対応して貰えなかったと言うなら 強く話をすべきと思うのですが。 ユーザーが 泣くという考え方は 明らかに間違っています。

Q保証書の有効期限

2010年1月27日に購入して保証書の購入日に2010年1月27日と書いてある場合の
1年保証の期限は2011年1月26日まででよろしいしょうか?
また同じ日の購入で2010年1月と書いてある場合の
有効期限は2011年1月31日まででしょうか?
それとも2010年12月31日まででしょうか?

Aベストアンサー

字句通りで考えれば「*月**日より1年間」ですから、購入当日を含め、翌年の前日まででしょう。
「**年**月」とだけ印字してあれば、月末に買ったと判断するのが妥当で、翌年の同月末日まで。
ただ私も体験的にですけど、1週間や10日はおまけしてくれます。
理由は、ショップに持ち込んだとき、リアルタイムにメーカーに送られる訳ではなく、1週間程度待ってまとめて送ったり、小さなショップですと中間業者が取り次ぐので、実際にメーカーに届くのが翌週ということは普通で、お客にしても持ってきたが窓口が閉まっていたとか(正月休みに買えば全国的にお休みが多いので)言い分はあり、お客さんの利益を損なわないためには、無理のない範囲で譲歩するというのが業界の常識のようです。

Q保証期間はなぜ1年?

いろんな商品の保証期間はたいてい1年間ですが、これは何か
法律で決められているんでしょうか?
ご存知の方お願いします。

また、製造終了後8年から10年は部品供給可能にしているのも
何か法律根拠があるのでしょうか?

Aベストアンサー

法律では決められていないでしょう。

エアコンのコンプレッサーなどは1年以上です。

修理部品の保有期間については、旧通産省の指導で最低保有期間があります。
参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/2376/shittakaburi01.html

QPL法で規定されている部品保存期間を教えてください

PL法で規定されている部品保存期間を教えてください。

確か、この部品はユーザーのために最低10(?)年間は保存しなければならない、といった項目があったような気がしているのですが、、、

すいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 製造物責任法には、
(免責事由)
 第4条
前条の場合において、製造業者等は、次の各号に掲げる事項を証明したときは、同条に規定する賠償の責めに任じない。

1.当該製造物をその製造業者等が引き渡した時における科学又は技術に関する知見によっては、当該製造物にその欠陥があることを認識することができなかったこと。

2.当該製造物が他の製造物の部品又は原材料として使用された場合において、その欠陥が専ら当該他の製造物の製造業者が行った設計に関する指示に従ったことにより生じ、かつ、その欠陥が生じたことにつき過失がないこと。

(期間の制限)
 第5条
第3条に規定する損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び賠償義務者を知った時から3年間行わないときは、時効によって消滅する。その製造業者等が当該製造物を引き渡した時から10年を経過したときも、同様とする。

2 前項後段の期間は、身体に蓄積した場合に人の健康を害することとなる物質による損害又は一定の潜伏期間が経過した後に症状が現れる損害については、その損害が生じた時から起算する。


 となっていますので、製造物責任法では部品保存期間は規定されていません。しかし、第5条の期間の制限では引き渡したときから10年間は、製造物の責任を問われることになっていて、第4条では免責条項で欠陥があることを認識することができなかったことを証明した場合には、免責となる事になっていることを考慮した場合には、10年間は保存をしておいたほうが現物での免責対抗要件となると思います。

 製造物責任法には、
(免責事由)
 第4条
前条の場合において、製造業者等は、次の各号に掲げる事項を証明したときは、同条に規定する賠償の責めに任じない。

1.当該製造物をその製造業者等が引き渡した時における科学又は技術に関する知見によっては、当該製造物にその欠陥があることを認識することができなかったこと。

2.当該製造物が他の製造物の部品又は原材料として使用された場合において、その欠陥が専ら当該他の製造物の製造業者が行った設計に関する指示に従ったことにより生じ、かつ、そ...続きを読む

Qメーカー保証制度は、瑕疵担保責任を逃れることが可能か

よく家電・自動車・住宅など問わず「メーカー保証」が横行しています。保証期間中は無償で修理・対応するが、その期間が過ぎたら修理として修理代金を請求するというものです。しかし、保証期間が過ぎてわかった製品の欠陥や、異常に短い耐久性の部品がある場合、保証期間を過ぎたから「故障」とみなして修理している例が多いようです。
消費者もしょうがないと思い込んでいいなりのようです。
しかし、欠陥と思われるなら明らかに「瑕疵」であり、製造者が責任をもって無償で修理・交換をするべきではないでしょうか。
法律的観点からしてメーカーに責任を負わせることができるか意見をききたいです。

