去年の3月に前のバイト先を辞めて4月から今の会社でバイトをしています。
年末調整もしてきちんと市府民税の支払いの用紙が来ると思い込んでいたのですが家族の支払い用紙は来ているのに(家族は確定申告に自分で行くので当然届きます)私のだけまだ来なくて本当にきちんと申告できてるのかきちんと市府民税の納付書が来るのか不安です。
会社には2月ぐらいに確認したところ『年末調整をして確定申告しても2重になるから意味がない』と言われました。もし用紙が来なかった場合どうしたらいいのでしょうか?
文章があいまいでわかりにくいですが無知なので詳しいかた教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 後、支払いをしないとどうなりますか?
    生活に影響は出たりしますか?

      補足日時:2015/06/07 14:49
  • 今の会社は去年の4月からアルバイトで働いています。文章がわかりづらくてすいません。
    所得税以外はバイトなので給与天引きされていません。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/07 15:39
  • 月10万以上収入があるので課税されるはずです。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/07 16:51
  • 今まではずっと市府民税は用紙が来てたので払っていました。去年の3月に前のバイト先を辞め去年の4月から今のバイト先で働いていて年末に会社に前のバイト先の源泉徴収票と生命保険の控除の紙をつけて提出しました。これで年末調整もしてもらってます。文章ではわかりづらいですよね。すいません。役所に聞きたいけどまずここで聞きたいので質問しました。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/07 17:32
  • 返答ありがとうございます。
    給与天引きされているのは所得税だけなのですがそれでも市府民税は請求されないのでしょうか?

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/07 18:13

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

・現在の会社で年末調整をしたのなら


 今年の1月に、会社は市(貴方の届け出住所の)の方に、(貴方の)「給与支払報告書」を提出します
・市の方では、この報告書(貴方の昨年の収入が記載されています)を元に、貴方の住民税の金額を決めます
 5月から6月にかけて、市の方から会社に「特別徴収税額通知書:2通・・会社用、貴方用」が送られてきます
・会社では上記の通知書に記載の金額(住民税の税額)を6月の支払給与から天引きします
 (天引きするのは、今年の6月から来年の5月までの12回:年額の住民税を12分割で支払います・・特別徴収といいます)
 「特別徴収税額通知書」の貴方用は、6月の給与支払時に渡されます
・住民税は会社での特別徴収になるので、納付書(普通徴収)は送られてきません
    • good
    • 1

No.5です。



私は嘱託で1年更新ですから、
来年も今年もですが、今の職場に
いるか分からないですが、
この調子だと天引きになりそうです。

役所から見れば、アルバイトだろうと
嘱託だろうと、正社員であろうと、
関係ないですからね。

もしかするとそういう人は
給与支払者(会社)との調整が
入ってから、納税方法が決まるの
かもしれません。

因みに私は確定申告し、かつ普通徴収を
選んでいますが、納付書は届いていません。

役所のサイトでは特別徴収の徹底を
うたっているところが多いです。

せっかくnanacoで払おうと
待ち構えていたんですけどね。A^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社の仕組みとか税金の仕組みが全く理解できていないので頭がパンクしそうです(TT)
何年かいてるパートさんに聞いてもみんな『扶養家族内やから…』ってなるので結局わからないんです

お礼日時:2015/06/07 19:05

今の会社で年末調整がきちんとされているようですから心配ありません。


確かに月10万円以上の収入があるなら、たとえ控除がどうあれ(仮に所得割がかからなかったとしても)均等割は確実に課税されますので、住民税の通知は必ずくるはずです。
もう少し待ってみればいいでしょう。
もし、今週中に来なかったなら、郵便事情によるものかもしれないので、一度、役所に連絡されることをおすすめします。

なお、年末調整してあれば市民税の請求がないという回答ありますが、そのようなことはありえませんので…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
もぅ少し待ってみます。

お礼日時:2015/06/07 18:10

私も同じパターンのようです。



おととしを辞めて、
昨年確定申告し、
昨年再就職し、
今年確定申告し、
申告時に普通徴収を選びましたが、
どうも特別徴収(給与天引)となる
ようで、納付書が送られてきません。

市府民税(住民税)は給与から天引き
する特別徴収を徹底しているようです。
ですので、ほっておけば給与天引きと
なり、心配はありません。

仕事先を辞めると、普通徴収となり
残りの分の納付書が送られてくると
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
バイトの場合でも給与天引きになるんでしょうか?
今のところ所得税だけ引かれてるのですが。

お礼日時:2015/06/07 18:16

>年末調整もしてきちんと市府民税の支払いの用紙が来ると思い込んでいたのですが



年末調整とは、預かったお金(給料から毎月天引きされている)から、市民税などの税金の支払いをその中からする事を言います。
預かったお金が、市民税より少なければ、差額を請求されますし、足りていれば、余った金額が返金されます。

だから、年末調整をしているのであれば、市民税の請求はありません
この回答への補足あり
    • good
    • 0

今までに住民税を支払ったことはありますか?


今年の1/1は未成年だったということはありませんか?

税金は個人の身上、扶養家族の有無、社会保険料や生命保険料控除などなど様々な要素が関係してきます。
質問に書かれている内容だけでは正確なことはわかりません。
疑問があるなら役所に聞いた方がいいとは思いますが。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

そもそも、住民税が課税されるほどの所得だったのですか?

この回答への補足あり
    • good
    • 0

>4月から今の会社でバイトをしています…



去年の 4月からですか。
今年の 4月1日現在でどこかの社に属している人の住民税は、原則として給与天引きになります。

サラリーマンの場合、今年分は 6月から来年 5月までの分納ですので、今月の給与から天引きされ始めると思いますよ。

----------------------------------------

それとも今の会社に就職したのが今年 4月で、去年は 3ヶ月しか働いていないのなら、もともと今年は住民税を納める必要がないのでしょう。
しかし、年末調整をしたとのことなので、こちらではないですよね。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整と住民税申告の関係

わたしは24歳で、アルバイトをしており、年末調整も会社で済みましたが区役所から住民税の申告書が届きました。

去年の今頃も届いており、
何も知らなかったもので素直に源泉表を同封して送り返しました。

しかし最近知ったことなのですが
普通は年末調整の時点で区役所へは給与支払通知書がいくのですよね?
なので、住民税の申告をわざわざする必要はない。と。

今年はそう思い、こちらからの申告は必要ないと勝手に判断していたのですがどうしても気になって、区役所に問い合わせましたところ、

申告は必要です。今からでも間に合うのでお願いします

と言われたので提出をしようと思っています。

しかしなかなか納得が出来ないのですが…



Q。住民税の申告書が届いたのは何故でしょう??



Q。何故、年末調整をしたのに(給与支払通知書が届いてるはずなのに)私からも所得の申告をしなければいけないのか?また、区役所の答えとは反対にしなくても問題ないのか?




★確定申告はしていません。
★年末調整では所得税の調整をされていました。
★給料は一箇所のみです。
★アルバイト先は変わっていません。
★申告請求がきたのは3/15までに出すもので、督促などではありません。
★年間収入は400万程です。
★住民税は天引きされていません。


