「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

法人の経理のことで質問です。給与から天引きするものの仕訳や勘定科目を教えてください。

①家賃関係
 今まで、毎月の家賃について、家賃支払い時は地代家賃で費用計上し、給与天引き時は雑収入で収益として計上してきました。
 しかし、従業員の中で、自分の名前では住宅を借りることができない者がおり、会社が代わりに会社の名義で住宅を借り、最初にかかる敷金やその他の費用と毎月の家賃を会社が不動産会社に支払うことになりました。
 全額を会社が立替え、全額を給与から天引きするので、立替金で処理しようとしたところ、税理士事務所から、「会社宛に請求書が来て、会社の口座から不動産会社に支払っているので、立替金ではなく、今まで通りの仕訳でやるように」と言われました。
 やはり、立替金処理では認められないのでしょうか? 契約者が会社であるということの他に、今までの者の処理と違うこともあってダメだとか、そういう理由もあるのでしょうか?

②自動車学校の教習代
 会社で必要な免許をとるために従業員に自動車学校に通わせました。会社の名前で申し込み、会社の口座から全額支払いました。教習代が18万円で月々3万円ずつ給与から天引きします。
 この場合、立替金処理は可能でしょうか? 従業員への貸付金処理となりますか?
 また、気にかかるのは、今までのやり方とは違う点です。今までは会社が立替えた場合、自分で教習代を払い免許をとった者にはつく運転手当をつけないということで教習代を回収していました。今回この者だけが特別な処理となりました。ふたつの処理があるというのは認められないでしょうか?

長々とした文章になってしまいましたが、どうぞご教示ください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.6、No.7です。

会員某氏が答えられないようなので私が答えます。会員某氏が答えられないのは当然です。某氏の回答は間違っており、矛盾を含んでいるからです。

~~~~~~~

もしかりに転貸借ならば、つまり家主と会社との間で賃貸借契約が成立するのであれば、会社が家主に支払う敷金に関する仕訳は次のようになります。


・敷金20万円を支払う時:
〔借方〕…A… 200,000/〔貸方〕現 金 200,000

Aは「敷金」です。あるいは「長期前払費用」でも悪くはない。これは易しい。


・給与から回収する時:
〔借方〕給 与 200,000/〔貸方〕…B… 200,000

Bは難解です。というより、「解」は存在しません。会社が計上した敷金を従業員の給与と相殺するのは正しい会計処理なのか・・?

答(解)がないということは、敷金Aを給与から天引きしてはならないことを意味します。会社の敷金を従業員に払わせるのは法的にも不法でしょう。会社は従業員の給与から「敷金」を天引きできません。

質問者の頭書の質問文では、会社は「・・・全額(敷金やその他の費用と毎月の家賃)を会社が立替え、全額を給与から天引きする・・」考えなのに、給与から「敷金」を天引きでないことになりました。なぜ、こういうことになったのか。

転貸借だと解釈したから、つまり家主と会社との間で賃貸借契約が成立すると考えたからです。会社と従業員との間は立替契約なのです。

端的に言うなら、「立替」なのか「転貸借」なのかを決めるのは会社です。第三者ではありません。質問者は「会社は敷金を立替えて給与から天引きする」と言っているのに、なぜ会員某氏が横から介入して「転貸借」だというのか。不当ではないか。大きなお世話ではないか。
    • good
    • 0

No.6です。

回答の一部に誤りがあったので訂正します。

~~~~~~~~~~~~~
【誤】
・給与から回収する時:
〔借方〕給 与 100,000/〔貸方〕…B… 100,000

【正】
・給与から回収する時:
〔借方〕給 与 200,000/〔貸方〕…B… 200,000
~~~~~~~~~~~~~
【誤】
怪しげなの回答者の回答が楽しみです。

【正】
会員某氏の回答が楽しみです。
~~~~~~~~~~~~~
    • good
    • 0

No.1およびNo.3です。



No.2、No.4およびNo.5は、明らかに私の回答に対する批判です。このサイトのルールでは、他の会員の回答に対する批判を禁じているので、ルール違反です。しかし、批判された以上は、私にも自衛権があるので、書きこむことにします。
~~~~~~~~~~~~

No.2、No.4およびNo.5の回答者(以下、会員某氏)が展開する法律論を根拠として仕訳を行うのは誤りです。その理由を示します。

質問者の頭書の質問文を読む限りでは、会社と従業員との間には、「(表面的ではなく)実態」として立替え契約が成立しております。

何らかの事情があって自己の名義で家主との間で住宅の賃貸借契約ができない特定の従業員のために、会社が名義貸しを目的として家主との間で賃貸借契約を締結するのですから、その契約は表面的なものに過ぎません。会社と従業員との間の「立替え契約」は立派に生きております。

ですから、かりに月の家賃が10万円、敷金が20万円とすると、仕訳は、

敷金の場合:
・敷金20万円を支払う時:
〔借方〕立替金 200,000/〔貸方〕現 金 200,000
※会社が大家に敷金20万円を支払う時点で、従業員は社員として通常の勤務しており、会社は将来、その従業員に対して、毎月の給与の支払い、および夏冬の賞与の支払いを予定しております。会社は立替えた敷金を回収することが可能な状態なわけです。つまり、従業員は債務の履行が可能な状態であるので「原始的不能」ではありません。

・給与から回収する時:
〔借方〕給 与 200,000/〔貸方〕立替金 200,000


家賃の場合:
・家賃10万円を支払う時:
〔借方〕立替金 100,000/〔貸方〕現 金 100,000
※会社が大家に家賃10万円を支払う時点で、従業員は社員として通常の勤務しており、会社は将来、その従業員に対して、毎月の給与の支払い、および夏冬の賞与の支払いを予定しております。会社は立替えた家賃を回収することが可能な状態なわけです。つまり、従業員は債務の履行が可能な状態であるので「原始的不能」ではありません。

・給与から回収する時:
〔借方〕給 与 100,000/〔貸方〕立替金 100,000

以上が、私が示す正しい仕訳です。会社の法的「(表面的ではなく)実態」を素直に表現できる良い仕訳といえます。


ところで、会員某氏の回答によれば、会社と従業員との間は「転貸借契約」だとのこと。仕訳は、

家賃の場合:
・会社が家賃10万円を支払う時、費用を計上する:
〔借方〕地代家賃 100,000/〔貸方〕現 金 100,000
・会社が給与から回収する時、収益を計上する:
〔借方〕給 与 100,000/〔貸方〕雑収入 100,000
と言います。

では、敷金の場合はどうなるのでしょうか。

・敷金20万円を支払う時:
〔借方〕…A… 200,000/〔貸方〕現 金 200,000

・給与から回収する時:
〔借方〕給 与 100,000/〔貸方〕…B… 100,000

勘定科目AとBは、何と何なのでしょうか。怪しげなの回答者の回答が楽しみです。
(勘定科目Aは易しいですが・・)
    • good
    • 0

ごめんなさい、少し訂正です。

立替払契約は、ご質問のケースでは成立しますが、無効となります。

立て替えて支払うことで合意すれば、立替契約は成立します。そのうえで、立て替えて支払うことがそもそもできない場合、立替契約は無効になります(原始的不能)。

ご質問のケースでは、家主と会社との間で賃貸借契約が成立するのですから、会社が家主に支払うのは賃貸借契約に基づく家賃そのものであり、立替金ではありません。そのため、会社は従業員の家賃を立て替えて支払うことがそもそもできず、立替契約は無効になります。

そして、法的に立替金ではないのですから、仕訳でも立替金を使わないほうがいいといえます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。契約の観点からのご意見大変勉強になりました。もっと自分は勉強しないといけないなと思いました。

お礼日時:2015/06/18 23:12

念のため、立替金勘定は貸借対照表科目ですので、損益計算書原則は当てはまりません。

当てはまるとする回答があるようですが誤りです。

また、「会社が代わりに会社の名義で住宅を借り」ている場合、法的には、家主と会社との間で賃貸借契約が、会社と従業員との間で転貸借契約が成立したと整理することになります。仮に、家主と従業員との間で賃貸借契約が成立しているのでしたら、会社と従業員との間は立替契約になります。しかし、そうではないのですから、立替契約は成立しません。成立するとする回答があるようですが誤りです。
    • good
    • 0

No.1です。



「①家賃関係」について回答が中途半端だったので補足しておきます。


従業員と会社との間に、会社が名義貸しをして家賃の全額(一カ月10万円)を、いったん会社が支払い、後日、全額(10万円)を従業員の給与から天引きして回収するという合意がある場合は、家賃を支出する動機(従業員が支払うべき家賃を会社が一時的に立替える)が極めて明確ですから、

・家賃10万円を支払う時:
〔借方〕立替金 100,000/〔貸方〕現 金 100,000

・給与から回収する時:
〔借方〕給 与 100,000/〔貸方〕立替金 100,000

そのほかの仕訳はあり得ません。敷金(?円)の場合も同じです。

ところで、会社が従業員の敷金や家賃を立替えてやろうと考えている、ということは、会社は従業員を信頼していることを意味します。信頼できる従業員ならば、立替えた資金の回収に不安(回収できないリスク)はないと思いますが。

しかし、もし万が一、立替金の回収に不安があるというのなら、計上した立替金に対する貸倒引当金を計上すれば、こと足りますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔参考〕

質問者は、仕訳や勘定科目、つまり企業会計について質問をしておられます。法人税法や消費税法に関する質問ではありません。

企業会計原則には、損益計算書における”費用”については、「費用……は、その発生源泉に従って明瞭に分類し………費用項目を損益計算書に…表示しなければならない」とあります。

これを平易に表現すれば、「損益計算書においては費用は、支出の目的や動機が明瞭に理解されるように勘定科目や勘定項目を表示しなければならない」ということです。

ご質問のケースは、会社が家賃を支払う動機「従業員が支払うべき家賃を会社が一時的に立替えること」が極めて明確ですから、その事を忠実に表示する勘定科目「立替金」でなくてはなりません。

また、「従業員が支払うべき家賃を会社が一時的に立替えて、後日、給与から回収する」という合意(=契約)が成立しているのですから、法的にも、支払時は立替金(債権)であって、地代家賃になる余地はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。企業会計原則の観点からのご意見大変勉強になりました。もっと自分は勉強しないといけないなと思いました。

お礼日時:2015/06/18 23:15

①は、難しいと思います。



勘定科目は、単に動機や目的ではなく、むしろ経済的実態や法的実態に即して決めるべきと考えられています。そして、ご質問のように誰かを介在してする取引においては、通常の取引なら負うことになるリスクを介在者が負っているかどうかがポイントとなります。

ご質問の場合、法的には、家主から会社が住宅を借り、従業員へ転貸する取引になっています。そして、通常の転貸借契約なら転貸人が負うことになる、賃料未回収でも家主に賃料を払うことになるリスクや、転借人が原状回復しない場合でも原状回復して家主に返還することになるリスクなど、様々なリスクをご質問の会社でも負うことになりそうです。そうすると、通常の転貸借と同様の仕訳をすべきところです。

そのため、立替金処理よりは、通常の転貸借と同様に、家賃を費用計上し従業員からの支払を収益計上するのがいいといえます。

なお、今までの仕訳は、お書きのもので差し支えありません。給与控除分が消費税処理では非課税売上になることを考えると、雑収入に計上するほうが税金計算での間違いを減らせるメリットもあります。


②は、立替金処理がいいと思います。

①とは違い、通常の取引なら生じるだろうリスクのうち債権回収リスクが見られる程度ですので、経済的実態に即して立替金処理すべきところです。
    • good
    • 0

①家賃関係



>今まで、毎月の家賃について、家賃支払い時は地代家賃で費用計上し、給与天引き時は雑収入で収益として計上してきました。

会社の事務所や工場の賃借料は「地代家賃」ですが、寮や社宅の家賃を従業員の福利厚生の一環として支払う場合は、

・家賃10万円を支払う時:
〔借方〕福利厚生費 100,000/〔貸方〕現金 100,000

・従業員負担分4万円を給与から天引きするときは、「雑収入」ではなく「福利厚生費の戻り」でなくてはなりません。
〔借方〕給与 40,000/〔貸方〕福利厚生費 40,000

つまり、差額の6万円が福利厚生費として計上されることになります。


>しかし、従業員の中で、自分の名前では住宅を借りることができない者がおり、会社が代わりに会社の名義で住宅を借り、最初にかかる………

支出に係る勘定科目は、支出の目的や動機を忠実に表現するものでなくてはなりません。「会社が名義貸しをするのだ。」という立派な動機があるのですから、支出をするときは「立替金」、天引きするときは「立替金の戻り」でなくてはなりません。

あなたの税理士は、会計が全然分かっていませんね。


②自動車学校の教習代

>会社で必要な免許をとるために従業員に自動車学校に通わせました。会社の名前で申し込み、会社の口座から全額支払いました。教習代が18万円で月々3万円ずつ給与から天引きします。

会社の都合で運転免許を取らせるのに、教習代を全額、従業員に負担させるのですか。そういう場合、普通は、会社が半分または全額を負担するものですが。

>この場合、立替金処理は可能でしょうか? 

従業員が全額を負担することになっているのであれば、立替金処理をしなくてはなりません。「貸付金」は、回収が長期にわたり、しかも利子を受け取る場合に限ります。

>ふたつの処理があるというのは認められないでしょうか?

会社が二通りの「教習代」の取扱いを採用しているのであれば、会計処理もまた、二通りあるべきです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従業員の社宅家賃と光熱費の天引き時の科目は?

私の会社では賃貸アパートを会社で契約し、全額従業員負担で貸し与えてい
ます。毎月会社から大家へ家賃を払っており、その時の仕訳は

地代家賃 ××/現金 ××

としています。そして従業員の給料から天引きした時は

給料 ××/雑収入 ××(家賃の天引き)
      現金  ××

としています。ここで2つ疑問があります。説明が難しいので箇条書きにさ
せて下さい。

(1)税務上、雑収入が非課税取引ですので課税売上割合を考えると不利なので
は?
(2)会計上、損益区分が地代家賃は営業損益、雑収入は営業外損益となり区分
が違って良いのか?そもそもただの立替払いのものを会社の経営成績(P/L)
に反映させて良いのか?

本やネットで調べた限りでは雑収入を使うのが一般的なようです。憶測です
が、契約上会社契約ですのでやはり支払時には地代家賃、天引き時には雑収
入で処理しなければいけないかな?と考えていますがどうしょうか?

光熱費に関しても、家賃と全く一緒で会社が支払い、全額従業員負担で天引
きしています。仕訳は支払時に水道光熱費、天引き時に雑収入としていま
す。
この時の雑収入は課税ですので上記の疑問(1)課税売上割合の疑問はないので
すが、疑問(2)会計上、この仕訳で良いのでしょうか?

私の会社では賃貸アパートを会社で契約し、全額従業員負担で貸し与えてい
ます。毎月会社から大家へ家賃を払っており、その時の仕訳は

地代家賃 ××/現金 ××

としています。そして従業員の給料から天引きした時は

給料 ××/雑収入 ××(家賃の天引き)
      現金  ××

としています。ここで2つ疑問があります。説明が難しいので箇条書きにさ
せて下さい。

(1)税務上、雑収入が非課税取引ですので課税売上割合を考えると不利なので
は?
(2)会計上、損益区分が地代家賃は営業損益...続きを読む

Aベストアンサー

会社で契約しているなら

(対象外仕入)支払家賃 / 現金

給料 / 現金
   / 受取家賃(非課税)

個人から実額で水道高熱費を天引きしている場合
個人が負担すべきものとして立替金処理

貸主も水道光熱費に関しては立替経理しているはずなので・・・

従業員→当社→貸主→電力会社等
従業員が課税仕入、電力会社等が課税売上


家賃は
当社が借りた社宅を従業員に転貸しているため
金額が同額であれ、立替経理は無理かなと思います。


#従業員が勝手に借りて当社からそれを給料から天引きして貸主に支払う場合は
従業員→貸主の関係になるので、これは立替金処理できるはずです。

課税売上割合の心配ですが、家賃収入が多くない限り、95%未満になることはないと思いますが・・・

ここからは推測です
>会計上は絶対コレと言うものはなく、受取家賃が営業外収益なら、支払家賃も営業外費用では?

別に構わないと思います。
ただ、家賃の支払は従業員の福利厚生のために支払っているものと考えれば、販管費の区分でも
問題ないと思いますが・・・

会社で契約しているなら

(対象外仕入)支払家賃 / 現金

給料 / 現金
   / 受取家賃(非課税)

個人から実額で水道高熱費を天引きしている場合
個人が負担すべきものとして立替金処理

貸主も水道光熱費に関しては立替経理しているはずなので・・・

従業員→当社→貸主→電力会社等
従業員が課税仕入、電力会社等が課税売上


家賃は
当社が借りた社宅を従業員に転貸しているため
金額が同額であれ、立替経理は無理かなと思います。


#従業員が勝手に借りて当社からそれを給料か...続きを読む

Q天引きした社宅家賃と光熱費の科目は?

社宅家賃を従業員の給料から天引きした場合、雑収入(消費税は非課税)で
処理しています。
これだと課税売上割合が下がってしまうので、立替金で処理してもよいでし
ょうか?

また課税売上割合とは関係ないのですが、社宅の光熱費も給料から天引きし
ており、この時の勘定科目は何になるのでしょうか?立替金?それとも雑収
入でしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>解答されている皆さんが言いたいことは、次のことだと思うのですが。(違ったらごめんなさい。)

(1)家賃(消費税は非課税取引)を会社が支払う際に経費科目で計上しているか、立替金で計上しているかということ。

 経費科目で計上しているなら、天引き分は収入科目で上げなければなりません。
 なお、課税売上割合が95%未満であれば消費税に問題ありませんし、なおかつ御社が支払われている家賃は居住用の物件ですので非課税取引ですよね。ですから個別対応方式を採られると問題はないと思います。(ただし、大家さんとの賃貸契約書に「社宅として転貸する」旨の内容が明記されていなければ課税取引となります。)

 立替金で計上しているなら、天引き分も立替金で計上すべきです。

(2)光熱費(消費税は課税取引)を会社が支払う際に経費科目で計上しているか、立替金で計上しているかということ。

 経費科目で計上しているなら、天引き分は収入科目で上げなければなりません。
 光熱費は課税取引ですから課税売り上げ割合には影響ありませんよね。

 立替金で計上しているなら、天引き分も立替金で計上すべきです。

家賃も、光熱費も基本的に従業員の立替であることが明白で、会社が支払った金額と給料から天引きした金額が同額であれば、支払った際も天引きした際も立替金として計上して問題はないと思います。

>解答されている皆さんが言いたいことは、次のことだと思うのですが。(違ったらごめんなさい。)

(1)家賃(消費税は非課税取引)を会社が支払う際に経費科目で計上しているか、立替金で計上しているかということ。

 経費科目で計上しているなら、天引き分は収入科目で上げなければなりません。
 なお、課税売上割合が95%未満であれば消費税に問題ありませんし、なおかつ御社が支払われている家賃は居住用の物件ですので非課税取引ですよね。ですから個別対応方式を採られると問題はないと思います。...続きを読む

Q社宅光熱費の仕訳科目は?

社員負担の社宅の光熱費を会社が立替えて払う場合、仕訳科目は何になるの
でしょう?(光熱費の契約は会社がしています)
立替金でしょうか?それとも水道光熱費でしょうか?

Aベストアンサー

>やはり流動負債(預り金等)または流動資産(立替金等)の科目を使用するほうがよろしいかと思いますよ。

>本来従業員が負担すべき費用ですので、立替えて支払った社宅の光熱費は同額を従業員から徴収すべきです。

>ここで差異が生じた場合、税法上従業員に対する賞与或いは雑収入となってしまいますので、経費科目で管理することは後々混乱をまねく原因となりかねないと思います。

Q会社が契約した社宅取扱いの仕訳について

頭の中がこんがらがって整理がつきません。
下記の場合の仕訳を教えてください。

1.社員の異動に伴い賃貸物件を契約、期間は半年程度を予定。
2.家賃(44,000円)のうち、一部(7,000円)を会社が負担する。
3.社員負担(37,000円)は給与天引きし預り金として処理している。

【9/25】 敷金132,000円、礼金44,000円、
      9月分日割家賃4,400円、10月分家賃44,000円 
      現金で支払う。
【9/30】 給与から社員負担分を天引きする。

こんがらがっていることは
a.敷金・礼金の処理
b.地代家賃・福利厚生費・預り金をどう処理するのか

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シンプルに考えましょう。

①会社から貸主に支払ったもの(敷金礼金,家賃など全て):「福利厚生費」と「地代家賃,賃料」で処理
ⅰ)会社負担分は福利厚生費。
ⅱ)自己負担分は地代家賃,賃料。

②住居従業員から受け取ったもの:「受取家賃」か「雑収入」で処理
ⅰ)厳密に言えば、定款に賃貸業が含まれている場合は「受取家賃」。
ⅱ)含まれていない場合は「雑収入(営業外利益)」になります。

Q会社が社宅でもない家賃を給料から天引する?!

なんだか会社にいいように吸い取られているように思うのですが、あまりにそちらの知識に乏しいので、どなたかお知恵を貸して下さい。
デパートの子会社に10年勤めています。コンピューター関連の会社で、一度同じ系列の子会社と合併させられ規模は少し大きくなりましたが、労働条件や賃金体系が劣悪なものになりつつあります。合併前はきちんと残業代も出ていましたが合併後はそれもなくなり、退職金制度もなくなり賞与も減りました。そこへ来て今回の規則の改正(?)です。本社は岡山にあり、勤務地は東京です。私は岡山採用でしたので、地域手当と住宅手当を合わせて6万円が月々でています。住宅は会社契約ではなく、完全に個人で契約しています。今回の規則改正で会社側が言ってきた事は、全社員の個人契約の賃貸を会社契約にし、月々の家賃を給料から天引きするというものでした。会社側の説明だと、“給料の総支給が減るので、税金が減る。会社にとっても社員にとってもいい話だ”というものでしたが、本当にそうなのでしょうか?今までより労働条件も悪くなり、賃金も減って行きつつあるので、会社側の話を鵜呑みにすることは絶対にできないのです。平気で人を騙し、従業員の社内購入だけでもっているような会社ですから。
総支給が減ると確かに所得税や厚生年金の掛け金は減るでしょうが、将来もらう年金がごっそり減ってしまわないのでしょうか?現在、厚生年金は1ヶ月5万円位払っています。それに今回の事は、ろくに説明もしないで、どちらにするか社員に選ばせてくれません。強制的に全社員に適用するそうですが、そういう事って違法ではないのでしょうか?質問が多いのですが、ご存知の方、どうぞ宜しくお願い致します。

なんだか会社にいいように吸い取られているように思うのですが、あまりにそちらの知識に乏しいので、どなたかお知恵を貸して下さい。
デパートの子会社に10年勤めています。コンピューター関連の会社で、一度同じ系列の子会社と合併させられ規模は少し大きくなりましたが、労働条件や賃金体系が劣悪なものになりつつあります。合併前はきちんと残業代も出ていましたが合併後はそれもなくなり、退職金制度もなくなり賞与も減りました。そこへ来て今回の規則の改正(?)です。本社は岡山にあり、勤務地は東京です...続きを読む

Aベストアンサー

会社存続の頼みの綱は従業員の所得、これを社員金融と呼びます。「従業員の社内購入だけでもっているような会社」ということで、だいたいのことは察することができます。戦費調達のために、日本が戦争末期になりふり構わずしていたことで、やはり日本人的な発想なのです。
さて、内容の詳細についてはまだわかりにくいのですが、「ろくに説明もしないで、どちらにするか社員に選ばせてくれません」ということは違法です。さすがに、戦後の日本国憲法下ではまかり通りません。それで具体的にどうなのかというと分りにくいので今のところ何ともいえません。ライブドア事件のような手法(表向き合法を装いつつ調べると違法行為続発)です。ここでの相談にはあまり向いていないと思われるので専門家に2時間くらいの面接相談がベストだと思います。また、もう少し変更前・後の整理をしていただけると、ここでも特か損かぐらいの回答は出きると思いますが、倫理的に問題もでてくるかなと思われます。労働法の観点では「住居と労働」とが会社に支配される点が問題になりますし、税務の観点でも脱法行為としてみられるのではないでしょうか。

会社存続の頼みの綱は従業員の所得、これを社員金融と呼びます。「従業員の社内購入だけでもっているような会社」ということで、だいたいのことは察することができます。戦費調達のために、日本が戦争末期になりふり構わずしていたことで、やはり日本人的な発想なのです。
さて、内容の詳細についてはまだわかりにくいのですが、「ろくに説明もしないで、どちらにするか社員に選ばせてくれません」ということは違法です。さすがに、戦後の日本国憲法下ではまかり通りません。それで具体的にどうなのかというと分...続きを読む

Q従業員の家賃負担の仕訳ついて

これまでは、会社として賃貸契約を結び、従業員に対してはその内の一部を給料から控除し、その際は支払時に借方を家賃、給料支払時に貸方に家賃として仕訳をしてきました。この度、従業員を新たに雇い入れ、家賃は個人契約してもらい、一部を会社負担とする事にしました。この支払については、住宅手当として処理すべきか、一部負担金支出時に家賃として処理すべきか教えてください。

Aベストアンサー

家賃のどのぐらいの割合を負担しているのでしょうか?
ご存知と思いますが、1/2までは家賃、それ以上なら給与・住宅手当(源泉所得税対象)と、明確に分けられそうですが。

Qアパート入居時・退去時の勘定科目を教えてください

会社でアパートを借りたときに入会金が発生しました。この勘定科目は賃借料になるのでしょうか??それとも手数料や雑費などになるのでしょうか??また、敷金が無いため、入居時、退去時に抗菌代や清掃代が発生しますが、この仕訳は修繕費で大丈夫でしょうか??

Aベストアンサー

入会金は退去時に返金されるものであれば、立替金や仮払金として
資産計上し、返金されないのであれば支払手数料でも雑費でもよい
かと思います。

抗菌代や清掃代などは修繕費として計上します。

Qローンで買った車の仕訳がわかりません・・

 個人事業主です。仕訳がわからず困っています。
開業にあたって、軽の箱バンを購入しました。
 
 購入価格合計  1.190.000
 頭金       190.000 
ローン      1.000.000 
分割手数料      94.200

総支払額     1.284.200
です。

月々の支払いは1回目¥20.400 二回目からは¥18.200 です。60回払いです。
減価償却、月々の仕訳がわからなくて困っています。
支払いは、個人の普通口座からの引き落としです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 or 18,200 / 普通預金 20,400 or 18,200

3.決算時の仕訳(その1)
支払手数料 94,200×○月/60月 / 長期前払費用 94,200×○月/60月 

○月には、取得日から12月までの月数が入ります。
(来年から数年は12が入ります。支払終了年は残った端数を入れます。)

4.決算時の仕訳(その2)
減価償却費  (    )  / 減価償却累計額 (     )

緑ナンバーなら耐用年数3年の定率法、
白ナンバーなら耐用年数4年の定率法で計算します。
中古自動車なら耐用年数を2年まで短縮できます。

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 o...続きを読む

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q配送料、代引き手数料について

通販で消耗品を購入した時、勘定科目は何になりますか?運送費でいいのか、消耗品費に含めていいのでしょうか?今まで消耗品費に含めて処理していましたが、ふと疑問に思いました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、購入代金に含めて「消耗品」で処理をします。

特に、固定資産を購入して固定資産に計上する場合は、引取運賃も含めて固定資産に計上し、減価償却をすることとなり、引取運賃だけを経費処理することは出来ません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング