10年程前、円安の大きな原因のひとつに「円キャリートレード」があげられていました。
金利の安い円で借りて金利の高いドル等で運用すればボロ儲け、どんどん円を売ってドルを買う動きが加速しました。
結果、円安ドル高は加速していきました。
足元の情勢を見ると円はしばらくゼロに近い金利が続き、米国ドルはどんどん金利上昇していきそうです。
ドル金利上げの時期やスピードはともかく、また金利が大きく開くようであれば、円キャリートレードが盛大に繰り広げられ、
更なる円安の引き金になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Moryouyouです。



蛇足ですが、
>ユーロもないし、豪ドルもないし、新興国は資金流出リスクがあるし
このあたり補足します。
ユーロについては金融緩和策が徹底されていて、
マイナス金利となっている状況で底とみます。
ギリシャ問題が糸口が見つかれば反転しそうな気がします。

豪ドルは中国経済に影響を受けていますが
これ以上の金融緩和もなさそうに思えます。

どちらかと言えば、ユーロの動向が大きいかなと
思えます。

ユーロドルがパリティとなり、逆転するとの
どこかのファンドが言ってましたが、
私はないと思います。

しばらくはユーロとドルの天秤が
ユラユラとしながら、バランスが
とられるのかなと予想します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/06/10 22:10

私はあると思いますが、ドル円はそれほど


上がらず、他のクロス円の方に流れるかなと
みています。

ドル高と米国経済の動向は表裏一体だと
思いますので、どんどんというほど
金利は上がらない(上げてこない)
と思います。

以上、完全に私見ですので参考程度に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
他。。。
ユーロもないし、豪ドルもないし、新興国は資金流出リスクがあるし
でもここまで高金利になって金利差開くとリスク取ってもレアルやリラもありでしょうか

お礼日時:2015/06/07 19:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報