『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

YouTubeを見ていたら「水曜スペシャル 川口浩探検隊」という昔の番組?がありました。この回は「水曜スペシャル 川口浩探検隊巨大怪蛇ゴーグ」という回でした。しかし、なんか胡散臭い番組だなぁっと感じてしまいました。この番組はノンフィクションでこんな蛇のいっぱいいるしまがあるんでしょうか??またこの番組は当時人気だったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何で俳優の川口浩がこの種の番組に出たのか? 2枚目俳優だと思っていた当時の視聴者はこれで先ず驚く。



何処まで着色で、何処まで真実かは観た人の捉え方による。そして、微妙に結論が出ない。まあ、そんな未知の生物が毎回判明しちゃったらどえらい事なのだが。

今これと同じ事をやれるとしたらTOKIOの城嶋君位か。ダッシュ島で直立で歩くシマヘビを観た、とか何とか。
    • good
    • 1

面白いものを見つけましたね。


当時、大人気番組でしたよ。
小さいお子さんとかハラハラしてみてたのでは
ないでしょうか。
本当か嘘かというより、真剣に取り組んでる
川口浩さんの熱気が凄かったんでしょうね。

ちなみにこの番組のパロディの歌も流行りました。
「ゆけゆけ川口浩」 唄:嘉門辰夫
YouTubeにあるので聴いてみてください、
大爆笑ものです。

♪川口浩が、洞窟に入る~
カメラマンと照明さんの後に入る~
洞窟の中には、白骨が転がる~
何かで磨いた様なピカピカの~
白骨が転がる~。♪
    • good
    • 1

川口浩が隊長を務めたサバイバル企画。

南半球のジャングルを中心とした世界各地の秘境に猛獣・UMA・少数民族などを求めて探検する。娯楽要素を随所に盛り込み、隊員が罠にかかる、蛇に噛まれるなどの過剰な演出によるやらせを逆手に取った大胆な内容が人気を呼んだ(モキュメンタリーの手法に近い)。
シリーズは7年間にわたって続いたが、1985年10月に『アフタヌーンショー』で発覚したやらせ事件が社会問題となったことと、川口が癌に侵されたことが重なり、同年11月をもって終了した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9B%9C …

http://matome.naver.jp/odai/2141712135694772401
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング