IEEE802.3のことで質問があります。
IEEE802.3ae IEEE802.3af IEEE802.3saなど、
802.3のあとに続く文字列がいくつかあるのですが、
その文字になにか意味はあるのでしょうか。
aeが何かの短縮形とかだったら、何を示しているのかが非常にきになります。
もし分かる方がいましたらどうかお教え願いたいのです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>それとも、ただ単にテキトウに文字列を追加しているだけなのでしょうか。




規格などについては
http://standards.ieee.org/getieee802/
http://www.ieee802.org/

などで見れるのですが
どうも802.3xyとあったらxが大きなワークグループyが細分化されたグループになっているようです。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fpc/special/lan_select …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
また、少し理解が深まったような気がします。
ただ、まだどうしてもなっとくがいきません。。。
自分でもかなり調べてるのですけど、
いろいろあるわけですよね、aeってのは大きなワークグループaを
さらに細かくしたe番目ということなのでしょうか?
saってのもあるようなのですが、それがStandard Associationとか
英単語的な意味があるのでしょうか。
自分でも調べてみます。もしおわかりでしたら教えていただけると
非常に助かります。

お礼日時:2001/06/14 16:55

単なる順番(excelの列表示と同じ)のようです。



802.3(1983/6)から始まり、802.3aから802.3c迄が1985年、
その後アルファベット順に続き、802.3zが1998/6月、以降
802.3aa(1998/6)から、802.3ab/ac...と続いているようです。

以上、改めて802.3 Standardを見たら、序文の[Officers]の
部分に記述がありました。

以上、回答になるでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
具体的な時期まで教えてくださってありがとうございます。
助かりました。
よく読まないとだめですね。

お礼日時:2001/06/15 21:12

>saってのもあるようなのですが、それがStandard Associationとか



802.3saではなくIEEE-SA(Standards Association
)とごっちゃにしていませんか?

8023saと言う企画案やワークグループはないようなんですが。

もう一度IEEE802のページを良く見直してみてください。

参考URL:http://standards.ieee.org/sa/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとですね。。IEEE-SAとごっちゃにしていました。
よく調べもせず、恥ずかしいです。
af、agなどもあるみたいですね。
でも、どうやら。。意味はなさそうと。。。
そうなんでしょうね。でも、最初のひとつが大きなワークグループ、
あとのひとつがその細分化されたグループということが
わかっただけでも、かなりよかったと思います。

お礼日時:2001/06/15 03:22

私もhirowsさんと同じ質問者に加えて下さい(気になります)。



少なくとも、どれを見ても短縮形ではないようですし、
ワークグループには関係ないと思います。

私は、802委員会の所以が1980年2月に設立されたのと同じように、
「テキトウ」が当たりのような気もしますが、どなたかの的確な
回答を待ちつつ、自分でも調べてみようと思います。

以上、回答ではなく申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、同じく気になっていた方がいると思うと
心強いです。。

短縮形ではないという見解でしょうか。
私も探しても探しても出てこないということは
意味はないのかもしれないと思いはじめてしまいました。
的確な回答が得られるととってもうれしいですね。

お礼日時:2001/06/15 03:24

IEEE802.3saなどの「IEEE802.3」の後に付く物は「IEEE802.3規格」の拡張企画案のコードです。



IEEE802.3aeだったら10Gの速度を検討していたり
afだったらインラインパワーだとか標準化に向けて検討している途中のもにのに付けられています。
コード自体は「IEEE802.3委員会」によって承認されコード化されています。

参考URL:http://www4.nikkeibp.co.jp/NCC/news/ncc1860.html

この回答への補足

ありがとうございます。
拡張規格案のコードだということはわかりました。
saとか、af、aeなどに言葉的な意味はあるのでしょうか。
それとも、ただ単にテキトウに文字列を追加しているだけなのでしょうか。
そのへんもとても気になっています。

補足日時:2001/06/14 02:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい、お礼と補足の関係がいまいち理解できていませんでした。
助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 16:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIEEE802.3標準LANとEthernetの違い

上記表題で決定的な違いって何デスカ???
今は広義では同じ意味であるとか何とかよく聞くのですが・・・。
何が決定的に違うのでしょうか?
どなたか詳しく解説していただけると幸いです。

Aベストアンサー

最大で決定的な違いはフレームヘッダです。
Ethernet(またはEthernetII)でデータタイプフィールド
(2バイト)の部分がIEEE802.3ではデータ長となっています。

分かりやすい解説のあるページを見つけたので参考URLにあげておきます。

参考URL:http://apricot.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/lecture/network/network07/index07.htm

QEthernet IIとIEEE802.3仕様はどう違うのでしょう?

 イーサネットにはDIX仕様の「Ethernet II」と「IEEE802.3」仕様との二つがあるそうですが、ネットワーク上への共存は可能である、とされています。とすれば仕様の異なるもの同士の通信はできるのでしょうか?(フレームの内容も少し違うようですし)。
 またあるところには「現在はEthernet IIが多く用いられている」との記載がありましたが、私は不覚ながら「IEEE802.3仕様」が圧倒的に多いものと思っていました。
 ファーストイーサネットやギガビットイーサネットはIEEE802.3仕様だと思うのですが、これらとDIX仕様の関係はどうなってくるんでしょう?
 いずれにせよこの二つの仕様を実際にはあまり意識したことがありません。つまりカタカナの「イーサネット」でひとくくりしています。実用上これは絶対に意識していないとLANの構成上困りますよ、というものがあればご教示ください。

Aベストアンサー

専門家でなので、自信なしです..すみません。

まず、EthernetII とすると何かNetwareでのフレームタイプを示しているみたいなので、
Ethernet2.0にさせていただきます。
で、まずご存じかもしれませんが、一応確認ということで
2つの仕様の違いですが、
 Ethernet2.0は物理層とデータリンク層の仕様で、
 IEEE802.3では物理層とMAC副層までの仕様です。
つまり、例えばIEEE802.3ではCSMA/CDの他にトークンリングなど複数の媒体アクセスを意識できるようになっています。
で、媒体もEthernet2.0は同軸ケーブル という規定ですが、
IEEE802.3では10BASE2,5,T,F,からはじまり
ファーストイーサ(IEEE802.3u),ギガビットイーサ(IEEE802.3z)
まで拡張されてますね。
つまりEhternet2.0自体ファーストイーサとか見てないんです。
なので、ファーストイーサやギガビットイーサがIEEE802.3仕様になるというのは当たり前なんですね。

それで、質問の
「2つの仕様で通信できるか」 ですが、
・2つのピンの配置等の仕様の違い
・フレームタイプの違い
というのが関係してくるでしょう。

実際の機器のピンの配置ですが、
IEEE802.3はEthernet2.0の仕様を含んで拡張されてます。
ただ、通常の機器はEthernet2.0規格に基づいて作られていると思うので、
通常問題が発生しないということです。

フレームタイプ(MACフレーム)に関してですが、
実際のフレームの違いはネット上を探せば見つかると思うので、割愛しますが、
主な違いは
 Ehternet2.0→Typeフィールド
 IEEE802.3→Lengthフィールド
でしょうか。
ただ、これもほとんどの機器が両方のMACフォーマットに
対応しているので、混在しても問題ありません。

ただ、NetwareでフレームタイプをEhternetIIにした場合は、
WindowsPCは確か802.3標準だったので、手動でEthernetIIに変更してあげないと
SAPが拾えなかったような気がします。
Win95時代の話なのであまり自信ありません。


最後に用語の違いです。
これは仕様を考えず、イーサネット でいいと思います。
(自分も使い分ける事なんてありません ^ ^;)
ただ一部の機器の呼び名が変わります。
 Ehternet2.0   IEEE802.3
・トランシーバ → MAU
・トランシーバケーブル → AUI
・ステーション →DTE
などなど。(前述したピン配置が違うので名称もかわります)

