自分は今、高校二年ですが、将来の研究者を目指して大学院留学を目指しています。
おそらく大学の先行は物理学の宇宙科学、素粒子物理学だと思います。
ここで質問です。
アメリカではTA,RA等の仕事が与えられることによって授業料の免除、必要最低限の生活費を支給されるそうですが、これはどのタイミングで受けることができるのでしょうか。
実家は自分が大学進学と同時に定年になるので経済的にも恵まれませんので、日本の大学院に通うことができません。
やはりこれは実際に大学院に通ってみて向こうで手に入れる仕事なんでしょうか。
もし、とるのに失敗してしまえば、高すぎる学費を払わなければならないのでしょうか?
経験者、詳しい方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オイラは、何十年か前、田舎の州立で、物理ではなかったけど、、、


SATのスコアもって、教授に院入れてくれって直談判しに行ったら、「TAもやる?」って聞かれたよ。「博士取る気は無いけど、それでもよいのか?」 って聞いたら、「別にかまわないよ」って話だった。

まあ、オイラのいたところだと、一年に20人くらい院生いれて、TAやっていたの15人くらいかな。 当時は東欧系の留学生とか多くて、語学力に問題がある人はやらせてもらえていなかった。 で、一年目で1/3が何らかの理由で脱落して、MSとってやめるのが1/3くらい、PHDの途中でやめちゃう人もいるから、結局、1年に2,3人くらいがPHDになるって言ってた。 給与なんで、どこでやめても返す必要はないけど、単位取れないようなことがあったら、その学期で終わりってなるのは当りまえ。

ただ、留学するためには、経済力があることを証明しなくちゃいけなかったから、TA前提で行くなら、それが与えられるという学校側の証明がないとVISAおりないんじゃないかな? 

まあ、オイラが言うのも何だけど、そういう資質があるなら道は開けると思うよ。 日本でも、それなりの大学を、首席で卒業するような人材なら周りは放っておかない。
    • good
    • 0

回答ないので、一般的な話をすると…


アメリカの大学院(理系)の場合通常は博士課程に入る事になります。そして、博士課程に入るということは、原則ラボか大学から生活費+学費をだしてもらうことを意味します。自費で入る人は基本的にはいませんし、「自費でも良いから」といってもスペースや指導の問題があるので、多分入れません。日本と違って研究費で大学院生や自分の給料を払えるので、そういう仕組みになってます。大体最初の2年ぐらい(日本の修士に相当する)はコースワークで授業と試験がメインで、その間少しづつラボをまわったりしながらテーマを決めます。博士課程(後期)に行くには事前審査といって実験テーマや研究計画を認めてもらう試験があり、ここまででドロップする人も多いです。また、博士号は日本以上に価値があると考えられているので、それなりに有名な大学での博士号はアカデミックのみならず企業で上に上がるのに事実上必要な資格という認識にもなります。

ドロップしても給料なので返す必要はありませんよ。しかし、金があろうがなかろうが、成績が芳しくないと放り出されます。要するにクビになります。取るのに失敗かどうかの認識は分かりませんが、後期に入って3年から5年ぐらいで実験計画を日本よりもしっかりたてるでしょうから、途中で上手く行かなければ修正する必要があります。大きなテーマであるほど時間はかかるので何年というはっきりしたことは言えませんが、能力がないと判断されると自費で取らせてくれるというよりクビになる可能性が高いと思います。この辺は日本よりも多分シビアです。ただ、何年というよりもその間の成果が重要なので、ショボい成果でもいいから3年で卒業するとか、そんな単純な話でもないです。逆に、論文が出ても学位審査に落ちることもあります。

日本でも、学生支援機構の奨学金とか、学振とかGCOEとか最近は博士過程は色々ありますので上手くやればそれなりにどうにかなります。どうしても進学したければ、学部4年間貯金すればある程度溜まりますし。お金がないからアメリカというほどアメリカのphDは簡単ではないです。お金払っていけるような所は多分大したことない所でしょう。ゆえに日本から進学する場合、日本の修士でコネや業績を積んでから行く場合が多いです。日本みたいに新卒採用とかないので、入学時の数年間の年齢は気にしないからです。

大学の基礎系物理は高校とは全然難易度が違う世界なので、それでもやっていける能力、自信が付けられなければオススメしません。逆に言えば、それでもやっていける自信や能力がある人なら、相応の奨学金は日本でもとることは出来そうなので、まずは大学受験で結果をだす事が先決です。また、日本だと評価されにくいので、そういう意味でアメリカを視野に入れて死ぬ気で頑張るのは良い事だとは思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海洋学は、大学で編入か、大学院で編入するかについて・・・

こんにちは、私はUCSDの大学院で海洋学を専攻し、魚類学者になるのが目標です。九月からはHoly Names Universityの一年生になります。質問なのですが、海洋学を勉強する場合、HNUで四年間生物学全般を勉強し、UCSDの大学院に行くのと、HNUの一般教養を二年間取り、UCSDの三年次に編入してあとの二年間を海洋学に費やすのとでは、どちらがいいのでしょうか?お恥ずかしい話ですが、UCSDの三年次に編入して、大学院に行くほどのお金はありませんので、大学に編入をしてしまったら卒業したら大学院には行かずに就職をしなければいけません。HNUは奨学金で行かせて頂いたため、四年間も行くことができます。ある情報によれば、大学院には大学で違う学部にいた人も比較的穏やかに入学できる、と聞いたのですが、それでは大学の専門課程で学ぶのと、大学院で学ぶのとでは何が違うのでしょうか?回答をいただけるととても助かります。

Aベストアンサー

素敵な夢ですね!
僕はアメリカの大学院で生物学を勉強している者です。

UCSDの大学院に行くためにそこの学部に行くのは多分あまり意味がないと思います。
こちらの大学院って、日本と違って、大学からそのまま同じ大学院に来る人はかなり少数派なようです。
むしろ違う大学院に来る学生の方がやる気があると判断されるらしいです。(伝聞なのでここは自信なし)

でも質問者さんが聞いているのは、UCSDの大学院か、学部2年間かの選択なのですよね。
これは、本人の意識によって変わります。
学部と院の違いは、いわば知識と研究の違いでしょうか。

学部でも実験はやりますが、それは与えられた指示にしたがってやるものですし、専門と言っても基礎から幅広く勉強すると思います。(でもアメリカの学部は行ったことないので、あまりよく分かりません。)
大学院では、将来研究者になることが前提になりますので、生命現象がどうこうよりも、それを解明するための実験手法を中心に勉強する感じです。
ディスカッションでも実験が論理的かどうかを議論しますし、課題でもgrant proposalといって実験の長期計画書を書いたりします。
授業も基礎的なことはすっ飛ばしますから、僕みたいに基礎がおろそかだとついてくのが大変です。

ということで、研究者になりたければ院、ただ知識が欲しいなら学部で十分だと思います。

最後にひとつ耳寄りな情報。
UCSDの海洋生物学の大学院では、大部分の学生に無償の資金援助(stipend)が出るみたいですよ。
参考URLのSpecial Financial Aidのところを見てください。
Twelve-month graduate student researcher positions for 2002-03 carry stipends ranging from approximately $18,291 to $20,415 and include tuition and fee remission.
これは、年に2万ドルくらいお金をくれる上に、授業料も免除と言う意味です。
24カ月だけっていうのが気になりますが、これは学校に問い合わせてみてください。
stipendはアメリカではけっこう一般的で、とってもお得な制度なので見逃さないようにしてください。

同じ科学者を目指す日本人として応援してます。

参考URL:http://www.siograddept.ucsd.edu/admissions/gradprogs.cfm

素敵な夢ですね!
僕はアメリカの大学院で生物学を勉強している者です。

UCSDの大学院に行くためにそこの学部に行くのは多分あまり意味がないと思います。
こちらの大学院って、日本と違って、大学からそのまま同じ大学院に来る人はかなり少数派なようです。
むしろ違う大学院に来る学生の方がやる気があると判断されるらしいです。(伝聞なのでここは自信なし)

でも質問者さんが聞いているのは、UCSDの大学院か、学部2年間かの選択なのですよね。
これは、本人の意識によって変わります。
...続きを読む

Q海外の大学院について質問です。 今自分は関西学院大学の国際学部に通っています。 1年間の留学も経験し

海外の大学院について質問です。
今自分は関西学院大学の国際学部に通っています。
1年間の留学も経験しました。
海外の大学院でジャーナリズムについて学びたいと考えています。そこで質問なのですが、ジャーナリズムを学ぶに当たって評判のいい大学院はあるでしょうか?
また、海外の大学院に進む条件?のようなものはあるのでしょうか。
費用はどのくらいか要するのでしょうか。
無知なので質問ばかりで申し訳ありませんが回答お待ちしております。

Aベストアンサー

少々古いデータですが2013年の世界トップ10の大学院(ジャーナリズム学)をご覧ください。この英語がわからないのであれば、大学院への入学は無理ですから。
http://topyaps.com/top-10-journalism-schools-world

そして、自分が興味をもった大学(国でもいいので)にしぼって、個別に
・留学生を受け入れるかいなか
・留学生を受け入れるならば、どういう条件や提出書類が必要か、TOEFLのスコアや最低GPAはいくら必要かなどを調べます。その大学のHPから、international students admissionなどのページに入ればきちんと書かれてあるはずです。

費用に関しては、アメリカが一番かかります。フィンランドなど北欧が一番かかりません。しかしそれもあなたがどういう生活環境を必要とするかでものすごく幅がありますので、留学するのであればまず自分でどういう留学生活を送りたいのか、考えをまとめた上でネットや書籍などで調べてください。

Qアメリカ大学院留学のための書類を作成しています。大学院出願の書類で大学

アメリカ大学院留学のための書類を作成しています。大学院出願の書類で大学院HPからダウンロードしたFinancial Support Information という書類のSponsor Statement というセクションにSponsor signature の欄があります。自分で学費を払うつもりですが、その場合は自分の名前を記入したらよいのでしょうか?また、Relationship to applicant に「本人」と書きたいのですが、何と表記すれば良いのでしょうか?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

Relationship to applicant に Self と書いて、銀行の残高証明と一緒に送れば良いでしょう。

Q海外の大学院と日本の大学院。

大学院進学を最近、少し考え始めたのですが、海外の大学院進学も視野に入れています。

そこで日本と海外の大学院、それぞれに進学するために必要なものを知りたいのですが、どなたかご存じないでしょうか? 海外の大学院では大学時代のGPAがとても重視されると聞いたのですが、どれくらい重視されるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

海外~アメリカですが、GPAというか~日本で学士を取ったということなら、TOEFLが必要ですね。

それだけで十分です。
ちなみに、僕は3校アプライして1校(憎きCU*校)に蹴られました。
蹴られた理由は、大学のオフィス側が認めてくれなかったという理由ですが~学部の方は、学長から学部長まで動いてくれていたので、ものすごく痛かったです。

あと、GREが必要ですね~
グラジュエート レーテッド エグザンム なんて発音するんですが~これを強要するマスターもあります。普通、留学生は免除の大学がおおいですが。

あとは、もうスンナリ行くはずです。
注意しないといけないのが、シーセスとノンシーセスがあります。シーセスは卒論を強要され、ノンシーセスは卒ロンがありません。
ノンシーセスとシーセス両方持っている大学がありますので、卒論が書きたければ、ちょっとハードルが高いかもしれません。

GPAは留学生にはあまり関係ないですね。基準がわからないからだと思いますが~

で、崖っぷちの成績で、アメリカのマスターに通いたい!ということであれば~
色んな大学のTOEFLのスコアを調べて、500~550くらいの修士に入ってください。
大切なことは、今通っている大学の単位+科目の詳細なシラバスの英訳!これを持ってその大学に出向くと、学部長会議で、ホボクラスを取らずに大学を卒業することが出来ます。(1~1.5年かな?)
で、そうすると、TOEFL600!とか650なんていうハイスコアを取らずにマスターに軽く行けるはずです。

行きたいマスターの願書を取り寄せて、シッカリ読むことをお勧めしますが~チッコク、アメリカで4年制大学を卒業した物はTOEFLの点数は不問!とか~かかれていたりします。

CU某校も一回目のミーティングでGREとTOEFLを要求されましたが、願書を読んでみたとこと、インターナショナルはGREは不問! アメリカで大学を卒業していたらTOEFLは不問なんて書かれていたので~書類には目を通した方がいいですね。

Email で軽く願書を送れ!といえば、ホイホイ送ってくるはずです。

海外~アメリカですが、GPAというか~日本で学士を取ったということなら、TOEFLが必要ですね。

それだけで十分です。
ちなみに、僕は3校アプライして1校(憎きCU*校)に蹴られました。
蹴られた理由は、大学のオフィス側が認めてくれなかったという理由ですが~学部の方は、学長から学部長まで動いてくれていたので、ものすごく痛かったです。

あと、GREが必要ですね~
グラジュエート レーテッド エグザンム なんて発音するんですが~これを強要するマスターもあります。普通、留学生は免除の大学...続きを読む

Q貧乏人向け大学(院)はどこ?(但し英語圏の大学院で)

こないだ国立大学の理工学部を経て大学院(工学系研究科)を卒業しました。
できればアメリカ(カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドも一応可)の大学院に留学して数学の研究をしたいのですがその為に資金が必要でその資金の残高証明の提出させられると思います。
奨学金はかなり非現実的なので英語を勉強しながらバイトでもしてお金を溜めるしかないのかなと思っています。
残高証明学は各大学で様々だと思います。
ここはかなり低額の残高証明でOKだという大学をご存知の方お教えいただければ幸いです。

低額ランキングとかのサイトとかもあればお教え下さい。

Aベストアンサー

英語に不安があって大学院留学は無理ですし、バイトしながら卒業するのは不可能です。語学と資金に問題がない状態にしてから留学するべきでしょう。それとなんでもかんでも留学すればいいっていうものではありませんし、なんとかなるものでもありません。途中で何人もの日本人学生が消えていきました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報