私は留学経験、海外勤務の経験があり、ある程度の英語力はあります。でも、帰国してから英語を使った仕事についていないので、英語力を維持することに大変苦労しています。自分なりにテレビを副音声にしてみたり、英語の本を読んだり、外国人の友達とできるだけ会って話すようにしていたりするのですが、毎日会っておしゃべりするわけにもいかず、日に日に英語力の衰えを感じています。
私のように、ある程度の英語力を身につけられた方は、どのようにして、その英語力をキープされているのですか?いい方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本にいて海外時代と同じ英語力(英語に限らず)をキープするのは難しいですね。

julianodさんはすでにテレビ、読書、外国人の友人を通じた努力をされているようなので、それ以上はあまりないような気がします。強いて探せばCNNを日本のテレビの代わりに24時間視聴する、居住地の役所に英語通訳のボランティア登録をする、英字新聞の購読、海外にメル友をもつ、などが考えられますが・・

身につけた語学力は日ごろ努力をしていれば、そんななに衰えるものではありません。衰えと感じるのは、単語を忘れる、ネーティーブが使う日常会話を使う機会がないためとっさに出てこなくなり、日本人特有の教科書的硬い表現に戻ってしまうなどから来る不安ではないでしょうか。これらの現象は日本に住む以上ある程度避けられないことだと思います。しかし、海外へ行ったり、日本でネイティーブの方と話すことにより時間とともに戻って来るはずです。

そこで考え方を変えて、逆に外国では必要性が少なく覚えなかった(使わなかった)表現とそれに必用な知識、単語を覚える努力をされてはどうですか。語学に優れた人でも、分野が異なると通訳としてほとんど役に立たない例があります。それは語学力ではなく知識不足、日本語の語彙、表現力不足が原因です。日本で英語を使う機会を待つとすれば、流暢なネイティーブ並の挨拶や相槌ではなく、中身の勝負になります。あまり参考になりませんか?
    • good
    • 0

私は父の仕事の都合で20数年前に幼少時代を2年間、アメリカで過ごしました。

基本的な発音やイントネーションは当時身に付けたので、ほぼnativeレベルに聞こえます。しかし、所詮は子供レベルの英語ですから、表現力の乏しさはどうすることもできませんでした。帰国子女クラスの会話クラスに通っても、進歩するものもなく、ただただ会話力が落ちていくのを感じながら成長してきました。

大学時代に交換留学をしたときも、「自分の言いたいこと」がいえずに情けなくなりました。帰国後に大学と通訳学校のダブルスクールをしたのですが、私の場合、通訳の学校でかなり鍛えられました。(今は、ソフト業界でlocalizationの仕事をしているので、嫌でも毎日英語を読み、ソフトを日本語にしています。)

私は、先ほど述べた「自分の言いたいこと」というのが、英語力維持のキーポイントだと思います。つまりは、どれだけ自分の持っている語彙数や表現力で、外国語をoutputできるかということです。普段からそのresourceをどのように高め、維持するかという問題ですが.........

私は、通訳学校で練習の一環としてやっていたshadowingがなんかいいと思います。要は、英語の放送(テープでもテレビでもなんでもいいです)に続けて、2秒くらいの間隔をおいて、オウム返しのようにまねをするのです。ただ、単語の聞き取りにとどまらず、イントネーションなんかもしっかりまねをするのです。1日10-15分続けるだけでも効果はあるはずです。あとは、CD付きの書籍でnativeの表現集みたいので普段からnative表現を意識するとかもいいのではないでしょうか?

後は、日英の翻訳をやっていると、英語の表現力はかなりついてきます。日本語のコンセプトを英語にして伝えるのですから、Japanese EnglishからNative Englishに近づける努力をして書きつづけていると、私の経験上かなり表現力は付きました。そのおかげで、ろくに勉強もせずに工業英語検定試験2級(業界の人しかしらないような試験ですが)に一発で、全国2位の成績で合格しました。

だから、speakingにしてもwritingにしても、自分の気持ちや考えを自分の言葉で伝える努力をするというのが、大切だと思います。
長くなりましたが、いかがでしょうか?
    • good
    • 2

同様の経歴を持っています。


昨年まで日本の企業で翻訳、通訳の仕事をしていましたが、久しぶりにNativeの友達と会った時に表現がとっさに出てこなくなり、落ち込みました。(翻訳や通訳は全く違うんだ…と思いました)で、今更ながら英会話教室にでも通おうかと思っていたところ、外資系からオファーがあって今に到ります。在米時代のレベルとは言えませんが、日系企業に勤めていた時に比べて回復してきています。
という結論から外資系企業に転職などの道があります。オススメとかでは別にないですが、一回答として。
これから先の生活においてそれほど英語に関わることがないとしたら、囚われない方がいいかもしれません。必要とされるからその能力が重宝されるわけで、必要とされない環境なら環境を変えるか、考え方を変えるかするのが良いと思います。語学力はその言語で何かをするためのツールであって、ツールを使う時があるのか、その頻度とツールをメンテしていくのに必要な努力は本当にあなたにとって必要なのか、を考えて、宝の持ち腐れ、又は将を射んとしてまず馬を…ではなく将を射る事を忘れて馬にこだわってしまう事をさけましょう。なんか珍しく諺なんか使ってしまった…
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語を早急に身につける方法

私は、英語ができません。
しかし、仕事上、緊急に、英語力が必要になりました。
英語力は要らないはずの、国内システム業界だったのですが、
必要な時代になったのでしょうか・・・。
今のレベルは、中学1年生程度・・・って、ど初心者です。
こんな僕が、英語力をつけるために、お勧めの方法があれば、
教えて下さい。

TOEIC600点ぐらいの力を、できるだけ早急につける必要が有りますので、どのような教育機関に、どのようにたのべば、早急に学べるでしょうか。
英会話学校に通うなら、どの学校で、どのような受講をすればよいか、アドバイス、お願いします。
予算は、自腹なので、できるだけお安くしたいのです。
画一的にしたくは無いので、色んなパターンのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

#5です。#5で英語のサウンドとリズムを楽しむ具体的な方法を色々力説しましたが、取りあえず、仕事に不自由しない程度に英語を学ぶ、ということにフォーカスするのであれば、先ず仕事に使う英語が、Reading,Writing,Listening(Hearing),Speakingの内のどれで、どの程度、どんな仕事の中で必要なのかしっかり把握することが重要だと思います。例えば英語の文書を扱う仕事であれば、大抵そういった文書は定型的なものであり、一旦その文体に慣れてしまえばそんなに不自由なく仕事がこなせるものだと思いますが、こちらから英語の手紙を出したり、英語で話したり、ましてや交渉ごとにかかわるとなれば、相当の英語力が要求されます。#4さんの言われる通り、仕事で必要とされる英語力と自分の実力とを比較して、弱点と思われる所を補強することが、今必要だと思います。質問者様が「レベル的に、自信がない」所とはどんな所なのですか?

とはいっても、目的を満たすためだけに学習するのではストレスになり長続きしません。やはり、英語の持つサウンドやリズムに慣れ、エンジョイすることが結果的に大きな成果を生むもとだと思います。英語にかぎらず、声に出して読む、或いは自分の肉筆で書く、ということによって、黙読したり、パソコン・携帯で文字打ちをしたりするよりもずっと脳が活性化し、よく覚えられる、ということは科学的に証明されています。

#5です。#5で英語のサウンドとリズムを楽しむ具体的な方法を色々力説しましたが、取りあえず、仕事に不自由しない程度に英語を学ぶ、ということにフォーカスするのであれば、先ず仕事に使う英語が、Reading,Writing,Listening(Hearing),Speakingの内のどれで、どの程度、どんな仕事の中で必要なのかしっかり把握することが重要だと思います。例えば英語の文書を扱う仕事であれば、大抵そういった文書は定型的なものであり、一旦その文体に慣れてしまえばそんなに不自由なく仕事がこなせるものだと思いますが、こち...続きを読む

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q私は現在海外在住ですが、英語力は超初心者です。皆様の中で、大人になってから初心者英語から英語力を伸ば

私は現在海外在住ですが、英語力は超初心者です。皆様の中で、大人になってから初心者英語から英語力を伸ばされて聴き取り、読解力、会話に不自由しない所までになられた方、どのような努力をされたのかどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

メキシコがスペイン語とも知らずに来ましたが、耳から聞こえて言葉を、意味が分かろうが分かるまいがそのままに自分の口から言うことで。別に努力も何もなし。辞書を持った(買ったのではなく貰った)のは3年目くらいで。

その前のアメリカでも同じで英語を覚えてしまいました。

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q英語力が上達する期間について(海外滞在経験者にお願い致します)

海外(英語圏)でどれくらい暮らせば英語力が上達するのですか?例えば:半年間で日常会話ができて、約一年で無理なくニュースや映画の内容が分かるとか。
その目安を教えていただけませんでしょうか?

もちろん個人差はあるかと思いますけれど、一般的な場合をお考えてくださって結構です。

Aベストアンサー

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

これくらい本人次第と言う事はないと思いますよ. 私は二年以上こちらにいるにもかかわらず(ESLで授業を受けている)アメリカ人を普通の会話ができないと言う日本人を何人か似合っています.

元々本気になってこちらへ来たのではないと感じます. 確かに個人差と言う物はあるでしょう. 語学的感覚もまた影響すると思いますし、外向的な性格であればプラスになるでしょうね.

また、こちらへきてもまだ日本から持ってきた問題週やTOEIF/TOEFLの参考書を使って勉強している人はやはり上達が遅れていますね.

英語を言葉なんだと言う事を感じる事によって、間違ったっていい、でもフィーリングを伝えようとする意気込みや何とかして相手の言っている事を理解しようとする姿勢は大きなプラスとなっていると思います.

ここにいれば自然と上達すると言う物ではないですね. やはり、言葉を使う目的があり、それを達成しなければならないと感じることで上達もまたプラスになっていますね.

一年以上いれば、次の年からの英語の理解力が非常に変わってくると思います. 仕事できている人も、単身赴任であり、また、ほかの駐在員がいないとなれば、また、仕事に対しての熱意というものもプラスになっています.

こちらで異性と「恋をする」のもプラスですね. 失恋であっても. <g>

フィーリングと言う言葉の土台となるものが分かれば上手くなるのは当然のことですね。

でも、だからといって、留学しなくては英語に強くなれないって言う事はないと信じます. 英語の対する姿勢をちょっと変えれば、誰にでも自然と英語に強くなれます.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

これくらい本人次第と言う事はないと思いますよ. 私は二年以上こちらにいるにもかかわらず(ESLで授業を受けている)アメリカ人を普通の会話ができないと言う日本人を何人か似合っています.

元々本気になってこちらへ来たのではないと感じます. 確かに個人差と言う物はあるでしょう. 語学的感覚もまた影響すると思いますし、外向的な性格であればプラスになるでしょうね.

また、こちらへきてもまだ日本から持ってきた問題週やTOEIF...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

QTOEIC対策でもビジネス英語でも旅行英語でもない普通の英語力をつけたい

まず私の英語力ですが、TOEICはだいたい700点前後。
背景知識があれば、英語の文章はだいたい理解できます。
基本的な文法は理解しているとおもいますが、単語やフレーズはあまり知りません。
読み>書き>聞く>話す の順に苦手です。

今、仕事でそれほど英語を必要としてはいませんが、ネイティブとメールのやりとりを2年以上行っており、コミュニケーションを深めるために、より日常的な、たとえて言えば私が普段日本語を話すように、英語を話したいと思っています。
うまく表現できませんが、日本語でいえば
「麻生総理って、ちょっとあれだよね」
「麻生総理よりは漢字読めるよ」
「新聞記事にのってる麻生総理の話だけど、なんかおかしいよね」
なんていう普通の会話がしてみたいと思っています。
(上の内容ぐらいは英語で話せますけど)

日常英会話の範囲なのかもしれませんが、その手の参考書はなんだか深みに欠けるというか、言い方がわるいですが場当たり的な感じがして、効率が悪いような気になってしまいます。
さらに、ほとんどが日本語の翻訳が書かれているので、英語で話すのが逆にやっかいになったりします。

そこで、
・より表現の幅を広げられる
・文法や語彙の説明がしっかりしている
・英語らしい表現を身につけられる
・できれば音声付き
といった参考書やウェブサイトはないでしょうか?
また、ESL(English as a Second Language)の教科書で良いものはないでしょうか?

まず私の英語力ですが、TOEICはだいたい700点前後。
背景知識があれば、英語の文章はだいたい理解できます。
基本的な文法は理解しているとおもいますが、単語やフレーズはあまり知りません。
読み>書き>聞く>話す の順に苦手です。

今、仕事でそれほど英語を必要としてはいませんが、ネイティブとメールのやりとりを2年以上行っており、コミュニケーションを深めるために、より日常的な、たとえて言えば私が普段日本語を話すように、英語を話したいと思っています。
うまく表現できませんが、日本語で...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。 仰っていることが分ります。 

英語でもっとご自分の教養となるような本をお読みになることをお薦めします。 英語に《Have you read good books recently?》という文章があります。 

英語の本をたくさんお読みになることです。 それもポルノではなく、教養になる本を選ぶこと。 最初は辞書を引かずに一気に最後まで読む。 理解は完全ではないでしょう。 それでも構わず最後まで一気に。 辞書を引かず、最後まで。 これが英語が飛躍的に伸びる極意です。 

そして、二度目は辞書の助けを借りる。 一度最後まで読んでいるので、この単語が重要な《キーワード》かそうではないかといった判断力がついています。 そして、辞書を引かなくても、或る程度類推出来る力も同時についているのです。 それはご自分でもびっくりされるはず。 請合います。 この類推する能力が英語の学習には必要です。  

《自分はこんなに英語に強かったのかな~》 必ずそう言える日が来ます。 そして、夢中になって読んでいるうちに涙が溢れて来る。 こんな経験を重ねて行くうちに英語があなた自身の言葉になって行くのです。 

こんにちは。 仰っていることが分ります。 

英語でもっとご自分の教養となるような本をお読みになることをお薦めします。 英語に《Have you read good books recently?》という文章があります。 

英語の本をたくさんお読みになることです。 それもポルノではなく、教養になる本を選ぶこと。 最初は辞書を引かずに一気に最後まで読む。 理解は完全ではないでしょう。 それでも構わず最後まで一気に。 辞書を引かず、最後まで。 これが英語が飛躍的に伸びる極意です。 

そして、二度目は辞書の...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q英語教師歴30年と英語圏在住歴10年、どちらが英語力が高いですか(一般論)?

このQ&Aコミュニティーを読んでいて素朴な疑問が起こりました。英語教師歴30年の人と英国または米国在住歴10年の人とではどちらが英語が身についていますか?ときどきどちらの傾向の方も自信ありで回答されているので、意見が分かれる時どちらの意見を信じていいのか分からないことが多々あります。双方のどちらも欠かす事ができないのは言うまでもありませんが、それはそれで言いとして、一般論としてどちらが英語力があると言われているのでしょうか?

一般論でアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

英語教師歴30年の人も英語圏在住歴10年の人も何人も知っていますが、完全に人によりますし、また、何をもって「英語力」とするかにもよりますよね。

まず、在住といっても、「通じる英語」が使えれば済むわけなので、文法がでたらめでネイティヴがしない類いの間違いをする人は多いし、母国の人に囲まれて暮らしていれば英語なんて一言も覚えない人なんてざらにいます。

また、教壇に立った年数が長くても、ネイティヴに自分の意思を伝える機会が少なかったり、限られた人としか付き合っていなければ、「生きた英語」を知らない人は多いし、発音にいたっては、かなり怪しい人も結構います。

ですが、どちらも日頃から技術を磨いてアンテナを張っていれば、ネイティヴ並みに英語を操るのは容易にできます。ご回答は今のところ「在住派」が優位(笑)なようですが、ミッション・スクールの教師などは、それなりに英語がきちんとしているものですよ。

ただ、下のほうでご指摘の通り、「教師は文法にこだわり、在住はアンチ文法」という傾向は確かにありますよね。そもそも、英語圏で暮らすのに、品詞の日本語訳なんて不要なんだし。

まあ、私(ちなみに教職歴はありません)もこのカテで回答していて意見が分かれることがたびたびありますが、自分の意見も含めて「ネットの情報は話半分で聞いてね」としか言いようがありません。あくまでも回答を「参考に」ご自分で詳しく調べていただくのが一番だと思っています。一方で、参考にすべき複数の回答に触れる「チャンス」を得られるのがネットの良さだとも思っているので、意見の相違に気づいたときには遠慮なく投稿して、選択肢の幅を広げるのに貢献させていただいているつもりです。でも、文法は得意でもないけど、否定もしませんよ~。

英語教師歴30年の人も英語圏在住歴10年の人も何人も知っていますが、完全に人によりますし、また、何をもって「英語力」とするかにもよりますよね。

まず、在住といっても、「通じる英語」が使えれば済むわけなので、文法がでたらめでネイティヴがしない類いの間違いをする人は多いし、母国の人に囲まれて暮らしていれば英語なんて一言も覚えない人なんてざらにいます。

また、教壇に立った年数が長くても、ネイティヴに自分の意思を伝える機会が少なかったり、限られた人としか付き合っていなければ、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報