人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

河川護岸工事で単管足場の配置計画をしていますが、水中かつ地盤はゆるいと想定される箇所で単管足場は配置できるのでしょうか。干満の影響もあり水中に常時3m以上つかる可能性があります。
この場合は、単管足場では厳しいでしょうか。
経験のあるかた教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

地盤が緩くて水が3メートルもあれば、土台をしっかりしないとあとで大変になるでしょうね。


その場合やはり、吊り足場や、支保工などで土台を作ってからタンカン足場の建設になるかと。
もしくは、地上で組んでしまってから、ラフタークレーンで海に下ろしてやるとか?
    • good
    • 0

水中での経験はありませんが一般的に・・・・


所定の荷重に対する強度計算のほかに、波浪あるいは河川水流による抵抗力を加味しなければならないと考えます。

また、当然のことながら足元の固定に関し、柱部材の分散・沈下やずれ方向に十分配慮して、それなりの対応策が必要と考えます。

必要な強度計算結果に適合するならば単管足場だからということだけでの
マイナス要素はないと思います。
パイプの継ぎ手に関しては地上の場合も同じですが、抜けにくい形状のものを使われるよう注意願います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q掛m2とはなんですか

土木建築関係の単位で掛m2とあるのはどういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

 コンクリート構造物の型枠を組み時に組み立てる足場工の面積です。
 基本的に高さ2m以上の垂直(または急勾配)の壁面に対して計上します。そのときの面積の単位が「掛m2」です。「足場を掛ける」ことからそのように表記します。

 その他にも「空m3」と云うのがありますが、これは志保工の単位です。やはりコンクリート構造物の天井尼僧等する部分の型枠を支える仮設材の数量で、その構造物の内空断面に相当します。

QオートCADで足場図面を描きたいのですが...

オートCADで足場図面を描きたいのですが、単管パイプや枠組み足場材など何か良いダウンロード出来る物有りますか?

Aベストアンサー

DXFファイルです。
http://www.ns-kenzai.co.jp/down.html

Q単管傾斜足場について教えてください

添付写真とほぼ類似する単管傾斜足場を組立て
ストンガードの塗装を行うのですが、発注者に
『型枠組立とは違うのでキャットウォークでしか計上できない』
のような趣旨の説明をうけました

当然単価がまったく違うので、困っています
100万位赤字になってしまいます....(´;ω;`)
なぜ、計上できないのでしょうか?
また、計上してもらうためには、どのような根拠(できれば参考書や文献またはサイト等を
踏まえて理論武装したいです)にて説明すればよいのか、どなたかご教授ください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 塗装ということですから、たいした足場は必要ないだろうという前提で、積算基準が定められているのでしょう。
 理論武装したところで、ガイドラインが定められている種類のことだと思いますので、担当者レベルではどうにもならないのではないでしょうか。
 設計変更で、利益率の良い別の工種を新たに設定し追加してもらって、その分の補填としてはどうでしょうね。

 土木工事では、コンクリート本体工事の単価が安く割に合わないので、利益の出しやすい仮設構造物工を新たに設定、そちらで損失分をカバーしてもらう、というようなこともよくあるのではないでしょうか。

Qコンクリートの養生期間について

早速質問させて頂きます。
コンクリートの養生は季節によって期間が違ってくるのでしょうか?
私は12月から家の方が着工しております。
基礎のコンクリートはこの時期、どれ位養生期間が必要ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋の良心として
 安全率を見込み、かつ、出来る限り工期を短縮して
 お客様の経済的負担を減らすという、二つの観点の
 中庸を取ると、大体この位になるでしょう。)


蛇足ですが、養生について少し。
養生ってのは、単なる放置じゃないんです。
もし、単に放置しているだけなら(極論すれば)いくら
放置していても駄目です。

【コンクリートの強度(実験結果より)】
 は打設(コンクリートを打ことです。)後1年の物の
 強度を100%としますと、約1ヶ月で80%、約3ヶ月で
 90%の強度が出ます。パーセントの強度が出ます。
 (それ以後も徐々に強度は上がります。 また、1年
  経過後も徐々に強度は上がります。)
 しかしそれも、その期間中に正しい環境条件としてい
 た場合。 コンクリは、85%以上の相対湿度で硬化が
 始まり、乾燥に伴う収縮も小さくなります。
 ですが、もし打設後直ぐの強度が十分に出ていない
 時期に、湿度が低すぎる状態にさらしていると、急激
 な収縮が発生して、コンクリの割れ・ヒビ(=基礎強
 度低下)が起きます。
 

そこで、養生期間中の注意点を少々。

【正しい養生(簡単に....)】
1.湿潤養生をする。(急激に乾燥させない)
 打設後、例えば乾燥しないように散水をする、表面から
 急激に水分が蒸発することを防ぐために、養生シート
 をかぶせる等。
 (高価な施行では、シートの代わりに"膜養生剤"と
  いうものを塗布する方法もありますが....)
2.温度保持
 養生中は、コンクリート温度を5度以上に保つように
 します。(保温・防湿シートによる養生等)
 もし日平均気温が4度以下になるようなら、凍害と
 いって、コンクリートの凍結(厳密にはコンクリ中
 の水分の凍結)が発生し、基礎強度低下の原因と
 なりますから、寒中コンクリートという施行方法
 (凍結しない、しにくいコンクリを用いる方法)
 を採ったり、気候を見てやったりします。


まとめますと、養生ってのは期間を取れば良いという
訳でなく、有る程度の強度が出てくる期間、すなわち
施工屋の基準なら一週間程度は、十分な養生をしてやる
事が肝心です。
ちなみに、季節によっても(コンクリ温度によっても)
若干変わりますが、冬だから劇的に短くなるって事は
ありません。

 ※私も専門はエネルギ・環境系で、この部門では
  2年ほどしか飯を食っていませんから、もし
  念を入れられるなら、町の設計士事務所等で
  依頼して、施工中の視察やアドバイス等を
  受けられることをお勧めします。

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋...続きを読む

Q測量の基準点で質問です。

測量の基準点で質問です。測量で3級基準点と4級基準点の違いが分かりません。又、その用途(例えば国道の道路工事の場合、どの基準点を使えばいいのかなど)を教えてくれますか。参考文献などがあれば助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基準点の違いは3ページ~ご参照ください。
用途?4級基準点では精度が低いという意味でしょうか。

参考URL:http://psgsv.gsi.go.jp/koukyou/download/kiteishinkyu/pdf/honhen.pdf

QkN単位とkgf単位の変換の仕方について教えてください。

kN(キロニュートン)単位とkgf(キログラムエフ)単位の変換の仕方について教えてください。
kgf側の数字がわかっている時、○○kgf×9.8=○○N
とういのは聞いたのですが、キロニュートンで答えを知りたい場合はどうしたらよいのでしょうか?
また、逆にニュートン側の数字だけわかっている場合にキログラムエフにするには、キロニュートン側の数字だけわかっている場合にキログラムエフにするには、の場合も教えてください。

ネットで調べても、数字がぐちゃぐちゃになってどういった考え方をして計算してよいのかわかりません。
強度計算をしているので、間違いないように理解できるように教えていただければ本当に助かります。
どうぞ助けてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 k(キロ)は1000という意味ですから、

 1kN=1000N

となります。

http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AD%E3%83%AD

 1km=1000m、1kg=1000g

と同じです。

Qアスファルト安定処理について

アスファルト安定処理をネット等で調べると
『路床、路盤の支持力を増大させる目的で、アスファルトなどを混合すること。』とでます。
これは【アスファルト】を【何に】混合するってことですか?。
材料としての【何か】を教えてください。
仮に【何か】=【路盤材】であるとすると粒調砕石等に混合するってことでしょうか!?。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 道路の舗装に使われるアスファルト混合物は、骨材、フィラーに結合材としてアスファルトなどの材料を混合させたものです。一般にはこれをアスファルトと呼んでいますが、正式にはアスファルト混合物といいます。通常、骨材には砕石を、フィラーには石粉や消石灰などが用いられます。
 アスファルト安定処理材は、フィラーを用いず、骨材にアスファルトを混合させたもので、上層路盤に使用します。瀝青安定処理材ともいいます。等価換算値が高いため、粒調砕石を使うよりも舗装厚が薄くできます。


人気Q&Aランキング