以上なのですがわかる人がいましたらお願いします。

わたしは24歳で、アルバイトをしており、年末調整も会社で済みましたが区役所から住民税の申告書が届きました。

去年の今頃も届いており、
何も知らなかったもので素直に源泉表を同封して送り返しました。

しかし最近知ったことなのですが
普通は年末調整の時点で区役所へは給与支払通知書がいくのですよね?
なので、住民税の申告をわざわざする必要はない。と。

今年はそう思い、こちらからの申告は必要ないと勝手に判断していたのですがどうしても気になって、区役所に問い合わせましたところ、
...続きを読む

Aベストアンサー

再び#2の者です。

住民税の天引きについてですが、住民税の徴収方法としては、給与天引きによる特別徴収と、ご本人に納付書を送る普通徴収との2種類があり、会社であれば、基本的には特別徴収によるべきものですが、普通徴収の方法を選択する事も認められていて、給与支払報告書を提出しても、普通徴収という事例はいくらでもあります。
ですから、給与から天引きされていないのと、給与支払報告書の提出の有無とは必ずしも直接は結び付けられないものと思います。
(アルバイトで給与天引きというケースは、極めて少ないものと思います、中途で退職すれば、それに伴う手続きもいろいろと必要となるわけですし)

いずれにしても、市町村としては、会社から給与支払報告書の提出がなければ、所得が把握できない訳ですので、申告書を送る事となる訳です。

給与支払報告書を会社が提出しないのは、確かに、正しくは無いのですが、かけもちでアルバイトしている場合など、きっちり市町村に報告されると、親の扶養から外れる等の事情を考慮して、バイトの場合は、あえて報告しないという会社は、残念ながら現実には少なくないとは思います。
(もちろん、正しい事ではありません)

ただ、来年からは、これらの課税もれを防ぐ観点から、中途退職のバイトであっても年間30万円を超える者については報告しなければならないよう改正されるなど、厳しくなりつつある状況ですので、会社としては本来は正しく申告すべきものとは思います。

再び#2の者です。

住民税の天引きについてですが、住民税の徴収方法としては、給与天引きによる特別徴収と、ご本人に納付書を送る普通徴収との2種類があり、会社であれば、基本的には特別徴収によるべきものですが、普通徴収の方法を選択する事も認められていて、給与支払報告書を提出しても、普通徴収という事例はいくらでもあります。
ですから、給与から天引きされていないのと、給与支払報告書の提出の有無とは必ずしも直接は結び付けられないものと思います。
(アルバイトで給与天引きというケース...続きを読む

Q住宅ローン控除・・・年末調整vs確定申告

昨年、住宅を取得し今年2月に昨年度分の確定申告をしました。
税務署から年末調整用の書類も送られてきています。

現在、年末調整で申告をするか確定申告にするか迷っています。
確定申告は面倒くさいですが以下のようなメリットがあると考えています。

・ 住宅ローン控除での減税額が明確になる
・ 会社に住宅ローンを組んでいることがバレない
・ 住民税の特別控除とリンクしていて別途申請する必要がない

会社バレしないということはそれ程大きなポイントではありませんが
住民税特別控除とリンクしている点について少し気になっています。

というのも会社の年末調整ガイドに「住民税特別控除を受ける予定の人は
申請に必要になるのでローン残高の証明書をコピーしておくように」という
注意書きがしてあったことによります。

<質問1>
質問の大きなポイントなのですが会社で年末調整した場合は
住民税特別控除は別途申請する必要があるのでしょうか。

<質問2>
また、年末調整した場合で住宅ローン控除での減税額を
明確に知る方法があるでしょうか。

結婚後もしくは数年後は売却する予定のため、
住宅購入が結局得だったのかどうかを計算したいと考えています。

会社バレについてですが独身であるために持ち家であることが
知られてしまうのが気恥ずかしいという気持ちが少しだけあります。

以上、少し長文になりましたがご回答いただけましたら幸いです。

昨年、住宅を取得し今年2月に昨年度分の確定申告をしました。
税務署から年末調整用の書類も送られてきています。

現在、年末調整で申告をするか確定申告にするか迷っています。
確定申告は面倒くさいですが以下のようなメリットがあると考えています。

・ 住宅ローン控除での減税額が明確になる
・ 会社に住宅ローンを組んでいることがバレない
・ 住民税の特別控除とリンクしていて別途申請する必要がない

会社バレしないということはそれ程大きなポイントではありませんが
住民税特別控除とリンクしている点...続きを読む

Aベストアンサー

源泉徴収票の交付を受ける。
確定申告する。
還付を受ける。

こうすると
1 住宅ローン控除によって、いくら所得税が減税されたかわかりやすい。
 税務署から還付金振込み通知が来ますので、これを取っておけばいいわけです。
2 会社には、ローンを組んで持ち家があることはばれない。

年末調整、確定申告どちらで住宅ローン控除を受けても、市役所からくる県市民税の課税額は同額なので、減税効果は「これがそうだ」というものがありません。

市県民税についても節税額を「目に見えるように記録保管」したいというなら、平成23年の市県民税の通知が届いてから、住宅ローン控除を受ける確定申告書を出すという手があります。
すると「更正通知書」(課税額を減らしますよという通知)が来ますので、節税額が目にみえ、記録も残りますので、ご質問者のように「家を建てて、ローンを組んだことでの節税効果を測定したい」人には良いかもしれません。

Q健康保険税の支払い額通知が来た場合の確定申告

主人と2人暮らしで共働きですがH19年は無職の期間が5ヶ月ほどあり、雇用保険の失業給付を受けていて健康保険を払っていました。
12月には派遣の仕事をしてたので年末調整はしています(主人もそれぞれの会社にて)。
ただ健康保険税の支払い額通知が来て49800円となっています。
確定申告をすべきですよね?
するとしたらいくら戻ってくるでしょうか?
これ以外に用意するものってあるんでしょうか?住民税もすごく高いのですが安くなる方法あるのでしょうか?

Aベストアンサー

保険や年金の支払いがあれば申告できるのですが、失業給付を受けていたときの年金はどうされていましたか?
おそらく1月に源泉徴収票を会社から受け取ると思いますので、その用紙と支払った保険や年金のお知らせを持参すればOKです。(印鑑、銀行口座も用意)
医療費が年間で10万円を超えればこれも申告すれば控除してもらえます。もし昨年分はそんなにかかっていない、あるいは領収書がない、という場合は申告できませんが、家族全部の医療費を合算できますので、必ず医療費の領収書は保存するようにしたほうがいいです。いつなんどき、入院して10万円を超えるかもしれませんから。
病院代、薬屋で買った薬、通院にかかった交通費(これは領収書は不要)もすべて含めることができます。
10万円を超えた場合は、2人のうち収入の多い方の源泉徴収表で申告すれば税金が多く戻ってきますし、医療費控除の額を考慮して翌年の住民税を計算しますので、申告すれば翌年の住民税も若干安くなります。
医療費申告は扶養家族とかは関係なく、生計とともにしている家族であれば合算できますので、共働きの夫婦でもちゃんと合算できますので、税金を取り戻し、かつ、翌年の住民税を安くするコツです。

保険や年金の支払いがあれば申告できるのですが、失業給付を受けていたときの年金はどうされていましたか?
おそらく1月に源泉徴収票を会社から受け取ると思いますので、その用紙と支払った保険や年金のお知らせを持参すればOKです。(印鑑、銀行口座も用意)
医療費が年間で10万円を超えればこれも申告すれば控除してもらえます。もし昨年分はそんなにかかっていない、あるいは領収書がない、という場合は申告できませんが、家族全部の医療費を合算できますので、必ず医療費の領収書は保存するようにしたほ...続きを読む

Q年末調整でパート勤務と青色申告事業者兼任の場合

パート勤めの主婦です。
今年の4月から小学生を対象に塾を始めました。その際青色申告事業者を選択しました。
その関係でパートの所得制限をなくして仕事をしております。
例年通り、パート勤務の会社より年末調整の書類を貰いました。
今年度はパート先に年末調整の書類を提出し更に確定申告もしないといけないのでしょうか。
国民年金及び国民健康保険の申請はどちらで行えばいいのでしょうか。
ちなみに主人は会社勤めで子供2人は主人の扶養家族で年末調整の書類で提出済みです。
宜しくお願いします 。

Aベストアンサー

>今年度はパート先に年末調整の書類を提出し更に確定申告もしないといけないのでしょうか…

「今年度」(=4/1~3/31) ではありませんが、基本的にはそれが原則です。

>国民年金及び国民健康保険の申請はどちらで…

基礎控除および社会保険料控除の合計
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
よりパート所得が上回るなら、どちらでも可。
上回らないなら確定申告のほう。

なお、青色申告の申請をしたとのことで既に勉強済みかとは思いますが、パートと塾とでは「所得の種類」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
が違うので、「収入」同士を単純に足して 103万だの 141万だの言っても意味ありません。
それぞれを「所得」に換算してから足し算します。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
青色申告なら「青色申告特別控除」も引く。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>主人は会社勤めで・・・年末調整の書類で提出済みです…

年末決算の結果、「合計所得金額」が 38万あるいは 76万以下だったなら、夫は 1月中に会社で「再年末調整」、もしくは自分で確定申告をすることによって、配偶者控除もしくは配偶者特別控除を受けることができます。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」(青色申告特別控除後) が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>今年度はパート先に年末調整の書類を提出し更に確定申告もしないといけないのでしょうか…

「今年度」(=4/1~3/31) ではありませんが、基本的にはそれが原則です。

>国民年金及び国民健康保険の申請はどちらで…

基礎控除および社会保険料控除の合計
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
よりパート所得が上回るなら、どちらでも可。
上回らないなら確定申告のほう。

なお、青色申告の申請をしたとのことで既に勉強済みかとは思いますが、パートと塾とでは「所得の種類」
http://ww...続きを読む

Q年末調整の申告住所と住民票が異なる場合について2

お世話になります。


以前も、同様の質問させいただいたのですが
ひとつ事情(個人事業主の届出をだしました。)がかわり、ややこしい質問になるのですが
お教えください。

住民税の決定通知書の扱いについてご質問させてください。

過去の私の住民票の移動先と行動履歴なのですが、
以下になります。

2009年11月 A県A市
※会社へ申告している住所A県A市
2010年12月 B県B市
2011年05月 C県C市
2011年09月 個人事業主届を出し、青色申告で、且つ、納税地の特例扱いで、
事務所のあるD県D市の管轄に、事業収入及び家賃収入の分の税金を普通徴収で収めることにしました。
2011年11月 B県B市
※再び、B県B市に。2012年02月現在もこちらに住んでいます。


上記の場合、会社へ送られてくる”住民税の決定通知書”は、
どこの役所から送られてくるんでしょうか?
2012年01月01日現在の住民票の所在は、B県B市なので、
こちらの管轄する役所から2012年06月頃に、給与明細と一緒に同封されてきますか?

サラリー収入の給与収入に対する税金は、B県B市に管轄されて、
事業収入や家賃収入の税金については、D県D市に収められることになるのでしょうか?
その場合、住民税の決定はどのようになるのでしょうか?またどこから送られてくるのでしょうか。


事業収入については、1年目というこもあり、粗利益で20万もありません。
家賃収入については、経費等を通算すると、100万程度赤字になります。

上記損益通算されて、80万の赤字計上でしょうか。
また、給与の収入については、どのように損益通算されるのでしょうか。

以上、何卒よろしくお願いいたします。

お世話になります。


以前も、同様の質問させいただいたのですが
ひとつ事情(個人事業主の届出をだしました。)がかわり、ややこしい質問になるのですが
お教えください。

住民税の決定通知書の扱いについてご質問させてください。

過去の私の住民票の移動先と行動履歴なのですが、
以下になります。

2009年11月 A県A市
※会社へ申告している住所A県A市
2010年12月 B県B市
2011年05月 C県C市
2011年09月 個人事業主届を出し、青色申告で、且つ、納税地の特例扱いで、
事務所のあるD県D市の管轄に、事業収...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが2011年中の全ての所得をB県B市の住所で、B県B市管轄の税務署に確定申告しなければなりません。
B県とB市の県市民税が課税されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報