Aベストアンサー

○法律的観点からしてメーカーに責任を負わせることができるか

できなくはありません。

まずは瑕疵担保責任。

瑕疵担保責任は瑕疵を発見してから(これが566条3項の「事実を知ってから」の意味です)1年以内に追及すればいいので、メーカーの保証期間が過ぎていても関係ありません。(なお、民法上は特約で瑕疵担保責任を免除することもできますが、消費者契約法により、事業者対消費者の契約の場合には全部免除は無効になります)。

でも、実際には、瑕疵担保責任を追及するには、その商品に、買ったときに瑕疵があったことを、買主が証明しなくてはいけません。専門家の鑑定なりを受けて、たしかにその商品に買ったときから瑕疵があった、ということを証明できればいいでしょうが、通常なかなか難しいですよね。

また、瑕疵担保責任を追及できるの相手は、商品の売主に限られます。メーカーから直接買った商品についてはメーカーに瑕疵担保責任を追及できますが、小売店を通じて購入した場合にはその小売店に対してのみ責任を追及できます。


なお、こういった瑕疵担保責任を補うものとして成立した法律として、製造物責任法があります。

http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/seizoubutsu/pl-j.html

http://list.room.ne.jp/~lawtext/1994L085.html

この法律は、瑕疵のある商品により被害をこうむった場合にその損害の賠償を、小売店のみならずメーカーに対しても主張できるという法律です。

この法律においては、買主が瑕疵の立証をする必要はありません。メーカー側が、欠陥につき過失のないこと等を証明しなければなりません。

もっとも、この法律では、商品自体が壊れた場合の修理・交換は請求できません。第三条に明記してあります。また、この法律では建物(不動産)に関する瑕疵についての責任は追及できません。


というわけで、商品自体の修理・交換という話なら、やはり買ったときに商品に瑕疵のあったことの確かな証拠をもって請求を行わなくては、やはり法律的には認められない、ということになります。

○法律的観点からしてメーカーに責任を負わせることができるか

できなくはありません。

まずは瑕疵担保責任。

瑕疵担保責任は瑕疵を発見してから(これが566条3項の「事実を知ってから」の意味です)1年以内に追及すればいいので、メーカーの保証期間が過ぎていても関係ありません。(なお、民法上は特約で瑕疵担保責任を免除することもできますが、消費者契約法により、事業者対消費者の契約の場合には全部免除は無効になります)。

でも、実際には、瑕疵担保責任を追及するには、その商品に、買...続きを読む

Q家電製品の修理はお店とメーカーどっちに出すべきでしょうか?

保障期間の切れた電化製品の修理は、お店とメーカーどちらでも受付可能だと思いますが、どちらに出す方が良いのでしょうか?

時間・手数料・値段などなど、メリット・デメリットがありましたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

個人電器店勤務のものです。

量販店でお買い上げの場合、量販店に修理をだすと、とても遅くなります。修理代も高くつきます。 売るのに必死で修理に携わる時間が惜しいためわざわざ料金を高めに設定しています。
専門店(ナショナルだとナショナルショップ等)だと技術のある電気屋なら、当日、もしくは翌日で直すのが普通です。
また、個人店、メーカーの場合は修理工料というのが、修理品とその内容について、細かく設定されており、メーカーに出しても個人店で修理しても代金は変わりません。出張料金をとらない近所の個人電気屋さんがあるならそこが一番お得です。



まとめると・・・
量販店の場合
×料金高い、時間がかかる、めんどくさがられる、結局メーカーに出すことがほとんど。

個人店の場合
○(技術がある店なら)早い、メーカー準じる工料に基づいて修理なのでメーカーと同じ、出張料を取らないお店もある。
× 上記の話は技術がある場合であり、技術のある店がわからない場合はやめておいた方が無難です。

メーカーの場合
○技術は間違いない、何かあっても責任取ってくれます。修理代は工料に基づいて
×予定が合わないと時間がかかる場合も…、出張料金はしっかりかかります。

個人電器店勤務のものです。

量販店でお買い上げの場合、量販店に修理をだすと、とても遅くなります。修理代も高くつきます。 売るのに必死で修理に携わる時間が惜しいためわざわざ料金を高めに設定しています。
専門店(ナショナルだとナショナルショップ等)だと技術のある電気屋なら、当日、もしくは翌日で直すのが普通です。
また、個人店、メーカーの場合は修理工料というのが、修理品とその内容について、細かく設定されており、メーカーに出しても個人店で修理しても代金は変わりません。出張料金を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報