近年、日本全国に広がっているNPO法人ジコサポで交通事故の被害者を救済するために適切な知識を広めるために「交通事故専門士」なる資格まで作って活動しています。

治療から賠償まで全てをワンストップで無料相談できるサービスを展開するとHPには書かれてありますが、会員の専門家を見るとほとんどが「接骨院」でした。

たしか、接骨院などの柔道整復師は、医師のように診断ができず、交通事故時にトラブルになりやすいと認識しています。

適正な知識を公共性あるNPOとして普及している団体が、あたかも、会員である接骨院が治療の全てを出来るかのようにすすめるのは過った知識を広げているのではないでしょうか?

車を持ち、自賠責保険を支払う身としては、少々、もやもやしてしまっています。
ご意見頂きたく思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

接骨院も商売ですからね。

集客のためなら・・・。
でも、あまりあくどい事をすれば、保険扱いの取り消しになりますよね。

>接骨院などの柔道整復師は、医師のように診断ができず
これは、そんなこともないかも。考え方も違うしね。
接骨院、整骨院も近所の整形外科と仲良くしてると思います。
接骨院も症状を判断するために整形外科でレントゲンを撮らせますからね。
その時に、整形外科は、診療はまずしませんね。
整形外科は、投薬、注射、手術ができるけど、接骨院は所詮マッサージぐらいでしょう。

>交通事故時にトラブルになりやすいと認識しています。
長い期間治療していただければ、儲かるからね。患者が痛いと言ってれば仕方ないでしょうね。
これは、整形外科も同じかな。
問題が出るのは、通院もしていないのに、保険会社に治療費を請求する。
患者は、通院日数が増えると、慰謝料が増えるからね。

接骨院と医者の免許証の重さの違いかな。どちらも重いとは思いますがね。

接骨院、整骨院も一生懸命診察してるところがほとんどですからね。
整形外科も、悪いことしてるとこもあるだろうしね。

>車を持ち、自賠責保険を支払う身としては、少々、もやもやしてしまっています。
気にしても仕方ないでしょ。
    • good
    • 1

質問者さんのおっしゃるとおり、


交通事故の治療で接骨院、整骨院を使うことは、医師の診断による根拠がベースとなっているために、保険会社が接骨院の治療部位(箇所数)や治療必要との判断を認めないというリスクが発生します。

多くの交通事故の被害者に対しての共済や情報発信している団体に、接骨院の集客を目的としたものが存在します。

ジコサポのHPに紹介されている会員を見ると「接骨院」が多く、整形外科、医者がないことから、NPO法人側が何を掲げて活動しても、裏には、接骨院の集客の意図があるとわかります。
また、会員募集のブログ内容では、明確に接骨院集客のノウハウと言っています。
http://www.jikosupport.info/public/detail/100

現在は違っていたとしても、適正な知識を伝える
「交通事故専門士」なる資格で、これらのリスクを教えずに、治療のスペシャリストを接骨院としているならば、尚の事。

交通事故被害者救済を語った、接骨院集客と思われます。
    • good
    • 1

一般の整形外科では、鞭打ちや腰痛などの痛みを取ることはできません。


しかし、接骨院では、テーピング施術で痛まなくすることが可能です。

ま~治るわけではないですけど。
    • good
    • 1

接骨院の位置向上と、商売につながるからでしょう。


NPOといっても、ピンからキリまでありますから。。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【交通事故率】バイクの交通事故と自動車の交通事故ではどちらの方が事故に合う確率が高いのでしょうか?

【交通事故率】バイクの交通事故と自動車の交通事故ではどちらの方が事故に合う確率が高いのでしょうか?


一般的にはバイクに乗ると死ぬよと言われるのでバイクの方が交通事故の確率が高いのだと思いますがどのくらいの差なのか知りたいです。

Aベストアンサー

交通事故の確率は出ていません。
と言うのは死傷事故の場合だと統計は出ていますが、物損事故の統計は出ていないからです。
で、「一般的にはバイクに乗ると死ぬよ」と言うのは実際に事故になった場合、自動車に比べて死傷率が高いからにすぎません。
例えばガードレールに当たった事故だとしても自動車の場合、自動車は壊れても人は無傷と言うケースが多いですが、バイクだと転倒等により死傷するケースがあります。

Q交通事故について、質問させてください。 友人が、三ヶ月前に交通事故にあい、むち打ちと診断されました。

交通事故について、質問させてください。
友人が、三ヶ月前に交通事故にあい、むち打ちと診断されました。
その日は膝がいたくなかったのですが、三ヶ月たった今、膝が外れるような違和感があり、現に音もなっています。
事故から期間があいていますが、治療部位の追加は可能なのでしょうか?
因みに、友人はバイクで相手は車、過失割合は0:10です。相手の保険屋さんは、怒鳴り散らすタイプのようで友人は諦めています。
誹謗中傷はご遠慮ください。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も最近事故にあい、
高速道路で後ろからの
追突事故でした…。
やはりむち打ちなどの痛みは後からくることが多いようで、私も事故当日はそんなに痛みはなかったのですが、次の日以降起き上がれないほどの激痛でした。通院しましたが、何日診察させても結果は同じ…。しまいには最終通院から1週間あいだが空いてしまうと相手の保険がきかないと言われました。(診察料を払ってもらえなくなるということです)

相手の保険や話し合いにもよりますが、おそらく治療部位を増やしても期間が空いているとなると難しいかと思います。

Q交通事故の片側賠償についてお聞きしたいです。 先日交通事故があり、当方2:相手8から過失割合を決めて

交通事故の片側賠償についてお聞きしたいです。
先日交通事故があり、当方2:相手8から過失割合を決めていくことになりました。
が、どう考えても当方としては相手にもっと非があると思っています。
なので、当方の保険は使用したくありません。
そこで、軽く小耳に挟んだのですが片側賠償といいものがあると聞いたのですが、大体の事は調べました。(例えば0対8の場合、こちらは、自分の車の修理を2割負担。相手には交渉して、2割分は自分で払ってもらう)
しかしこの場合、相手は自分の保険会社から費用が出た方が得ですよね?
そこで、なせ片側賠償というものがあるのでしょうか?
相手にメリットはあるのでしょうか?
わかる方是非お教えください。

Aベストアンサー

普通は得でないから保険屋使うものですが、例えば物損事故でバンパー修理に7万円で工賃含めて10万円なら、相手が8万円まで負担してくれます。

ところが、お互いに修理費を合計するとなると、20万円中4万円はあなたの負担となります。

なのでケースバイケースですね。

よくよく考えてご利用ください。

相手の被害額が大きい場合もあるので注意が必要です。

Q交通事故のむち打ち治療で整骨院の通院を拒否されます

こんばんは!
先日は同じく事故の相談にアドバイス頂きありがとうございました。

事故から1ヶ月が経ち、整形外科での治療も電気10分だけと効果が感じられないのと、
子供がいるため時間の都合や行き来しやすいなどの理由で整骨院に行きたいと
保険屋の担当に伝えたところ、やはり「整形外科の先生の許可を取ってください。」の
一点張りで話しを聞いてもらえませんでした。

さらに通おうとしていた整骨院の先生に上記の事を相談してみると
「普通は先生の許可などいらないし、自由診療なので自由なのですが・・・。」
「〇〇整形外科でしたら、整骨院を認めてくれるので、そちらに転院して整骨院に通う
という選択肢もありますよ。今の通われてる整形外科の先生は整骨院を嫌ってるので
今のままではOK貰えないですし。」

このように八方ふさがりな感じになってしまいました。

通いやすさの面で言うと今の整形外科は家から近いのですが
もしも転院となると車で行かなければいけない距離になってしまうし
この話を鵜呑みにして実際に整骨院がNGと言われたら。。。。
とどうすればいいのか困ってしまいました。

私の担当の保険屋さんに聞いてみたところ
もし整形外科の先生に整骨院がダメだと言われたら
整骨院へは通えないということですよね?と聞くと そうなります と言われたので
現状としては満足に治療ができないという状態です。

ちなみに保険会社は〇保ジャパンですが、
ネットでの評判も悪く整骨院への通院を妨害するなどの書き込みもあったため
あきらめるしかなさそうですか?

よろしければご意見お願いします。

こんばんは!
先日は同じく事故の相談にアドバイス頂きありがとうございました。

事故から1ヶ月が経ち、整形外科での治療も電気10分だけと効果が感じられないのと、
子供がいるため時間の都合や行き来しやすいなどの理由で整骨院に行きたいと
保険屋の担当に伝えたところ、やはり「整形外科の先生の許可を取ってください。」の
一点張りで話しを聞いてもらえませんでした。

さらに通おうとしていた整骨院の先生に上記の事を相談してみると
「普通は先生の許可などいらないし、自由診療なので自由なのですが・・...続きを読む

Aベストアンサー

整形外科の先生の許可が必要なんて、初めて聞きましたよ

まぁ簡単な話じゃないですか?
今通っている病院の先生に、整骨院へ通うと通告すれば良いんですよ
相談ではなく、通告です
それを拒否する権利は医者には無いので
その後通いにくくなるのが問題ですが・・・・
勿論、整形外科で薬を処方してもらいながら、整骨院で施術を受ける事も可能です

保険屋への嫌がらせなら、後遺障害認定を取る・・・・なんて方法もあります
手間も時間もかかりますが、保険屋が一番涙目になる手段です


どんな手段をとるにせよ、相手の保険屋の性質が悪いので、しっかりした所で相談する事をおすすめします

日本損害保険協会 http://www.sonpo.or.jp/useful/soudan/adr/
損害保険全般に関する苦情や紛争解決する機関です


慰謝料などで折り合わない場合の示談斡旋
日弁連交通事故相談センター hhttp://www.n-tacc.or.jp/number.html

Q整形外科から整体に転院を考えています(交通事故)

こちらには全く非がない交通事故に遭った際の治療法を教えてください。(相手の保険を使用します)

むちうち、外傷で全治2週間です。(整形外科での診断)
むちうちは、肩が重い、吐き気、鬱っぽい感じが事故後から続くという感じです。

整形外科ではシップ、鎮痛剤を貰いました。
先生に今後の治療法を聞いてみるとシップで治すしかないと言われました。

私としてはマッサージのようなものを期待していたのですがそういった事も全然なく、整体に切り替えたいと思っています。
整形外科の先生にその旨を伝えると、「整体には行かないでください、行くんだったらうちにはもう来ないでください。」と言われました。「もし行ったとしても慰謝料も、通院費も出ないので注意してください」とも言われました。

そのような事を言われ、びっくりしてしまったのですが、今後、整形外科でレントゲンを撮る&新たな湿布を貰い続けるという感じで治る気がしません。整形の先生の事も全面的に信頼できる気がしません。

元々かぶれやすく、かなりの冷え症なのでお灸、鍼などで血行が温まった方が私には合っているような気がしてならないです。

整体に切り替えたいのですが、その際に何かデメリットになるようなことはありますでしょうか?
(慰謝料の計算についても整体と整形外科、異なるのかも教えてくださると幸いです。)

こちらには全く非がない交通事故に遭った際の治療法を教えてください。(相手の保険を使用します)

むちうち、外傷で全治2週間です。(整形外科での診断)
むちうちは、肩が重い、吐き気、鬱っぽい感じが事故後から続くという感じです。

整形外科ではシップ、鎮痛剤を貰いました。
先生に今後の治療法を聞いてみるとシップで治すしかないと言われました。

私としてはマッサージのようなものを期待していたのですがそういった事も全然なく、整体に切り替えたいと思っています。
整形外科の先生にその旨を伝える...続きを読む

Aベストアンサー

勘違いがあるようなので・・。

■医師とは
医師免許を持ち病院や医院を開業して患者を治す仕事です。

■整体師とは
無免許で治療資格を持たない、法律的には存在しえない治療家で素人さんに位置づけられます。

■整骨院とは
別名、接骨院とも言い国家免許を持ち医師の分野の一部の治療行為が認められてます。

■鍼灸師とは
国家免許を持ち、人に鍼を刺したり、お灸をしたりする事が認められてます。

法律上治療が出来るのは医師のみですから、何処でも良いので医師の治療は定期的に続けるのが良いです。
保険会社もそれを進めてくるでしょう。

整体にかかるのは、あなたの自由ですが素人さんに治療してもらって逆に痛めたとかなると自己責任ですね。

整骨院は相手の保険で通う事は出来ます。
それでも定期的な病院への通院はされるのが良いと思います。
保険会社もそれを進めてくるでしょう。
事前に保険会社の了解を得て行けば、お金の支払い等がスムーズだと思います。

保険会社の心配はあなたの事より、出費です。
自賠責の範囲内であれば優しい対応ですが、それを超えると自分達の懐が痛むので、態度が変わります。

今から弁護士に相談されておくと、最終的に支払われる金額が2~3倍変わり、弁護士代を支払っても相談しないより多くのお金が手元に残ることになります。

鍼灸はとても効果的ですが、保険会社の了承をえるか弁護士に相談されるのが良いでしょう。

勘違いがあるようなので・・。

■医師とは
医師免許を持ち病院や医院を開業して患者を治す仕事です。

■整体師とは
無免許で治療資格を持たない、法律的には存在しえない治療家で素人さんに位置づけられます。

■整骨院とは
別名、接骨院とも言い国家免許を持ち医師の分野の一部の治療行為が認められてます。

■鍼灸師とは
国家免許を持ち、人に鍼を刺したり、お灸をしたりする事が認められてます。

法律上治療が出来るのは医師のみですから、何処でも良いので医師の治療は定期的に続けるのが良いです。
保険会社...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報