フォトカプラとMUX/DEMUXの違いってご存知の方いらっしゃいますか?

A 回答 (1件)

MUX/DEMUXの事をよく知っているわけではないですが、参照URLを見たところ光信号をデジタル変換するように見えます。

光モデムのような物かな?

フォトカップラーは主にON/OFFもしくはレベル電気信号を光で渡し元の電気信号に変換する物です。目的は入力側信号と出力側信号を電気的に絶縁したいときに使います。例えば回路から接点信号等を出していて、その信号経路に逆に電気が流れた場合フォトカップラーが壊れるだけでメイン回路は助かります。

参考URL:http://www.internix.co.jp/publish/newsletter/nl7 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど分かりました。
フォトカプラは入力と出力の電気回路間を、電気的ではなく
光でつなぐような感じですかね?
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 14:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォトカプラの選定と使い方

整流器を使っているのですが、整流器のトラブルが時々あるため、整流器の持つ、エラー出力機能を使って、ブザーを鳴らしたいと思います。
エラー出力が、接点ならば、質問するまでもなかったのですが、整流器の取説を見ると、フォトカプラ出力で、SINK電流 5mA以下と書いてあります。また、接続例として載っている回路も、フォトカプラを使うように指示されています。
そこで、フォトカプラを使って、最終的にブザーを鳴らすためリレーを動作させたいと思い、無い知識と知恵を絞って、ここまで回路図を考えました。ところが、フォトカプラを調べると種類も多くあり、またデータシートを見ても専門用語ばかりで、壁に当たってしまいました。
そこで質問です。こんな回路で、リレーは動作するでしょうか。また、フォトカプラは、どんなものを選んだらよいのでしょうか?
なおリレーは、最終的には、OMRONのMY2を使いますが、フォトカプラで直接はさすがに無理だと思い、OMRONのG5V-1を動作できればOKです。
また、手元に先人の残した、PC817が有るのですが、これが使えるなら使いたいです。更に、参考までに、整流器取説の接続例も載せます。

整流器を使っているのですが、整流器のトラブルが時々あるため、整流器の持つ、エラー出力機能を使って、ブザーを鳴らしたいと思います。
エラー出力が、接点ならば、質問するまでもなかったのですが、整流器の取説を見ると、フォトカプラ出力で、SINK電流 5mA以下と書いてあります。また、接続例として載っている回路も、フォトカプラを使うように指示されています。
そこで、フォトカプラを使って、最終的にブザーを鳴らすためリレーを動作させたいと思い、無い知識と知恵を絞って、ここまで回路図を考えま...続きを読む

Aベストアンサー

回答NO.1です。回答NO.3へのお礼ありがとうございます。お礼の欄での質問について下記に回答いたします。

>ご教授いただいた回路で、一番定番なのはどれでしょうか?
>また、今後、よく似たことをする場合、一番応用が利くのはドレでしょうか?

<<回答>>定番の回路っという意味ではNO.3で示したダーリントントランジスタでリレーを直接駆動する回路じゃないでしょうか。
  また、一番応用が利くという意味でもNO.3の回路じゃないでしょうか。ダーリントントランジスタで駆動するのでかなりコイル抵抗の小さいリレー(コイル電流で300mA程度)まで駆動することができます。

Qフォトカプラの温度補正について

TLP281を使っていますが、温度により出力が大幅に変動します。
サーミスタを使えば簡単ですが、高価なため、ダイオードやトランジスタを組み合わせて簡単に補正する方法はあるでしょうか?
完全な補正でなくても良いのですが。

Aベストアンサー

>ただ、LED側の電源は回路上5~6Vで0.1mA程度しか流せませんがOPアンプは作動するでしょうか?
OPアンプ自身の消費電流はLM358の場合、最大1.2mAなので、消費電流が極めて少ないCMOS OPアンプがいいでしょう。

NJU7094・NJU7014 というOPアンプ [4] はどうでしょうか。消費電流(最大)は0.025mA です。pin配置は LM358と同じです。ただしスピードが少々遅く、OPアンプの出力が0V から1Vに変化するのに 5μs くらいかかります(10kHz程度までは大丈夫)。

>フォトカプラのLED側に15Kで電源を取ると15Kの電源側と電源間は2V位になります。
NJU7094・NJU7014 の動作電源電圧範囲は 1V ~ 5.5V ですので大丈夫です。電源電圧が低なるほど最大出力電流(LEDの駆動電流)が下がってきますが、電源電圧が1.5Vのときの最大出力電流は 0.2mA、電源電圧が3Vのときの最大出力電流は 1mA なので大丈夫です(LED電流は 0.1mAでしたね)。

[4] NJU7094・NJU7014
最近、千石電商で買った実物が手元にありますが、Web(http://www.sengoku.co.jp/index.htm)には出ていないようです。価格は1個(2回路入り)150円くらいだったと思います。
   データシート NJU7094 http://semicon.njr.co.jp/njr/hp/fileDownloadMedia.do?_mediaId=958
            NJU7014 http://semicon.njr.co.jp/njr/hp/fileDownloadMedia.do?_mediaId=949

>ただ、LED側の電源は回路上5~6Vで0.1mA程度しか流せませんがOPアンプは作動するでしょうか?
OPアンプ自身の消費電流はLM358の場合、最大1.2mAなので、消費電流が極めて少ないCMOS OPアンプがいいでしょう。

NJU7094・NJU7014 というOPアンプ [4] はどうでしょうか。消費電流(最大)は0.025mA です。pin配置は LM358と同じです。ただしスピードが少々遅く、OPアンプの出力が0V から1Vに変化するのに 5μs くらいかかります(10kHz程度までは大丈夫)。

>フォトカプラのLED側に15Kで電源を取ると1...続きを読む

Qフォトカプラの使い方

フォトカプラとはどういうときに使用するものなのですか。

Aベストアンサー

電気的に絶縁しつつ、信号をやり取りする場合に
使用します。

Qフォトカプラの使いかた

こんばんは。
マイコンのPIC(ロジック5V)で定格1V 100mA程度の小型モータを制御したいのですが、この用途(モータのドライブ用として)にフォトカプラは使えますか?TPL521というものを使おうとしています。
トランジスタは入力が出力より高圧だと作動しなかったと思うのですが、フォトカプラはどうでしょうか。
また使えない場合、ほかに方法はあるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

PICの出力にトランジスタを接続しても駆動出来ますし、フォトカプラでも使えますが、わざわざフォトカプラを使う必要はありません。
>トランジスタは入力が出力より高圧だと作動しなかったと思う・・・・
トランジスタのベースに直接接続するのでは無く、PICの5V出力を抵抗で分圧してベースに電流を流しコレクタ側で駆動します。
フォトカプラの場合、入力のフォトダイオードに流す電流を制限する抵抗を接続して、出力側のトランジスタで駆動します。
 部品単価の高いフォトカプラを使う必要はありません。
 

QSSRとフォトカプラの違いについて。

SSRとフォトカプラの違いについて。

電子工作の初心者です。
最近、フォトカプラとトライアックを組み合わせたSSRというものがあることを知りました。
使用例としては、PICからSSRをスイッチングし、AC100Vを駆動しています。
フォトカプラとトライアックを組み合わせると、フォトカプラだけ使う場合とは何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは作れません。普通は信号用です。なので、負荷は小型のリレー程度が限界です。その代わりというのも何ですが、応答時間の短いもの(高速なもの)を見つけやすいという違いがあります。ソリッドステートコンタクタくらい大きなものになると、大きい負荷はそもそも応答時間が長いので、応答時間が100ms以上でもさほど問題視されませんが、信号用フォトカプラでそんなにかかったのでは使い物になりません。ということで使い分けになります。

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは...続きを読む

Qフォトカプラ回路に付いているコンデンサの意味

クーラー等に付いている外部からON/OFF信号を受け付けるHA端子を調べています。HA端子に直接外部信号が入らないようにフォトカプラで絶縁するIFUという外部アダプタがあります。
HA端子は、JEMA-HAとして規格されています。電話やインターネットから機器をON/OFFするためのものです。
IFUを分解し、回路図を起こしてみました。
IFUには機器(クーラー)にON/OFFを伝えるコマンド側回路と機器のON状態、OFF状態を伝えるステータス(モニター)回路が入っています。それぞれにフォトカプラが1つづつあり絶縁しています。機器側は5Vの電圧がかかることが想定され、操作側(テレコン)には5Vから30V程度の電圧がかかることが想定されています。コマンドラインが200msec ONだと機器側はONまたははOFF(トグル)となります。機器がONだとモニター側がONになります。
フォトカプラの入力側、出力側それぞれに逆接続防止のダイオードがあります。このダイオードの前に0.0033uFのセラミックコンデンサが付いています。
よろしければ下記PDFをご参照下さい。
http://www.infosocket.co.jp/cbus2/doc/ifu.pdf
上の図は、IFUの基本構成回路です。
中段の図は現物から起こした回路図です。電気回路に詳しくないので間違いがあるかもしれません。上段の図とは左右が逆になっています。
下の写真はIFUの実装側とフォトカプラ側です。コンデンサを調べるために回路を切っています。

フォトカプラにによっては、パスコンが必要なものもあるようです。
しかし、この写真の位置のセラコン(?)はフォトカプラから離れており、ダイオードのそばです。

このセラコンの意味と回路図にあるTC1とTC2をブリッジしている10kΩの抵抗の意味をご教授下さい。
信号回路に基本なのかもしれませんが、参考となる情報のURL等をお教えいただけると助かります。

質問の仕方、ネチケットに違反する場合はお教え下さい。

クーラー等に付いている外部からON/OFF信号を受け付けるHA端子を調べています。HA端子に直接外部信号が入らないようにフォトカプラで絶縁するIFUという外部アダプタがあります。
HA端子は、JEMA-HAとして規格されています。電話やインターネットから機器をON/OFFするためのものです。
IFUを分解し、回路図を起こしてみました。
IFUには機器(クーラー)にON/OFFを伝えるコマンド側回路と機器のON状態、OFF状態を伝えるステータス(モニター)回路が入っています。それぞれにフォトカプラが1つづつあり絶縁して...続きを読む

Aベストアンサー

1.入出力端子のセラミックコンデンサ
 これは入出力端子に挿入された抵抗と一体で働き、いわゆるLPFとして機能します。つまりノイズによる誤動作を避けるためです。

2.テレコンからの信号入力端子に挿入された10kの抵抗
 この抵抗がないと、フォトカプラのダイオードがONとならない電圧レベルではコンデンサに蓄えられた電荷の逃げ道は、テレコン側から逃がさなければなりません。
しかし、もしテレコン側がリレーその他の手段で電圧のON/OFFをしているとすれば、テレコン側からの逃げ道がないことになります。
それを避けるために、テレコン側から電圧がかかっていない場合には確実にコンデンサの電荷を0にまで放電するように、この抵抗を設けてあります。

Qフォトカプラの並列化

フォトカプラに入力する無接点信号を他のフォトカプラでも使いたいために図1のような横取りを考えました。しかし、信号を分岐(横取り)する場所の制約から図2のような回路になってしまうことがわかりました。これでは、矢印のような電流が流れるショート回路になってしまうので困っていましたが、フォトカプラはダイオードなので極性があるので図3のような回路を構成することができるのではないかと考えました。
2つのフォトカプラに適当に抵抗を入れて電圧を調整すればよいのではないかと思うのですが、この場合、保護ダイオードを入れることはできなくなりますが、大丈夫なものでしょうか?
まずはテスト回路を作ってみようと思いますが、気をつけることなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

今晩は、

回答へのお礼、ありがとうございました。


ダイオードが入れられないようですので、代わりの手としてはスイッチに並列に0.1uF程度のセラミックコンデンサを極力スイッチの近くに接続すればスイッチがOffの瞬間に出るスパイク電圧は吸収可能です。もし、長い配線ラインに外部からの誘導がある場合には更にフォトカップラのダイオードのアノードとカソードに並列に同じコンデンサを追加すればOKかと思います。

Q磁力に反応する「 透明電磁フィルム 」ってご存知?

質問です。

 透明導電性フィルムのようなイメージなのですが、
磁力に反応する透明フィルムのようなものって、だれかご存じないでしょうか?


とても困っています。

ヒントだけでも構いませんので、アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>そのフィルムを、絶縁性の液体を入れた水槽の底に沈め、
>水槽の底部から磁石で操作することで、

絶縁性の液体である意味はわかりませんが、
要するに
水槽の底から磁力の強弱をコントロールし、それに応じて
離れた場所(数十センチくらい?)にある「透明フィルム」を動かしたい、という事ですか?

そんなフィルムは聞いた事ありません。多分ないと思います。

Qフォトカプラについて

500ボルト直流電源とファンクションジェネレータの間にフォトカプラを仲介としてon/off回路を作りたいのですが、どのフォトカプラを使えばいいのかわからなくて、こまってます。直流電圧は実際のところ150ボルトぐらいまでしかあげません。どうか教えてください。
あと、フォトカプラについて何でもいいので教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

FGの周波数や波形(応答特性)等が分からないので比較的低い周波数(100KHz程度)までを想定し、取り付た際のピン間隔を考慮しますとシャープ製のPC512あたりは使い易いと思います。 500V程度であればDIPタイプの物でも構わないと思いますが、念の為。

ところで、FGとDC電源のグランドは共通に出来ないのですか? もし、グランドを共通に出来ればアイソレーターの必要性は無くなりますが、、、。

参考URL:http://www.sharp.co.jp/ed/device2000/jsite/selection/data/opt016.html

Qhttp://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/21000

http://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/210000

このサイトのようにコンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか? できるようになるとしたら何年後でしょうか?
また できたとしても本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?

Aベストアンサー

>コンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか?
もう出来ているかも知れませんが、結構メンドイ。
>本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?
これは簡単で天才数学者アラン・チューリングが定義した「チューリング・テスト」というのがあり、面倒ですが手続は既に決まっています。


人気Q&Aランキング