教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

タイムマシンは作れない証明書


タイムマシンを語るには、複数の時間の正体を、知る必要がありますね。


<<時間>>等と、一口に言っても、まったく無関係な複数の時間の正体を御存じですか??


①(物質M)の移動時間 移動距離÷速度= 移動時間
②(物質M)の停止時間 物質Mを移動させない、停止状態、固定状態の時間
③ 作業時間 作業速度×分量 =作業時間
④(物質M)の出現~消滅迄の、存在時間 (ニュートン時間)
⑤ 地球取り決め時間 東京時間、ニューヨーク時間、ロンドン時間、等々、
⑥ 計測地点の違いによる誤差時間 (アインシュタイン時間)
⑦ 新発明の時間。。等々。。

このように、複数の時間は、まったく別々であり、無関係ですね??

。。


タイムマシンの信者さん達は、これらの複数の時間を、ごちゃまぜ思考しているのです。


つまり、理解出来ていない理論を、理解出来たフリをしているのですね。(笑い)
。。。


アインシュタイン博士の、時空の時間とは、(⑥計測地点の違いによる誤差時間)ですね。
つまり、アインシュタイン博士は、A地点、B地点、C地点、と、距離である、空間があれば、その距離の違いによって、時間には誤差が生じる、つまり、この世に同時など無い。。としています。

この、<⑥ 計測地点の違いによる誤差時間 アインシュタイン時間>と、
④(物質M)の出現~消滅迄の、存在時間 (ニュートン時間)とは、まったくの無関係である事は、理解出来る事でしょう。

。。

ですから、物質Mを光速で移動させても、光速の2倍の速度で移動させても、移動速度は移動時間には、影響はあるでしょうが??

しかし、ニュートン時間である、物資Mの出現~消滅迄の(存在時間)が遅れる?・早く進む?・等の影響は、まったく有りませんね。。
どんなに速く移動させようとも、固定、停止状態にしようとも、ニュートン時間である、存在時間には、何の影響も有りませんね。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



つまり、特殊相対性理論の言う、超光速で移動している物質Mは、<<時間>>の進み具合が遅くなる。??などの現象は、有り得ないのですね。。

いったい、①~⑦迄の、どの時間が遅れるのですか??
計測地点の違いによる誤差時間である、アインシュタイン時間は、遅れるのではありません。。遅れてからでないと、認知出来ないだけです。。





タイムマシンの信者さん達は、アインシュタイン時間とニュートン時間のごちゃまぜ思考である事が理解できるでしょう。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

①(物質M)の移動時間
②(物質M)の停止時間
③ 作業時間
これらの時間は、④(物質M)の出現~消滅迄の、存在時間 (ニュートン時間)に含まれていますね。。

つまり、①~③の時間をどのように変化させても、タイムマシン時間である、④(物質M)の存在時間には、何の影響も有りませんね。。

アインシュタイン博士の時空の時間としている時間とは、A地点とB地点では、光で時間を伝えるので、互いに光の速度と距離に「応じて、誤差時間が生じる、としているのです。
そして、アインシュタイン博士の動いている物質Mは、時間の経過が遅れる。?・などとしているのは、(物質M)の移動速度と、光の速度との誤差時間で、感知するのに誤差時間が生じる。だけなのです。。

ですから、タイムマシン時間である、存在時間が遅れる訳では有りませんね。。
つまり、タイムマシンは、理論的に作れませんね。。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2015年  7月 10日  改定版
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この事は、私が、昨年に、ネイチャー誌に論文発表しました。。
残念ながら、ネイチャー誌さんでは、新発見の理論は否定できないが?・紙面の都合で掲載出来ないので、他誌での発表を期待しています。などとのお返事でした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



上記が、私が、タイムマシンを 否定する理由です。。

矛盾など、ありましたら、御指摘をお願いします。

よろしくお願いします。。



よろしくお願いします。。

では、今日は、この辺で。。

ごきげんよう。

逆転地蔵

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    東京ドームを、宇宙空間と仮定します

    ①(A物質)を移動させると、(A物質)に移動時間が錯覚発生しますね
    ②(B物質)を停止、固定状態にすると、(B物質)に、静止時間が、錯覚発生しますね
    ③ (C)が 作業する事で(C)に、作業時間が錯覚発生しますね

    つまり、同じ、東京ドームと言う、宇宙空間で、まったく無関係な、時間が、それどれの物質に、錯覚発生するのですね
    しかし
    ①~③迄の、時間がどう変化しようとも、 ニュートン時間である、存在時間だけは、変えられない。
    つまり、移動時間も停止時間も、作業時間も、すべての時間は、存在時間に含まれているのですね。

    ニュートン時間である、出現から消滅までの、存在時間とは
    それどれの、物質Mの姿、形、性質等が?それどれの物質の持つ、変化進行形の性質による、
    変化の様子によって、錯覚発生する現象である事が、理解出来る事と思います。



    逆転地蔵

      補足日時:2015/07/11 13:00
  • どう思う?

