サブリミナルテープを入手したのですが
実際脳に働きかけて効果があるのでしょうか?
音楽に混じってサブリミナル効果があるそうです。

映画のサブリミナル効果は聞いたことがありますが。
何コマかコーラのCMを入れておいたら、
後でやけに売れたとかいう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

サブリミナル効果とは、もともと「リーメン(知覚できる領域)」よりさらに「サブ(本質的な)」な領域に訴えかけ、対象者に期待した言動を引き起こす効果だと思われますが、「全く効果がないくらいかすかな効果」しか期待できなかったと思います。



コーラのCMを行うなら、認知できない感覚で映画のコマに入れるよりは、普通にチラシでも作るとか、キャッチコピーを連呼する方が何倍も効果を期待できます。

ちなみにある本には「コーラを飲め」と言うコマを入れて売上が伸びたと言うエピソードは、「1950年代にジェイムズ・ヴィカリーという広告屋がでっち上げた嘘である」と言うことが書いてあり、私もこの本の主張は正しいと思います。

血液型占いと同様に、実験結果と一般に信じられていることの間に乖離があるようです。

サブリミナル効果を謳ったテープを入手したとのことですが、どのような効果があるとかかれているのでしょう?
もしBiLLy-sさんがその効果を自覚できても、おそらくそれは「サブリミナル効果があるって書いてあるからできたんだ!」というプラシーボ効果の方と思われます。
プラシーボ効果は(個体差によりますが)非常に強力なようです。あらゆる疾病にある程度の効果(もちろんサブリミナル効果とは話にならないくらいの)があると考えられているようです。

わたしは専門家ではないので、間違っているかもしれません。その際は専門家の方による回答を期待します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サブリミナルの効果はいろいろな種類がありました。
10種類くらい書いてあります。10本のテープ。

実際、これ自体の効果ではなく、プラシーボ効果?ですか。
これによる自分自身の力でもいいのです。
TAPEは、あくまできっかけになってくれれば。
精神的に強くなれれば、自分に自信がつけばそれで自分はいいと思ってます。

お礼日時:2001/06/17 07:10

Billy-sさん、こんにちは。



効果はあるとおもいます。

ある本屋さんでは、そのようなサブリミナル効果を
利用して曲の中に、万引きは犯罪ですというメッセージを
流したところ、万引きが大幅に減少したそうです。


また、近視を矯正するのにもそのようなテープは、
つかわれるそうです。

コーラの話は自分も聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
自信を持って聞けますね。
自分にとってよくなるように信じて
聞きます。

お礼日時:2001/06/14 18:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「思い出す」脳と、「知っていることを出す」脳は違う?

このカテが適切かどうかわかりませんが。

脳の働きは右脳・左脳で違うということは聞いています。
私は外国語を学習しているので、よく暗誦をするのですが、覚えたことを使って話そうとすると、実際自分の知識(引き出し)の中にある情報を呼び起こして話をするときと全然違う感覚になります。
「記憶したものを取り出そう」とする感覚で、それはもしかしたら、脳の潜在意識にはまだ到達していないのかなと思います。

しかし外国語を学習するときには「暗記する」ということが必要になるし、自分では作り出せない文を暗記することで使える文が増やせるのも確かなのでこれをうまく利用しながら外国語を上達させたいのです。

できたら、暗記したものを思い出すという作業ではなく、これを自分の考えにして自由自在に使えるようにまで持っていきたいのです。

「暗記したものを思い出す」ときに使う脳の部分と、「自分の知識の引き出しから引っ張り出す」ときに使う脳の部分は違うのでしょうか?

自分でも脳を使っているときに違う意識が働くのを感じるのですが本当はどうなのでしょうか?

わかる方教えてください。

このカテが適切かどうかわかりませんが。

脳の働きは右脳・左脳で違うということは聞いています。
私は外国語を学習しているので、よく暗誦をするのですが、覚えたことを使って話そうとすると、実際自分の知識(引き出し)の中にある情報を呼び起こして話をするときと全然違う感覚になります。
「記憶したものを取り出そう」とする感覚で、それはもしかしたら、脳の潜在意識にはまだ到達していないのかなと思います。

しかし外国語を学習するときには「暗記する」ということが必要になるし、自分では作り...続きを読む

Aベストアンサー

>「暗記したものを思い出す」ときに使う脳の部分と、「自分の知識の引き出しから引っ張り出す」ときに使う脳の部分は違うのでしょうか?

違います。
自分の知識とは、常識化し、応用出来る物です。
徳川家康→江戸時代→身分制度
いわば、本の表紙のような物です。

問題を中身の奥深くとしますと、

表紙とは、すらすら哲学的に喋り続けられるレベル。
中身とは、専門家並の記憶が無くてはスピーチ出来ないレベル。

通常の会話では、考えて喋る事は滅多にありません。

言語中枢と、記憶中枢、前頭葉(まとめる)
ここを行ったり来たりするのですから、

表紙のレベルで専門家並のスピーチを強いられている。
こう判断出来ます。

棚に綺麗に分類しています。
小出しには出来ますが、その程度なのです。

小説で言う、「顰蹙」を使った言葉。

この言葉を使ったこの一説は綺麗にまとまっていたな。
この人の発言は、これに比べると少し劣るかな。

つまり、
その単語を使いこなすまでは、
えーと、えーとなんです。

教わった用法に更に5例は学習しましょう。

>「暗記したものを思い出す」ときに使う脳の部分と、「自分の知識の引き出しから引っ張り出す」ときに使う脳の部分は違うのでしょうか?

違います。
自分の知識とは、常識化し、応用出来る物です。
徳川家康→江戸時代→身分制度
いわば、本の表紙のような物です。

問題を中身の奥深くとしますと、

表紙とは、すらすら哲学的に喋り続けられるレベル。
中身とは、専門家並の記憶が無くてはスピーチ出来ないレベル。

通常の会話では、考えて喋る事は滅多にありません。

言語中枢と、記憶中枢、前...続きを読む

Q囲碁は脳に良いとよく聞きますが、脳科学的に根拠はあるんでしょうか?

良いとしたら、どれぐらい、どのように良いんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
囲碁や将棋、チェスといった脳活動を研究している博士は世界中にたくさんいると思いますが、それが「脳に良い」と発表されたというのは、私はまだ聞いたことがないです。
囲碁では「論理的な思考」や「直感力」を養うことができます。ですが、未体験の問題に創造的な思考を行うには不向きです。

集中力や注意力を要しますので、「脳の活性化」に対しては啓発的な刺激を発生させることができるわけですが、これだけでしたら読書でもスポーツでも同じことです。脳科学ではこのような知的作業には「老化防止」や「認知症予防」の効果が予測されていますが、また統計的な結果しかなく、具体的な生理学的根拠といいますのはそれほどはっきりとは解明されていません。
では、囲碁や将棋といいますのは、決められたルールに従って思考を行いますので、この作業を繰り返すことによって「学習効果」が期待できます。そして、これによって獲得された思考力や直感力が他に応用できますならば、我々の脳の機能は向上するということになります。

「論理的な思考」といいますのは、「与えられた情報を基に論理的な結果を予測する」ということです。
囲碁や将棋といいますのは全ての情報が開示されていますので、できるかできないかは別としましても、十手二十手先を正確に読み、相手がどんな手を打ってくるのかも予測することが可能です。では、「直感」といいますのは、これは第六感ではなく、いちいち思考というプロセスに頼らなくとも「直ちに論理的な結果を選択することができる」ということでありまして、これには必ずや訓練というものが必要となります。そして、我々の脳内でこのような「訓練の結果」を学習しているのは「小脳」です。

全ての情報が開示されているのですから、論理的な思考ができさえすれば誰でも結果を出すことができるはずです。ですが、はっきり言って囲碁や将棋の複雑さといいますのは端から通常の人間のキャパシティを超えています。
大脳皮質が繰り返し思考を行いますと、その「手順」というのが小脳に学習されます。では、この思考の手順が学習されますと、細かいことは小脳が自動で片付けてくれますので、大脳皮質は更にその先を読むことができるようになります。果たして、プロの棋士といいますのは様々な手筋や局面を無数に体験していますので、論理的に矛盾のない一手をまるで超能力のように見付け出してしまいます。正に訓練の賜物であり、これが「直感」の正体ですね。

つい先日の新聞なんですが、将棋の棋士が詰の手筋を読むとき、「大脳基底核」というところに反応のあることが確認されたという記事が載っていました。大脳基底核といいますのは、例えばドアを開けるとか階段を昇るといった、我々の日常的な行動を補佐する中枢です。
これがどういうことかといいますと、プロの棋士といいますのは手筋を読むというのがほとんど日常生活のレベルになってしまっているということです。いったい、どういう脳みそなんでしょうか。

このように、我々の脳といいますのは考えることによって考えることが上手になります。そして、これだけ複雑な思考を繰り返し学習することのできるものといいましたら、囲碁、将棋、マージャンなどがその代表格ということになります。
では、このようにして獲得した学習結果が囲碁や将棋以外の思考に確実に応用できるとしますならば、我々の問題解決能力は飛躍的に向上するわけです。経験的な事実としましては、ある程度の体験が伴うならば別の問題に対処する能力も押し並べて向上するわけですが、このような学習結果が我々の脳内でどのように運用されるのかといったメカニズムはまだほとんど解明されていません。
プロの棋士といいますのは、みな頭が良いです、これは疑いようがないと思います。ですが、別な問題に対処するならば、そのための訓練を行った方が効果の高いことは明白です。
そして、囲碁といいますのは与えられた情報を基に結果を出す作業でありますから、未体験の問題に創造的な思考を行うには不向きということになります。まして言うまでもなく、脳が発達期にある子供の場合でありますならば、果たして論理的な思考だけではなく、「創造的活動」や「情操的活動」など、全てのバランスを整えることが必要となります。

こんにちは。
囲碁や将棋、チェスといった脳活動を研究している博士は世界中にたくさんいると思いますが、それが「脳に良い」と発表されたというのは、私はまだ聞いたことがないです。
囲碁では「論理的な思考」や「直感力」を養うことができます。ですが、未体験の問題に創造的な思考を行うには不向きです。

集中力や注意力を要しますので、「脳の活性化」に対しては啓発的な刺激を発生させることができるわけですが、これだけでしたら読書でもスポーツでも同じことです。脳科学ではこのような知的作業には...続きを読む

QサブリミナルテープをMD録音したら?

MDは、アナログよりも音の幅が狭いと聞いたことがあります。
サブリミナルテープを、MDに録音したとしたら、
効果は期待できなくなりますか?

テープが伸びたらこちらも効果が薄い気がしまして・・・。
あと、保存のためでもありますが。

音響専門のかた、出来ればお願いします。

Aベストアンサー

高校時代に放送委員会(ウチの学校の場合、「部」ではな
かったのです)にいた事がある程度で、専門…と言えるレ
ベルのもんじゃありませんが(^^;)。

正直なところ、「期待できない」と思います。

MDは音の幅が狭い…と言うよりも、
「他の音に埋もれて聞こえにくい音を間引く」
事で圧縮を行い、あの小さいディスクにCDと同じ時間の
録音を行います。そのため、サブリミナル部分は真っ先に
その“切り捨て対象”となる可能性は大です。
周波数帯の関係もありますので実際には全部がカットされ
る事は無いでしょうが、本来の機能を果たす事は難しいで
しょう。

マスターとして保存する事を考えるなら、CD-R記録の方
がいいですね。

Qどんなに遅くとも2050年までには,生物現象に関する十分な知識が得られ,肉体と脳,肉体と心,脳と心と

どんなに遅くとも2050年までには,生物現象に関する十分な知識が得られ,肉体と脳,肉体と心,脳と心といった古典的二元論に終止符が打たれるだろう。
日経サイエンスの文なのですが これは2050年までには魂や輪廻転生 死後の世界などがあるのかないのかはっきりするとゆうことでしょうか?

Aベストアンサー

現在でも輪廻転生や死後の世界が存在しないことはほぼはっきりしていますよ。
ほぼ、というのは厳密に言えばです。現実的には「完全に」と言っても差し支え無いでしょう。

対象がなんであれ、○○が絶対に無い、ということを証明するのは難しいものなのです。
逆は簡単なんですけどね。存在を示せば良いだけですから。

これまで人類の歴史で輪廻転生や死後の世界はずっと重要な関心事でしたが、一度としてその存在が示されたことが無いわけですから、こりゃ無いんだろうなと判断するのが理にかなっているわけです。

Q意識が脳によるものならこの先 脳を調べていけば意識の正体がわかるのでしょうか? トノーニの統合情報理

意識が脳によるものならこの先 脳を調べていけば意識の正体がわかるのでしょうか? トノーニの統合情報理論などでわかるのでしょうか? わかるとしたらいつでしょうか?

Aベストアンサー

意識は脳の作用だから消えますね。
と言うのが、現時点での解釈です。

この先、脳科学を手がかりに、生命にまでメスがはいる時代が来たら、今の解釈が正しいとは限りません。

あくまで「現時点での科学では」です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報