出産前後の痔にはご注意!

法科大学院構想の大失敗により、
弁護士になっても食えない、言われて久しいですが、
弁護士、司法書士等の士業の資格を4取得した後、
当該資格を生かして副業は可能でしょうか?

正業はサラリーマンとします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

田舎の方では、兼業という形でされている方が居られます。


法律のなんでも屋さんですね。
税理士として、小さなお店や会社の帳面を見て、時々、行政書士や司法書士としての仕事を受ける形。
 
それぞれ、スピードが必要な仕事ですし、あっちこっちに出張するフットワークも必要、書類作成などもけっこう手間ですから、サラリーマンの副業という形は無理では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

すごく参考になりました。

うれしいです。

ありがとうございます。

フットワークとスピードがいるんですねー。

じゃ、正業が深夜の仕事であれば、できるのかなー。
体がしんどそうだけど・・・。

お礼日時:2015/06/14 16:58

通常サラリーマンは、就業規則で「職業専念義務」が書かれています。

    • good
    • 1

本業次第ではないでしょうか?



会社員などとして勤務しながらですと、弁護士であれば裁判関係、司法書士であれば法務局関係の手続きや出向くことが困難となり、副業とはいえ業務が成り立ちにくいと思います。

他士業をしながらとかの自営業の片手間に副業として業務を行うのであれば、スケジュール管理や業務分担などを上手に行えば、業務として成り立つかもしれません。

ただ、一つ注意が必要です。
弁護士などの国家資格者として業務を行い、資格を名乗る場合には、国家資格者の団体(弁護士であれば弁護士会)に所属しなければなりません。
この場合の所属する会の会費や登録費用がいくら必要化はご存知でしょうか?

弁護士ですと、登録時の費用として、登録免許税を含め12万円もかかります。さらに月会費として6万円以上の会費、すなわち年間で70万円を超えます。
副業と言える程度の業務量ですと、この会費を払うのはきついと思います。

司法書士であれば、登録時も年会費も弁護士よりも安価です。しかし、資格者としての収入がない月などは、本業の収入から支払うこととなり、大きな負担ではないですかね。

私の知人は、公認会計士・司法書士・税理士の3つ資格登録しており、登録時は現役で稼いでいたため負担はあまりなかったようです。しかし、事業が縮小となったら会費の負担が大きくてつらいと言われています。この先生は、他の国家資格も登録要件を満たしていますが、たまに栗仕事のために登録しておくには費用負担が大きいということで絞って3つなのです。
ですので、本業とリンクして付加価値として副業が成り立つだけの収入見込みがあるのであればよいかもしれません。しかし、見込みがない状態での資格登録は、負担だけになる可能性もあります。

言葉は悪いですが、たまに管理監督するという条件付きで、名義貸しに近い形で資格を活用するのであれば、会費プラス小遣い程度の収入を得ることはできることでしょう。ただ、リスクも当然ありますし、いろいろな面で気にかけなければならないことでしょう。

副業の規模にもよりますが、資格取得だけでもすごい労力や時間のかかるのが国家資格です。それで小さい金額を稼いでもつまらないと思います。
最後に、副業行政書士で検索してみてください。複数の資格者(本業と副業)が協力し合うことで、副業者も成り立つような仕組みを考えたり、実際に副業で業務を成り立たせている人もいるようです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考になり
うれしいです
ありがとうございました

お礼日時:2016/04/09 13:11

お役所関係が平日の昼だけですから、夜間の仕事となら重なることはなさそうですね。

いつ眠るか?が問題ですが、、
夜の仕事、体調管理がすごく大変ですよ。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士は他の業を兼業できるでしょうか?

タイトルのとおりですが、司法書士は司法書士業のみに専念しなくてはいけないのでしょうか。
どこかのサイトで、司法書士と他の業(士業以外)を営んでいる組織を見たことがあります。
もし可能なら、資格取得に意欲がさらにわくのですが。

また、司法書士の法人化についても詳しい方がみえればご教授ください。

Aベストアンサー

業務や業際の分担?などをしっかりして、事件簿などをしっかり管理すれば問題ないでしょう。

法人化は、司法書士が2名以上いて、それぞれが無限責任社員として合名会社を作るようなものです。
また、その場合司法書士会への登録や変更などが必要となります。

司法書士の方、司法書士を目指すのであれば、このあたりはご自分で調べましょう。士業は守秘義務がありますし、業務上自分で調べる能力を養っていかなければ、業務自体運営が難しくなりますよ。

Q40歳からの資格取得(司法書士)及び就職状況について

司法書士という資格に興味をもっています。
資格取得後の話ですが、40台での就職(それも地方!)状況はどうなのでしょうか?
独立開業は考えておらず、法律関係の事務所勤務希望です。
今までのQ&Aには目を通したつもりです。
とりあえず、合格して地元の司法書士会に履歴書を送れば、法律事務所から連絡がきて何とかなる!という意見があったのですが、それにしても年齢や性別(女)で、難しかったりするものなのでしょうか?
自分の強みとしては、英語がそこそこできる(TOEIC800点)くらいなのですが、これも地方だと余り関係ないものなのでしょうか?
まずは合格するのが先なのですが、資格だけとっても・・・となることは避けたく、情報を求めています。
予備校の説明は、ちょっとバラ色すぎるようで。
実務関係者の正直ベースでのご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。地域にもよるでしょうが、自己破産で1件20万円前後じゃないですかね。
弁護士が40万円前後でしょうから、まあ半分くらいでしょう。
非効率といっても、近頃はそれ専用のいいソフトもあるし、慣れればどういう事はないみたいですよ。
これからも多重債務や破産は増えるでしょうから、そういう面を開拓していけば、食いっぱぐれはないでしょう。
新人でも1年目から事務員を雇って、羽振りのいいのはいる(^^;)


>>Uターン就職の選択肢として考えているのが甘いんだろうなとは思ってます。

地方というのがどの位の人口の都市かわかりませんが、合格したら開業するのが前提として考えた方がいいでしょう。
質問者さんは女性という事なので、地方では女性司法書士は少ないから、開業してもその点は有利でしょう。
大都市でないのなら、土地家屋調査士・行政書士の資格は取っておいた方がいい。
その資格があれば、登記関係は全部引き受けられますからねぇ。
土地家屋調査士の仕事が来れば、司法書士の1件の単価とは1桁違いますからスポットで来ればボーナス気分になります。


>>司法書士という仕事の喜びややりがいなど、教えていただけたら幸いです。

登記は、誰がやっても結果は同じ。金額が高いか安いかだけ。
依頼者が金を払って、司法書士が当然の報酬をもらうビジネスライクの関係です。

やはり、困っている人を助ける事が喜びになるでしょう。
例えば、法律に無知な人で、悪徳商法にかかってる人を救うとか。
クーリングオフの文章は行政書士でも書けますが、折衝や訴訟は司法書士の分野になります。
簡易裁判所の範囲(140万円迄)の事案は、報酬の関係で弁護士はなかなか引き受けないのでねぇ。
多重債務者も、ワラにもすがりたい気持ちですから、救ってくれた人間には感謝をしますよ。
そういう面では、司法書士の仕事はやりがいがあるでしょう。

後、本当に司法書士に合格しようと思ったら、司法書士の受験指導校は慎重に選ばなければいけません。
勉強をした1年間の時間を損をします。(私の過去ログも参照)
難しくなってますし、合格者の年齢層も若くなってますからね。

いずれにしても、よく考えて結論を出して下さい。
頑張って下さい。

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。...続きを読む

Q行政書士や司法書士って副業にしかならない?

 知り合いが省庁の仕事を長年していて、行政書士の有資格者になったので、登録をして定年後にでも行政書士の仕事をしようかと考えていたんですが、登録料が高いし仕事もさほど無く、行政書士の有資格者も多いという点から、「小遣い稼ぎにしかならない仕事」と思ったそうです。
 
 しかし、その資格のみで生業としている人もいるのではないでしょうか?
 
 行政書士
 司法書士
 の資格で生業となる仕事を得るのは難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

公務員出身の行政書士さんは、名前だけで実務能力がまったくと
いっていいほどありませんね。そういう人に資格を与えるというの
はいかがなものかと思います。
 もっとも、行政書士試験も法律の一般常識のような内容なので、
これも問題だとは思いますが・・・。
 いちばん活躍している行政書士は、外国人の登録関係(入管業務)
でしょう。おおぜいの外国人が日本に来ていますが、その人達が日
本国内で行なわなくてはならないさまざまなこと、日常生活のこと
まで面倒をみてあげます。場合によっては、仕事も見つけてあげま
す。裁判になれば、通訳もします。
 私の知り合いの行政書士さんは、ポルトガル語がペラペラで、ブ
ラジル人を専門に扱っています。韓国人専門の人もいます。英語の
できる人は、インドへ行ってカレー職人をスカウトしてきました。
 語学力のある人はつよいですよ。元航空管制官という行政書士さ
んもいます。外国人は代書人を必要としているのです。
 外国語は試験科目にないですからね。試験に受かった、資格をも
らったではどうにもならない世界です。
 3カ国語ぐらい(日本語は除いて)マスターしてください。
 あなたは行政書士で成功するでしょう!

公務員出身の行政書士さんは、名前だけで実務能力がまったくと
いっていいほどありませんね。そういう人に資格を与えるというの
はいかがなものかと思います。
 もっとも、行政書士試験も法律の一般常識のような内容なので、
これも問題だとは思いますが・・・。
 いちばん活躍している行政書士は、外国人の登録関係(入管業務)
でしょう。おおぜいの外国人が日本に来ていますが、その人達が日
本国内で行なわなくてはならないさまざまなこと、日常生活のこと
まで面倒をみてあげます。場合によっては...続きを読む

Q副業社会保険労務士

『副業行政書士』なる人の存在を最近知りました。
また、『キャバクラ嬢の行政書士…』という本も読み、キャバ嬢と行政書士をしている方の存在も知りました。

ところで、社労士はこのように副業として活動することはできるのでしょうか。
お客が付く・付かないはさておき、そもそも合法なのかどうかが知りたいです。

サラリーマンで社労士登録、となると、いわゆる「勤務社労士」となりますが、

・サラリーマンでも開業社労士登録はできるのか
・会社がOKを出せば、副業として社労士業務をできるのか

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください!

Aベストアンサー

社労士として何の業務をしようとするかですね。
いわゆる開業社労士なら登録に際し事務所の開設が必須です。即ち、社労士は事務所にいなければなりませんよね。そうでないと、名義貸しとされる恐れがあります。となると、サラリーマンとして勤務していれば事実上無理でしょう。もっともサラリーマンの勤務形態もいろいろありますがね。

一方、いわゆる勤務社労士なら1号業務は出来ませんが登録はできます。必ずしも、事務所の必要はありません。社労士としての肩書きは可能です。これなら、サラリーマンと兼業は可能でしょうね。
頑張って、評論家や物書きとして繁盛すれば、どちらが副業か分からなくなりますよ。

いずれにせよ、社労士試験を受かっているのなら、社労士と規則を読めば分かりますよ。
余計なお説教ですが、士業をするためには、人に聞く前に自分で調べる心構えが不可欠です。

Q合同事務所勤務は司法書士法倫理違反になる可能性あり

知り合いの書士に、
他士業との合同事務所に勤務する場合、
司法書士法倫理違反となる場合があるので、
注意が必要、と言われたのですが、
どういう意味ですか?

いかにして司法書士法倫理違反になるのでしょうか?

Aベストアンサー

倫理に関する事項なので,司法書士会で何かを聞いたのだと思います。

会がどういった理由付けでそれを説明したのかわかりませんけど,
『司法書士倫理』にはこんな規定があります。

(自由独立)
第5条 司法書士は、職務を行うにあたっては、職責を自覚し、自由かつ独立の
 立場を保持する。

司法書士同士での共同事務所や司法書士法人については,
同倫理の第80条や第85条に遵守のための措置が規定されており,
各司法書士の独立性は,それで保障されているとされているのかと思われます。

ですが,他士業との関係に関する規定はありません。
そして他士業との合同事務所では,力関係からその他士業者の指揮下に入り,
独立性が損なわれる可能性があるように思われます。

登記関係者にはお馴染みの『登記研究』誌の何号だったか忘れましたが,
「司法書士は,土地家屋調査士の補助者になれない」という質疑応答が
あったように記憶しています。
質疑応答なのでその理由は明らかではないのですが,
これもその辺りのことから書かれていたのかもしれません。

司法書士ではない僕には想像するしかなく,
その司法書士に確認してみないとはっきりとはわかりませんが,
その「自由かつ独立の立場の保持」辺りではないかなと思います。

参考URL:https://www.shiho-shoshi.or.jp/about_shiho_shoshi/ethic/ethic01.html

倫理に関する事項なので,司法書士会で何かを聞いたのだと思います。

会がどういった理由付けでそれを説明したのかわかりませんけど,
『司法書士倫理』にはこんな規定があります。

(自由独立)
第5条 司法書士は、職務を行うにあたっては、職責を自覚し、自由かつ独立の
 立場を保持する。

司法書士同士での共同事務所や司法書士法人については,
同倫理の第80条や第85条に遵守のための措置が規定されており,
各司法書士の独立性は,それで保障されているとされているのかと思われます。

ですが,他士業...続きを読む


人気Q&Aランキング