「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

現代日本だと専業主婦でやっていける家は裕福な家か、実家住まいで家賃の心配がない家なのかなと思っています。
家に対して執着がなければ6万円ぐらいのアパートで家族全員ですめばよいのでしょうが、アパートで子供育てるのってうるさくないのかな?って一人暮らししていても騒音に悩まされながら感じます。

質問ですが、団塊世代は専業主婦が多かったと伺っています。
今だと1人の稼ぎだとやっていくのが大変なきがしますが、その頃はどういった経済状況、税制、社会保険制度だったからできたのでしょうか?

おおざっぱに、みんなそうだったからという理由では解決できない問題があるとおもいます。もし、詳しくご存知のかたいらっしゃれば教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • 消費税なかったのは大きいですね。
    車に関しては今の若いものは車を持つ甲斐性もないのかという団塊世代の方の言葉が心に残っております・・・。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/21 13:55
  • へこむわー

    車に関しては今の若いものは車を持つ甲斐性もないのかという団塊世代の方の言葉が心に残っております・・・。

      補足日時:2015/06/21 13:55
  • どう思う?

    【消費に関して】
    ・消費税がなかった
    ・スマホ、エアコン等、電話代、通信料、電気代が必要な物が少なかった。
    ・田舎でも車がない生活だった、車がないとガソリン代もかからない
    ・とんかつ、寿司なんかめったに食べられなかった
    ・あまりお金を使わない生活だった
    ・塾も一般的ではなかった。
    ・学費も安かった(大学の学費が平均年収換算でも今と桁違いに安いと聞いたことがあります)
    ・教育費にかかる費用が今の比ではない。
    ・医療費も少なかった(←何故少なかったか疑問が残る。我慢した?)
    ・住まいに関しての福利厚生が特に手厚かった
    ・同居で持ち家が多かった(その後、社会科で習った核家族化がすすむ。)
    ・スーパーマーケットが広まるまで、いろんな店を回りながら買い物をして、家事の自動化が進んでいなかったので、家を守るという仕事が本当に必要だった。(現代日本だと、主婦って必要なのかな…って思いますね)

      補足日時:2015/06/26 05:24
  • へこむわー

    【雇用に関してのまとめ】
    ・完全終身雇用だった
    ・高度経済成長期は人手不足だった。電気製品も日本国内で作っていた。
    ・派遣労働者の制度ができて、人手不足が解消されたが、同時期女性の社会進出にも拍車がかかり、男性の雇用を新卒から奪っていく形となる。
    ・追い打ちを掛けるようにバブルが弾けて、一度会社をやめてしまうと派遣労働者というコースになってしまう。企業側としては、人材コストを下げることで生き延びようとする。
    ・東南アジア等への工場移転や仕入先い変更で国内経済が停滞。昔は製造は国内で行っていたが、全部海外製造。
    ・新卒も転職も昔より厳しくなった。つまり、手取り給料が下がっていくことになる。

    【感想】
    正直、消費に関しては現代日本でも(スマホ以外は)我慢できると思います。住居費が安ければもっと楽なんでしょうが。
    しかし、製造自体が海外に移転している時点で、違う業種の雇用促進が必要なようです。

      補足日時:2015/06/26 05:29

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

その時代は日本は高度成長期(現在の韓国や中国のように)ともかく、作るものが飛ぶように売れました。

 これは日本国内だけにとどまらず、世界中が日本製品を買った。 

最初は、あまり高度な技術のものではなく、洋服などをふくめてともかく品質がよく値段も安いのでよく売れた。引き続き、高度な技術をようするものを日本の企業はどんどん改良して世に出した。自動車も優秀で品質もよくな値段も米国製などに比較すると安かった。 カメラにしても、日本のカメラは優秀だった。 それから、日本独自のものができます。まず英語になった商品名に「ウォークマン」があります。現在は、メモリ型の携帯オーディオ(ipodなど)ですが、その時代はカセットテープをできるだけカセットテープケースに近いところまで小型にし、世界中で流行した。ホームビデオも同じで、これは日本人が業務用ビデオシステムを、家庭用に改良して、ベータ方式とVHS方式を作り、世界中に売った。のちに競争でベータは負けてVHSだけになる。 レコードも、昔は黒いレコードでしたが、規格は西洋でもCDと商品化してプレーヤーもCDそのものも最初のころは日本でしか作れなかった。DVDビデオも同じ。テレビで欠かせない液晶パネルも日本の技術で実用化したのです。

それと、その時代は、現在のような「人材派遣・契約社員」という制度もなく、一度会社に勤めたら、当時は中卒であれ高卒であれ、大卒であれ、全員が終身雇用制で、待遇も給与もよかったのです。 ともかく、笑いが止まらないぐらい者が全世界で売れて、日本はすごいお金が入った。それで、新幹線も作ることができたし、瀬戸大橋、関門トンネル、青函トンネルも作れたのです。

そういう理由から、当時は労働者の収入がとてもよくて、お父さん1人仕事をした収入だけで、家計がなりたったのです。 

ところが、現在は、日本の経済状況は悪く、日本はものの設計はしますが、中国などですべて作ります。そうしないと、日本で作ると人件費が高いこともみあり、中国で作らないことには、価格を抑えることができません。また、台湾などや中国など、優秀な頭脳が外国(米国や日本)に出ていき、そこで先進技術を学び戻ることから、自国内でも設計計算できるようになってしまいました。

そういう状況になると企業も効率が悪くなりますから「人材派遣・契約社員」など、正社員と比較したら、同じ仕事をしても「半分から、三分の一」で雇用でき、契約して雇用しているので、いつでも契約を終了することが可能になったのです。

すなわち、昔は、お父さん1人の収入で家族が養えたのに、現在は、そのお父さんひとりの収入を、夫婦で働かないと得られない状況になってきています。 そのことを悪くはするのは、考え方の変化もあります。女性が社会進出し、かなり活躍するようになると、大企業の男性社員は、やはり、大企業の女性社員と結婚します。 給料はもともと良いのが2人働くので良い生活ができるうえに、そういう世帯は子供もせいぜい1人か2人で十分という考え方になってしまい、もともと家庭の収入がよいので、子供にお母さんが設けた収入を全部かけたうえに、まだ余ります。

はたや、会社で同じ仕事をしている「契約社員・人材派遣社員」は給料もパートなみですから、おそらく年間一人税込で200万円あればよいほうだと思います。 だから、結婚しない人も多いし、結婚したとしても、夫婦共働きで、2人あわせて税込400万円。 子供も多くもつと苦しいから1人か2人になるし、子供の教育費をかけるお金を制約されます。

こういうことから、昔の日本人は比較的平等だったのですが、現在は格差社会にってしまい、大企業の正社員に夫婦で勤めていたら、年収は合わせて1000万円を超える人もいるのに、非正規社員の家庭は2人はたらいても400万です。 それで、企業も正社員はほとんどとらなくなった。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

つらい・・・

契約社員が無かったっていうのはおおきいですよね。
そういえば、新卒で会社を選び放題みたいな時代も有ったらしいですよね。
そう考えれば稼ぎも良かったのかな・・・。
今は低賃金を前提に長期的に考えすぎるから閉塞するのでしょうかね・・・。

お礼日時:2015/06/21 14:00

多くの回答が寄せられていますが、団塊世代が仕事で頑張った時代は日本の高度成長期と重なっていましたからね。

仕事が幾らでもあり、人手が足りず、全般に売り手市場でした(就職先が幾らでもあって自分を高く売れた)からね。会社も給料をはずみました。1970年代では1年で給料が3割増えて、何かの間違いじゃないかと家族ともどもビックリしたことがあります。それに主婦を働きに出させるなんて、男の恥と思っていましたから。大学を出る前に就職先を決めるのですが、どの同級生もビックリするほどの大手企業を平気で辞退し、選り好みできる時代でもありました。

情報機器なんてほとんどありませんで、TVが我が家に来た(もちろん白黒TVですよ、カラー化したのはずっと後程です)のは私が小学校高学年の頃で、電話も家に引いていませんでしたし(電話があったのはとても裕福な家庭です)、パソコン・インターネット・スマホなんて空想すらできない時代でした。なのでいまのように通信費にお金がかかることもありませんでしたね。当初は洗濯機もなく手洗いで、クーラーもありませんでしたから。塾なんてのもなしですので、そこにお金を払うこともありませんでした。

要するに、お父さん一人で十分に稼げて、浪費することがなかったので....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>1970年代では1年で給料が3割増えて、何かの間違いじゃないかと
へー、初めて伺った話です。

>>お父さん一人で十分に稼げて、浪費することがなかったので....。
まー、浪費ですよねー。
今は塾行くの当然の風潮ですしね。

給与から考えたら車って高かったんでしょうかね?
団塊の方がテレビで今の若者は車を買う甲斐性がないって言われていて。
車は買えるんですが維持費を払うと生活が苦しくなるっていう構図は昔は無かったんでしょうかね?

お礼日時:2015/06/23 07:36

終身雇用制という制度の影響も大きかった


と言えるでしょう。
年功序列で年収は右肩上がり。
収入が安定しており、上司の生活レベルを
将来のお手本にできていた時代と言える
でしょう。

福利厚生も充実していました。
特に『すまい』ですね。社員寮、社宅、
住宅手当などが支給されました。

1990年以降のバブル崩壊により、
昭和の経済成長は終焉し、円高が進み、
コストダウンの強化など支出の抑制へ
力を注ぐことになり、低成長時代へと
向かうことになりました。
当時の40代は既得権を守りながらも、
コストダウンを余儀なくされ、給料は
下がらないが、○○手当などのカットなど
福利厚生などの間接費の削減などが進む
ことになりました。

逆にそうした努力もあり、生活に必要な
電気製品や食品についてはここ20年以上
高くなったとは思えません。
冷凍保存技術が進み、流通手段も改善され、
安くておいしい食べ物が増えました。
はるかに高機能で性能がよくなった電気
製品が格段に安く手に入るようになり
ました。
そうした経済構造は日本国内の空洞化を
進めていくことになったと言えるでしょう。

人件費などのコストが安い東南アジアへ
製造拠点が移り、国内での雇用を抑制する
ことになりました。
国内の雇用は買い手市場となり、収入の低下
傾向や雇用の流動性が高まり、終身雇用は
崩壊しました。
実際にバブル崩壊後、事務所にいたOLは
寿退社後補完されず、派遣契約社員になる
ことを余儀なくされた方も多いと思います。

年功序列から能力主義へ向かい、安定的な
収入に対する不安も大きくなったと言える
でしょう。

こうした意識から収入の補完や生活の安定を
求めて、また雇用機会均等法など、女性の
社会進出といった名目の元に、待遇など
悪くても働かざるをえない女性が増えた
ということもあるのではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
住宅補助の差は大きそうですよね。手当削減で実質貧困に繋がりそうですね。
元々有ったパイを女性と分かち合えば、一人あたりの収入は減りますね。
よく考えたら、みんなでそうしようって決めた結果、そうなってしまったような感じですね。

お礼日時:2015/06/22 18:24

他の方も仰っていますが、手間はかかるけどお金のかからない、質素な生活をしていたというのが大きいと思います。


自分が子どもの頃、トンカツはご馳走だったし、みかんとバナナ以外の果物は風邪引いたときか来客時のものだったし、外食は冠婚葬祭時のものでした。(笑)
あと、親同居で持ち家が多かったのも大きいです。
(ただしその分、苦労も多かったわけですが。^^;)
親と同居で持ち家なら、今の時代でも専業で可能な家も多いと思いますが、そろそろ親世代も核家族&賃貸の家が増えて、ギリギリの生活の連鎖になってますね。
節約もせずに学費を奨学金に頼るのもツケを将来に回してるだけで、ますます子ども世代が苦しくなっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とんかつがごちそうだったということは豚肉の価格も違ったんでしょうね。

お礼日時:2015/06/22 18:21

「夫は外で働いて稼ぎ、妻は家で家庭を守る」というのが普通の考え方でしたからね。


所得税や住民税の税率は、今とほとんど変わりません。
消費税はありませんよね。
昔は、今に比べたら生活がものすごく質素で、生活にお金がかかりませんでした。
今みたいに便利な生活ではなかったので主婦の家事も今より大変で、働きながら主婦業は難しい環境だったということもあるでしょう。

エアコンや電子レンジなんてない生活でしたから、電気代は今みたいにかかりません。
携帯はもちろんですが、固定電話すらない家庭もありましたし、パソコンないし、通信費は今の比ではありませんでした。
また、子の大学進学率も今よりずっと低かったですし、授業料も今に比べたらずっと安かったです。
習い事をしたり学習塾に通ったり子などほんのひとにぎりで、子にかかる教育費は今の比ではありませんでした。

食生活しかりです。
今のように飽食の時代ではありません。
私の子どものころ、すしなんてほとんど食べたことないし、外食なんてしたことありませんでした。
それが普通でしたよ。
衣服だってしかりです。
今ほど、医療費だってかかっていませんでしたね。

また、今、車がない生活(今は田舎なら1人1台の時代)は考えられませんが、田舎でも車がない生活でした。
今では当たり前のようにある子どもの部屋がない家だって普通でした。
この回答への補足あり
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何でしょう、現代は、稼ぎが少ないのに何故お金を使うようになったのでしょうかね。

お礼日時:2015/06/21 13:57

経験して思うのは、月末米がなくなったりしたけど「正社員であれば、やりくりすれば子どもが幼稚園卒業までは専業でもなんとかなる」ってこと。

今の仕事をする若い既婚女性を見て思うのは、「子どものため?仕事を続けたいため?親の仕事はしないの?」結局仕事人でありたい、社会に役だっていたいってことかと思えること。
金はガキ2人くらいなら、食費は月4万で済む。スマホなどは夫婦で2万もかからん。新築アパートは郊外でも月10万した。が、古株にでかい態度されるよりは皆新参者で良かった。嫁さんは小遣いはとらなかった。俺は月2万。弁当だし外食なんてない。光熱費など入れても4大卒で20万少し稼いでいれば、行けるんだよね。ま、子どもが小学校に入れば、子どもが帰る頃には家にいるようにパートも始めたが。それは今も続いてる。
子育てって気が詰まる。世のお母さん方は、子どもと離れる時間がほしい方が多い気がするよ。だから、子どもと会話なく、人殺しをしてみたい子が育ってしまうのかなって思う。子どもはキャリアウーマンなんて求めていない。ましてやシングルも。だけど、頑張ってるのは確かだから、背中だけ見て何も言えない。
それに対して大人の意見は気になるものが多い。「それぞれの家には事情がある」これで済ませる。この言葉って、大人の事情なんだよね。子どもを考えてない。大変な事情にしたのは、子供のせいではなく、選んだ伴侶がカスだったのか、己が結婚に向かないのか。何にしても、「それしか言えんのか」と頭の悪さに閉口するね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろ経験されているんですね。
すごいです。

お礼日時:2015/06/21 13:57

当時は、パートタイマーという働き方が定着していませんでした。


主婦の働く場所が少なかった。
工場などは、作った分輸出で売れるから、割り増し賃金で残業のし放題。
亭主が、今の1.5倍ぐらい働き、家庭のことは全て主婦にお任せの完全分業が効率的と考えられていました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

つらい・・・

残業代ってでるものなんですね・・・。

お礼日時:2015/06/21 13:58

まず、生活が質素だったということです。


車なんか持ってないし、電気製品も少なく、食事、衣服も質素で
子供の教育にかける費用も少なかったので、亭主の給料だけで
やっていけました。

そして、洗濯、掃除、料理などの家事のほとんどが電器製品でなく、手作業だったということです。
買い物も、スーパーなどなく徒歩で八百屋、魚屋、乾物屋と何軒も回るので時間がかかります。
主婦は、家事と子育てで手いっぱいで、外で働く余裕がなかったんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/06/21 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歳を重ねるごとに自分の性格が悪くなる・・・

28歳の女です。
タイトル通り、ここ最近自分の性格で悩んでいます。

私は、周りから明るく奔放な性格と思われるタイプで、実際、楽しい事・面白い事が大好きです。
他の人が苦手とするタイプの人とも比較的すぐに打ち解け、そのせいか友人のタイプも多様です。
昔は対人関係にそれ程悩んだこともありませんでした。
基本的には適当というか、ずぼらというか、そんな性格です(でした言うべきかも)

ですが、ここ何年か周囲の人のちょっとした言動が気に障ったり、
自分の腹黒さにハッとすることが本当に多くなりました。
例えば、
・仕事で新人のミスが気になって仕方がない、イヤミを言いたくなる
(以前は「始めはできなくて当たり前」と心から思っていた)
・電車で隣の人が居眠りをして肩にもたれかかってくるとイラッとして振り払う。
さらに、振り払った後も隣でゆらゆら居眠りしている人を見てイライラする。
(以前は何も考えずに肩を貸していた)
・知人に言われる言葉の裏側を勘ぐってしまう
(以前は素直に聞けていた)

などなど、『そうゆう風に考えないようにしよう』と決めても、マイナスの感情を抑えることができません。
最近は『人と関わらない方が楽なんじゃないか』と、出来もしないことを妄想したりしてしまいます。
友人と楽しく長電話することもありますし、大勢で飲みに行くのも好きなので人嫌いではないと思いますが
自分の器の小ささを痛感することが年々多くなるのを実感しています・・・

ちなみに、この悩みが出てきたのは、以前の職場で働いて少ししてからです。
少し特殊な、人間の裏側を見せ付けられる職種ではありました。
ただ、その職場は4年ほどで退職し、ここ1年は別の仕事をしています。
現在は特にストレスの溜まる立場ではありませんが、この有様です。

普通は、年齢・経験を重ねるごとに周りに気を配れる人間に成長していくものだと思っていましたし、私もそうありたいです。
一度変わってしまった性格は戻せないのでしょうか。

皆様のご意見を頂きたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

28歳の女です。
タイトル通り、ここ最近自分の性格で悩んでいます。

私は、周りから明るく奔放な性格と思われるタイプで、実際、楽しい事・面白い事が大好きです。
他の人が苦手とするタイプの人とも比較的すぐに打ち解け、そのせいか友人のタイプも多様です。
昔は対人関係にそれ程悩んだこともありませんでした。
基本的には適当というか、ずぼらというか、そんな性格です(でした言うべきかも)

ですが、ここ何年か周囲の人のちょっとした言動が気に障ったり、
自分の腹黒さにハッとすることが本当...続きを読む

Aベストアンサー

40代の女性です。
ズバリ、あなたもオバサンに近づいて来たのです。
私ももちろん経験済みですが、年を取ると色々な事が目につくようになり、同時にこらえ性がなくなってくるので、だんだん傲慢で意地悪な人になって行く事が多いのです。
このサイトを見ても、オバサンたちのふるまいには目を覆いたくなるものがあります。
私も、以前知っていたオバサンを、悪魔のようだと感じた事がありました。

そうならない為にはどうしたらいいかと言うと、やはり自分で気をつけるしかないと思います。
浮かんでくる腹黒い気持ちに流されないように、「自分はこんな人間になりたい。」という理想を持ち続ける事です。
身近に、モデルになるような人がいるといいですね。
実際には難しくても、そういう気持ちを持っているだけでいいと思います。
理想なんてひと昔前の言葉みたいですが、理想のない所には、何も実現しません。
以前このサイトで見かけた回答の中に、「人を陥れたりして、小手先のことばかりしている人と、本物になろうと努力をする人とでは、長い間には全然違ってきます。」という意味のものがあり、感銘を受けました。

>普通は、年齢・経験を重ねるごとに周りに気を配れる人間に成長していくものだと思っていましたし、私もそうありたいです。
私もそう思っています。
でも、それは多分、自然にそうなるのではなく、そうありたいと努力するからなれるのではないかと思います。
人間には、黒い心が湧いてくるものだと思います。
それに流されるままだと、私の知っていたオバサンのような人にもなってしまうのではないでしょうか。(自分の思い通りにする為なら、平気で嘘もつく人でした。)

子供のように穢れを知らない人間が美しく生きようとするより、穢れや黒い心を知っていて、それでも美しく生きようとする方が、価値があるし感動的だと思います。
質問者さんは、自分をみつめることのできる、聡明な方ですから大丈夫です。
お互いにがんばりましょう。

40代の女性です。
ズバリ、あなたもオバサンに近づいて来たのです。
私ももちろん経験済みですが、年を取ると色々な事が目につくようになり、同時にこらえ性がなくなってくるので、だんだん傲慢で意地悪な人になって行く事が多いのです。
このサイトを見ても、オバサンたちのふるまいには目を覆いたくなるものがあります。
私も、以前知っていたオバサンを、悪魔のようだと感じた事がありました。

そうならない為にはどうしたらいいかと言うと、やはり自分で気をつけるしかないと思います。
浮かんでくる...続きを読む

Q息子家族が遊びに来てくれません(嫁との付き合い方)

当方50代女性、夫と二人暮らしです。
他県に住む息子夫婦の事についてご相談します。

息子30代、お嫁さん4才年下、孫3才
息子は一人っ子です。

息子は5年前に結婚。
2年後に子供が産まれています。
お嫁さんは里帰り出産でした。
6月に出産後、涼しくなるまで空気の良いお嫁さんの実家で生活していました。
息子はその間、休みを利用して子供の顔を見に長時間運転して嫁実家へ通っていました。
車で6時間の距離です。
私は息子が気の毒だと思いましたが、初めての出産で不安もあるだろう、と実家に長く居る事に理解していました。

お嫁さんはその後も頻繁に遠くの実家に帰省し長期滞在しました。
お正月、お盆など休みが合えば息子も同行しています。

一方で息子の実家である我が家へは、お嫁さんは5年前に来たきりです。
孫が産まれてから「こちらにも遊びに来てほしい」と私が再三お願いして
去年の夏、孫が2才になり初めて来てくれました。
ただ、お嫁さんは「仕事(パート)のため」という理由で来ていません。
「自分の実家へはいくらでも休みをとって行けるのに」と私は内心思います。
「息子は仕事の都合を付けて先方実家に年に2度も行っているのに」という気持ちもありおもしろくありません。

また、こちらへはなかなか来てくれないので、年に2度くらい
私が息子の住む町へ孫に会いに行く事があります。
でも「家が散らかっているから」という理由で息子の家には入れてもらえません。
息子の車でどこかへ出かけ、孫を遊ばせて数時間でバイバイ。
私は一人でホテルに泊まって家に帰ります。
この時はお嫁さんは来ません。

息子の地方でも、我が家に来る時も、息子と孫だけです。
私はお嫁さんに嫌われる事をした記憶はありません。
無意識の内にお嫁さんに嫌われる発言等をしたかもしれません。
しかし、自分の意見を押し付ける事もなければ、度々の帰省を注意した事もありません。
私が内心不満に思っていても、離れているし会っていないので通じてないかと思います。
息子にも同様に何も言っていません。
懸命に「理解のある姑」を頑張っていればお嫁さんが理解してくれて
いつか距離が縮まるかと期待していました。

今年はお正月にお嫁さん実家へ息子家族が帰省したのを知っていたので
夏休みは家族揃って我が家へ来てくれると信じていました。
ところが夏休みもお嫁さん実家に家族で行く事になっていると聞き
私は悲しくて堪忍袋の緒が切れてしまいました。

息子に「夏休みはこちらに来てほしい」と言いましたが(そんな事を言うのは初めてです)
息子は「妻が実家に帰りたいと思って、あちらに行く事にした」と言います。
私は「あちらへは頻繁に行っているし、こちらも孫に会いたい。外でなく家に遊びに来てほしい」
と想いを伝えました。

息子は8月は予定通り嫁実家に行き、9月に我が家に来ると言ってくれました。
9月に我が家に来る直前「嫁は仕事だから子供と二人で行く」と連絡がありました。
またお嫁さんは来ません。

私がどんな失言をしてお嫁さんに嫌われたか分かりませんが
世間では口うるさい、嫌な姑でもお嫁さんはせめて年に一度は夫の実家に行くものではないでしょうか?
しかし、私はその時も「仕事なら仕方ないね」と無理して理解のあるところを見せました。
(これが逆にいけないのかもしれません)

その後、息子は海外赴任になり行ってしまいました。
お嫁さんと孫も近いうちに帯同する予定です。
孫が海外に行ったら会えなくなるので、さすがにお嫁さんから
「孫を連れて遊びに行く」と連絡がありました。
私は飛び上がって喜びました。

お嫁さんから2泊の予定で行くけれど、1泊は温泉に行きたい、
とリクエストがありました。
お嫁さんと孫と私達夫婦で温泉に行けるなんて夢のようです。
ふたつ返事で我が家から2時間程の温泉旅館を予約しました。

もう1泊は私達のマンションのゲストルームを予約する、と言うと
お嫁さんは我が家から1時間程離れた場所のホテルをとる、と言います。
理由を聞くと、孫は猫アレルギーなので猫を飼っている我が家には泊まれないと言います。
アレルギーはどの程度なのか、聞いても返事はありません。
お嫁さんの実家には猫も犬もいます。
いつも平気で実家に泊まるのに、我が家は猫がいるからダメ?とは納得がいきません。
ましてや我が家に泊まるのでなく、マンションのゲストルームですから
猫の被害は最小限で済む筈です。

それに、猫がいるから来られないなら今後ずっとホテルにしか泊まれず
私達は結局外でしか孫に会えない事になります。
私はついに頭に来て、お嫁さんに直接「自分の実家は猫がいても行くのに?」
と聞いてしまいました。
お嫁さんは「実家の猫は先日死にました」と言います。
そんな・・・・・・・。

病院でアレルギー検査をして、どの程度のアレルギーか調べて、それに合う薬を処方してもらえないのか?
毎日の事ではなく、祖父母に会いに来る時だけでもそういう方法はとれないか?
と聞いた所、お嫁さんは急にキレて「○●(孫の名前)に無理をして薬を飲ませろ、って言うんですね?!」とひどい剣幕で怒りました。
でも、今までは猫の居る実家に何度も行っているのだから・・・。と言うと
「いちいち実家と比べないでください!」と怒ります。

私は今までなら引く所ですが、これから海外に行ってしまう孫に会えなくなるかと思うと悲しくて
「ご実家と比べようとは思っていない。ただ、これからは平等にしてほしい」と言いました。

お嫁さんからは「そんな事を言われるなら行きたくない」と言われました。
私は内心「元々全然来ないくせに」と思いますが言いません。

私は自分がじっと我慢して理解ある姑でいれば、お嫁さんから近づいてきてくれると思って今まで我慢してきました。
お嫁さんの誕生日に好物を送ったり、おこずかいを送ったりして娘のように可愛がりたいと思ってきました。
でも、今回の事で亀裂が大きくなったようです。
結局、お嫁さんが思った以上にワガママな人なんだ、というのが私の感想ですが、客観的に見たらどう見えるのでしょう?
私はどういう発言、態度でお嫁さんに接すれば仲良く出来るのでしょうか?
私が大人しくしているだけでは上手くいかず、どうしたら良いかわかりません。

私と同年代の方、お嫁さんの立場の方、息子の立場の方、色々なご意見を聞かせてください。
宜しくお願いします。

当方50代女性、夫と二人暮らしです。
他県に住む息子夫婦の事についてご相談します。

息子30代、お嫁さん4才年下、孫3才
息子は一人っ子です。

息子は5年前に結婚。
2年後に子供が産まれています。
お嫁さんは里帰り出産でした。
6月に出産後、涼しくなるまで空気の良いお嫁さんの実家で生活していました。
息子はその間、休みを利用して子供の顔を見に長時間運転して嫁実家へ通っていました。
車で6時間の距離です。
私は息子が気の毒だと思いましたが、初めての出産で不安もあるだろう、と実家に長...続きを読む

Aベストアンサー

・息子さんよりお嫁さんのほうが強い
・お嫁さんが義理実家にどう思われてもよいと思っている

という点がゆるぎないので
どんなアプローチをしても
お嫁さんとのご関係は
質問者様の望み通りにはなりません。

そもそも仲良くする意思がお嫁さんになく
それを息子さんが許しているので
変に荒立てると
息子さんとお孫さんとも疎遠になってしまう可能性があります。

お嫁さん含めた息子さんご一家と仲良くする、はムリなので
せめて息子さんとお孫さんとは
良好な関係を築く、ということにされるのが
現実的かと思います。

なので
誰に何を訴えても無意味で
(お嫁さんに罪悪感がなく、
そういうお嫁さんを許す息子さんや
あちらのご実家なので)
おとなしくしてようが強気で出ようが意味がないです。
そもそもお嫁さんが話の通じる相手ではないのです。

だから
変に下手にでず
「息子と孫が帰省してくれればいい」と
割り切り
お嫁さんには人として最低限の礼儀をもって
対応すればいいと思います。
理解ある姑、を演じたところで
相手に良心とか罪悪感がないと効果はありません。
そういう人ではないようなので
ドライに考えるのがいいんじゃないでしょうか。

・息子さんよりお嫁さんのほうが強い
・お嫁さんが義理実家にどう思われてもよいと思っている

という点がゆるぎないので
どんなアプローチをしても
お嫁さんとのご関係は
質問者様の望み通りにはなりません。

そもそも仲良くする意思がお嫁さんになく
それを息子さんが許しているので
変に荒立てると
息子さんとお孫さんとも疎遠になってしまう可能性があります。

お嫁さん含めた息子さんご一家と仲良くする、はムリなので
せめて息子さんとお孫さんとは
良好な関係を築く、ということにされるのが
現実的かと...続きを読む


人気Q&Aランキング