    つまり、それどれの(物質M)に、それどれの、出現から消滅迄の存在時間が錯覚発生するのですね。
    つまり、(物質M)一つ、一つに、それどれの、存在時間があるのですね。。

    そして、それら、すべての物質の集合体として、宇宙全体の存在時間が錯覚発生するのですね。

    ですから、一口に、存在時間と言っても、
    それどれの単独の(物質Mの存在時間)と、(宇宙全体の出現から消滅迄の存在時間)があるのですね。

    つまり、二種類の存在時間が錯覚発生しているのですね。。

    。。。。。。。。。。。

    これが、理解出来ると、タイムマシンは、理論的に製作不可能である事が理解出来るでしょう。。

    。。。。。。。。。。。


    ありがとうございました。。

    逆転地蔵

      補足日時:2015/07/11 13:14

A 回答 (6件)

ごあいさつありがとうございます。

私が見ていてお得意の「(T)=(M±)±(E)」なのですが、理解しにくいのは、それぞれの文字が表わす内容のご説明が足りないからでは無いでしょうか。
これらの文字が表わすものが、例えばスカラー、ベクトル、それともテンソルで単位や次元があるのか?
それとも函数なのか?あるいは演算子なのか?
>M±
はM+とM-の二つがあるのか、それとも常にM±の形なのか?
>(M±)±(E)
の演算子±はごくありふれた実数(スカラー)の和や差なのか(ベクトル、テンソルでも構わない)、それともご質問者様が仮に±と表わしただけで非常に高次な演算子なのか?
それが分かると支持者も増えると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素晴らしいです。。
さすがは、東大出の理博だけの事はありますね。。
素晴らしいです。。
。。

物質Mの、変化進行形の性質を(M+)&(M-)&(M0)で示しています。

つまり、(M±)とは、(大の世界の相対論の確定)と、(小の世界の、量子論の未確定)を示しています。

これを詳しく説明すると、それだけで、論文になりますので、ここでは、省略しています。

疑問のご指摘を、ありがとうございました。。

お礼日時:2015/07/12 15:27

行ったきり戻れないとタイムマシンの意味なし、とは考えますが、今の自分が、例えば30年後に知り合いに会うだけで良いのなら、人間を何らかの方法で保存、「解凍(に順ずる方法)」が出来れば、それも一種のタイムマシンと呼べないでしょうか? 同じ理由で、周りの人間にとっては貴方は過去の人なので、彼等は一種の過去に行ったと同じ状況。



自分自身の居る未来、過去に一瞬にして行けるとはわたしも思っていません。但し、一人称が1人で良ければ同じ事に近い状況は可能だと考えます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

紳士なコメントに感謝します。

私は質問者ですので、ここが変だよ~、等の、私の理論の矛盾などの、ツッコミを期待しています。

。。。。。。。。。。。。。。。。

(ここは学問の討論の場ではない。)とする、意味不明な、誰かさんは、ま~~、ヨシとしても???
(ここは議論の場ではない。)などと、イチャモン馬鹿に、意地悪をされる恐れがあるンですね。(笑い)

上記の理由で、回答者さんの理論には、ここでは、私のコメントは差し控えさせて頂きますね。
まあ~~、即、ブロック、ブラックリスト決定ですけどね。。(笑い)

。。。。。。。。。。。。。。。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/13 10:12

すごいですね…正直ちんぷんかんぷんなところも多々ありますよ。

個人的には時間の流れがどこも一定(未来)に進んでいる(あくまでも人間目線で本当にそうかは?ですよね。)のに過去に行けるのか?って思うんですけどね。

まだ人類が知らない真理も多数あると思います。それも質問者さんのような方が一生懸命になって考えて導き出していってくれるって事なんでしょうね。

頑張ってください。世界の知識の扉を広げるのは皆さんの頑張り次第なんでしょう。

でもタイムマシンは出来るかも知れない。出来ないかも知れない。曖昧のままでも夢があっていいなぁ~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

紳士なコメントに感謝します。。

何時の時代でも、過去の常識を覆す理論の発表は、奇人、変人、扱いをされるようです。。(笑い)

私の得意な、?? 「(T)=(M±)±(E)」も、単位が違う。。などとして、笑う人物もいます。(笑い)
まあ~~、確かに、(M±)±(E)=決して、(T)にはならない。。(M± & or E )ではありますね。。

だから、錯覚発生現象だと言っても、理解したくない?理解出来ない?人物には、デタラメの数式に見えるのでしょうね。
。。
。。。。。

残念ですが???

タイムマシンが作れない事を、証明してしまいました。。等と、自分では思っています。

申し訳ありませんでした。。ゴメンナサイ。。(笑い)


理論の正否は、読者の皆様にお任せします。


ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/12 16:26

時間を細かく定義されていて、非常に面白いのですが、相互の「時間」の間にどの様な意義の差があり、それらを関連づける哲学的方法論が示されていないので、the Nature 誌は他の雑誌へ廻したのだと思います。


と言うのは現在のパラダイムでは、特殊相対論に現われる「複数の並進する観測者が観測する光速度は等しい」というアインシュタイン先生の非常に簡単な時間の定義を採用した方が簡単だからです。
ご質問者同様多くの科学哲学者は時間には種類があると考えられておられる様で、専門雑誌もある様です、残念ながら私は部外者なので知りません、なおその考え方が主流になれないのは、ご質問者の時間に関する定義について私が指摘した様に、異なる定義の時間の間に「時間学者」間で一向に統一がとれないからの様です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

紳士なコメントに感謝します。。
タイムマシンの信者さん達は、時空理論の時間とまったく、無関係な④存在時間をごちゃまぜ思考しているのです。
この事は、東京大学の○○教授でさえも誤解しているようです。

ここでは記載していませんが、科学者の世界では、実験結果の証拠や、数式を示さない理論は、空論、妄想、として、誰からも相手にされません。

そこで、④存在時間の正体を、世界で始めて、私が数式で示しました。

宇宙時間方程式 (④存在時間 T )=(物質M±)±(エネルギーE)となります。

つまり、(④存在時間)とは、(物資M±)& (エネルギーE)が、互いに変換を繰り返す事で、錯覚発生する現象である。としたのです。
道路のトンネルの穴、食べる食品の穴、太陽光の下での人体の影
これらは、物質によって錯覚発生する現象です。

常人は、穴が有る。と言う。。 影が有ると言う。
しかし、私の理論では、穴など無い、物質Mの中身が穴の形に無い、存在しないだけです。
影など無い。本当は人体に光が遮断されて、光が無い。のです。

④存在時間とは、物質Mが変化しているだけなのです。。変化の様子によって、錯覚発生する現象なのです。
ですから、穴や影と同じく、有っても無いのです。

宇宙とは、無から、ビッグバンに始まり、膨脹拡散の果てに、絶対零度迄、冷却される。これをビッグフリーズと言います。しかし、これでは宇宙は終わらない。
絶対零度迄、冷却縮小された物質Mは、膨脹拡散が停止、今度は、反転、縮小に転じます。
これは、小さな物質は、遠くに移動出来ない性質が有るからです。

さて、縮小の極みとは、フアイナルブラックホールです。
フアイナルブラックホールの最後は、ビッグクランチです。
しかし、ビッグクランチでも、宇宙は終わらない。。
縮小消滅したか??に見えた瞬間。。まったく新しい、ビッグバンの始まり。。

つまり、宇宙は、物質Mとして、自分で、自分を産み、消滅を試みるのですが、けっして、無にはなれない。
(有である物質M)と、(無であるエネルギーE)が互いに変換を繰り返しているのですね。
つまり、有と無のせめぎ合い。

(T)=(M±)±(E)とは、宇宙の正体であり、存在時間の正体でもあるのですね。


新発見の理論の正否は、読者の皆様にお任せします。

ありがとうございました。


逆転地蔵

お礼日時:2015/07/11 01:15

前提としているものが覆ったら・・・覆るかどうかは別として、そう考えたらタイムマシンを作ることができると言うことでよいのか。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

紳士なコメントに感謝します。
タイムマシンを作るには、宇宙すべての、④存在時間を逆行させる必要があります。
アインシュタイン理論と存在時間はまったくの無関係ですからね。
④存在時間だけは、変えられないのです。。
何故ならば、④存在時間とは、影や穴のように、物質Mの存在によって、錯覚発生する現象だからです。
したがって、いかなる方法を持ってしても、タイムマシンは作れません。

影や、穴の形を変えて、物質Mの形を変える事が不可能な事と同じです。

ありがとうございました。。

お礼日時:2015/07/11 00:17

いやあ~!!凄いですね。

本格的に、そして、論理的に結論でちゃうんですね。
決して馬鹿にしている訳ではありません。
ただ、ただ凄いなと感心しただけです。

それでも、素人ながらのご意見として、そもそもタイムトラベルが必要となる状況って、一体どんな状況なんでしょうね。
そもそも、必要とされる段階での、タイムマシーンとは、一体何が目的で作るんでしょうか。
過去改変が、必要とされる程の差し迫った状況。
それとも、失われた未来の為の、過去へさかのぼっての改変?

そう思うと、決まって頭をよぎるのは、SFみたいな終わり方である無限のループ。ですよね。あるいは、世界線ってやつが、移動してしまう?
まあ、夢があって、その上、とっても恐ろしい事だと思いますが、そもそもの目的がはっきりしないタイムマシーンなって、非現実すぎて誰も開発しない気がします。

ただ、誰もやらないこに意味がある。
何って言う、マッドサイエンティスト。
ですかね、まるでアニメのシュタインズ・ゲートみたいで、ちょっと悲しくなります。

あっ、これって、本当に馬鹿にしている訳ではありませんよ。真面目な話、私自身、とっても興味がある分野なので、少しばかり驚いただけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

紳士なコメントに感謝します。。

タイムマシンを作りたくて、時間の正体を研究しました。

結果的に、この論文発表となりました。。

ネイチャー誌が、新発見の理論を、否定出来ない。としたのに、掲載されなかった事が残念です(笑い)

ありがとうございました。。

お礼日時:2015/07/10 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング