安室奈美恵、DA PUMP!!ユーロビート最強曲!!

一戸建て中古物件で市街化調整区域と文化財保護法と記載してあるのですが
なんなのかわかりません。
わかる方教えてください!
メリット、デメリットなどありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

いずれの場合でも、建て替えはできませんし、改築等々でも規制があります。


そのような物件は、超安値です。
ですから、メリットは安いこと。
デメリットは、所有権でありながら、さまざまな規制に縛られることです。
    • good
    • 0

その建物が文化財ということではなく、文化財埋蔵地域にあるという意味では?


一戸建ての中古戸建てで文化財って、普通に売り出されるものではないので・・・。

これは、遺跡とか貝塚などのある地域では掘削などをする場合には文化財の調査をしてから出なければならないーーというもの。
その土地は調査済みなら、改めて調査する必要はないので、支障はないはず。
建物が建てる場所だけ調査したなんてケースもあるので、建て替えの際には制限があるか、追加調査が必要になる。
庭で菜園をするくらいなら掘削したって問題はない。
このあたりは売主や業者ですでに把握している内容のはずなので詳しく聞いてみると分かる。

市街化調整区域では確かに再建築できない物件も多い。
そもそもがそういう目的で設定された地域だから。
しかし、既存住宅として再建築可能なものも結構ある。
これは地域によるところが多いと思うので、大丈夫な地域では調整区域でも再建築OKな物件が何件もあったりする。

もし質問者が見ているのが不動産売買用の図面なら、端っこの方に小さく「再建築不可」とか書いてある。
再建築OKなら、これは大きな文字で書いてあったり。


本件の物件は、特別なメリットはない。
せいぜい安い(かも?)というくらい。
デメリットの分だけ安くなっているだけなので、それはそれで相場なりという、オトクでもなんでもないような。

デメリットとしては、前述したような内容かな。
調査の可能性と、再建築不可、とか。

再建築不可でも増築がなければ、大規模な修繕・リフォームなど可能な場合が多い。
自治体の建築指導課へ問い合わせると教えてくれる。
木造ならそこそこのリフォームでも新築同然になるので、安く買って快適な住まいへ改造するというのも一つの選択肢。
    • good
    • 1

初めまして。


市街化調整区域・・・市街化を抑制する地域になります。むやみに一般の方が土地取得しても建築する際には規制があります。
文化財保護法・・・・、文化財を保存し、且つ、その活用を図り、もつて国民の文化的向上に資するとともに、世界文化の進歩に貢献することを目的として成立された法律
となります。

中古物件を購入するにあたってその購入される地域に上記の規制関係が存在する地域及び法律で保護されている地域であると明示しております。

ですから、購入した建物で建築確認許可がいる場合には、この規制にをクリアした状態でなければ許可が下りないとされております。

市街化調整区域としては市街化区域より規制が厳しいとされています。

また、法律で保護されている地域では法律にそって対応しなければなりませんからこれも手続きや手間がかかります。

手間がかかりますしもしかしたら申請が通らないなんてこともあるかもしれません。
    • good
    • 1

不動産取引の重要事項の文化財保護法


=遺跡等出土されてる地域の事です。 

管轄は教育委員会です。

建物が含まれてないと思います。
指定文化財なら重要事項にたくさん書いてあります。

指定文化財建物なら維持費修繕など費用多くを負担して貰えます
こんな美味しい物件はありません。



メリット、デメリットなどありますか?

=中古物件では何も無い
    • good
    • 1

文化財なら、勝手に解体やリフォームが出来ないでしょう。


市街化調整区域は、いろいろと制約がありますね。
メリット?。ほとんどないでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング