逆流性食道炎がなかなか治らなかったのでセカンドオピニオンをして、腹部~上腹部のCTをしてもらいました。

検査結果は、
胃内には、高吸収からなる、fluid-fluid levelがあります。高吸収値から出血も鑑別に上がりますが、高蛋白飲料摂取後かわかりません。胃痛があるようなので上部消化管の検査をお願いいたします。

肝胆膵卑に粗大病変は明らかでないようです。

右腎上極に沿うような低吸収域+
詳細不明ですのでusでの性状確認を検討されて下さい。

と書いてありました。CTの二時間前に、牛乳と食パン一枚を食べてからの検査だったので、上の検査は心配ないと、先生はおっしゃられましたが、心配です。

それと右腎上極の低吸収+とはなんなんでしょう?とくにそれについては話は触れられなかったんですが、詳しくわかるかたよろしくお願いいたします(泣)

「CTに詳しいかた」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    すみません。書きそびれてました。逆流性食道炎の症状と背中の鈍痛があったので背中の原因を調べる為にCTをされたのだと思います。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/07/01 06:04
  • うーん・・・

    黒い便は出てません(^-^)
    CT中私の中では、じっとしていたつもりだったんですが…謎ですね(|| ゜Д゜

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/07/01 15:55
  • うーん・・・

    そうですか。詳しい説明ありがとうございます。
    はい。肩甲骨の内側の痛みがあり、予約無しでCTをしてもらいました(|| ゜Д゜)

    先生に確認したら、画像がそう見えているだけで再検査は不要と言われました(;o;)

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/07/02 17:25

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

胃の内容物が出血だとすれば、真っ黒けの血便が出続けているはず。

黒い影はですね、あなたCT撮影中にじっとしていられなかったのでは?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

この画像だけでは判断は難しいですが


低吸収域は肝臓か腎臓の外部に突出するのう胞(水ぶくれ的なもの)でもあるのではないかと想像します。
右側のもう一枚下のスライスがあれば見えているかもしれません。
胃の内容物が高吸収なのは牛乳のせいだと思います。
通常、上腹部のCT検査であれば絶食、水分も水かお茶のみに制限すると思うのですが
予約ではなく急遽検査したのですかね。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

> CT中私の中では、じっとしていたつもりだったんですが



動きによるアーチファクト(偽像)に見えますけどね。呼吸もしっかり止まってたかな。
    • good
    • 0

一番の問題は、質問者の性格です。

逆流性食道炎の精査目的でCTを希望するなんてアホといわれてもしょうがありません。そこまでして無用な被ばくをうけたいのか、しょうもないCTの所見より、今回受けた無意味は被ばくのほうを心配すべきでしょう。
胃のCTでは牛乳などの高蛋白食品やラーメンなども白く映ります。意味がありません。肝臓と右腎臓の間の低吸収領域は脂肪のアーティファクトです。
いろいろ心配すれば、お望み通り(不要な被ばくや検査の副作用で)病気になれるとは思いますが、無意味な検査で私たちの税金を使わないでください。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報