長々と説明しているのに間違っているかもしれません。(そんなんでいいのか?>俺)
とりあえずこれを参考に詳細は自分で調べると言うことで。(ごめんなさ~い! m(_ _)m)

専門家でなので、自信なしです..すみません。

まず、EthernetII とすると何かNetwareでのフレームタイプを示しているみたいなので、
Ethernet2.0にさせていただきます。
で、まずご存じかもしれませんが、一応確認ということで
2つの仕様の違いですが、
 Ethernet2.0は物理層とデータリンク層の仕様で、
 IEEE802.3では物理層とMAC副層までの仕様です。
つまり、例えばIEEE802.3ではCSMA/CDの他にトークンリングなど複数の媒体アクセスを意識できるようになっています。
で、媒体もEthernet2.0は同軸...続きを読む

Q高感度無線LAN機能(IEEE802.11a(J52/W52/W53)/b/g、 WPA-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠)は必要でしょうか?

この度ノートパソコンを購入を考えているのですが、スペックの中に

高感度無線LAN機能(IEEE802.11a(J52/W52/W53)/b/g、 WPA-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠)

という項目のスペックがあったのですが、これからの無線LANの規格らしいのですが、この規格だと何かメリット(転送速度が速い、到達距離が長い、障害が少ない等)があるのでしょうか??

将来的にこの規格だけになってしまうのでしたらあえてこの機能を重視して購入を考えているのですが、、、、。あまり必要がないような物でしたら、型落ちでも構わないかな~と思っております。

教えてください!。

Aベストアンサー

#1さんも書かれていますが、「J52」は旧規格、「W52/W53」は新規格になります。

アクセスポイント(親機)に関しては、新しい電波法施行後に「J52」対応の製品は発売できなくなりました。
クライアント(子機)に関しては、2008年5月31日までは認められているようですので、「J52/W52/W53」対応というのはありえます。
将来的に「J52」対応の製品はなくなっていきまが、既に使用している場合は、使い続けることが出来ます。

これらからアクセスポイント等を揃えるなら、新規格のものを選んでおけば良いと思います。
ただ、旧規格の製品でもバージョンアップによって新規格に対応できる場合がありますので確認してみてください。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/faq/5ghz_wlan.html,http://121ware.com/product/atermstation/special/new11a/index.html

QIEEE802.11g と IEEE802.11b の差

スペックや見た目がほとんど同じで、おそらく内蔵無線ランの規格のみがちがう同じシリーズの2台のノートPCがあります。それぞれIEEE802.11g/b と IEEE802.11b内蔵です。前者は友人が持っていてうちで試した結果 http://www.musen-lan.com/speed/ にて約7メガの無線通信速度でした。(うちはAdslです。100BASEのコードで繋いでいるときは16メガ程度で通信できる環境です。)

さて、後者のpcではどれくらいの速度が出ると理論上で(または皆様の経験上で)推測されますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。

5メガくらいではないでしょうか?

実際の速度は理論値の約半分との情報を見かけますし、経験上もだいたいそれくらいだと思います。b規格の理論値11メガの2分の1ということで予想しました。

(有線で11メガを超えていますので、一応b規格としては性能を100%発揮できる環境として)

うちはBフレッツ光ファイバー環境ですが、フレッツスクエアでの計測ではbでは5メガくらい。gでは20メガくらいです。

QIEEE 802.11gと IEEE 802.11aの違いは?

IEEE 802.11gとIEEE 802.11aの違いはどこにあるのでしょうか?

どちらの方が安定しているのでしょうか?
どちらの方が遠くまで届くのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜかアイ・オー・データ機器だけ公表しているデータが違うみたいですけどね。
http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/wlan/20030425/01/index_01.shtml


11aの他機器の混信や干渉を受けにくいというのは環境によっては結構メリットがあります。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/shimizu/3940.html
数年後に新規格(次世代規格としてはIEEE802.11iコンボもしくはIEEE802.11hコンボなど)があがってるようです。

参考URL:http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/wlan/20030425/01/index_01.shtml


人気Q&Aランキング

おすすめ情報