自営業をはじめ、今年から青色確定申告を行う予定です。
勉強不足やわかっていないところもあり無知で申し訳ないのですが、割やすく教えていただけると幸いです。

今お仕事をもらっている会社で、年度末の支払調書は発行するものの月々の請求書や明細書を発行してくれないところがあります。(月何個と決まっているので、売上個数や売上金額がわからなくなることはありません)
毎月売上が振り込まれる際、振込手数料を引かれた金額が振り込まれているのですが
会計ソフトに打ち込む場合は振込手数料を引いた振り込まれた金額を売上とするのか、振込手数料を引かれる前の金額を売上として打ち込むのかどちらがいいのでしょうか。
後者の場合、実際に入ってくる金額にズレがあるのですが、振込手数料をそのなかから自分で計算して別に打ち込むなど何か必要な手順はありますでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 書き方が間違っていました。
    申し訳ございません。
    請求書の発行はしないし、先方からの納品書もありません。
    つまり、毎月決まった金額を口座に振り込まれるという形です。
    支払調書に関しましては、執筆業ですので原稿料を受け取っています。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/07/13 18:20
  • うれしい

    ありがとうござます。とてもわかりやすくて参考になりました。

    決まった金額を振込まれるだけ、と書きましたが
    これは私の方で月末を締め日とし(納品書・請求書がないためこちらで締め日を設定)、口座振込日に口座を確認して振り込まれていた金額を登録するということでよろしいでしょうか?

    知識が乏しく、初歩的な質問を返して申し訳ありません。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/07/13 18:26

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

原稿料でしたら確かに、請求書等のやり取りをせず支払通知書で済ませてしまうケースが少なくありませんし、それすらないケースも聞きます。



売上は、振込手数料控除前の金額で計上してください。それが簿記会計上あるべき処理だからです。売上値引が正しいとする回答があるようですが、支払手数料などで計上しても税務では値引きとして扱うというだけの話であり、誤りです。なお、ご存じと思いますが、振込手数料のほか、源泉所得税も控除される前の金額で売上を計上することになります。

控除された振込手数料は、入金日に次の仕訳を切れば大丈夫です(科目と金額は一例)。
(借方)
普通預金 4,160
支払手数料 840
(貸方)
売掛金 5,000

なお、月何個と決まっているのでしたら、締日の設定は、なるべくなら先方の締日に合わせることをお勧めします。そうすれば、原稿料の入金時に一部入金漏れがないかどうかを確認しやすくなります。先方の締日は、問い合わせれば教えてもらえると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かり易いご説明、本当にありがとうございます!
無知で数字に弱い私ですが、ATGtjafba様のご説明がすごくしっくり納得することができました。
続いて、請求額と振り込み額の違いについて別の質問をさせていただこうと思っているので
もしお手数でなければ再度お知恵を貸していただけませんでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

お礼日時:2015/07/16 12:33

No.2です。



>これは私の方で月末を締め日とし(納品書・請求書がないためこちらで締め日を設定)、口座振込日に口座を確認して振り込まれていた金額を登録するということでよろしいでしょうか?

月末を締切日とすることが決まっているのであれば、やはり、

・7月31日付で、振替伝票画面に登録する。

7月31日
〔借方〕売掛金 400,000/〔貸方〕売上高 400,000
【摘要欄】7月31日締め売上

・口座振込日の8月20日に事業用普通預金口座への振込を確認してから、8月20日付で振替伝票画面に登録する。

8月20日
〔借方〕普通預金 399,568/〔貸方〕売掛金 400,000
〔借方〕支払手数料  432/
【摘要欄】7月31日締め売上が入金
    • good
    • 0

>振込手数料を引いた振り込まれた金額を売上とするのか、振込手数料を引かれる前の金額を売上として打ち込むのか



後者でなくてはなりません。


会計ソフトの振替伝票画面に次のような手順で仕訳を打ち込んで下さい。

・7月31日、得意先へ7月分の売上40万円を請求した(請求書を発行した)

7月31日
〔借方〕売掛金 400,000/〔貸方〕売上高 400,000
【摘要欄】7月分売上

・8月20日、得意先から7月分の売上が事業用普通預金口座へ振り込まれた。その際、振込手数料が差し引かれた。

8月20日
〔借方〕普通預金 399,580/〔貸方〕売掛金 400,000
〔借方〕支払手数料  420/
【摘要欄】7月分売上が入金


以上、税込経理方式の場合。


頑張って下さい。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

>月々の請求書や明細書を発行してくれないところがあります…



何か考え違いをしていませんか。
請求書は、お金をもらう側が書くものですよ。
脱サラしたての方かと想像しますが、サラリーマン気分ではいけませんよ。

>会計ソフトに打ち込む場合は…

請求額 100円、引かれた額 10円、差引 90円が振り込まれたとして、

・その仕事が終わったとき、
【売掛金 100円/売上 100円】

・入金されたとき
【普通預金 90円/売掛金 90円】
【売上値引 10円/売掛金 10円】

>振込手数料をそのなかから自分で計算して別に打ち込むなど何か…

振込手数料とは、自分がどこかへお金を送る際、自分が銀行に払う手数料のことです。
もらうお金に、振込手数料は関係ありません。

もらうお金が引かれるのは、財布を下げて集金に行ったら
「少し負けてよ」
といわれて、値引きしてあげたのと同じで、「売上値引」という経費です。

ついでに言っておくと、買掛金や経費の支払いの時、振込手数料分を引いて振り込むときは、
仕入れたとき
【仕入 100円/買掛金 100円】
振り込んだとき
【買掛金 90円/普通預金 90円】
【買掛金 10円/仕入値引 10円】
【支払手数料 10円/普通預金 10円】
で、仕入値引は「雑収入」になります。

>年度末の支払調書は発行するものの…

具体的にどんなお仕事ですか。
支払調書とは、一部の職種で所得税を前払い (源泉徴収) させられたときに交付される法定書類です。
一部の職種以外は、支払調書など無縁ですよ。

しかし、個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
この回答への補足あり
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簡易簿記で、代金引換郵便で郵便局に支払う「送金手数料」の科目は、「荷造運賃」でしょうか、「支払手数料」でしょうか?


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


この場合の簡易簿記への入力は、
「ゆうちょ銀行振替預金勘定帳」という帳簿に、

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 荷造運賃  代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?
それとも

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 支払手数料 代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?


つまり、代金引換郵便の郵便局に支払う「送金手数料」が、
「荷造運賃」になるのか、「支払手数料」になるのかが、よくわかりません。

(ちなみに、発送時は、

・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円

の合計270円を、郵便局に支払っており、
こちらは「荷造運賃」で問題ないと思います。)

おわかりになる方いらっしゃいましたら、お教えいただけませんか?
どうぞよろしくお願いします。


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


こ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は経験がないのでもうちょっと調べてみました。
送金手数料とは回収件数・金額は関係なく、一度の振込にかかる振込手数料のようです。
(みずほ銀行だと手数料がかからないようですが……???)
代引手数料は1件にかかるサービス料(仲介手数料)ですね。

ということで、勘定科目の支払手数料とは振込手数料、顧問料などに使用するので、郵便局の送金手数料120円は「支払手数料」とし、
販売手数料とは代理店手数料、仲介料などに使用するので、代引手数料の250円は「販売手数料」と訂正させていただきます。
荷造運送費は定型外郵便の送料120円だけとなります。

>販売手数料という科目がないようなので、この中で選ぶとすれば、経費の性質から判断して、科目を荷造運賃にすることも、可能なのでしょうか?

かかった費用を全部ひっくるめて荷造運賃で計上したいとあれば、特に問題はないとは思うのですが……。
だた、私としては荷物を送るためにかかった費用ではないと判断してますので、「支払手数料」として処理します。

法人会社だとうるさく言われることの方が多いので、気をつけていますが、個人なのであればそこまで神経質にならなくてもいいように感じます。
※勤め先が振込手数料を雑費とするのは、なぜなのか分かりません(^^; 規定にそう定められているので……。

参考URL:http://i.happy-advice.com/

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は...続きを読む

Q郵便振替で振込時の手数料

通販で買い物をして、申し込み時に「郵便振替」を選択し、相手側に口座間で1170円を送金しました。
こちらは「ぱるる」口座を持っていて、相手の口座も記号が[1○○○○]でした。
振込を始めると、ATMの画面に「手数料150円がかかります」と表示されたのですが、振込完了して明細を見ると「振替・通信料金 270円」と書いてありました。実際通帳からも270円引かれていました。
どういうことでしょうか?
また、手数料が60円になるのはどのような場合でしょうか?
初めて口座間で振込みをしたのでよくわかりません。
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

蛇足です・・・。

>こちらは「ぱるる」口座、相手の口座も記号が[1○○○○]
 ぱるる間送金で「電信振替」という手続きになります。
 送金手数料は郵貯ATMでの手続きだと一律120円です。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk10320.htm

>たしかにメッセージを入れました
 それは『通信文』で、受取人側に郵送される有料サービスです。
 「受入明細送付100円」「通信文50円」の計150円です。
※この料金は、ぱるる宛の通信文で掛かります。
----------------------------------------------------------------
>手数料が60円になるのはどのような場合でしょうか?
 送金手数料60円が適用されるのは、「一般振替口座」への
 「通常払込」という手続きです。 ぱるる口座へは通常払込の
 手続きをすることは出来ません。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk10211.htm

 通信代金や定期購読料やFC会費などの受取用に利用される
 「一般振替口座」で、記号が「0****」と0から始まります。
 これは「払込取扱票」という伝票で、郵貯ATMか郵貯窓口で
 手続きを行います。
 送金手数料:送金額1万円以下、ATM60円、窓口100円
 送金手数料:送金額10万円以下、ATM110円、窓口150円

 なお、送金手数料が無料になることはありません。
 払込人が負担するか、受取人が負担するかの二者択一です。
 伝票色で分かれていて、青色は払込人負担用、赤色は受取人負担用、
 で・・・勝手に受取人の負担で送金したらトラブルの元です。
 気をつけましょう。

 というより・・・前述したように、この払込取扱票での通常払込は、
 ぱるる口座宛には送金手続きをすることが出来ません。

蛇足です・・・。

>こちらは「ぱるる」口座、相手の口座も記号が[1○○○○]
 ぱるる間送金で「電信振替」という手続きになります。
 送金手数料は郵貯ATMでの手続きだと一律120円です。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk10320.htm

>たしかにメッセージを入れました
 それは『通信文』で、受取人側に郵送される有料サービスです。
 「受入明細送付100円」「通信文50円」の計150円です。
※この料金は、ぱるる宛の通信文で掛かります。
----------------------------------------------...続きを読む

Q支払手数料の取扱について

支払手数料という勘定科目の考え方として、手数料がかかるモノ、例えば郵便局から振り込む際の手数料、銀行に振り込む際の手数料、外国送金する際に係る送金手数料などは全て支払手数料として、解釈していいモノなのでしょうか?
どうかよろしくご協力の程お願いします。

Aベストアンサー

支払い手数料の内訳は会社(業種)によって変ってきます。A社にとって常時発生する支払い手数料の主なものは代理店への支払い手数料(口銭など)、B社にとっては金融関連の費用かもしれません。各社の事情に合わせて勘定科目を細かく決めて実行すればよいことかと思います。
会社によっては販売(営業)に関わるものは「販売費」の中の「支払い手数料」で処理し、銀行への手数料等は「営業外費用」の中の「支払い手数料」で処理しているようです。要は当社ではこの科目で処理するという一貫した方針が大事だと思います。

Q代引手数料について

郵便の代金引換サービスについて
「電信払込」を利用しています。

3万円以上だと送金手数料が735円
3万円未満だと送金手数料が525円

この3万円の対象金額ですが
1.商品代金 + 送料 
2.商品代金 + 送料 + 代引手数料250円
3.商品代金 + 送料 + 代引手数料250円 + 送金手数料525円

どれでしょうか?

3.の合計が3万円にちょうど達する場合
例えば
商品代金 27725円
送料   1500円
代引手数料 250円
送金手数料 525円

上記の送金手数料は735円になるのでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。金額を間違えていました。
代金引換 250円
送金手数料 525 円
引換金額(税抜)が3万円以上のため、印紙代が必要となります。
印紙代 200円
送金手数料と印紙代合計 725 円

ということで、印紙代も含まれて送金手数料が725円(735と書いてしまいました。ごめんなさい。)となります。
合計 30200円 から725円が差し引かれます。

ゆうぱっくの送料の計算はこちらでできます。http://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/youpack_choice.php
代金引換金額のところに30000円と入力して、
「運賃・料金内訳を見る」
をクリックすると結果に
「引換金額(税抜)が3万円以上のため、印紙代が必要となります。
印紙代 200円 * 1 個分」
と出てきますが、
29999で入力すると上の一文がなくなります。
「代金引換 250円 x 1個
※ 代金の送金には、別途、送金手数料が必要となり、
引換金額から送金手数料を差し引いた額が送金されます。
送金手数料 525 円 * 1 個分
送金手数料合計 525 円 」
という結果になります。
一度試してみてください。
計算はあっていると思います。

すみません。金額を間違えていました。
代金引換 250円
送金手数料 525 円
引換金額(税抜)が3万円以上のため、印紙代が必要となります。
印紙代 200円
送金手数料と印紙代合計 725 円

ということで、印紙代も含まれて送金手数料が725円(735と書いてしまいました。ごめんなさい。)となります。
合計 30200円 から725円が差し引かれます。

ゆうぱっくの送料の計算はこちらでできます。http://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/youpack_choice.php
代金引換金額のところに30000円と入力して...続きを読む

Q通販の支払いの手数料について

お世話になります。
通販での支払いでの手数料についての質問です。

ネットショップで買い物をするとき、銀行振込・クレジットカード・代引などでの支払いがありますが、その時に手数料が別途発生します。
その手数料ですが、銀行振込の振込手数料と代引の代引手数料などはお客様負担というところが多いのに対し、クレジットカードの場合の手数料はお店負担というのが多いように思います。
当然クレジットカードの場合も、カード会社に手数料を払うのに、それをネットショッピングでお客様負担にしているお店は余り見かけた事がないのです。

クレジットカードの手数料は無料(お店負担)・代引手数料無料(お店負担)や両方有料(お客様負担)は見かけても、クレジットカードの手数料はお客様負担・代引手数料は無料というショップは見かけた事がありません。

これは何か特別な理由があるのでしょうか。
ご存じの方がいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クレジットカード会社との契約によるものです。

すなわち その手数料はお店負担であり、客に請求しないという契約になっているはずです。

クレジットカードを使えることによって、客には振込みの手間や目先の現金の用意が要らないメリット
お店には カードが使える店だという信用と利便性によって集客を見込めたり取っぱぐれがないというメリットがあるのは言うまでもありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング