「公示」と「告示」の違いが国語事典で調べても今ひとつわかりません。どなたかにわかりやすく教えていただければ幸いです。

A 回答 (1件)

衆参両院の通常選挙は公示。

その他の選挙(地方自治体の議会、首長及び衆参両院の補欠選挙)は告示といいます。

 「公示」とは憲法七条で定められる天皇の国事行為で、全国一斉に行われる国政選挙の期日(投票日)を公的に告知するもの。一方、「告示」は、衆参両院の国政選挙の補欠選挙と、地方の首長選や市区町村議会選挙などについて行われ、選挙事務を担当する各選挙管理委員会が行うもの。

参考URL:http://www.sankei.co.jp/databox/shuin/html/0603p …
    • good
    • 15
この回答へのお礼

 用語の難しさを改めて痛感しました。わかりやすい説明と参考URLの情報どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/15 08:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどなたか、法律に詳しい方、教えて頂けますでしょうか?

どなたか、法律に詳しい方、教えて頂けますでしょうか?

<概要>
債権の差し押さえと抵当権の優先について、購入したマンションへ連帯保証の差し押さえが
どのように及ぶのか、また、購入したマンションの差し押さえが及ばないようにするには
どのようにしたら良いかを教えて頂けますでしょうか?

<経緯>
2009年4月 1000万 会社名義で借り入れ、私が連帯保証人に
2009年10月 2700万 私と妻名義でマンション購入(フラット35を利用し、全額ローン)
(持分は私:妻=6:4、固定資産としての評価額は約2000万、住宅ローンの借り入れ先に第一抵当権設定)
昨年、交通事故で代表の私が入院、自宅静養している間に会社の経営状況が悪化し、従業員も解雇せざるを得ない状態となり、現状、会社は名ばかりの個人事業同然となっていますが、2010年6月現在までは遅滞なく会社名義の借金返済をしています。
、、、ですが、2ヶ月後位の返済の見通しがつかず、、、。

現在、銀行と返済緩和の交渉中です。
-----------------------------------
質問のポイントとして、
(1)優先順序の別
 会社借り入れの連帯保証債務の発生時(借り入れ時)とマンションの抵当権設定時の前後で
 優先が決まるのか、
 それとも、連帯保証債務の債務履行遅滞の発生時(2010/8くらいに発生しそうな会社債務の
 不履行発生時?)とマンションの抵当権設定時の前後で決まるのか?
(2)共有名義への差し押さえの影響
 マンションの持分に対する差し押さえが実行された場合、妻の持分にどのような影響があるのか?
(3)居住権の主張
 差し押さえが実行されるとわかった場合、妻との離婚届けを出した場合、
 居住権をどこまで主張できるか?

(4)もし、最善の方法があるとしたら
 (3)の方法以外で最善の方法がございましたら、ご教授頂けますでしょうか?

-----------------------------------
何卒、ご教授お願いいたします。

どなたか、法律に詳しい方、教えて頂けますでしょうか?

<概要>
債権の差し押さえと抵当権の優先について、購入したマンションへ連帯保証の差し押さえが
どのように及ぶのか、また、購入したマンションの差し押さえが及ばないようにするには
どのようにしたら良いかを教えて頂けますでしょうか?

<経緯>
2009年4月 1000万 会社名義で借り入れ、私が連帯保証人に
2009年10月 2700万 私と妻名義でマンション購入(フラット35を利用し、全額ローン)
(持分は私:妻=6:4、固定資産としての評価額は約2000...続きを読む

Aベストアンサー

滞納に対して銀行が連帯保証人であるあなたに返済を法的手続きで求める場合、先ず督促なり裁判で債務名義を取ります。引き続きあなたの財産を差押えます。不動産は競売によって換価されますが、差押え不動産に抵当権がついている場合、競売代金は先ず、抵当権の順番に配当され残っている場合に一般債権者(銀行)に配当されます。あなたのマンションの場合だと銀行は差押え申し立てても銀行に配当される可能性がない場合差押えできないかも知れません。それと、銀行が差押えられるのはあなたの持分だけです。抵当権がない状態での差押えならあなたの持分だけが競売されます。

銀行も取り立てる財産に目途が立たなければ、返済猶予してくれるかも知れません。

Q国土交通省告示

平成17年国土交通省告示第503号に記載されている告示文章を調べたいのですが・・・教えてください

Aベストアンサー

平成17年国土交通省告示第503号で検索したらでてきました。
http://www.kojintaxi-tokyo.or.jp/dat/tutatu/kh170221.pdf

Q公示送達の要件

金銭の借り逃げをした知人に公示送達を行おうとしている者です。
要件を満たしているか、判断して頂けないでしょうか。
以下、裁判所のHPに記載されている提出書類の要件です。

ア 申立人の資格証明書(3か月以内のもの)(申立人が法人の場合)
⇒個人なので不要

イ 相手方の資格証明書(3か月以内のもの)(相手方が法人の場合)
⇒個人なので不要

ウ 相手方(代表者)の住民票又は不在住証明書等(3か月以内のもの)
⇒不在住証明書を取得済み

エ 戻ってきた郵便物(封筒及び書類)
⇒内容証明と配達証明を付けた支払督促状が戻ってきており保管中

オ 通知書の原本(前記エの郵便書類が通知書であることが多いと思われる。)
⇒上記のエと一緒に保管中

カ 通知書のコピー1部(前記1イのコピーの内の1部)
⇒コピー済

キ 調査報告書
⇒ここについてお聞かせください。
この調査報告書は、現地調査をした結果(郵便受けチェック、部屋の明り、洗濯物の有無等)を
記載するようにと求められています。
ただ今回、該当住所の調査を行政書士に依頼し、その結果、5年以上前に転出していることから
職権消除となり、間違いなく居住していないことが証明されています。
職権消除となっていることが分かっていても、現地に赴いて調査しなければならないのでしょうか?
もちろん、行政書士による「不在住」の正式書面も頂いています。

どうぞよろしくお願い致します。

金銭の借り逃げをした知人に公示送達を行おうとしている者です。
要件を満たしているか、判断して頂けないでしょうか。
以下、裁判所のHPに記載されている提出書類の要件です。

ア 申立人の資格証明書(3か月以内のもの)(申立人が法人の場合)
⇒個人なので不要

イ 相手方の資格証明書(3か月以内のもの)(相手方が法人の場合)
⇒個人なので不要

ウ 相手方(代表者)の住民票又は不在住証明書等(3か月以内のもの)
⇒不在住証明書を取得済み

エ 戻ってきた郵便物(封筒及び書類)
⇒内容...続きを読む

Aベストアンサー

>あくまで現地調査した報告書がメインで、行政書士の報告書なんかは
付随の資料という位置づけなんですね。

そうです、公示送達の申立人は、yamaka3594さんですから。
なお、yamaka3594さんが、ことごとく、提出書類を列記し、それを公示送達の法定要件としていたので、私は、そのような書類が法定要件ではない、と云いましたが、法定要件は「通常の送達では送達できないとき」であって、公示送達の申立書の趣旨は「通常の送達では送達できないので公示送達の申立をする。」でかまいません。
その理由として「別紙、調査報告書のとおり」として、報告書を作成し、その添付書類を冒頭で列記している書類を添付します。

Q法律、省令、告示について

私は品質管理部に席を置く新米社員です。タイトルにも書きましたがこれらの違いは何なんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

詳しい説明が参考URLにあります。
簡単に言うと
法律は国会で決められた法律
省令は各省庁で決められた法律に準じるもの
公示はお知らせ

参考URL:http://www.geocities.jp/xxreiki/files/kokujikouji.html

Q公示催告中に時効

受取手形を紛失してしまった場合、手形を無効にする為に簡易裁判所に公示催告の申立をし除権判決を得るという手続きが必要になるそうですが、もし手形紛失後、何の対策も講じず1年半以上経過してしまっている場合、公示催告(6ヶ月以上)の間に売掛金の時効(2年)をむかえることになりますが、この場合時効の中断も出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金として,訴訟を起こすことができるということです。

 手形と引換に支払えという判決がされた場合に,手形が除権判決で失権すれば,手形と引換ということもなくなって,売掛金の支払いを受けることができます。

 しかし,売掛金の支払いに代えて手形が出ている場合には,売掛金の債権は残らないとされていますので,この場合には,売掛金の時効自体が問題になりません。手形の時効が問題になるだけです。

 普通,売掛金の支払いに代えて手形を振り出すということはありませんので,基本的には,前者の取扱い(すぐ訴訟を起こす)ができるわけです。

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金とし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報