『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

7月2日放送のモニタリングで、加藤茶が、妻の彩菜(字あってる?)に、1億円の保証人になったという放送が、やらせだという話が出ているが、私はやらせではないと思う。
やらせだと思うということは、あやなが恐妻だということ。
私自身、その番組を見ていて、感動して、思わず涙が出てしまったのですが・・・
やらせだということは、「あそこまでやったら、喧嘩するに(要するに、あやなが恐妻という意味)決まっているというこよです。
みなさんに、特に番組を見た方にお聞きします。
あのコーナーは、やらせだと思いますか?私は、感動して涙が出てしまったのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は録画して観ましたが、とても感動しました。

もちろんやらせじゃないと思います。もしやらせだったら「加藤茶が昔本当に1億円だまされた話」はしないと思います。彩菜さんは、かっこよくて優しい奥さんですね。「お金なんか残さなくていい!」というセリフ、今でも印象に残っています。
    • good
    • 0

問題のVTRは見ていないけど、人間極限の状態になったら覚悟を決めて、行動するもの。

(ただし、きちんとした人格がある人に限る)普段の恐妻ぶりも愛情の裏返しなのかもしれないし。

あなただってあるでしょう?らしくない行動をしたなって思うとき。
    • good
    • 0

ちょうどそこだけ見てました。


最前からバッシングを受けてきた綾菜さんです。
もしかして汚名すすぎのやらせ?という疑惑も持ちつつ見てました。
でも単純に私もウルッときましたよ。
男前の嫁やなあ!女はこうでなくっちゃ!と。
本当はかなり動揺し苛立ち悲しんでいたという心中も窺えました。
それでも離婚はないと即答。女の覚悟がみてとれました。
あれを演技でやっていたなら女優になれますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング