システムメンテナンスのお知らせ

「だっても、ヘチマもありません」
ここでどうして「ヘチマ」が使われるのでしょうか。教えてください。

gooドクター

A 回答 (1件)

「糸瓜(ヘチマ)の皮とも思わず」という慣用句があります。



糸瓜は、皮を剥いて種を取って乾燥させるとスポンジになり、

お風呂での身体を洗うタオル替りになります。

が、種と皮は、なんの役にも立たないため捨てられてしまいます。

ですから、ですから、「だって、、、糸瓜の皮のように

役に立たない」ということです。

だって○○だから、、と言っても、その○○も、何の役にも立たない

ということを指しています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ヘチマが使われる理由がよく分かりました。

お礼日時:2015/06/06 12:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング