女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

提出期限が7/31なのですが、主治医が不在のため提出が遅れそうです。
8月初めには提出できると思うのですが、
この場合1回分は支払いがなくなってしまうのでしょうか。

A 回答 (1件)

提出書類が期限に間に合わなかった場合は、年金支給が一時差し止めになることがありますが提出されれば次回の支給で差し止められていた分も併せて支給されます。


数日の遅れがどこまで影響するのかはわかりませんが、とりあえず期限に間に合わないことは事前に連絡をするようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。安心しました。
連絡はしましたが、早めに提出できるようにしたいと思います。

お礼日時:2015/07/27 11:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在職老齢年金の2割カットについて

皆さん、こんにちは。
現在の60才前半の在職老齢年金は、基礎として年金額の一律20%カットになっているかと思います。
今年成立した年金改革法では平成17年4月から、20%カットが廃止になると思います。

そうなると来年4月からの在職老齢年金の計算式はどのようなものになるのでしょうか。
実は来年1月に定年退職を迎える社員がおりまして、引き続き継続社員として雇用を希望しているのですが、どれくらい年金カットされるのか聞かれたもので質問をさせていただきました。

宜しくご教授の程お願い申し上げます。

Aベストアンサー

失礼しました。特別支給の老齢厚生年金でしたね。(先の回答は65歳以上です)

まず年金額を12で割り、基本月額を算出します。

A=総報酬月額相当額(B)+基本月額(C)

1.Aが28万以下の場合は全額支給

2.Aが28万を超える場合には、
 ・B<=48万、C<=28万

   (A+B-28)/2 だけ減額

 ・B>48万、C<=28万
   (基本月額+20万)/2 + (B-48万) だけ減額

 ・B<=48万以下、C>28万
    B/2 だけ減額

 ・B>48,C>28万
    24万 + (B-48) だけ減額

となります。

Q老齢年金の現況届の提出期限

老齢年金の現況届を提出期限ぎりぎりの最後の日にポストに投函した場合ですが、当然その日には東京の社会保険庁には届きません。
一日か二日遅れることになってしまうと思いますが、こういう場合、次回の分の年金をスムーズに受け取ることはできないでしょうか。
経験のある方、またはこういう事務に関わっておられる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

何ヶ月も遅れると受給に支障が出てくるということを保険庁の職員に聞いたことがありますから、1日2日なら大丈夫だと思いますよ。

断言できないですが。
期限から2週間くらい遅れても受給には問題ないと思います。
理由は社会保険庁でも期限に遅れる人がある程度いることを想定していると思われることと、期限の日から何日間かけて審査をしていることがあります。

Q65歳未満の在職老齢年金の支給停止の計算式について

65歳未満の在職老齢年金の支給停止の計算式について
自分の給与からの在職年金の額をサンプル的に算出したのですが、誤っていませんでしょうか?
■275,000-〔税引き等なし・通勤費込み〕支給額
■66,000-〔800,000÷12〕月当たり年間賞与
■78,000-〔936,000÷12〕月当たり在職年金の額

275,000+66,000=341,000〔総報酬額〕
341,000+78,000=419,000
〔419,000-280,000〕÷2=69,500〔カット額〕
◎78,000-69,500=8,500〔月当たり在職年金の額〕
こんな風に単純計算したのですが、よろしいでしょうか?
〔別件としてご質問いたします〕

Aベストアンサー

http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/pdf/kounen07.pdf の11頁・12頁・13頁に詳細な計算式が説明されています。
これに基づいて計算します。
給与額ではなく標準報酬月額を採らなければならないので、その時点で既に計算を誤っています。

正しくは、ざっくり計算すると以下のとおりとなると思います。
上述したPDFを参考にして、計算し直してみて戴けると幸いです。

総報酬月額相当額
=その月の標準報酬月額+(直近ぬ年間に受けた賞与額の合計)÷12

基本月額
=年金額(加給年金額を除く)÷12

標準報酬月額=28万円(月額の給与支給額より、厚生年金保険料額表を使って算出)
直近1年の賞与額の合計÷12=67,000円

基本月額=加給年金額がないとして、936,000÷12=78,000円

総報酬月額相当額=347,000円(280,000円+67,000円)

基本月額が28万円を超えておらず、総報酬月額相当額が48万円を超えていない
⇒ 支給停止基準額=[(合計収入額-28万円)÷2]×12
⇒ (基本月額+総報酬月額相当額-28万円)÷2×12
⇒ (78,000+347,000-280,000)÷2×12=870,000

年金支給額(年額)
=936,000-870,000=66,000円(5,500円/月)
 

http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/pdf/kounen07.pdf の11頁・12頁・13頁に詳細な計算式が説明されています。
これに基づいて計算します。
給与額ではなく標準報酬月額を採らなければならないので、その時点で既に計算を誤っています。

正しくは、ざっくり計算すると以下のとおりとなると思います。
上述したPDFを参考にして、計算し直してみて戴けると幸いです。

総報酬月額相当額
=その月の標準報酬月額+(直近ぬ年間に受けた賞与額の合計)÷12

基本月額
=年金額(加給年金額を除く)÷1...続きを読む

Q年金受給者現況届を提出して障害の等級が変わることはあるのですか?

タイトル通りです。
障害年金を受給しております。
平成18年7月7日に現況届を提出したのですが、この提出書によって、障害の等級が変わることはあるのでしょうか?
また、下記URLの質問にも再度ご教授いただけるようでしたらよろしくお願いいたします。

参考URL;
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2294612

Aベストアンサー

障害年金にかかる現況確認は、「引き続き現在も障害の状態にあるか」を確認するための書類なので、現在の状況によっては等級が上がったり下がったりする可能性は十分ありえます。

但し、ご自身が既に65歳になられていて、受給している年金が障害等級3級の障害厚生年金(障害共済年金)であれば、障害等級が上がることはありませんので、念のため(障害基礎年金が65歳までしか請求できないことと関連しています)。

Q年金カットは収入?労働時間?

65歳以上の働く人(年金は満額受給)が年金をカットされるのは、どんな状況ですか?年金+給料=48万 48万の以上の収入分の2分の一が年金カットなのか、労働時間 一日8時間が一般なので それをオーバーしない75%以下の労働時間なら、収入には関係なくカットされないのか?

Aベストアンサー

 こんにちは。ご質問の件は在職老齢年金という制度のことです。計算方法は他の回答にもありますので省きますが、この制度は働く全ての65歳以上に適用されるわけではなくて、厚生年金保険料を支払いながら、老齢厚生年金を受給している人からのみ減額されます。たとえば自営業の収入は対象外です。

 言葉を換えて言えば、厚生年金に加入している人だけが減額支給されますので、正社員の4分の3以下の労働時間で働くパートタイマーなどで厚生年金に入らない人の年金は減りません。75%というのはこのことだと思います。この取扱いについて詳しくは添付したURLのサイトをご覧ください。

参考URL:http://www.sia.go.jp/~tokyo/pa-to.htm

Q郵便局の終身年金保険と現況届の提出で困ってます

前回、回答がつかなかったので再質問です。

1人暮らしの叔母が認知症になり、郵便局の終身年金保険の現況届を出すのが不能になり、
昨年より年金の受給をストップされていた事がわかりました。

幸い、私が手続きをして受給再開したのですが、郵便局の年金は未だに
毎年、現況届けを提出する必要があるのでしょうか?

他に、遺族厚生年金と遺族共済年金を受給してるのですが、
こちらは住民基本台帳ネットワークにより生存確認を行ってるので、
現況届の提出は不要になったので助かりました。

今後、郵便局でも住民基本台帳ネットワークによる生存確認をする動きはないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問の回答ではありませんが、、、
成年後見人制度 という 公の制度があります
一度検討してみては いかがですか?、、、

参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a1

Q日航の年金カットって一般人より優遇分の内一部カットですよね

日航の年金カットって一般人より優遇分の内一部カットですよね
一般サラリーマンの年金は基礎年金+厚生年金で大体月20万ちょっとですよね。
今騒がれている日航は一般サラリーマンより30万くらい多く貰っていたが、その上乗せ分のカットの話ですよね。
だからカットされた後でも月36万程度と一般のサラリーマンより16万ほど多くなるのですね。

今6chのワイドスクランブルで、何か年金額そのものがカットされるかのように同情論がありましたが、
つぶれる会社が一般のサラリーマンより多い年金を貰うこと自体どうかと思うのですが。
だから税金投入なら企業年金100%カットは当然で、それでやっと一般サラリーマン並になるのですよね。

なのにそれが現役50% 退職者30% カット と言うことは、退職者には7割も余計に渡すことになるのですね。

参照した記事によると 一般サラリーマンが20万少々なのに減額されても日航は36万だそうで、
同情なんか おかしいのではないかなあ

ワイドスクランブルでは退職金の一部をおいてきたように言ってますが、退職金を貰って銀行に預けるより優遇利息がつくからおいてきたのでしょう、一種投資したのではないでしょうか

勿論具体的な金額は勤続年数など一概に言えないにしても、話の筋としては間違いではないように思いますがあってますか?

日航の年金カットって一般人より優遇分の内一部カットですよね
一般サラリーマンの年金は基礎年金+厚生年金で大体月20万ちょっとですよね。
今騒がれている日航は一般サラリーマンより30万くらい多く貰っていたが、その上乗せ分のカットの話ですよね。
だからカットされた後でも月36万程度と一般のサラリーマンより16万ほど多くなるのですね。

今6chのワイドスクランブルで、何か年金額そのものがカットされるかのように同情論がありましたが、
つぶれる会社が一般のサラリーマンより多い年金を貰うこと自...続きを読む

Aベストアンサー

>退職者30% カット と言うことは、退職者には7割も余計に渡すことになるのですね。

ということでもありません。
カットされるのは企業年金部分で、これには退職金の後払いも含まれます。
つまり、最初に一時金でドカンともらった人はもらい得。
分割でもらうことにした人はもらい損になります。

また、潰れた場合でも日航の全資産を売却した分を
給与、退職金などの配当に優先してまわしますから、
それでも、60%カットということになったようです。

つまり、優遇されたのは30%ということになります。


>一種投資したのではないでしょうか

このあたりは、大人の事情というやつがあったのかもしれません。。
つまり、今、全額退職金を一時払いしたら会社の資金繰りが悪くなって
会社が潰れるかもしれない。分割払いならなんとかなるので、
なんとか協力してくれないか。。というような話があったであろうことは
部外者ながらもなんとなく想像はつきます。

つまり、一時金で受け取ったやつは「俺は会社の都合なんて知らん」と
いう人で、分割に応じた人は「会社のためなら仕方がないか」と
まあ、騙されて踏んだり蹴ったりされてるわけです。

>退職者30% カット と言うことは、退職者には7割も余計に渡すことになるのですね。

ということでもありません。
カットされるのは企業年金部分で、これには退職金の後払いも含まれます。
つまり、最初に一時金でドカンともらった人はもらい得。
分割でもらうことにした人はもらい損になります。

また、潰れた場合でも日航の全資産を売却した分を
給与、退職金などの配当に優先してまわしますから、
それでも、60%カットということになったようです。

つまり、優遇されたのは30%ということ...続きを読む

Q現況届け提出した際、障害基礎年金の階級が、上がることはあるのでしょうか

現況届け提出した際、障害基礎年金の階級が、上がることはあるのでしょうか?について、教えてください。

現在 眼疾患のため障害者基礎年金2級です。今年、初めて現況届けを提出するため医師に診断書を作成してもらいました。 受給時より、徐々に、視力低下、視野狭窄が進行し右眼0.02 左眼矯正不能になりました。
視野は見方がわからないのですが、5度以内か10度以内だと思います。

このように、以前より進行した場合 現況届け提出のみで階級は上がるものでしょうか?
それとも他に提出するものが、あるのでしょうか?

すみませんが、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言いますと、年金法でいう障害の状態が増悪していたと認められれば、診断書付きの現況届の提出だけで、十分に障害年金の等級は上がります。

通常の現況届(毎年)は、年金受給権者現況届と言います。
生存確認と所在確認が目的ですが、住民基本台帳コードの番号で確認できる場合(裁定請求のときなどにチェック済になっています)には、提出を要しませんので、届書用紙も送付されてきません。
それ以外の人の場合には送付されてくるので、誕生日のある月に提出を要します。
但し、20歳前初診による障害基礎年金(年金証書に印字される年金コード番号が「6350」)のときは、「誕生日のある月」ではなく、必ず「7月」になります。

一方、診断書付きの現況届(通常、3年から5年ごと)は、障害状況確認届と言います。
必ず提出しなければいけません。
送付されてくる時期は通常の現況届と同じですが、必ず送付されてきます。
誕生日のある月(または、前述したとおりの7月)1か月以内の障害の状態が記された診断書を医師に記してもらい、その指定月の末日までに提出します。

眼の障害の場合、障害年金2級は、両眼の矯正視力の和(単純合計)が0.05以上0.08以下のもの。
障害年金1級は、同じく、0.04以下のものを言います。
片眼の視力を喪失した状態(あるいは開眼できず矯正不能であったときなども)では、片眼の視力を0として見るので、もし質問者さんがいまそのような状態であるなら、十分に1級に相当します。

以上により、障害状態確認届(診断書付きの現況届)の提出をもって、ほかに書類を用意することなく、障害の等級の改定が行なわれ、年金の額も改定されます。
また、今回、障害状態確認届では改定されなかった場合であっても、その提出から1年を経過していれば、障害状態が悪化したことを示す所定の診断書(年金事務所に用意されている所定の様式[様式第120号の1])と障害給付額改定請求書を提出することによって、いつでも改定を請求できます。
 

結論から言いますと、年金法でいう障害の状態が増悪していたと認められれば、診断書付きの現況届の提出だけで、十分に障害年金の等級は上がります。

通常の現況届(毎年)は、年金受給権者現況届と言います。
生存確認と所在確認が目的ですが、住民基本台帳コードの番号で確認できる場合(裁定請求のときなどにチェック済になっています)には、提出を要しませんので、届書用紙も送付されてきません。
それ以外の人の場合には送付されてくるので、誕生日のある月に提出を要します。
但し、20歳前初診による障害...続きを読む

Q在職老齢年金以外には、所得による年金のカットは無い?

 厚生年金に限らず、公的年金(公務員共済や国会地方議員年金など)は多かれ少なかれ政府から何らかの恩恵を蒙っていると思われます。
 在職老齢年金の制度による年金カットは給与所得者に限られると理解しています。
 では、これら公的年金の加入者は他に多額の収入があっても、それが給与所得でなければ、年金は全額もらえるのでしょうか(以前、福井元日銀総裁の年金が話題になりました)?
 例えば、不動産収入や印税収入、また顧問料収入などを多額にもらっている国会議員経験者も、年金を全額もらっているのでしょうか。給与所得以外でも、所得が多ければカットすべきと思うのですが・・・

Aベストアンサー

障害基礎年金のうち、
20歳前傷病を理由とする障害基礎年金には、所得制限があります。
http://www.sia.go.jp/infom/text/kokunen08.pdf の3ページ目後半に
記されています。

一方、65歳以上の方の在職者の老齢厚生年金、
すなわち、在職老齢年金のカットのしくみについては、
下記に詳述されていますので、ご参考までに。

http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen06.pdf

そのほか、60~64歳の方を対象とする
特別支給の老齢厚生年金(注:通常の老齢厚生年金とは異なる)にも、
在職者に対するカットがあります。
http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf の10ページ目の
後半に詳述されています。

なお、上で紹介させていただいたPDFファイルは、
社会保険庁の公式教材です。
http://www.sia.go.jp/infom/text/index.htm の上の各リンクから
入手できます。
 

障害基礎年金のうち、
20歳前傷病を理由とする障害基礎年金には、所得制限があります。
http://www.sia.go.jp/infom/text/kokunen08.pdf の3ページ目後半に
記されています。

一方、65歳以上の方の在職者の老齢厚生年金、
すなわち、在職老齢年金のカットのしくみについては、
下記に詳述されていますので、ご参考までに。

http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen06.pdf

そのほか、60~64歳の方を対象とする
特別支給の老齢厚生年金(注:通常の老齢厚生年金とは異なる)にも、
在職者...続きを読む

Q障害基礎年金・現況届

現在、障害基礎年金2級。11月が誕生月の為、11月末日までに現況届を提出しました。
現況届の審査期間中は支給停止になるのか教えて頂きたいです。
又、現況届の審査結果は数カ月かかるのでしょうか?

Aベストアンサー

障害状況確認届(診断書を添える現況届)のことでしょうか?
この審査期間中に支給停止になる、ということはありません。

結果がわかるまでには、約3か月程度を要します。
等級の変更がない場合には、次回診断書提出年月のお知らせというハガキが届き、確定します。

級下げや支給停止に至る場合は、年金決定通知書・支給額変更通知書という年金証書大のものが封書で届き、指定日(誕生月末日)の翌日から起算して3か月を経過した日、つまりは、誕生月を「0」としたときに「4」にあたる月の分から適用されます。
例えば、11月末日が指定日のときは、その翌日が12月1日ですから、3か月が経過した日は3月1日となりますが、3月分(4月に振り込まれる分の一部[前々月分と前月分がその月に振り込まれるしくみだから])から級下げや支給停止が適用されます。

逆に、級上げとなる場合も同じ通知書が届きますが、改定後の額は、指定日の翌日の月の分から適用されます。
例えば、11月末日が指定日のときは、その翌日が12月1日ですから、12月分(2月に振り込まれる分の一部[同上])から適用されます。

ちなみに、以上のことは、国の通達によって取り扱い方法が定められている事項です。

上記「通知書」が封書で届いた場合は、特に年金証書の一部をなすものなので、大事に保管するようにして下さい(新たな年金証書が別に届く、ということはありません。)。
また、次回診断書提出年月のお知らせというハガキは、今回の診断書が通ったことを示すものなので、こちらも同様に、大事に保管して下さい。
 

障害状況確認届(診断書を添える現況届)のことでしょうか?
この審査期間中に支給停止になる、ということはありません。

結果がわかるまでには、約3か月程度を要します。
等級の変更がない場合には、次回診断書提出年月のお知らせというハガキが届き、確定します。

級下げや支給停止に至る場合は、年金決定通知書・支給額変更通知書という年金証書大のものが封書で届き、指定日(誕生月末日)の翌日から起算して3か月を経過した日、つまりは、誕生月を「0」としたときに「4」にあたる月の分から適用されま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報