光が反射するとはどういうことでしょうか?
例えば、Aという光があってそれがキラキラするものに
あたって反射してきた光はAなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

例えば、ダイヤモンドに光(ここでは可視光を考えますが)があたって反射しているとき、ダイヤモンドは可視光範囲に吸収領域を持っていませんので、全部反射してきたように見えます。

しかし金にあたった光が反射するとき、青緑色の光の領域は反射してきません(透過または吸収されるということですが)ので、あのような金色に見えます。
光が反射するということは、散乱を考えなければ、入射した光のうち、つまりAですが、透過と吸収の残りのぶんが反射として見えると考えてよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/15 14:37

たぶん質問は、「テニスボールが壁に当たって跳ね返ってくる」のと「光がものに当たって跳ね返ってくる」の違いを知りたいのではと思います。


例えば、光が粒子の集まりであり、そのたくさんの粒子のうちの一つに目印を付け、その目印付きの粒子が物に当たってそのまま反射して返ってくるのか?という質問かと解釈しました。

実際、光子という言葉があり、光の性質として粒子でもあるという現象からは、テニスボールのように跳ね返ると「考えても」いいと思います。
しかし、現実には光子に目印を付けることはできませんし、光子を一個一個区別することはできないと思います。
当てた光と跳ね返ってきた光が同じであるというより、当てた光もどれだかわからなくなってしまうでしょうね。
見た目も服装も完璧に同じ双子がいて、ふたりが同時にパチンコ屋に入っていき、しばらくして一人が出てきたとき、兄だか弟だか、どっちだか区別できないのと同じです。

そして光は波でもあり、回折(狭い所を通ると広がっていってしまう)という現象を考えると、一個二個と数えられるような物でもないようです。

同じと言えば同じですが、違うと言えば違うのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/15 00:32

波として考えるならば、同じものです。


ただし、反射したことによる減衰というものがあるので、厳密には同じものとは言い切れません。
光ファイバーでは、約40kmごとに増幅器を設置して、減衰を補っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/15 00:30

そもそも光とは、ということでしょうね。

そういう質問は別にあったんじゃないでしょうか。

この回答への補足

そうなのですか

補足日時:2001/06/14 23:56
    • good
    • 0

すみません、何をもってAであるとするか、Aでないとするか、の定義は何でしょう?

この回答への補足

名前をつけたほうがわかりやすいかなと思って光Aにしました。

補足日時:2001/06/14 23:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反射式地震探査法

1."反射式地震探査法"の事は英語で何というのですか?
2.反射式地震探査法について述べてあるHPはありませんか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

2.について
下記のHPで、左側の技術情報から入り、技術資料・技術カタログの中の反射法地震探査をクリックしてください。

http://www.kge.co.jp/

参考URL:http://www.kge.co.jp/

Q透過光、反射光どちらかだけを反射する物質は存在するのでしょうか

例えばパソコンなどのディスプレイから発せられた透過光のみを全反射させる物質などは存在するのでしょうか?
また反射光のみを全反射させることは物質は存在しますか?

簡単に説明しますとスマートフォンやパソコンのディスプレイを視覚的に見た場合、脳は透過光と認識していると思うのですが、スマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらも視覚的に、または脳に反射光と認識させることは技術的に可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

>スマートフォンやパソコンのディスプレイを視覚的に見た場合、脳は透過光と認識していると思うのですが

 いや、視覚的には透過光と反射光の区別はつかないと思います。経験的に「液晶画像」と判定してるだけでしょう。

 明るい場所で液晶を見ると、液晶の映像と反射映像(自分の顔や風景)の両方が見えますが、これは物理的に「透過光」と「反射光」を区別しているのではなく、映像内容から経験的に「液晶画像」と「反射映像」を区別しているに過ぎません。
 光速度の測定などに使われる「ハーフミラー」も、透過光と反射光との「干渉」を利用しているので、物理的に「透過光」と「反射光」は同等の性質を持っているはずです。
 昼間の光だって、元をただせば太陽光が「大気を透過」して、物質に当たって「反射」したものを見ているわけですから。

 つまり、物理的には「透過光」と「反射光」を区別することはできないので、これらを選択的に全反射させるということは原理的に不可能だと思います。

Q自動車メーター部品の「見返し」を英語で何と言いますか

本の「見返し」は end leaf,..等の訳があるのですが、
メーターの直射日光の反射防止のための「見返し」は
英語で何というのでしょう。
reflector だと、赤いstopライトやヘッドランプの反射板のようだし、
dash cover もピンとこないし、
実際、外国では何と呼んでいるが、ご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

Visor も良さそう。



http://www.cas4.com/Instruments-Dash/Speedometer-Tachometer01.htm
Speedometer Visor (画像)

http://www.zodiac.nl/Kuryakyn/Tank%20Dash/Index.htm
Speedometer Visor (画像)

http://www.legendmcs.com/Gas-Tanks/Gas-Tanks-For-Sportsters.html
speedometer visor

http://www.midcanadaclassic.mb.ca/58-60Pass.htm
Mirror visor (round)
Headlamp visors (ball cap type)



サンバイザーだと、車内の頭上にある日除けや、ウインドウの
外の上に付けるものになったりするようです。

http://www.stangparts.com/products/partpic.cfm?TypeID=21&ID=1840&Page=4
SUNVISOR (画像)

参考URL:http://www.cas4.com/Instruments-Dash/Speedometer-Tachometer01.htm

Visor も良さそう。



http://www.cas4.com/Instruments-Dash/Speedometer-Tachometer01.htm
Speedometer Visor (画像)

http://www.zodiac.nl/Kuryakyn/Tank%20Dash/Index.htm
Speedometer Visor (画像)

http://www.legendmcs.com/Gas-Tanks/Gas-Tanks-For-Sportsters.html
speedometer visor

http://www.midcanadaclassic.mb.ca/58-60Pass.htm
Mirror visor (round)
Headlamp visors (ball cap type)



サンバイザーだと、車内の頭上にある日除けや、ウインドウの
外の上に付けるものに...続きを読む

Q高さによって屈折率の異なる平面板状のレンズを使うと、Aから出た光がBで収束する時、なぜ、光軸を通る光

高さによって屈折率の異なる平面板状のレンズを使うと、Aから出た光がBで収束する時、なぜ、光軸を通る光線と軸から高さrを通る光線で所要時間は等しいのですか?

Aベストアンサー

図に書いてある曲がった線は、実は面で、光源Aから同じ時刻に出た
光の集まり。この波面に垂直な方向に光は進むというのが
ホイヘンスの原理です。

光は光源Aを出て球面の形に広がってゆきます。

真ん中辺の屈折率が高く、周辺部の屈折率が低い平面上の
ガラスを通過すると、屈折率が高いほど光速が遅くなるので
波面は真ん中辺が引っ込んできて、周辺部が前に出ます。

つまりうまい屈折率分布にすると、波面の球面を裏返して
図のようにBに向かって収束するような、つまりBを中心とする球面
にすることが「可能」です。
するとホイヘンスの原理から、波面上の光は全てBへ向かいます。

波面がガラスでBを中心とする球面の形に
なったのなら、波面上の光は同時刻にBに届くことになり、
全ての光はAからBへ同じ所要時間で届くことになります。

勿論そのような屈折率分布を「作れば」という話です。

Q波の反射について

波の反射には自由端反射と固定端反射があります。

そして、ある角度で入射したとき、入射角=反射角で反射すると聞いております。例えば、ある波が、ある角度で壁面に入射して反射が起こったとしたら、波の位相はどうなるのでしょうか?
固定端反射として考え、位相は逆相になって反射するのでしょうか??

Aベストアンサー

まず言っておきますが、入射角・反射角と言う概念は位相とは関係のないものです。

「入射角=反射角」という関係は反射の法則といい常に成り立ちます。

また反射の際に位相がずれるのかどうかの判定はおっしゃるとおり、固定端ならπずれて、自由端ならそのままです。

Qレーザー光をガラスの点cから面に垂直に当てた所、光はdからでてきた。な

レーザー光をガラスの点cから面に垂直に当てた所、光はdからでてきた。なんでbからでてこないんですか?

Aベストアンサー

>問題は、bからでてこないでdから光がでてくる理由をきいてるんです!

 あれ?
 最初の質問には

>なんでbからでてこないんですか?

とあるので、それへの回答を書いたのですが。

 b点から出てこない理由は先に書いたとおり、そしてd点から出てくるのは、d点での入射角が臨界角より小さいから、ということでしょう。

 問題図を見ると、b点での入射角は45°より大きい感じですね。ここで反射した光はd点に入射しますが、b点のある面とd点のある面は垂直のようなので、d点での入射角は45°より小さくなります。(b点での入射角 + d点での入射角 = 90°)
 臨界角がb45°に近い角度だとすれば、b点での入射角が臨界角より大きく、d点での入射角より小さい、ということになるでしょう。

 それとも、もっと違うことを聞いておられるのでしょうか。

Q逆富士型照明と反射笠付き照明

逆富士型は、機器効率がよく、反射型は反射板により明るさが上がるとありました。
施設でよく見かけるのは、逆富士型(露出は)ですが、反射板付きは、どういうときに使うのでしょうか?照明の設置を考えるときに、床面から天井に反射する光束も考慮に入れるようにと見ました。
逆富士型は、開放しており、光束が発散しやすく、反射板付きは、反射板により光束が収束しやすい。天井反射も考慮に入れると、床面から天井への反射は、反射板付きの方が多いが、天井への距離を考えると、逆富士型の方が天井反射も有利だと思いました。
それでは、反射板付きは、どのようなときに使うのでしょうか?
単純に照度を上げてやるだけでは、だめなのでしょうか?
それと、上の考え方はあっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
>白であれば、反射率は30位は見込める
設計段階では最大30%の反射率を前提としている場合もありますので、言われる通りかもしれません。
もちろん物によってはもっと高い反射率のものもあります。
ただ、現実問題としてあまり反射率が高すぎると、人がまぶしさを感じてしまうこともあり、
あまり高い反射率は敬遠されている事が多いようです。
したがって、期待されていないというよりも、まぶしくしていない、という方が正確かもしれません。

反射板付の蛍光灯ですが、自動車製造工場など天井が高く、HIDランプはついているが、
2,5m程度の高さに局部照明(ライン専用)として使用されていることが
多いようです。(ラインダクト等で吊り下げてます)
この場合天井方向は考慮する必要が無く、作業面に均一に光があたり、
車内の明るさも確保する必要があるためです。

Q光、電磁波の反射は固定端反射?

ガラス面で反射する光を考えますと、位相がπずれる固定端反射
ということなのですが、電磁波を考えて、異なる誘電体の境界面での反射の
理論を調べますと、入射波も反射波も同じ位相を要請しているようで
πずれるようでは無いようです。

光の例も電磁波の例も同じような状況だと思うのですが、
この2例は何が違って反射時の位相が変わってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

ニュートンリングはこの話にまったく関係ありませんよ。

p偏光については電場の振動方向が入射光と反射光で違うので、
磁場で考えたほうがわかりやすいかもしれません。
といいつつ、自分も磁場で計算したことはないのですが。

この反射における位相の問題については、ヘクトの光学Iに
詳しく丁寧に論じられていますので、参照してみてください。

Q全反射に対する言葉

全反射は、偏光の起こらない(全方向)反射ですか。
屈折率nを用いて疎から蜜へ入るとき一部反射する(水面のような例)反射と、鏡の奥(金属面での反射)は、全反射に対するそれぞれの現象名がありますか。少し自信のない、それらを知らないという方もお返事ください。

Aベストアンサー

しばらく待ってみましたが、他の方の回答がないので回答します。

>屈折率nを用いて疎から蜜へ入るとき一部反射する(水面のような例)反射と、鏡の奥(金属面での反射)は、全反射に対するそれぞれの現象名がありますか。

まず金属は自由電子をたくさん持つので反射率が高いです。現象名は「金属光沢」「金属反射」といったところでしょうか?

>一部反射する(水面のような例)反射の名称
ごく普通に「反射」と呼ばれると思います。

屈折率nが疎から密に入射する場合でも、密から疎に入射する場合のどちらでも“同じだけ”反射は起こります。
この場合の垂直入射の反射率Rは
R={(n1-n2)^2}/{(n1+n2)^2}で与えられます。

この式の分子はn1とn2の屈折率差を2乗しているので、例えばn1=1、n2=1.5でもn1=1.5、n2=1でも同じ反射率Rが得られます。

つまり反射は屈折率の疎密で決まるのではなく、屈折率が異なる界面では粗密に関わらず絶対に起こるのです。
これを電気の言葉でいうと「インピーダンス不整合」です。光の場合、インピーダンスに相当するのは屈折率です。 

しばらく待ってみましたが、他の方の回答がないので回答します。

>屈折率nを用いて疎から蜜へ入るとき一部反射する(水面のような例)反射と、鏡の奥(金属面での反射)は、全反射に対するそれぞれの現象名がありますか。

まず金属は自由電子をたくさん持つので反射率が高いです。現象名は「金属光沢」「金属反射」といったところでしょうか?

>一部反射する(水面のような例)反射の名称
ごく普通に「反射」と呼ばれると思います。

屈折率nが疎から密に入射する場合でも、密から疎に入射する場合の...続きを読む

Q光ファイバーで光がコア中を全反射する条件

コアの屈折率がnf、クラッドの屈折率がncで与えられる光ファイバーについて、光がコア中を全反射して伝搬する条件を求めなさい。

この問題がよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー


スネルの法則と臨界角の式を用いれば良い。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報