知人が有限会社を設立するとの話があり、その時に資本金の一部を
出資しました。もともと個人事業主で仕事をしており、
今後も個人事業主として仕事の協力をするという条件で取締役に
なったのですが、会社の登記後に以下の内容を聞かされました。

・有限会社の取締役は個人事業主ではできないため社員になる必要がある。
・よって社会保険・厚生年金に強制加入となる。
・給料は月給固定制となる。

書類上の手続きはすべて終わっているので、
この内容に従わなければないのでしょうか。個人事業主を続けたければ
取締役を辞任するしか方法がないのでしょうか。

A 回答 (2件)

貴方が個人で事業をしていても、別の有限会社の取締役にはなれます。


あなた自身は、普段は、個人での事業に専念しているのでしょうか、それともその会社で働いているのですか。

その会社に、常勤で報酬(給料)を貰っていれば、社会保険に加入する必要があります。
無報酬ならば、保険料の計算が出来ませんから、社会保険の加入は出来ません。

非常勤取締役ならば、社会保険の加入は必要ないでしょう。

また、個人での事業と、その会社の業種が同じ場合は、会社の役員(取締役)をしながら、個人で競合する事業をするのは、問題があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございます。以前の会社(10人程度)では
取締役は常勤なのに個人事業主をしており、そのようなことが
できると思っていたので、勉強になりました。

お礼日時:2001/06/15 09:21

 法律面では#1の通りですので、事前に聞いてなければ、あなたは知人に確認して、内容が承服できないのであれば、知人(会社ではありません)に対して、持分の引取りと取締役の辞任を請求することになります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。事前に説明がなく手続きが終わって初めて、私が希望する内容では無理だといわれたので、少し納得がいきませんでした。
皆さんに回答いただいた内容を参考に、知人と話し合いをしようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/15 09:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特例有限会社の辞任による取締役変更登記について教えてください。取締役A

特例有限会社の辞任による取締役変更登記について教えてください。取締役ABC 代表取締役ABがいますが、このたびCが辞任します。Cの退任登記のほかに、何かほかに登記をしますか?
定款には、取締役5名以内置く。当会社には取締役が2名以上いるときは、取締役の互選により代表取締役を定める。ただし、代表取締役2名置くことを妨げない とあります。

Aベストアンサー

「会社を代表しない取締役の不存在により代表取締役の氏名抹消」で良いです。取締役が2名となったからといって、会社を代表する代表取締役が不存在であるとは限りません。例えば、取締役Cが辞任した同日に代表取締役Bが代表取締役「のみ」の辞任をすれば、Bは代表権のない取締役として残っていますから、代表取締役Aの氏名抹消はする必要はありません。(もちろん、代表取締役Bの辞任登記は必要です。)
 取締役が1名となった場合は、「会社を代表する取締役」と「会社を代表
しない取締役」が混在しませんから、「取締役が1名となっため代表取締役の氏名抹消」をすることになります。

Q有限会社取締役の辞任と出資金について、また、法改定後の違いは生じていますか?

 とある有限会社の社員(出資金を出しています)であるとともに、当該社の代表権のない取締役の地位にいます。事情に因り、近々自ら書面交付を伴わせて取締役を「辞任」する予定です。
 さて、出資者(社員)であることと役員であることは別個である点を認識しておりますが、当該社との関係を一切絶ちたいため、取締役辞任に伴い、出資金の回収を考えています。その際、「私の持分譲渡を、残る全ての社員が拒み、故に、私が譲渡先(当然、社員以外の、同意を得た個人または法人となりますが)を指定、しかし、法定議決を満たす条件で当該も拒む」という状況に陥った時、どのような抗弁を用意できるでしょうか? 本件での有限会社は、法改正後の現在も株式会社に変更されていません。最近の会社法改定に伴い、法改定前との解釈等の違いは生じているでしょうか。ご教示を宜しくおねがいいたします。

Aベストアンサー

従来の有限会社は、会社法施行により株式会社として扱われます。すなわち、持分は株式、出資一口は一株、社員は株主とみなされます。ただし、商号中に有限会社という名称を使用しなければなりませんし、決算の公告義務がないなど、通常の株式会社と違うところもありますので、このような旧有限会社を特例有限会社といいます。
 特例有限会社の定款には、「その発行する全部の株式の内容として当該株式を譲渡により取得することについて当該特例有限会社の承認を要する旨及び当該特例有限会社の株主が当該株式を譲渡により取得する場合においては当該特例有限会社が会社法第百三十六条又は第百三十七条第一項の承認をしたものとみなす。」旨の定めがあるものとみなされます。
 従って御相談者が株主以外に株式を譲渡するには、会社(定款に別段の定めがなければ株主総会決議による)の承認が必要です。そこで、御相談者か会社に対して、「自己の所有する株式全部を甲野太郎に譲渡するので、その譲渡につき承認をせよ。もし、承認をしない場合は、会社又は会社が指定する人「指定買取人」が買い取れ。」という旨の請求をすることになります。(会社法第136条以下参照)
 これに対して会社が株式の譲渡承認をすればもちろん問題ありませんが、次のいずれかの場合にも会社が株式の譲渡を承認したものとみなされます。
1.御相談者から譲渡承認の請求を受けてから、二週間以内に会社が譲渡承認をするか否かの決定を御相談者に通知しなかった場合。
2.1.の期間内に、会社が株式の譲渡を承認しない旨の通知を御相談者にしたが、その通知から40日以内に、会社が買い取る旨の通知及び1株あたりの純資産に買取する株式数を掛けた額を供託したことを証する書面の交付をしなかった場合。(ただし、会社から指定された指定買取人がいる場合、譲渡承認をしない旨の通知から10日以内に、自己が指定買取人に指定された旨の通知及び1株あたりの純資産に買取する株式数を掛けた額を供託したことを証する書面の交付を御相談者に対してした場合は、除きます。) 

 それでは、会社が期間内に株式の譲渡を承認しない旨の通知をし、会社又は指定買取人が期間内に通知及び供託を証する書面を交付した場合はどうすればよいでしょうか。
 その場合は、御相談者は株式の買い取りをする会社又は指定買取人と売買価格について協議をすることになります。なお、買取の通知を受けてから20日以内に、会社(又は指定買取人)又は御相談者は、裁判所に対して売買価格の決定の申立をすることができます。
 上述の期間内(20日以内)に申立がされなかった場合は、その期間に会社(又は指定買取人)との協議が成立しない限り、1株あたりの純資産額に買取する株式数を掛けた額が売買価格となります。

従来の有限会社は、会社法施行により株式会社として扱われます。すなわち、持分は株式、出資一口は一株、社員は株主とみなされます。ただし、商号中に有限会社という名称を使用しなければなりませんし、決算の公告義務がないなど、通常の株式会社と違うところもありますので、このような旧有限会社を特例有限会社といいます。
 特例有限会社の定款には、「その発行する全部の株式の内容として当該株式を譲渡により取得することについて当該特例有限会社の承認を要する旨及び当該特例有限会社の株主が当該株式を...続きを読む

Q個人事業主の青色事業専従者について

色々調べても例として載っていなかったので教えてください。

事業を自分と友人の二人で開始するのですが、友人は大学院生なので青色事業専従者に該当するのでしょうか?また、青色事業専従者給与に関する届出は収益が発生して給与を与えれるようになってから税務署に提出しても良いのでしょうか?

またこの場合友人は扶養から外れるべきなのでしょうか?

ぜひ教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>友人が従業員となった場合何か税務署に提出する書類はあるのでしょうか…

給与支払いに関する諸届けが必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm

>また友人は扶養から外れるべきですか…

同じことを何度も聞くのは止めましょう。

まあ、もう少し詳しく言うと、
税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
あなたが給料をいくら払うかによって、従業員の親がサラリーマンなら「年末調整」で、親が自営業等なら「確定申告」で、扶養控除を取れるか取れないかが変わってきます。

Q取締役辞任届を無視して、先に辞任

取締役1名、取締役非設置会社の代表取締役だったのですが、2月末日に
内容証明で辞任届を送付して受けとられたにもかかわらず、まだ登記を
変更してくれません。

この状態で、残った二人の取締役が先に自分達の取締役辞任登記を行い、
私を取締役に残す、と言っているのですが、そんなことなんて可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず質問内容ですが、質問と回答の流れを見る限り、
1 質問者様の辞任時には取締役は3名で、
2 取締役会非設置会社であり
3 代表取締役は質問者様1名のみであった。
4 また、配達証明付の内容証明によって取締役の辞任届けを送付した
ということでよろしいでしょうか。

会社法上質問者様の辞任届けが到達した際に、質問者様は取締役を退いたことになるかと思いますが、それを無視して先にほか2名の方の辞任登記がなされてしまった場合、質問者様は権利義務を承継する為に取締役の地位を退くことができず、またそれによって代表取締役の地位もそのまま承継されることになります。

また、回答者様とのやりとりの通り、もしも代表取締役が質問者様一人しか居なかったにも係らず登記申請が書類の偽造によって質問者様の名前でなされてしまった場合、偽造者は偽造罪に該当し刑法での処罰を受けることになりますが、会社の登記の抹消は民事訴訟によるしかないと思います。
この場合に会社実印などを他の取締役の方に預けていらっしゃるということであれば、偽造したものであることを質問者様のほうで立証するのは大変かもしれません。
(後日の証拠の為に送付証明などは大切に保管されたほうがよいと思います)

まずは弁護士などに相談のうえ、登記がまだであれば話し合いをする、或いは、登記されてしまったのであれば登記簿謄本でいつ付けの日付でほか2名の取締役の退任登記がなされたかを確認し、自分の内容証明送達前の日付であるか確認したり、利害関係があることを証明した上で、その際の登記申請書類の閲覧などをなさって対策をたてたほうがよろしいかと思います。

まず質問内容ですが、質問と回答の流れを見る限り、
1 質問者様の辞任時には取締役は3名で、
2 取締役会非設置会社であり
3 代表取締役は質問者様1名のみであった。
4 また、配達証明付の内容証明によって取締役の辞任届けを送付した
ということでよろしいでしょうか。

会社法上質問者様の辞任届けが到達した際に、質問者様は取締役を退いたことになるかと思いますが、それを無視して先にほか2名の方の辞任登記がなされてしまった場合、質問者様は権利義務を承継する為に取締役の地位を退くこ...続きを読む

Q代表取締役の辞任方法、代表者印鑑の管理、辞任方法

友人からの相談ですが、知識不足のため良案が浮かびません。
皆様のお知恵をお貸し下さい。
相談内容:友人Aは現在株式会社の代表取締役で、株式保有数は70%です。昨年12月に一回目の手形不渡りを致しました。その際、代表者を代えて新規に別会社を立ち上げて営業しようと400~500万円をAと友人で準備したが、当時Aの会社の借金に担保提供しているBという人が、不渡りした手形を買い戻す資金(数十万円)を出し、今後も会社継続させるために、資金繰りは手伝うと申し出た。その際代表印や通帳はBが保管する事とした。Aは前述の400~500万を今後の資金繰りのためにBへ提供した。Bはその後の給料や銀行の返済等のため、600万円ほど自分の金を注ぎこんだ。しかし、Bが実権を握ってからはAに対する役員報酬は全く支払われず、困窮したAは代表取締役を辞任したいと私に相談。Bの息子(50歳)がAの会社の社員ですが、BおよびBの息子共、取締役でもなく株式も保有していない。Bは社員ですらない。
調べたところ、辞任届を提出しても後任の代表者が決まらない場合はその権利義務は続くというようです。
辞任しても、会社の借金の保証人の責を今後も負うのは理解しているのだが、報酬が支払われていないので、生活できない。
弁護士に相談したところ、難しい問題だがBを追い出し、Aが実権を握って商売を続けるのは、まず無理でしょうという答えでした。
このような状況下で、別会社に就職しようにも出来ないAが、辞任するにはどのような方法があるのでしょうか。
また、辞任できたとしても、後継の代表取締役が決まらない状態では権利義務が継続するらしいので、別会社への就職は出来ないのでしょうか。賢明な読者諸氏のお考えをお待ちいたしております。

友人からの相談ですが、知識不足のため良案が浮かびません。
皆様のお知恵をお貸し下さい。
相談内容:友人Aは現在株式会社の代表取締役で、株式保有数は70%です。昨年12月に一回目の手形不渡りを致しました。その際、代表者を代えて新規に別会社を立ち上げて営業しようと400~500万円をAと友人で準備したが、当時Aの会社の借金に担保提供しているBという人が、不渡りした手形を買い戻す資金(数十万円)を出し、今後も会社継続させるために、資金繰りは手伝うと申し出た。その際代表印や通帳はBが保管す...続きを読む

Aベストアンサー

実社会ではよくあります。 Bは代表取締役にはなりません。 
表に出たくないのです。 裏で非合法なことをするため
借金が増えて、完全に倒産することがおおい

裁判所に判決を貰えば、職権で抹消登記申請してくれます。
仮代表者は裁判所が選任してくれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報