ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

僕の家庭は母も父も祖母もみんなタバコを吸っています。
タバコを吸い続けると寿命はどのくらい縮まるのでしょうか?
それと、どうしたらやめてもらえますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>タバコを吸い続けると寿命はどのくらい縮まるのでしょうか?


●10年と言われていますが、同一人物で実験することなんてできませんから、どうしてそう言えるのかは不思議に思います。
しかも、これは平均的なものですから、愛煙家でも長寿命のひともいれば、非喫煙者でも短命の人もいるのですから、人それぞれとしかいいようがありません。
動脈硬化やCOPDなどのリスクは高くなりますが、これもまた確率が高くなるというだけです。

>それと、どうしたらやめてもらえますか?
●本人がやめたいと思わない限りは無理で、体調も良く、タバコが美味しいからやめられないとのたまうなら、無理です。
やめたいけどやめられないと言う人になら、「禁煙セラピー」という本を読むことをオススメします。
私はこれで一発でやめることができました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2015/07/16 17:50

現在はタバコの害を強調され、喫煙即病気の様に言われて居ます。


しかし、ヘビースモーカーの私の父は、88歳まで長生きしました。
しかし、私の弟は一切タバコを吸わなかったのに、65歳でがんに成り亡くなって居ます。
私も、40年以上前にタバコはやめていますが、前立線がんに成って居ます。
もっとも、受動喫煙の方が良くないとも言われて居ますが、私としてはそれも疑問に思って居ます。

ご質問者様がタバコは良くないと思うなら、今後もタバコは吸わない方が良いと思いますが、家族の喫煙まで止める権利は有りません。
出来るだけ近くでは吸わない様にお願いし、喫煙を始めたらその場を離れるようにする事です。
    • good
    • 0

私の父は」、今肺気腫を患ってもう10年になります、タバコです、ドクターからはもう治らないと宣告されました、とても辛い日々を送っています、家族も大変です、絶対後悔します、本人は、早くあの世に行きたいと言っています。

今は生き地獄、だと思います、死にたくなかったら、やめるべきです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 【図解付き】慢性閉塞性肺疾患(COPD)の基礎知識|原因・症状など

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)とはどんな病気か  肺は、外界に直接、接している内臓で、いつも外気に触れていて、肺に出入りする空気の量は1日1万lを超えます。そのため、ガス体や微粒子を含む汚染された空気を繰り返し長期にわたって吸入するような環境下で生活していれば、影響を受けて病気になることがあります。  慢性閉塞性肺疾患は、これまで慢性気管支炎、肺気腫(はいきしゅ)といわれてきた病気を総称した呼び名です...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報