今年3月にある会社を退職したのですが、
最後の給与の振込みの額を見ると、
その月だけ通常の半分くらいでした。なぜでしょうか?

最後の月は有給消化ということで
1日も出社はしていませんが、
それが関係していますか?
勝手に欠勤扱いにされたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

貴方の会社は、給料明細書をくれないですか、自宅に送ってくれないんですか。

送ってもらうように連絡しなかったの。
おかしなことを言いますね。
    • good
    • 2

おばさんです


一つの理由としては 住民税の残りの分(4,5月に天引き予定)を差し引かれていることが考えられます。
また、社会保険料も 2月分(2月の給与に対する保険料と 3月の給与に対する保険料)引かれていることもあります。
まずは、給料明細を見てください。
    • good
    • 0

>今年3月にある会社を退職したのですが


 ・3月末日退社ですか
>最後の給与の振込みの額を見ると
 ・4月に支給でしょうか
・以上を前提とした場合・・下記
>最後の月は有給消化ということで1日も出社はしていませんが、それが関係していますか?
 ・関係するのは、通勤交通費・・出社が無いので交通費は0円
 ・あと、残業代・・出社していないので発生しない
 ・あと、会社の規定によるが諸手当等が有る場合、支給されないことがある
・社会保険料(健康保険・厚生年金)は前月同様(3月分が引かれている)・・変わらず
・住民税は天引きになっていますか・・この場合、5月分徴収分も一緒に引かれています

・収入・・通勤交通費・残業代・(諸手当:該当する場合)分が通常月より少ない(基本給だけの場合がある)
・控除・・通常月にプラスして、住民税が5月徴収分(1回分)多く引かれている
    • good
    • 0

可能性としては、No.3の方の回答の社会保険料が大きいと思います。


ちなみに、法律的にも回答で書かれている引き方が正しいです。
詳しいことは締め日と退職日がわからないので何とも。
会社に聞くのが一番ですね。
    • good
    • 0

給与明細はどうなってるんですか?


送られてきてないんですか?

これまで何度か転職をし、退職の際、実際あったことを回答します。
(違法なのかどうかまではわかりませんが。)
ご参考までに。

1.残業代がない
基本給+残金代、もしくは基本給+見込残金代という給料形態の場合、
有給休暇だと残金はもちろんしていないので、
その月は残金代分給与が少なくなった。

2.保険料
法的に良いのか悪いのかはわかりませんが、
以前勤めていた会社は、入社した月は保険料が引かれず、
次の月から引かれ、最後の給料で2カ月分引かれました。

どういうことかというと、
4月に入社した場合、4月の健康保険料、雇用保険料、厚生年金保険料は
4月の給料ではなく5月の給料から引かれました。
それ以降も同じように
5月の保険料→6月の給料から引かれる
6月の保険料→7月の給料から引かれる

そして3月で退職する場合、
2月の保険料→3月の給料から引かれる
3月の保険料→3月の給料から引かれる(4月分の給料の支払いがないため)

3.交通費がない
1カ月まるまる有給消化の場合、会社には出勤しません。
出勤しない=通勤交通費がない。

給与明細を見るのが一番です。
    • good
    • 0

考えられるのは、


退職月の勤務日数(含有給休暇)が少ない…有給消化で減少する事はありません。
通常天引きされている何かの年額に対する残金を引かれた。
分割支払い天引き扱いの残金が引かれた。
いつもの残業代(或いは見込み払い)がない(当然)
通勤手当、食事手当てなどが削除された

通常のような給与明細は無いのでしょうか。これをもらわないといけません。
その他、退職金があるはずですが、別受け取りですか?
源泉徴収票はもらっていますか?
最後の方は余計なお世話でした。
    • good
    • 0

締日、支給日はいつでしょうか?



例えば前月16日~当月15日分を当月15日に締め、当月20日支給だったら、3月16日~31日

分は4月20日に支給されますが、半月しかないので、給与は通常の半分となります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有給が付与された月に有給を消化して退職できますか?

9月より転職する為、7月に退職の意向を伝え、8月末で退職を予定しております。
8月に今年度分の有給が付与されるのですが、できればそれを使い切り退職したいと考えております。
会社のカレンダーを見ると、盆休みが半月近くある為、有給を使うと8月は丸々出社しない事になります。
この場合有給を消化できるものなのでしょうか?それとも会社に7月付けで退職させられるものなのでしょうか?
ずるい考えだと重々承知しております、お詳しい方、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

法律,ルール上は問題ありません。
ちなみに有給休暇は、質問者さんの過去の労働に対し、付与されるものですから、特にずるい考えでもないですよ。

しかし現実は、概ねの企業にとって、有給を完全消化して辞めると言うのは、余り喜ばしい辞め方ではないのが、偽らざるところです。
従い、露骨に苦言を呈されたり嫌な顔をされるとか、何らか妨害されたり、折衷案,調整案などを提示される可能性は高いと思います。

個人的には、「会社との関係」で判断すれば良いと思いますが。
円満退社を目指すとか、退職後も職場との人間関係がある様な場合、ある程度の妥協も必要でしょう。
しかし、逆に円満退社である必要がないとか、恨み辛みで辞める様な場合、権利主張すれば良いワケです。

違う言い方をしますと、これまで会社との関係が良好であれば、有給休暇の消化もしやすい傾向です。
頑張ってくれた社員に対しては、会社から「有給休暇を消化してから辞めたら?」みたいな提案があっても、別に不思議じゃありません。

ところが、関係が余り良好ではなく、仕事も出来ない様な社員が、「有給休暇を全消化して辞める!」などと権利主張すれば、会社も「ふざけるな!」と言うところでしょう。

たとえば退職予定者でも、引継義務などがあるケースが多いので、引継ぎを理由に出社を要求するなど、ある程度は合理性や法的根拠のある妨害も各種可能です。

あるいは、逆に仕事が出来ない社員には、引継ぎなどして貰わなくて良いので・・。
辞意を伝えるや否や、「では会社としては、明日から来てもらわなくても良いけど?」などと言われたら、「いや、8月に新たに有給休暇が付与されるので、8月1日には在籍します。そこで、新たに付与された有給休暇を消化して・・」などと堂々と権利主張が労働者は、ちょっと少ないのではないか?と思います。

ベテランの管理職や人事マンなら、そう言う手練手管はいくつも持ってます。
質問者さんの目指す辞め方は、これまでの関係が良好な上、それなりに腹を据えて、かなり賢く上手くやらないと、難しいかも知れません。
さもないと、いつの間にか「じゃあ、10日だけ有給休暇を消化させて上げよう。良かったね!」みたいは話に持って行かれたりしますよ。

法律,ルール上は問題ありません。
ちなみに有給休暇は、質問者さんの過去の労働に対し、付与されるものですから、特にずるい考えでもないですよ。

しかし現実は、概ねの企業にとって、有給を完全消化して辞めると言うのは、余り喜ばしい辞め方ではないのが、偽らざるところです。
従い、露骨に苦言を呈されたり嫌な顔をされるとか、何らか妨害されたり、折衷案,調整案などを提示される可能性は高いと思います。

個人的には、「会社との関係」で判断すれば良いと思いますが。
円満退社を目指すとか、退職後も職...続きを読む

Q今月末で退職する予定ですが、有給消化の関係などで退職日が7月31日では

今月末で退職する予定ですが、有給消化の関係などで退職日が7月31日ではなく少しだけ8月にのびる可能性があります。
しかし、もし月末退職できなければデメリットがあるのであれば、数日使用可能の有給休暇を使わずに7月末で退職しようと考えております。

どちらがいいでしょうか、ご助言お願いします。

Aベストアンサー

・月末(今回は7/31)退職と、月中退職(仮に8/10とすると)の違いは
 ・健康保険・・月末だと、7/31までの加入(保険診療が受けられる)・・保険料は7月分まで徴収
        (8/1から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生)
        8/10だと、8/10まで保険診療が受けられる・・保険料は8月は掛らない:0円
        (8/11から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生:日割りではなく1ヶ月分)
 ・厚生年金・・月末だと、7/31までは厚生年金・・保険料徴収も7月分まで
        (8/1からは国民年金に加入して保険料(8月分から)の支払)
        8/10だと、8/10までは厚生年金に加入(ねんきん定期便等の記録上の期間)・・保険料徴収は7月分まで
        (8/11からは国民年金に加入(記録上は8/11から国民年金)、8月分の保険料の支払)
 ・所得税・・最終の給与まで源泉徴収されるのは一緒
 ・住民税・・最終の給与まで源泉徴収されるのは一緒(当年度の残りの分を一括で支払えば・・今年に関しては以後の支払は無し)
       (当年度の残りの分を支払わない場合は、後日市役所から残りの住民税の納付書が別途自宅に送られて来るので、それで支払う事になります)

・月末退職で言われるデメリットは、退職日が月末に近い場合、
  7/30退職の場合、7/31の1日の為に、健康保険、国民年金に加入して1ヶ月分を支払わないといけなくなるので
  その場合、保険料が現在よりも高くなる場合が多いので、月末で退職した方が良いとの意味合いです


 

・月末(今回は7/31)退職と、月中退職(仮に8/10とすると)の違いは
 ・健康保険・・月末だと、7/31までの加入(保険診療が受けられる)・・保険料は7月分まで徴収
        (8/1から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生)
        8/10だと、8/10まで保険診療が受けられる・・保険料は8月は掛らない:0円
        (8/11から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生:日割りではなく1ヶ月分)
 ・厚生年金・・月...続きを読む

Q現在、社会人です。有給休暇について教えて下さい。 4月から学生になります。私は、3月末までに有給休暇

現在、社会人です。有給休暇について教えて下さい。
4月から学生になります。私は、3月末までに有給休暇を消化しようと考えていたのですが、会社の方から人手不足もあり、4月〜有給消化を提案されました。
入学が4月1日だとして、学歴と職歴が被るのは大丈夫なのでしょうか?

補足
私的には、会社からの提案が問題なければそうしようと考えています。

Aベストアンサー

会社が認めているなら、学歴と職歴が重複するのは問題はないでしょう。
定時制に通いながら働く人だっているわけですから。

ただ、雇用保険は学生の期間は資格喪失しないといけないかも知れません。
卒業を控えた学生が卒業後勤務が決まっている会社で働く場合は、学生期間中から雇用保険に加入できますが期間が短いから容認されているだろうと思われますので、長期間となるとハローワークに確認した方がいいでしょうね。

Q指定有給休暇についての質問です。H26に入社し、今年の12月中旬に10日+2日の合計12日の有給休暇

指定有給休暇についての質問です。H26に入社し、今年の12月中旬に10日+2日の合計12日の有給休暇が与えられる予定です。

昨年度分の有給休暇は、私用での休みとインフルエンザで3日間の計6日の休みを頂きました。
それ以外は、職場の都合で仕事が休みの日が多くあり、全て指定有休を使用するようにとのことでした。
ただ、昨年度分の有給休暇は11日間。12月の更新前に1日足りなくなってしまいました。
不足した場合の事を聞いたところ、来年度分を前借りにするようにとのこと。 折角、1日増えたのに…と思っていた矢先、更に来年1月には職場の都合での休みか3.5日発生!
有休休暇の更新後、一ヶ月半で指定有休として4.5日の休みを有給休暇から引かれてしまいます。

色々と調べた結果、労働者は5日間は自分で有給休暇を使用する権利があるようです。が、この先も職場の都合での休みは事業主の現状を考えると、今の状況は変わらないと思います。

もし、有給休暇が不足し翌年度分を前借りするのも厳しくなった時、休みを取らされた日はどのような扱いになるのでしょうか?

出勤希望を申し出たら「時と場合によって」とも言われ、この先の事を悩んでいます。
指定有休については、私達労働者の許可は得ず強制のようなものです。

指定有給休暇についての質問です。H26に入社し、今年の12月中旬に10日+2日の合計12日の有給休暇が与えられる予定です。

昨年度分の有給休暇は、私用での休みとインフルエンザで3日間の計6日の休みを頂きました。
それ以外は、職場の都合で仕事が休みの日が多くあり、全て指定有休を使用するようにとのことでした。
ただ、昨年度分の有給休暇は11日間。12月の更新前に1日足りなくなってしまいました。
不足した場合の事を聞いたところ、来年度分を前借りにするようにとのこと。 折角、1日増えたのに…と思っていた...続きを読む

Aベストアンサー

> 指定有休については、私達労働者の許可は得ず強制のようなものです。

労基法39条6項、いわゆる計画年休という制度があり、労働者過半数代表(または過半数組織労働組合)との労使協定締結が必須です。労使協定の有無を確認ください。

それがないものとして回答を続けますと、会社は労働者から時季指定権(この日に休みますという労働者の権利)を奪うことができません。

協定もなしにかってに使用者が労働日を休みにする場合、使用者都合の休業、休業手当(同法26条)の問題となり、民法上、賃金満額支払う義務が使用者にあります。もちろん年休日数は1日たりとも減りません。前借もあり得ません。

職場をうけもつ労働基準監督署に相談なされ、仲介から裁判に至るあらゆる手段が近年用意されていますので、無法使用者を法の前に引きずりだしてください。

Q残っている有給休暇の消化中に・・・

主人のことなのですが、
現在の勤め先を、8月20日で退職することになっています。
それで、残っている有給休暇が30日と公休が17日ありましたので、
それを消化して退職する予定ですので、7月8日から、お休みを頂いている状態です。
しかし、最近次の就職先が決まりました。
8月4日からの勤務なのですが、
社会保険等に加入した場合、前職の残りの有給休暇を消化することは不可能でしょうか。
社会保険等に加入しない場合、前職の残りの有給休暇を消化することは可能でしょうか。
つまり、有給休暇分のお給料をもらいながら、次の仕事をするということです。
新しい勤務先に、ご迷惑をかける結果になってしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

新しい会社の担当者に、社会保険を8月21日からにしてもらうよう、お願いすることはできないでしょうか。
前の会社が8月20日で退職する予定となっているためと言えば、おそらく聞き入れてくれるのではないかと思います。

社会保険事務所では、社会保険の資格の確認を、新しい会社から「資格取得届」が提出された時点で行います。当然、新しい会社からの「資格取得届」は、8月4日の資格取得日となると思われますので、以前の会社からの8月4日喪失(喪失日は退職日の次の日です。)の「資格喪失届」の提出を社会保険事務所は待ちます。しかし実際に提出されたのは8月21日喪失の「資格喪失届」となり、新しい会社と以前の会社の双方に、あなたの社会保険の資格期間が重複している旨の、確認を行います。
この時点で以前の会社には、8月4日からあなたが働いていることが分かってしまいます。

雇用契約上、8月20日までは以前の会社で契約をされているわけですから、8月4日からあなたが他の会社で働いていることを、以前の会社としては「契約違反」とし、有給休暇の消化を認めることは無いでしょう。認めるとすれば、よほど金銭的に余裕のある会社か、担当者がかなり怠慢かのどちらかでしょうね。

であれば、新しい会社の担当者に8月21日より社会保険の資格を取得する旨、お願いすることをお勧めいたします。

新しい会社の担当者に、社会保険を8月21日からにしてもらうよう、お願いすることはできないでしょうか。
前の会社が8月20日で退職する予定となっているためと言えば、おそらく聞き入れてくれるのではないかと思います。

社会保険事務所では、社会保険の資格の確認を、新しい会社から「資格取得届」が提出された時点で行います。当然、新しい会社からの「資格取得届」は、8月4日の資格取得日となると思われますので、以前の会社からの8月4日喪失(喪失日は退職日の次の日です。)の「資格喪失届」の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報