ネットが遅くてイライラしてない!?

100~200v用のLED電球回路についてですが
200vで使用したときには問題ないのですが
50Hz 100vで使用すると数十時間で一次側のヒューズが切れます。
このような回路が60Hzで使用した場合の結果は
1 早く切れるようになる。
2 変わらない。
3 長持ちする。
いずれになるのでしょうか。
なお、整流した後のLED側は輝度が変わらないように定電流化されています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 整流した後のLED側は…


整流後にはD/Dコンがあるはずです。ご確認ください。
LEDは発光の応答が速いので、商用整流での直接点灯ではちらつきが目立ちます。

> 定電流化されています。
低電圧+固定抵抗による電流値の維持では無いのでしょうか?
低電流回路ではその回路に熱が集中してしまいます。

> 輝度が変わらないように…
負荷が一定となるような動作であれば、
100V時の入力電流は、200V時の2倍になります。
また、その電流による発熱量(損失)は4倍になります。
ヒューズ自身も発熱し、溶断電流が変わってきます。

電源周波数による影響は殆どありません。
  冷蔵庫や洗濯機などで、電源で直接モーターを動かす場合はあります。
「定電流化されています。」と自ら述べておられます。
  これは、LED側には影響は無い、と言う事のはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
物はDC48v程度で100Hzの脈流が見られ一次側を製品仕様にあるように
85~220vまでスライダックで変えても明らかな照度変化が無いようでしたので
定電流と想定していました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/05/31 19:05

4,実際の回路、仕様を提示しないと回答できる人はいない。

    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60HzのLEDを50Hzの地区で使いたい

一部間違えた為再質問しました。
理科系のことは疎いので、小学生にわかる感じのご説明だと助かります(^^;)

購入予定のものが60ヘルツでした。
他のものは確認していませんが、特殊なもののため、物が明らかに違う同程度のものだと倍額以上になってしまいます。
今まで色んな物を購入してきましたが、自分は勿論周りの人もヘルツなんて気にしたこともなかったので、色々調べているのですが、記載のない商品が殆どです。
LEDは共用のものは少ないのでしょうか…。
安定機?というのを使うといいと言う説、合わないのは危ない説、色々あります。

元々高額なものなので自作を検討してましたが、半田は扱ったことはありますが冒頭の通り知識はからきしで、あまり自信はないです。
自分には無理かなと思い、市販品を購入することにした経緯があります。
しかしあまりに高くなるならやはり自作しかない?とも考えています。
危ないことを率先してしようとしてる趣旨の質問ではありませんので、嫌味などはご遠慮下さいね。
ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

写真をみると110V60Hzですね
明らかに海外仕様品で日本の仕様ではありません
法律の問題もあり日本で販売すると問題のある物では?

日本は100V 50/60Hzです
電圧が10%ほど違います。周波数も異なります。
(さらに日本の安全基準に合致していないと思われます)
別の物への変更をお勧めします。

実験的に使うならLED照明ならスイッチング電源と思われるので
そのまま繋ぐと光るとは思います。
ただ、電源効率が(周波数の違いで)悪くなる
たまに消えたり暗くなったり(電圧の違いで)
早く故障したり、熱を持ったり
何が起こるか不明です。
何も起こらないかもしれませんが設備として恒久的に使用するものには
おすすめしません

Q50Hz対応の天井灯を60Hzで使っても大丈夫?

 お世話になります。

 10年ほど前に、50Hzの地域から60Hzの地域に引っ越してきました。

 天井灯を4個使っているのですが、そのうちの一つだけ、「50Hz専用」と書かれていることに、最近気がつきました。他の3個には50Hz(または60Hz)専用とか、50Hz・60Hz共用とかの表示は無いようです。

 「50Hz専用」と書かれている天井灯でも、10年間もの間気付かなかったぐらいですので、特に違和感なく使用してきました。異常に加熱するようなことも無く。

 もしかすると、コンバータ?インバータ?が適切に働かず、ちらつきの原因になるのかな、などと想像しています。

 そこで質問なのですが、50Hz専用の天井灯を60Hzで使い続けても大丈夫でしょうか?また、そのような使い方をすることにより、どのような問題が生じるのでしょうか?できればその理由なども添えて頂けると嬉しいです。

 どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

50Hz地区用の蛍光灯を60Hz地区で使用すると、消費電流値が下がって暗くなり、蛍光管の寿命が2~3割短くなるらしいですが使えないことはないようです。
その逆で60Hz地区用の蛍光灯を50Hz地区で使用すると、消費電流値が上がって部品(安定器)の過熱・焼損に結びつきます。

以下のサイトでそのあたりをお確かめください。
http://homepage2.nifty.com/ja9yx/denki/2007-10-20fl.html

OK Waveでも過去問があります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/835047.html

ということで、50Hz地区用蛍光灯器具を60Hz地区で使用するのは実質大丈夫といえます。逆でなくてよかったですね。無理に買い換える必要もなさそうなので、天寿を全うさせてやってください。

Q50Hzと60Hzの電化製品について

東の地方と西の地方では電化製品のHzがちがうんですよね?私はまったく詳しくないのでわからないのですが・・・。
九州で購入したつり下げライトを関東で使ってます。
60Hz専用と書いてあるのに気づきました。
使用していて大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら、蛍光灯などで「60Hz専用」と書いてあるものは、
50Hzで使うと故障や火災などの原因になりえます。
50Hz用の製品に買い換えたほうがいいでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%95%86%E7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0

Q電球の100Vと110Vの違いについて、

 先日私の父が電球を買いに行きました。そのとき、100Vの物と110Vの物があり、父が店員さんに
 「(一般家庭の電圧は100Vのはずなのに)どうして110Vが売ってるんですか?」と聞いたところ、
 「電柱についている変圧器(樽のような物)に近い家は電圧が110Vぐらいになるので、そのためです。」と言われたらしいのですが、電圧機に近い家に住んでいる人は本当にそのことを知っているのでしょうか? もし、あまり知られていないのなら、110V用はあまり売れないのでは?それならなぜ店に置いているのでしょうか?何か理由があるんですか?
 教えてください。

Aベストアンサー

昼夜間で電圧が変動する地域で(工場の多い地域等は夜間電圧が上昇します)は、
110V電球が必要になるようです。
店舗等で110Vの電球を使うと、多少明るさは落ちますが寿命が長くなり電気代が節約できます。
110Vの電球は需要が本来ならば、あまりないでしょうが、
電気代を節約しようとする人が購入しますので、売れるのではないでしょうか。
下記のサイトに説明が載っています。
http://www.fuji.org/faq.html


人気Q&Aランキング