今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

証券外務員試験の信用取引の問題で質問です。

「ある顧客が、時価1500円の上場銘柄A社株式1万株を信用取引で買い建て、委託保証金を現金および時価500円の上場銘柄B者株式で必要最低限差し入れました。
この場合、(1500円×10,000株)×20%=300万円が最低限必要な委託保証金となり、A社株の評価損をB社株の担保評価額から差し引いた額が300万円を下回ると、追加保証金が必要となります。
なお、当初の必要差入担保は1500万円×30%=450万円です。」

「最低限必要な委託保証金(300万円)」と「当初の必要差入担保(450万円)」の違いが理解できていないため、上記の中の「当初の必要差入担保は1500万円×30%=450万円です。」の部分がなんのことを説明しているのかがわかりません。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

A社株 10,000株 @1,500 ¥15,000,000 の建玉(たてぎょく)  つまり信用取引で買いました。


この場合、実際に1500万円は無くても、一定比率の担保を入れれば、買うことが出来ます。
じゃあどのくらい担保を差し出せば良いのか?
この時に必要な、「一定比率の担保」というのが、「当初の必要差し入れ担保」です。
それは30%ですので、1,500万円×30% = 450万円です。

この450万円の担保は、すべて現金で納めることも可能ですし、株式で差し入れることもできます。
すべて現金で入れるならば、450万円を入れればよいです。

一部株式で入れることも可能です。このように、現金の代わりに担保として差し出す有価証券を
「代用有価証券」と呼びます。

たとえば、B社株5,000株(今日の時価500円) が手元にあるので、これを使うことにしましょう。
B社株は、500円 × 5,000円=250万円 の価値があります。
担保は450万円必要なので、この250万円に加えて、残り部分は現金200万円で入れよう ・・・ 
と思いますが、実はそれはダメです。

なぜかと言うと、代用有価証券の場合、上の例でいうと、250万円とは見てくれません。
なぜなら、代用有価証券(B社株)だって、毎日時価変動しますので、明日になれば250万円が230万円に
なってるかもしれないので、割り引いて評価されます。

この割引率を「掛目」(かけめ)と呼びますが、上場株式の場合、80%程度でしょうか。(証券会社によって異なります)
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/invest/sinyo/ta/daiyo …

したがって、250万円×80%=200万円と評価されますので、担保の450万円を用意するには、
代用有価証券B社株 200万円 + 現金250万円 が必要となります。

さて、このように取引が始まりました。
A社株を信用で買い建てた翌日、A社株が値下がりしてしまいました。1500円が1450円になってしまった。
1500万円の評価が、1450万となったわけですから、50万円の含み損が出てしまいました。
代用有価証券B株の株価は前日比変わらずの500円で引けました。

当初の差し入れ担保は、30%と言いました。450万円分入れましたよね。
50万円の含み損が発生したわけなので、理論上、この450万円のうち、50万円を食いつぶしてしまったわけです。
(まだ決済してないからあくまで計算上ですが)

結論から言うと、建玉の20%のラインを切った時に、追加保証金(俗に言う、追証(おいしょう))を入れなければなりません。
今回の例では、1500万 × 20% = 300万円。
当初入れた450万円から見ると、150万円下落したところ。
これが、「最低限必要な委託保証金」です。最低保証金維持率とか、追証ラインなどとも呼ばれます。
つまり、A社株の含み損や、B社株の時価変動による下落分が、150万円を超えてしまった場合に、追証を入れねばなりません。

例)
A社株が 1500円から1400円まで下落。100円下落×10,000株 =▲100万円の含み損
B社株が 500円から400円まで下落。 100円下落×5,000株=▲50万円の下落
あわせて150万食いつぶしました。当初差し入れ担保450万-150万=300万。
ここまではぎりぎりセーフ。追証は要らない。

だけど、
A社株が 1500円から1390円まで下落。110円下落×10,000株 =▲110万円の含み損
B社株が 500円から400円まで下落。 100円下落×5,000株=▲50万円の下落
こうなりますと、▲160万円を食いつぶしたので、当初差し入れた担保450万-160万円=290万円となってしまいました。

この場合、最低限、維持しなくてはならない担保20%(300万)を切ったので、追証を入れねばなりません。
その場合は、300万を回復するための10万円を入れるのではなくて、450万円を回復するための160万円が必要となります。

【まとめ】
・ 当初必要な担保は30%
・ 建玉の含み損、代用有価証券の値下がりなどによって、当初建玉の20%を切ったら追証が発生
・ その場合は、当初の30%ラインまで戻さねばならない。
・ つまり、25%とか、22%などのラインでは追証は要りません。

ご不明点あればお知らせください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても丁寧な回答をありがとうございました。
担保は初めは30%が必要で、20%を切ると追証が発生し、当初の30%に戻さなければならない。
よく理解できました。

お礼日時:2015/06/19 01:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q追証の計算方法がどうしても分かりません。

頭が悪いもので本当にすみません。
追証が発生する計算式に自分の数字を当てはめて、今後の為に自分で計算したいと思ってるのですが、色んなサイトを参考にして計算しようとしても、どこからその数字が来るのだろう?という疑問が多くて困っています。

私は普段ライブスター証券を利用していますので、証券会社にも問い合わせたのですが、返って来た答えは、下記の計算式に当てはめてくれというものでした。
(受入保証金総額 - 評価損 - 決済損 - 諸経費)-(建玉総額×25%)

例えば、74円の銘柄を1000株信用売りする場合、
数量 1,000株
執行条件 指値
価格 74円
建玉金額 108,000円
委託保証金 32,400円
諸経費 3円


例)建玉総額182,000円(108,000円+74,000円)
=(600,000円※ - 評価損 - 決済損 - 3円) - (182,000円×25%)
=+554,497円

※当社の最低委託保証金は300,000円となりますので、74,000円の売建玉の保証金が300,000円、108,000円の建玉の保証金が300,000円と仮定します。
これにより、追証が発生する判定ラインは、評価損および未受渡決済損、諸経費の合計額が554,497円を上回った場合となります。

という答えでした。
ここで分からないのが、
建玉総額182,000円(108,000円+74,000円)の、74,000円というのは、74円×1000株のことだとおもうのですが、なぜ108,000円+74,000円というように足す必要があるのか?

さらには、最低委託保証金が300,000円というのは分かるのですが、なぜ74,000円の売建玉の保証金が300,000円、108,000円の建玉の保証金が300,000円、合計で600,000円という2倍の数字になるのか?です。

訳が分からなくなったので、直接証券会社に電話して聞いたのですが、
そしたら今度は、
(預け入れ総額(買付余力の事)-含み損)÷建玉金額=25%を下回った場合に追証
と説明されました。
これは凄く分かりやすかったので、あぁ・・そうですか・・と電話を切ってしまったのですが、よく考えてみるとこれで本当に合ってるのでしょうか?
前者と後者では、全然計算方法が違うように見えるのですが???

買付余力は10万円、含み損2万円として、後者の計算式に当てはめると、
(100,000-20,000)÷74,000円
これが25%を下回ると追証ということでいいのでしょうか?


本当に頭悪くてすみません・・・。
でもこれをハッキリさせとかないと信用取引は怖いものですから。
どうか私でも分かるような、優しい解説ですととても助かります・・・。
宜しくお願い致します。

頭が悪いもので本当にすみません。
追証が発生する計算式に自分の数字を当てはめて、今後の為に自分で計算したいと思ってるのですが、色んなサイトを参考にして計算しようとしても、どこからその数字が来るのだろう?という疑問が多くて困っています。

私は普段ライブスター証券を利用していますので、証券会社にも問い合わせたのですが、返って来た答えは、下記の計算式に当てはめてくれというものでした。
(受入保証金総額 - 評価損 - 決済損 - 諸経費)-(建玉総額×25%)

例えば、74円の銘柄を1000株信用...続きを読む

Aベストアンサー

証券会社の説明の600,000円の保証金は間違いでしょうね。

あえて文中の数字は使わず、分かりやすく説明しますね。諸経費等は無視します。
例えば30万現金の保証金で、1,000円1,000株を買い建てしました。建て代金は1,000,000円。
保証金率は30%ですね。
保証金は現金のみだから、代用有価証券のように評価が毎日変化するわけではない。
建てた株が950円になった。→-50×1,000=-50,000
300,000-50,000=250,000
250,000÷1,000,000=25%

ライブスターは保証金率25%までは追加の保証金(追証)を請求しないということですから
この時点では請求されません。
ですからそれ以上値下がりすれば追証の請求がきます。

930円になった。→-70×1,000=-70,000
300,000-70,000=230,000
230,000-250,000=-20,000

20,000円の追証が必要になります。

Q証券外務員1種の計算について。

証券外務員1種の模擬試験、オプション取引の解答について。

問題:権利行使価格1,550ポイントのTOPXコールオプションをプレミアム70ポイントで10単位買いたてるとともに、権利行使価格1,600ポイントのTOPIXコールオプションをプレミアム55ポイントで、10単位売りたてた。その後、転売を行わず最終決済日を迎え、SQが、1,550ポイントとなった場合と1,600ポイントとなった場合のそれぞれの取引全体での損益を出しなさい。

解答:SQが1,550のとき

コールの買い {(1,550-1,550)-70}×10,000×10=-7,000,000
コールの売り 55×10,000×10=5,500,000
合計:-1,500,000

SQが1,600のとき

コールの買い {(1,600-1,500)-70}×1,000×10=-2,000,000
コールの売り {55-(1,600-1,600)}×10,000×10=5,500,000
合計3,500,000

となっているのですが、

SQが1,500のときに関しての質問
・コールの買いにおいて、権利行使価格とSQが同じときは、イン・ザ・マネーの計算式を使うのでしょうか?

SQが1,600のときに関して質問
・コールの売りにおいて、なぜアウト・オブ・ザ・マネーの計算式を使うのでしょうか?


分かりづらい質問でお手数かけますが、試験日が近いのでよろしくお願いします。

証券外務員1種の模擬試験、オプション取引の解答について。

問題:権利行使価格1,550ポイントのTOPXコールオプションをプレミアム70ポイントで10単位買いたてるとともに、権利行使価格1,600ポイントのTOPIXコールオプションをプレミアム55ポイントで、10単位売りたてた。その後、転売を行わず最終決済日を迎え、SQが、1,550ポイントとなった場合と1,600ポイントとなった場合のそれぞれの取引全体での損益を出しなさい。

解答:SQが1,550のとき

コールの買い {(1,550-1,550)-70}×10,000×10=-7,000,000
コ...続きを読む

Aベストアンサー

イン・ザ・マネーの計算式や、アウト・オブ・ザ・マネーの計算式を覚えて使うより、オプションの原則を理解すれば、さほど労せず利益、損失を計算できると思いますよ。

その原則とは、
(1)オプションを買う(ロング)のときは、プレミアム代金を払う。
(2)オプションを売る(ショート)のときは、プレミアム代金を受け取る。

(3)コールを買ったとき、SQで権利行使価格を上回ったら、上回った分だけ利益になる。
(4)コールを買ったとき、SQで権利行使価格以下であったら、損益ゼロ。

(5)コールを売ったとき、SQで権利行使価格を上回ったら、上回った分だけ損失になる。
(6)コールを売ったとき、SQで権利行使価格以下であったら、損益ゼロ。

(7)プットを買ったとき、SQで権利行使価格を下回ったら、下回った分だけ利益になる。
(8)プットを買ったとき、SQで権利行使価格以上であったら、損益ゼロ。

(9)プットを売ったとき、SQで権利行使価格を下回ったら、下回った分だけ損失になる。
(10)プットを売ったとき、SQで権利行使価格以上であったら、損益ゼロ。

ご質問のケースでは、
(1)より、1550ポイントのコールを買った時点で、単位当たり70ポイントの損失。
(2)より、1600ポイントのコールを売った時点で、同じく55ポイントの獲得。
この時点で-70×10 + 55×10 = -150と、150ポイントの損失です。

SQで1550ポイントになったときは、
(4)より、1550ポイントのコールは損益ゼロ。
(6)より、1600ポイントのコールは損益ゼロ。
結局、トータルで-70×10 + 55×10 + 0 + 0 = -150と、150ポイントの損失となります。

SQで1600ポイントになったときは、
(3)より、1550ポイントのコールは、1600-1550=50ポイントの利益。
(6)より、1600ポイントのコールは損益ゼロ。
結局、トータルで-70×10 + 55×10 + 50×10 + 0 = 350と、350ポイントの利益となります。

上に挙げたオプションの原則は、オプションを説明している書物ならどれも図を使って説明しているのではないかと思います。
原則を覚えなくても、コール/プット、ロング/ショートをしっかり理解して、頭の中で図をイメージできれば問題も解きやすくなると思います。

イン・ザ・マネーの計算式や、アウト・オブ・ザ・マネーの計算式を覚えて使うより、オプションの原則を理解すれば、さほど労せず利益、損失を計算できると思いますよ。

その原則とは、
(1)オプションを買う(ロング)のときは、プレミアム代金を払う。
(2)オプションを売る(ショート)のときは、プレミアム代金を受け取る。

(3)コールを買ったとき、SQで権利行使価格を上回ったら、上回った分だけ利益になる。
(4)コールを買ったとき、SQで権利行使価格以下であったら、損益ゼロ。

(5)コールを...続きを読む

Q証券外務員2種 株式業務の受渡金額の計算

タイトルの件で質問です。
ある個人が、成行注文で買い委託した場合、委託手数料を加えた金額を支払いますが、売り委託した場合は、委託手数料を差し引いた金額を支払うらしいのですが、

・買い委託時と売り委託時の受渡金額は、それぞれ、誰が誰に支払うお金なのでしょうか?(金の流れがイマイチわかりません)

・委託手数料を加えたり引いたりするのはなぜですか?

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

委託手数料は、端的に言えば売買する顧客
(投資家)が証券会社に支払うものです。

委託手数料の流れはこんな感じです。
投資家 → 証券会社 → 証券取引所

昔は証券会社の人が投資家の電話連絡に
もとづき、証券取引所の『場立ち』に
売買注文を伝え、どの株をいくらで買う
売るを手振り身振りでやっていたんです。

その手間賃が投資家が証券会社へ支払う
売買行為を委託する手数料です。
証券会社は証券取引所を利用する場立ちや
連絡係が占有するショバ代を証券取引所に
納めていましたが、今ではシステムの利用
料なので、イメージは変わりましたね。

委託手数料は単純に客が証券会社に支払う
だけです。
具体例です。

みずほFG(8411)を
楽天証券(超割コース)で購入。
210円で1万株を購入。
購入価格210万円+手数料549円
投資家は、2,100,549円使って
みずほの株を買ったわけです。

1ヶ月後
230円で1万株を売却。
売却価格230万円-手数料549円
みずほの株を230万円で売ったの
ですが、手数料が549円かかったので
手元には2,299,451円返ってくる
というわけです。

儲かったお金は230万円-210万円=20万円
ですが、手数料は549円×2回分=1098円
を取られているので、
20万円-1098円= 198,902円となります。
(さらにこの金額から、20.315%の税金が
引かれます。)

一応確認のために
売った時に戻ってきたお金から
買った時にかかったお金を引くと
2,299,451円-2,100,549円
=198,902円
となり、符合します。

とにかく委託手数料は投資家にとっては
買っても売ってもとられる費用なんです。
それを儲けから引くか、別に取られるか
の見方次第なんです。

いかがでしょう。分かりましたか?

参考URL
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/commission/

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

委託手数料は、端的に言えば売買する顧客
(投資家)が証券会社に支払うものです。

委託手数料の流れはこんな感じです。
投資家 → 証券会社 → 証券取引所

昔は証券会社の人が投資家の電話連絡に
もとづき、証券取引所の『場立ち』に
売買注文を伝え、どの株をいくらで買う
売るを手振り身振りでやっていたんです。

その手間賃が投資家が証券会社へ支払う
売買行為を委託する手数料です。
証券会社は証券取引所を利用する場立ちや
連絡係が...続きを読む


人気Q&Aランキング