ロボット支援下前立腺全摘除手術で前立腺、精嚢を取り、膀胱と尿道を吻合する場合、精巣から来る射精管の処理はどうされるんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • うれしい

    今話題のダヴインチによるロボット支援下の前立腺全摘除手術についてネットで調べてましたら、前立腺および精嚢の摘除に関してはかなり詳しく書かれてましたが、精巣および射精管についてはほとんど記述がなく、お尋ねした次第です。精巣からくる射精管を閉鎖して留め置くことは身体的には悪影響はないのでしょうか?男性ホルモン分泌や作られた精子がどうなるのかもお教えください。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/15 21:31
  • たびたびの丁寧なご回答ありがとうございます。たまたま見つけた「がん情報サイト」に添付させて
    頂いた図解が載っており、ご回答と合わせながら見ておりましたら、射精管は前立腺、精嚢と一緒に摘除され、その手前にある輸精管が閉鎖されるということがよくわかりました。ただやはり気になるのは、輸精管閉鎖をし精巣温存する場合の精巣自体への影響や、精巣で分泌されている男性ホルモンのテストステロンが閉じ込められて、筋肉の増大、タンパク質の同化作用、性衝動の増進の作用が無効になってしまうのではと考えるのですが、・・・・一概には何とも、とおっしゃってるのに執拗で申し訳ありません。分かる範囲で結構ですので再度お尋ねします。宜しくお願い致します。

    「前立腺全摘除手術について」の補足画像2
    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/16 17:22

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

此れも何かのご縁、



ご懸念に対して再再度、

男性ホルモンの減少(決して喪失では有りませんので)は実際的には有るでしょう、

しかしながら、何も精巣が100%担ってる訳でも有りません、

ホルモンにしても一種類のみでは無いですよね、司るパーセンテージは大きいかも知れませんが、

そもそも、ホルモンの分泌といっても大量な物では有りませんね、
よく小説などでは戦闘の意欲を高めるためにアドレナリンがドッと放出されたなどと表現されますが眉唾もよいとこ、
生理学的な事は詳しく有りませんが、その量たるやナノ・ピコを通り越してアト(これで10のマイナス18乗です)、
未だ多いかな?、此れより下ならオングストロームでしょうか、

其れより、精巣に閉じ込めると仰るが閉じ込める事は不可、
細胞壁から滲出します、
従って、男性ホルモンの分泌が完全に喪失するのでは無いのです、

仰る、筋肉の増強の不具合、性的な欲望の亢進の抑圧は、あくまでも個体差の範疇です、 筋肉は繰り返しの反復刺激で増強されます、生まれながらに筋肉質の体質はありますが必ずしも男性ホルモンの分泌量が多いわけではデータ的にも無いようです、 性欲の亢進、これも個体が持つ先天的な能力です、何も男性ホルモンの分泌が横溢してるから強いのでは有りません、
見るからにマッチョな男が100%に近く性欲が強い存在である事とはイコールしません、
蛋白質の同化作用、此れは何の事を言われてるのか少し理解の埒外です、

人間の体の構造は・システムは本当に複雑怪奇・摩訶不思議です、

マニュアルや方程式は基本的には存在しませんし通用しません、

例えば、同様の施術を受けたお三方がおいでだと仮定しても、Aさんは何の変化も無く普通、Bさんは「髭が少し薄くなったカナ?」程度、Cさんは「以前に比べると少し性欲が減ったカナ?」の印象が、
左様に各人バラバラです、Dr.にも判断は事前には出来ません、
人体はそんなにシンプルな物ではありません、

此処のところが、前回に「一概には何とも」と言った所以です、

残念ながら、これ以上の噛み砕いた細かい説明は私の能力では多分出来ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました

度々の質問、補足に対して、その都度ご丁寧な回答を頂き、誠にありがとうございました。
これで疑問に思ってたことがよく理解出来、すっきりした気がします。
貴重なお時間を頂戴し申し訳ありませんでした。

お礼日時:2015/06/17 09:07

補足に対して再度、



そうでしたか、
ご自身がオペに臨まれる状態なのかと推察しました、

Webの記事は其れこそ星の数を凌駕しそうなくらいに溢れかえってますが、
無責任な物や尻切れトンボの状態の物が余りにも多すぎますね、
キチンとした知見に基ずく、起承転結が整った記事には余りお目に掛かりません、
中には、こんなのを皆さん参照されるのかと目を疑う物も有ります、

それはさて置き、
前立腺・精嚢の全摘が行われ、膀胱と尿道が直結されれば、先ほども触れましたが
射精は機能的・構造的に不可ですね、

そこで、問題の精巣ですが精嚢の摘除に伴い精巣からの輸精管も切除されます、
結果、男性の不妊手術としてそこそこの実績の有る輸精管の閉鎖と同様になります、
健常な男性ですので性行為に伴う射精は通常どうり、
排出される精液内に精子が存在しないだけ、
精子の製造能力は年齢的なものも関わりますが暫くは残存しますがやがて排出されることが無いので製造されなくなります、
施術を受けられた方も同様です、

不妊手術をされた健常な男性が何事も無く過ごされているのを見れば、問題は無いのでしょう、50年程の長期スパンでは判りません、
その頃には、多くは残念ながら鬼籍にお入りになりますので、

で、
件の精巣の摘除か温存かと言う問題ですが、
繰り返す様ですが基本的に当該Dr.の判断です、ホルモン状態などとの関わりなども含めて、

一概には何とも。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

術式の記載に関わらず、吻合などとの専門用語をお書きになるくらいですから、


ここへの質問では無く、担当医師への問いかけで簡単に解決するのでは?、

基本的に膀胱と尿道を直結されるのであれば当然排尿と射精の切り替えが出来なくなりますよね、
つまり、射精は不可、

閉鎖して留め置くか、取脱されるかはDr.の判断、

少し状況は違うかも知れませんが、
女性が子宮の全摘を受けても卵巣はそのまま残されるのに似通っているかも。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング