(ベクトルを全角大文字で書きます。)


パラメータtで表されるベクトルX = Φ(t)がt0で微分可能とは
Φ(t) = Φ(t0) + Α(t - t0) + Θ(t)
lim(t→t0) |Θ(t)|/(t - t0) = 0
なるΘ(t)が存在する事である

と、物の本で読みました。

そして微分可能な時
Α = Φ'(t0)を微分係数といい、t0での接線の方向ベクトル、
dX = Φ'(t0)dtを微分と言い、接線の方程式だそうです。

なるほどと納得してみたのですが実際の問題に当たったら不可解な点が出てきました。

X = (cos^3 t, sin^3 t)
というものです。きっと名前も付いてるような有名な図形だとは思うのですが。
dX = (-3 cos^2 t sin t, 3 sin^2 t cos t) dt
で一見微分可能なのですが、Excelで図形を書いてみた所、
(1,0),(0,1),(-1,0),(0,-1)の4点で尖ってるんです。

微分可能なのに尖ってるってどう言う事?とdXを見直してみた所、確かにこの4点ではdX = 0となります。

でも
Θ(t) = (cos^3 t - 1, sin^3)
とおくと、計算すれば分かりますが
lim(t→0) Θ(t)/t = 0
が成り立ってるので定義から微分可能と言う事になります。

と言う事は、「見た目には尖って見えても微分可能である」と言う事があり得ると考えていいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

再び siegmund です.



> 尖っていると言うのは
> dx/dy or dy/dx
> が∞になることであって、
> dx/dt = dy/dt = 0
> とは別の話だったんですね

単に∞になるだけでは尖りません.
例えば,y=x^3 で,原点では dx/dy = ∞ ですが,もちろん尖っていませんね.
今の問題の(0,1)での尖りで言うなら,tが (π/2)-0 から (π/2)+0 に変化するとき
dy/dx が -∞から+∞ にジャンプする事が本質です.
同じことですが,パラメーターを使わないで表現するなら,
xが-0から+0に変化するとき,
dy/dx が +∞から-∞ にジャンプする,ということです.

なお,尖りには今のようなタイプだけではなくて他にもタイプがあります.
図が描けないので説明しにくいですが,
バナナの先を尖らした様なタイプの尖りもあります.
今の場合とはちょっとタイプが違いますね.

> と言う事は「tに関して微分可能であるけども接線もなければ接線の方向ベクトルもない」
> という事がありうると考えていいのでしょうか

今の例がまさにそうです.

> 本には
> 『
> そして微分可能な時
> Α = Φ'(t0)を微分係数といい、t0での接線の方向ベクトル、
> dX = Φ'(t0)dtを微分と言い、接線の方程式
> 』
> と書いてありましたが、
> これはΦ'(t0)dt = 0の時には当てはまらないと解釈していいのでしょうか?

そのとおりです.
もともと
Φ(t) = Φ(t0) + Α(t - t0) + Θ(t)
と書いたのは,tの変化に対する1次の変化を取り出したわけで,
y方向の1次変化とx方向の1次変化との比 dy/dx が接線の傾きを与えます.
Φ'(t0) = 0 のときは1次変化がありませんから,接線は存在しません.
Φ'(t0) = 0 は特異点,そうでない場合は通常点といいいます.

Φ(t) = Φ(t0) + Α(t - t0) + Θ(t) は
テーラー展開で最低次をとったという思想ですが,
Φ'(t0) = 0のときは最低次のΑ(t - t0) が消えてしまっています.
このときは
Φ(t) = Φ(t0) + B(t - t0)^2 + Ψ(t)
と書いた2次の項 B(t - t0)^2 を調べる必要があります.

ここら辺の事情は,もっと単純な y = f(x) を調べるときでも似たようなものです.
f'(x) = 0 のとき,極大値になるか極小値になるかどちらにもならないかは,
f''(x) を調べることによってわかりますね.
今も同じような事情です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変良く分かりました。
全て納得です。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 23:51

再びtakebeです.



この定義では,尖っているところの接線の方向ベクトルは(0, 0)となるのでしょうか.確かにちょっと変ですね.ベクトルではありませんので.

この回答への補足

dx/dt = -3 cos^2 t sin t
dy/dt = 3 sin^2 t cos t
なのでsin t, cos tのどちらかが0になるところでは0ベクトルになります。

補足日時:2001/06/16 12:50
    • good
    • 0

>「tに関して微分可能であるけども接線もなければ接線の方向ベクトルもない」という事がありうると考えていいのでしょうか?


厳密な議論の話として。

>『
>パラメータtで表されるベクトルX = Φ(t)がt0で微分可能とは
>Φ(t) = Φ(t0) + Α(t - t0) + Θ(t)
>lim(t→t0) |Θ(t)|/(t - t0) = 0
>なるΘ(t)が存在する事である
>』

とあり、Aについての言及がありません。例の場合、ベクトルAは一意に決まらないように思えます。つまりlimitの上からの極限と下からの極限で違うわけで、そこらへんの定義が「とがっていても微分可能」かどうかの理解する糸口になるように思います。

この回答への補足

> 厳密な議論の話として。
厳密な議論の話として何ですか?

> Aについての言及がありません。
そのあとに『Α = Φ'(t0)を微分係数といい、t0での接線の方向ベクトル』と書いてありますが。
あるいは

Φ(t) = Φ(t0) + Α(t - t0) + Θ(t)
lim(t→t0) |Θ(t)|/(t - t0) = 0
なるΘ(t)が存在するようなAが存在する。

と言い換えてAを定義してもいいかもしれません。


> つまりlimitの上からの極限と下からの極限で違うわけで
同じですよ。ともに(0,0)です。

今の疑問はsiegmundさんのご回答に対する補足にまとめさせていただきました通りです。

補足日時:2001/06/16 12:38
    • good
    • 0

この図形はアステロイド(星茫形)と呼ばれています.


パラメーターの t を消去すれば
(1)  |x|^(2/3) + |y|^(2/3) = 1
ですね.
ダイヤモンドの各辺が内側にカーブしたような形.
たしかに,頂点にあたる(1,0),(0,1),(-1,0),(0,-1)の4点で尖っています.

さて,私も takeba さんと本質的に同意見です.

ベクトル関数として見れば,
(2)  x = cos^3 t
(3)  y = sin^3 t
もすべての t に対して導関数を持ちます.

xy 平面の図形として尖っているかどうかは,dy/dx あるいは dx/dy
の振る舞いで決まります.
(4)  dy/dx = (dy/dt) / (dx/dt)
ですから,dy/dt と dx/dx 個々には異常がなくても,
dy/dx に異常が起きることはありえます.
実際,
(5)  dx/dt = 3 cos^2 t sin t
(6)  dy/dt = 3 sin^2 t cos t
ですから
(7)  dy/dx = tan t
となって, t = π/2 ではおかしなことが起こりますね.
これが(0,1)での尖りに対応しています.

takebe さん:
> tがちょっとしか増えてないのにXがたくさん動いてしまったら微分できませんが,
> おそらくちょっとしか動かないのではないでしょうか.
まさにその通りですよね.
所詮,cos^3 t と sin^3 t ですから,ちょっと t が動いてXが大幅に動くことは
ありえません.

> tに対してのx座標とy座標の動きは両方とも小さいのですが,
> あるところではどちらかの動きがより小さいくなるため,
> x座標とy座標で見るととがってしまうのでしょう.
(5)(6)を見ると,t=π/2 では cos t = 0 ですから
(8)  dx/dt = 0,  dy/dt = 0
になっています.
どちらもゼロですが,当然 dx/dt の方が高次の微小量ですね.
そういうわけで,dy/dx が発散するという仕組みになっています.

この回答への補足

尖っていると言うのは
dx/dy or dy/dx
が∞になることであって、
dx/dt = dy/dt = 0
とは別の話だったんですね。

だからxyだけ見てると微分不可能に見えるけどtに関しては微分可能なんですね。そこまでは納得です。

と言う事は「tに関して微分可能であるけども接線もなければ接線の方向ベクトルもない」という事がありうると考えていいのでしょうか?

本には

そして微分可能な時
Α = Φ'(t0)を微分係数といい、t0での接線の方向ベクトル、
dX = Φ'(t0)dtを微分と言い、接線の方程式

と書いてありましたが、これはΦ'(t0)dt = 0の時には当てはまらないと解釈していいのでしょうか?

補足日時:2001/06/15 15:32
    • good
    • 0

takebeさんに1票。



私は仕事でパラメトリック3次曲線をよく使いますが、大体はパラメータと実長はある程度比例しているものの、場合により、パラメータと実長が比例しなくなる場合があります。

この場合まさしく、tに関しては微分可能ではあるが、だからと言ってx、y平面内で幾何的に「滑らかでない」曲線の例ですね。tに関してx,yが停留すれば当然そうなるでしょう。絵を描くまでもなく私もピンと来ました。

やや脱線ながら、1次元追加して特異点を解消したりするのは数学屋さんの常套手段です。最近CADで主流のNURBSなんかも同次座標を用いて表現し、3次元空間への射影が有理式になるなんて巧妙な仕掛けになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「パラメトリック3次曲線」とか「実長」、「停留」などピンとこない言葉がいくつかあって、
自分が理解したのかどうか良く分かりませんが、なんとなく分かった気がします。

> やや脱線ながら

の後は残念ながらさっぱりでした。ごめんなさい。

takebeさんへのお礼にも書いた通り、本に書いてあった事で一部すっきりしない部分がありますので
siegmundさんのご回答に対する補足にまとめさせていただきました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/15 15:48

tに関しての微分だからではないですかね.



tがちょっとしか増えてないのにXがたくさん動いてしまったら微分できませんが,おそらくちょっとしか動かないのではないでしょうか(どんな図形なのか計算していないのでわかりませんが).

tに対してのx座標とy座標の動きは両方とも小さいのですが,あるところではどちらかの動きがより小さいくなるため,x座標とy座標で見るととがってしまうのでしょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> tに関しての微分だからではないですかね.

これが一番本質を突いた答えでしょうね。

ただ、本に書いてあった事で一部すっきりしない部分がありますのでsiegmundさんのご回答に対する補足にまとめさせていただきました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/15 15:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル プルダウンの作り方

お世話になります。
エクセルでプルダウンの作り方を教えていただけませんでしょうか?
住所を▼のボタンでクリックしたら【北海道,青森,秋田,岩手・・・】などの選択ができるようにしたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

メニューから「データ」、「入力規則」、「設定」で「入力値の種類」を「リスト」を選択します。
そうすると「元の値」という表示がでますので、そこで前もって作っておいたリストの範囲を指定します。
多くないのでしたら、そのままそこにカンマで区切って入力しても出来ます。

Qcos2Θ(1)×cos2Θ(2)+sin2Θ(1)×sin2Θ(2)

cos2Θ(1)×cos2Θ(2)+sin2Θ(1)×sin2Θ(2)

cos2Θ(1)sin2Θ(2)-sin2Θ(1)cos2Θ(2)


(1)(2)はΘが二種類と言う意味です

この問題の答えはどうなるのでしょうか

すみませんが教えてください

Aベストアンサー

sin(α±β)
cos(α±β)
を、(±は、+の場合と、-の場合の両方とも)教科書みてもいいから導いてください。

等号「=」というのは、当然ながら、
左辺→右辺だけじゃなくて、
右辺→左辺
も成り立ちます。

Qエクセルでプルダウンメニューの作り方

  エクセルの画面で、よく三角形を逆さまにした形をクリックするといくつかメニューが出てき、どれかを選べるようになっていますが、その作り方を教えてください。
 会社で人事を担当していますが、三角形(プルダウンボタン)をクリックすると社員氏名一覧が表示され、そこから選択できるようにしたいのです。
 しばらく自力でいろいろやってみましたが、さっぱり見当がつかず、どうやればいいのか分かりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!
当方使用のExcel2003での一例です!

↓の画像のようにSheet2に名簿表を作成しておきます。
画像ではSheet2のA2セル以降を範囲指定 → 名前ボックスに仮に「名簿」と入力しOK
これで範囲指定したセルが「名簿」と名前定義されましたので、

Sheet1のリスト表示させたいセルを範囲指定 → メニュー → データ → 入力規則
→ リスト → 「元の値」の欄に
=名簿
としてOK

これでSheet1のセルをアクティブにすると右側に下向き▼が表示されますので、そこをクリック!
これで希望に近い形にならないでしょうか?
Excel2007の場合は↓のURLが参考になるかもしれません。

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel2007/excel2007-ny_kis2.html

尚、同一Sheetに「名簿表」を作成する場合は名前定義する必要はなくて
「元の値」の右側の四角をクリックし、リスト表示したいセルをそのまま範囲指定すればOKです。

以上、お役に立てば良いのですが・・・m(_ _)m

こんばんは!
当方使用のExcel2003での一例です!

↓の画像のようにSheet2に名簿表を作成しておきます。
画像ではSheet2のA2セル以降を範囲指定 → 名前ボックスに仮に「名簿」と入力しOK
これで範囲指定したセルが「名簿」と名前定義されましたので、

Sheet1のリスト表示させたいセルを範囲指定 → メニュー → データ → 入力規則
→ リスト → 「元の値」の欄に
=名簿
としてOK

これでSheet1のセルをアクティブにすると右側に下向き▼が表示されますので、そこをクリック!
これで希望に近い形にならない...続きを読む

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

Qエクセル(Excel) 納品書の作り方【画像修正版

昨日http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7348426.htmlで質問させていただき、詳しくご回答いただき少し進んだのですが、状況が変わったので改めて質問させていただきます。

■エクセル(Excel)で納品書の作成をしています。
シート1に納品書、シート2に商品マスタ(一覧)を作っていて、シート2の一覧を反映させて
納品書に番号を打ち込むだけで、商品名・単価までが出るシステムを作りたいのですが、
昨日のご回答の中の「VLOOKUP」?を入れて、自分なりにマス目の数字を変えてやってみたのですが
反映されずN/?のようなエラーになってしまいます。

※画像が見にくかったのでシート<CENTER></CENTER>だけにしました。

1、上記のように、シート2との関連付けの係数を、写真の場合の数字で教えてください。

2、合計と、合計から20%を引いた数値を割り出す関数も、写真の数字で御願いします。

宜しくご教授お願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは!
前回投稿した者です。

当方もかなり古い(人間も古い!なぁ~んちゃって!)Excel2003を使用しています。
↓の画像のようにSheet2にデータを作成しておきます。

#N/A というエラーは、「検索値」がない!ということですので
お示しの画像のB列にSheet2のA列にないデータを入力するとそういったエラーが表示されます。

画像のセル配置ですと
C4セルに
=IF($B4="","",VLOOKUP($B4,Sheet2!$A:$C,COLUMN(B1),0))
(「$」マークの位置に気を付けてください)
という数式を入れD4セルまでオートフィルでコピー!
そのまま最後の24行目までコピーしておきます。

F4セルには
=IF(COUNTBLANK(B4:E4),"",D4*E4)
という数式を入れ、F24までオートフィルでコピー!

これでB列に商品番号を入力すればSheet2のデータが反映され、
E列に数量を入力でF列に金額が表示されると思います。

最後に合計金額のF26セルは
=IF(COUNT(F4:F24),SUM(F4:F24),"")
手数料のF27セルは
=IF(F26="","",F26*0.2)

これで何とか形にならないでしょうか?

※ 振込金額の欄は不明ですので手を付けていません。

参考になりますかね?m(_ _)m

こんばんは!
前回投稿した者です。

当方もかなり古い(人間も古い!なぁ~んちゃって!)Excel2003を使用しています。
↓の画像のようにSheet2にデータを作成しておきます。

#N/A というエラーは、「検索値」がない!ということですので
お示しの画像のB列にSheet2のA列にないデータを入力するとそういったエラーが表示されます。

画像のセル配置ですと
C4セルに
=IF($B4="","",VLOOKUP($B4,Sheet2!$A:$C,COLUMN(B1),0))
(「$」マークの位置に気を付けてください)
という数式を入れD4セルまでオートフィルで...続きを読む

Qx+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

クリックありがとうございます(∩´∀`)∩

 ★x+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

この問題について説明をお願いします。

Aベストアンサー

おおざっぱな説明になりますが、左の式を
z=-x-y
として、それを右の式のzに代入します。
それを展開してまとめると
x^2-2xy+y^2=0
という式になります。
あとはこれを因数分解すれば
(x-y)^2=0
となるので、x=yという答えがでます。
与えられた条件がほかになければこれでいいはずです。

Qエクセル(Excel) 納品書の作り方【改めて】

昨日http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7348426.htmlで質問させていただき、詳しくご回答いただき少し進んだのですが、状況が変わったので改めて質問させていただきます。

■エクセル(Excel)で納品書の作成をしています。
シート1に納品書、シート2に商品マスタ(一覧)を作っていて、シート2の一覧を反映させて
納品書に番号を打ち込むだけで、商品名・単価までが出るシステムを作りたいのですが、
昨日のご回答の中の「VLOOKUP」?を入れて、自分なりにマス目の数字を変えてやってみたのですが
反映されずN/?のようなエラーになってしまいます。

※画像が貼り付けてあります。商品名は1番以外伏せさせていただいています。
くっつけてありますが、左側がシート1・右側がシート2です。

1、上記のように、シート2との関連付けの係数を、写真の場合の数字で教えてください。

2、合計と、合計から20%を引いた数値を割り出す関数も、写真の数字で御願いします。

宜しくご教授お願い致します。

Aベストアンサー

画像がいまいちよく見えないのですが、納品書の項目は左から、No、商品番号、商品名、単価、数量、金額でいいのでしょうか(名前は多少違っていても意味があっていればもんだいないです)

でしたら、
C1セルに=IF(ISBLANK(B2),"",VLOOKUP(B2,Sheet2!$A$2:$C$200,2,FALSE))
D1セルに=IF(ISBLANK(B2),"",VLOOKUP(B2,Sheet2!$A$2:$C$200,3,FALSE))
E1セルは空白で
F1セルに=IF(D2="","",D2*E2)
といれて、C1からF1までをコピーしてその下の行にタテに貼り付ければ出来ますよ。
おそらくエラーが出たのは、コピーしたときにVLOOKUP関数の最初のセルの指定がずれてしまっているのでは無いかと思いますよ。     

Q(x^2)'=2x, (x^1)'=1, (1)'=0, (x^-1)'=-x^-2 そして ∫x^-1 dx = ln|x| + C

(x^2)' = 2x^1 ⇔ ∫2x dx = x^2 + C
(x^1)' = 1 ⇔ ∫1 dx = x + C
※ ln(x)' = x^-1 ⇔ ∫x^-1 dx = ln|x| + C
(x^-1)' = -x^-2 ⇔ ∫-x^-2 dx = x^-1 + C
(x^-2)' = -2x^-3 ⇔ ∫-2x^-3 dx = x^-2 + C
ですが、

なぜ、※のところだけイレギュラーにになるのでしょう?

はるか昔、高校のときに導出方法は習いましたが、
イメージとしては、どう捉えればよいでしょう?

証明等は無くても構いませんので、
直感に訴える説明、あるいは、逆に高度な数学での説明などができる方いらっしゃいましたら、お願いします。

(もしかしたら、高度な数学では、イレギュラーに見えなくなったりしますか?)

Aベストアンサー

sanoriさん、こんにちは。

釈迦に説法みたいな話しかできませんが…。

(x^α)' = α x^{α-1} …(1)

は、α=0 でも、(x^0)' = 0・x^{-1} = 0 (x≠0)ということで成り立ち、実はイレギュラーというわけでもなかったりします。

(x^2)' = 2x^1
(x^1)' = 1x^0 = 1
(x^0)' = 0x^{-1} = 0
(x^{-1})' = (-1)x^{-2} = -x^{-2}
(x^{-2})' = (-2)x^{-3} = -2x^{-3}

ということなので。。。

つまり、(ln(x))') = 1/x = x^{-1} はこのリストとは別の話と解釈するわけです。

積分のほうも、
∫x^-1 dx = ln|x| + C …(2)
のかわりに、
∫0dx = ∫0x^{-1}dx = 0 + C' = x^0 + C
があると思えば、イレギュラーではなくなります。
(2)は、
∫nx^{n-1}dx=x^n+C …(3)
のリストに元々登場していないと解釈するわけです。

また、(3)の両辺をnで割って、
∫x^{n-1}dx = (1/n)x^n + C …(4)
のリストとして考えると、右辺のほうに1/nがあるので、そのリストからは最初からn=0は除外して考えなければなりません。

たまたま、∫x^{-1}dx = ln|x| + C となるので、はまりそうに見えますが、もともと除外していたところに、後から違う種類のものを持ってきてはめ込んだだけと解釈すれば、そこがイレギュラーになるのは不思議ともいえなくなってきます。

また、(4)のリストの立場で考えると、(分母にnがあるので)n=0を除外しなければならないけど、一方、積分∫x^{-1}dxというものは厳然として存在しているので、その隙間に、べき関数とは全く違う関数 ln|x|+C が入ってきているという言い方もできます。これは、べき関数だけでは一覧表が完成しないところに、logでもって完成させているということにもなります。つまりlogという関数は、べき関数のリストの「隙間」に入ってきて、「完成させる」というイメージです。

sanoriさん、こんにちは。

釈迦に説法みたいな話しかできませんが…。

(x^α)' = α x^{α-1} …(1)

は、α=0 でも、(x^0)' = 0・x^{-1} = 0 (x≠0)ということで成り立ち、実はイレギュラーというわけでもなかったりします。

(x^2)' = 2x^1
(x^1)' = 1x^0 = 1
(x^0)' = 0x^{-1} = 0
(x^{-1})' = (-1)x^{-2} = -x^{-2}
(x^{-2})' = (-2)x^{-3} = -2x^{-3}

ということなので。。。

つまり、(ln(x))') = 1/x = x^{-1} はこのリストとは別の話と解釈するわけです。

積分のほうも、
∫x^-1 dx = l...続きを読む

Qエクセル2007でプルダウンで選んだものに反応

Excel2007でプルダウンで選んだものに反応して隣のセルが自動入力される方法(エクセル2007)
A1をプルダウンで「猫」「犬」から選べるようにし、「猫」を選んだ場合B1に自動に「111」が、「犬」を選んだ場合B1に自動に「222」と入力されるようにしたいです。
ご教授の程、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

VLOOKUP関数での方法です。
(1)別シートに入力文字列と対応コード表を作成。(仮にSheet2のA:B列範囲で順不同)
(2)B1に=IF(COUNTIF(Sheet2!A:A,A1),VLOOKUP(A1,Sheet2!A:B,2FALSE),"")を設定
   入力文字列が存在しない場合は空白としています。

QA={Φ,{{a,b},{a,c}}} B={Φ,{a,b},{a,c

A={Φ,{{a,b},{a,c}}} B={Φ,{a,b},{a,c}}のとき、A∩Bは{Φ}なのかそれとも{a,b}などを含むのかどうかがわかりません。 わかる人がいらっしゃるなら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

落ち着いて考えれば分かるはず。
ただ、若干の慣れは必要かも・・・。

・考え方
Aの元は、Φと{{a,b},{a,c}}}の2個。
Bの元は、Φと{a,b}と{a,c}の3個。
共通するのは、Φだけ。

よって、A∩Bの元はΦだけ。
つまり、A∩B={Φ}。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報