至急■昨日、介護認定の更新で 63歳母が要介護4から適用なしになりました。

去年7月に62歳で慢性硬膜下血腫、大腿骨骨折で若年性認知症になり要介護4になりました。

大腿骨骨折して入院先でリハビリをしましたが、全く改善されず、車いすになり歩くこともできず、トイレも自分で行けず、着替えも一人でできません。以前から発症しているてんかんや完治したとはいえ脳腫瘍をやった影響もあるみたいです。
認知症も進行しており、日にちの感覚もなく自分の歳や家族の歳もわかりません。家族だという認識はあります。
テレビのリモコンの使い方も分からないレベルです。

食事はなんとか摂ることができますが、誤嚥があるので見守りが必要です。
父と介護をしております。

母は週に3回デイサービスに通っています。

7月末で介護認定が切れるので一か月くらい前に更新の申請をしました。
そのときに頼んだ医者は脳外科医で、慢性硬膜下血腫の先生です。

昨日ケアマネジャーから電話があり役所から「介護認定が全く下りなかった。すみません。月曜日に病院と役所に行ってみます。デイサービスの利用はできなくなるのでサービスはストップしてください」と連絡があり家族中パニックになってます。
ケアマネとは土日なのでもう連絡が取れないですし、デイサービスが受けれないと家族が外出ができません。

65歳未満だと介護認定を受けるためには、医者の書き方?が足りなかったのでしょうか。
今回は慢性硬膜下血腫の病名で書いたので申請が下りなかったのでしょうか。
去年の初めての申請の時は大腿骨骨折の入院先の整形外科医が申請書を書いてくれたみたいです。今はその病院には通院しておりません。

ケアマネジャーは謝るばかりで経緯や理由を教えてくれません。

①申請が通らなかった理由はどういったことが考えられますでしょうか?

②ケアマネジャーが医者の書類をちゃんと確認してこれでは申請を通らないと判断できなかったのでしょうか?


③今月のデイサービスの利用はやはりできないのでしょうか?実費ではとても無理です。

④また申請を通すためにはどうしたらよいのでしょうか?

⑤申請をしたらやはり1か月かかるのでしょうか?


パニックになっているのと、自分の知識のなさで文章がおかしいかもしれません。
よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • みなさんありがとうございました。
    7/31の金曜日の17時前にケアマネから「申請が認定外になったからデイサービスを中止してください。すみません、すみません」とだけ連絡があり、その後ケアマネとは月曜日まで全く連絡を取れない状態だったため、詳しい状況も知らされず家族中パニックになりこちらでお世話になりました。
    月曜日ケアマネと所長が謝罪に来て「去年要介護4だったので今回も簡単に審査に通るだろうと甘く見ていた。」と医者は慢性硬膜下血腫のみで書類を書いたため通らなかったとのことでした。
    役所からの経由としては、申請が通らなかったとの結果が出たのではなく、役所が「前回介護4だったのに書類がおかしい、このままだと認定が下りないので大丈夫か?」という連絡がケアマネに入ったということだったみたいです。

      補足日時:2015/08/08 09:08
  • (つづき)

    そういったことも7/31の時点ではケアマネは言わなかったので・・・。
    新たに別の医者を予約し(認定を取るための書類を書くのに慣れている物忘れ外来の医者)の所に昨日
    一緒にケアマネと行きまた申請をしてもらうことになりました。しかし、ケアマネが予約を取った時間が16時と聞いていたのに、医者にいくと「11時10分で予約とってあるのに」と言われケアマネが時間を完全に間違えていて閉口しました。こんなことがあったのに時間を間違えるケアマネはかなり問題があると思います。ほかの人に変えてほしいです。とりあえず再申請をして暫定のプランでデイサービルに通うことができるようにしてもらいます。ありがとうございました。

      補足日時:2015/08/08 09:08

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

拝見しました



介護福祉士でケアマネージャーの人物から このような事例はあるのかを聞いてみました
できるだけ詳しく聞いてみましたので 参考になればと思います・・・

答えは 「よくあることだ」 との答えでした
おかしいと思ったら もう一度申請をし直すべきだということですが 個人的に行動してもなかなか難しいようですので どなたか有力者(地元の議員さんなど)にご相談して どこにどのように相談に行ったらいいのかを聞いてみるのが一番早いそうです
介護認定は 各市町村の役場で決定しますので お住いの街の市議会議員のかたに相談されてはいかがですか?
彼らは困っている時に相談に行くことで きちんと窓口を教えてくださるのだということでした

ご病気の方 ご本人の状態が以前よりも良くなったと判断され 介護生活が必要ではなくなることは 大変喜ばしいことです
しかし  適用外・・になるということは 自立して生活できる と判断されているとのことですので 明らかにお書きになっている内容とは食い違いがあります
それぞれの市町村の役場の 介護福祉課に相談されること
異議申し立て 及び再認定調査申請 ということで週明けにも行動されることをお勧めしますが 個人的に行動するより 先に書いた通りご相談されたほうがよろしいです

また ケアマネージャーについては その経緯を報告する義務がありますので 教えないということであれば そちらも大変大きな問題です
認定が適用外になった経緯と理由を書いてある書類も届いているはずですので 必ずそちらをご覧になってください

①については 以前の介護認定時に比べ 現状が状態がよくなったとの医師やケアマネの判断があり診断書にもそのような内容の報告がなされた

調査員の面談時にご本人がしっかりした受け答えをしていた
と考えられます

②ケアマネージャーは医師の診断書を見ることはできません
封書として 医師の診断書はそのまま介護認定員の手に渡ります
また 認定用の診断書について 家族からの希望や要望を医師に伝えることができます

③自費での利用はできます
適用外となったとすれば デイサービスを受ける必要がないと判断されたということです
状況的におかしいと思われるようですので 自費で利用される前にまず 申請し直しをされるべきです

④申請を通すためには 現状をきちんと家族が訴えることです
何よりも 困っていることを伝えましょう
ただ ご家族が介護できる状況にある・・・・と判断されると難しいこともあります
ケアマネージャーに任せる方も多いですが きちんと訴えることで 再調査がはいるはずです


個人的ですが  私の両親も 生前は介護認定を受けヘルパーさんやケアマネージャーさんにお世話になりましたが ケアマネージャーさんによって 全く対応が違い 良い介護を受けることができなかった経験もあります
書かれている 理由を説明しない 謝るだけ・・・ということですが
信頼できるケアマネージャーなのか 疑問です




大変な介護生活ですので 誰かの助けが必要ですよね
私も長い間 両親を介護しましたが いろんなかたの助けがないとできませんでした
良い方向に道が開かれることを 願っています

猛暑ですので お体を大切になさってくださいね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざケアマネさんに聞いていただき、本当にありがとうございます。
よくあることなんですね・・・。要介護度が下がるのはよく聞くと思ってましたが、まさかの適用なしも、あることとは驚きです。明日ケアマネに経由を確認し、書類を見せてもらいちゃんと説明してもらいます。
地元の議員さんですか・・・直接は知り合いはいませんが、父の知り合いの知り合いでツテがあるみたいなので相談してみます。
今回、ケアマネが調査員を代行しているので、区役所の人が母の状態を見にくることはありませんでした。
なので、医師の書類の内容で適応なしと判断されたのかもしれません。

明日、確認してきます。

ケアマネさんによって良い介護が受けれるか変わってくるんですね。うまいもんさんも長い間介護されていたそうで、とても親身になってアドバイスしてくれて、私の体まで気遣ってくれて本当にうれしかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/02 15:19

義理の父も介護4から介護1になりました、認知面があまりひどくなく両膝を人工関節にして、歩行器があればトイレにも自分で行けるようになったので、一番ひどいときに介護4で元気になったため介護1になったので、ベッドが借りれなかった以外は不便は感じませんでした。


質問者さんの所はお困りのようなので、納得ができないのなら、もう一度評価をし直してもらったほうが良いと思います、デイでの介護の時間が少なかったり(介助しなくても自分でできたり)評価し直してもらっている間もちゃんとデイサービスを利用することができます。新しい評価は申請した日までさかのぼりますので、早めの不服申し立てをしたほうが良いですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日変更の申請を出しに行ってきました。ケアマネと上司も謝罪に来て近いうちに暫定でのプランを出してもらうことになりました。
パニックになり、みなさんのアドバイスがあり冷静になることと、知らない事を教えてもらい本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/08/04 21:29

大変ですね。


すぐに、ご家族自身で役所の介護保険の係に問い合わせてみてください。
窓口に行けば、「介護認定調査の内容照会」ができるはずです。
そこに記載された内容が事実と同じかどうか確認してみましょう。
ちなみに主治医の先生の意見は参考にはしていますが、介護認定そのものを根底から左右するものではありません。
質問者様の書いたとおりの身体状況ならば、「認定は下りない」はありえません。

今回のケアマネジャーさんの言動・行動は質問者様の書く通りなら非常に不可解です。
ここは質問者様が直接動いて確認した方がいいと思います。

①申請が通らなかった理由はどういったことが考えられますでしょうか?
仰るとおりの身体状況であるならば、主治医の意見がどう書いてあろうが通らないはずはありません。

実際、「認定調査員による訪問調査」は行われましたか?
もし行われていないのであれば「申請忘れ」である可能性があります。
申請はご家族が行いましたか?ケアマネジャーに代行してもらいましたか?


②ケアマネジャーが医者の書類をちゃんと確認してこれでは申請を通らないと判断できなかったのでしょうか?
ケアマネジャーは直接医師の意見書を確認することは出来ません。医師から役所に郵送するなどの方法がとられます。

③今月のデイサービスの利用はやはりできないのでしょうか?実費ではとても無理です。
もし仮に申請できていないということであれば、今日すぐに申請すれば良いのです。
そうすれば明日から「見込み」でケアマネジャーがプランを作成し、サービスを利用できるはずです。
本当に介護認定はいわゆる「自立」と判定されてしまった場合、結果を不服として
「区分変更申請」あるいは「不服申立て」ができます。
この点も役所に確認してみてはどうでしょうか。

④また申請を通すためにはどうしたらよいのでしょうか?
本当に介護認定はいわゆる「自立」と判定されてしまった場合、結果を不服として
「区分変更申請」あるいは「不服申立て」ができます。
この点も役所に確認してみてはどうでしょうか。

⑤申請をしたらやはり1か月かかるのでしょうか?
かかりますが、「見込み」でプランを作成できますので、仰るとおりの身体状況であれば利用は可能なはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回、ケアマネが調査員を代行しているので、区役所の人が母の状態を見にくることはありませんでした。
申請はケアマネが代行しました。
なので、医師の書類の内容で適応なしと判断されたのかもしれません。慢性硬膜下血腫のみしか病名は書かれてなかったみです。認知症のことは書いてもらえなかったみたいです。

昨日変更の申請を出しに行ってきました。ケアマネと上司も謝罪に来て近いうちに暫定でのデイサービスのプランを出してもらうことになりました。
パニックになり、みなさんのアドバイスがあり冷静になることと、分からない事を教えてもらい本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/04 21:32

私もあまり詳しくないですが


往々にしてよくある事のようです。
誤解されているといけません
ので回答させていただきますが医者の意見書にケアマネが
意見を述べる事はできませんよ

あくまでも意見書は参考資料程度のものですので市役所の担当者との受け答えが仮に
きちんとしていた場合そちらの状態が優先されます。

よく認知症の方がこの時ばかりに張り切ってしまうケースがありますよね
これはむしろ逆効果なんですよ
ご家族の方からしたら少しでも快方に向かっているように
見せたい心情はわかりますが
判定の第一段階は機械が行いますので質問に対して時折
無慈悲な回答になり得ます

適用が切れていますので実費での利用は可能だとは思われますが

申請についてですが短期間での再申請は難しいと思いますよ

場合によっては数ヶ月かかるのではないでしょか?

もし申請を通しやすくしたいとお考えならば、整形外科等で通院されていた実績等も一緒に提出した方がいいと思いますが

食事が1人でとれる場合結構
介護度が低めに算定されてしまうようです
旦那さんもいらっしゃいますし御家族もいらっしゃいますので自宅介護が一番と判断されたのだと思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回、ケアマネが調査員を代行しているので、区役所の人が母の状態を見にくることはありませんでした。
申請はケアマネが代行しました。
なので、医師の書類の内容で適応なしと判断されたのかもしれません。慢性硬膜下血腫のみしか病名は書かれてなかったみです。認知症のことは書いてもらえなかったみたいです。

昨日変更の申請を出しに行ってきました。ケアマネと上司も謝罪に来て近いうちに暫定でのデイサービスのプランを出してもらうことになりました。
パニックになり、みなさんのアドバイスがあり冷静になることと、分からない事を教えてもらい本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/04 21:33

やるべき事は、No.1さんと同じで異議申し立てですね。



期間は、経験がないのでケアマネージャーに聞く
答えられなければ、そのケアマネージャーは無能かと、
面倒でも、役所に直接聞く。

医者の診断書作成は、主治医意見書にきちんと利用者の現状が記載されるか、
親族と医者の直接面談が一般的ではないですか?同席でケアマネージャーがいてもかまわないけど。

市役所の審査にしても、親族同席が基本ではないかと思います。

経験上、対象者が自分で何処まで出来ず、他者の手を借りなければならないか詳しく説明しなければなりません。

認知症が、進行しているなら尚更に親族が代弁しなければなりません。

その場で市役所の人が、これは要介護〇〇に相当しますねと言いますよ。

もしかして、市役所,ケアマネージャー,対象者での審査だったのでしょうか?

だとしたら、市役所の人は、対象者にも聞き取り調査をしますから、
認知症が進んだ人の言葉から、適切な回答は出て来ません。

ケアマネージャーが、本人が言ってる事だからと口出ししなけらば、間違った判断になりかねません。

医者の診断書を作る為の診断立ち会いや、市役所の審査の立ち会いは基本的に親族の立ち会で、
ケアマネージャーは、あくまでサポートの手配,手続きや、専門的なことをアドバイスすることがメインで、
交渉は手配,手続きの範囲内で、審査の交渉は親族が同席してないと範囲を逸脱してます。

詳しい状況が解らないので、こういう判断で市役所が結論した事へのアドバイスはできませんが、

貴方と言うよりは、介護している皆様
捨てる神あれば拾う神ありと思って、めげずに行動しましょう。

いいね!「リラックマららら」て言葉の雰囲気。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回、ケアマネが調査員を代行しているので、区役所の人が母の状態を見にくることはありませんでした。
母と父同行とケアマネ3人での調査?となりました。
医者はあまり書類のことを分かっておらず、「めんどくさいなー」と言ってたらしいです。ケアマネが医者にフォローしておくと言ってたらしいですが、うまく伝わってなかったようです。
なので、医師の書類の内容で適応なしと判断されたのかもしれません。
とりあえず今月はデイサービスの利用はできない(実費で払うお金はないので)ので家族が外出ができないのが痛いです。
明日役所と病院に行ってきます。
心配して頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/02 15:23

医者の診断書で役所に異議申し立てです。


ケアマネジャーも、巻き込んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明日ケアマネと役所に行ってきます。ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/02 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腿骨頚部骨折時のハンソンピンの位置

大腿骨頚部骨折などの際にハンソンピンで固定するとします。
この時、大腿骨頚部の骨量の多い足側にハンソンピンを打つと思いますが、この部分は名称などあるのでしょうか?あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ハンソンピンを刺入する場合なら、遠位ピンはMLで見て中央、APで見て骨梁の多いカルカー寄りに打ちます。
近位ピンはMLで見て前方よりで、APでは頚部上方を通るラインに打ちます。

>骨量の多い足側にハンソンピンを打つと思いますが
この表現が骨梁の多い部分に打つ遠位ピンを指すのであれば、大腿骨頸部から骨頭下部にある骨梁が多くはしっているカルカー部の事かと思います。

Q要介護1の父と要介護3の母がいます。

私は仕事で妻と2人(3年前に結婚、子供なし)で沖縄に住んでいる43歳(3人兄弟の末っ子の長男)です。
姉たちは親が暮らしている三重県に住んでいます。
1人は旦那方の親と同居。1人(シングル)は子供2人を養っていますが、以前脳出血しており
自宅療養中です。
認知症の父(83歳)は自宅で1人暮らし、ケアマネージャー、ヘルパーさんに助けられながら
生活をし母のいる施設にお見舞いが日課です。(父は母の病状を忘れてしまったり、行き方なども
忘れてしまうことがあります)

母(62歳)は脳出血のため右半身不随、失語症です。現在は特養にお世話になっています。
昨年末母が倒れて、現在まで時間を作り母に月回会いにいっていました。
当初よりは安定してきており、車いすを使いトイレは見守り程度で行けるようになりました。
ただ、失語症のため他の方とコミニケーションがとりずらいです。母はガンバリ屋さんのため自分から話しかけますが言葉を聞き取ってもらえず自分の殻に閉じこもり始めています。
最近弱音をはき始めていて、今まですごく頑張った母にこれ以上がんばれとたやすく言えません...。
この問題は母が乗り越えなければ次には進めないと思っています。
現状では、毎日電話で母を応援しています。
父もボケながらも母の涙は刺激になるようで、自分がしっかりしないとと言い聞かせてるように
見えます。

本来、私が2人引き取って面倒を見るのが筋だと思いますが、妻(30歳)が在宅介護を
考えられないと言われ、話し合っても答えが出ず喧嘩になってしまいます。
妻の意見も気持はわかりますし、無理強いすることもできません。
沖縄に呼ぶことも考えていますが妻には反対されています。
呼んだとしても妻には頼らないつもりですが、突発的な事があった場合妻に頼る時も
ないとはいえません.....。
仕事を辞めて地元に戻ることはできますが、同居はしたくないといわれています。
妻を責めるつもりもありません。ただ、このまま親を見捨てることは絶対できません。

ここまで育ててくれた親のお世話をするには、今は離婚しか思いつきません。
妻は、仕事もしておりますし家事全般・家の事はすべてこなしてくれています。
不満は一切ありません。そんな妻と別れるしかないのでしょうか。

何か、いいアドバイスがあればお願い致します。

私は仕事で妻と2人(3年前に結婚、子供なし)で沖縄に住んでいる43歳(3人兄弟の末っ子の長男)です。
姉たちは親が暮らしている三重県に住んでいます。
1人は旦那方の親と同居。1人(シングル)は子供2人を養っていますが、以前脳出血しており
自宅療養中です。
認知症の父(83歳)は自宅で1人暮らし、ケアマネージャー、ヘルパーさんに助けられながら
生活をし母のいる施設にお見舞いが日課です。(父は母の病状を忘れてしまったり、行き方なども
忘れてしまうことがあります)

母(62歳)は脳出血...続きを読む

Aベストアンサー

介護職をしています。

大変な状況だと思い心中お察し申し上げます。

私も前に回答をされた方と同じように現状を維持することが大切だと思います。

確かに自分を育ててくれた親の介護に関してのあなたの思いはわかりますが、私が共感できないのはあなたの人生を大きく変えかねない離婚という大きな決断をしないと親の介護できないのであるなら、それはあなたの家庭をまず守ることを第一としないといけないと思うからです。

時々利用者さんに言うのですが、親には親の人生があるように子供には子供の人生があるのです。あなたは親を放置しているのではなく、施設や在宅介護の制度を使って立派に介護されているのですよ(放置や虐待で施設入所される方が大変多いです・・・それに比べるとほんとよくやられています)。

在宅のお父様の介護については1人で考え込まずに専門職のケアマネや大変な状態ですが、兄弟の方にも相談して方向性を決めた方がよいです(認知症は薬を飲んでも症状を遅らすことはできても治らないので少しずつ進行していききます。よって重度の認知症になった場合に備えて施設見学に行き入所の予約をしておくのも手です。まあ入れる施設は要介護にもよるのですが・・・)資金的余裕があれば、有料の老人ホ-ムもあります(様々なタイプのものがありますのでよくみてください)。

介護の仕事をしているものとして言わせて頂くと、私たちのように1日8時間だけの勤務だけでも、介護の仕事は結構ハ-ドです・・・それが在宅になると365日24時間家に認知症のお父様と暮らすことになります。しかも認知症は徐々に進行していくので、歩ける中度-重度認知症の方ほど在宅介護で難しいものはありません。仕事も辞めないといけないと思いますし、何度も同じことを聞かれ、時には罵倒され、そして勝手に外に出て迷子になる・・・(もちろん認知症出てくる症状は人によって違います)昔のお父様を知っている質問者の方ならその姿に逆に苛立ちを覚える可能性もあります。自分の親ならまだしも、奥様にとってはかなりのハードな決断を迫ることになります。特養なんかが入所に2-3年待ちなんかが当たり前なのは在宅介護がそんなに甘いものではないことを物語っています・・・・

あなたは今十分介護されていますので、まずは現状を維持し、まずは自分の家族を大切にしてください。そして、ケアマネや医療関係者と連携しながら、介護サ-ビスをうまく使い、できるだけ先手を打って行動してください(もちろん1人で考え込まずに周りに相談を・・)

少しでもいい方向に向くことをお祈りしております。

介護職をしています。

大変な状況だと思い心中お察し申し上げます。

私も前に回答をされた方と同じように現状を維持することが大切だと思います。

確かに自分を育ててくれた親の介護に関してのあなたの思いはわかりますが、私が共感できないのはあなたの人生を大きく変えかねない離婚という大きな決断をしないと親の介護できないのであるなら、それはあなたの家庭をまず守ることを第一としないといけないと思うからです。

時々利用者さんに言うのですが、親には親の人生があるように子供には子供の人生がある...続きを読む

Q大腿骨骨折の手術と術後について教えて下さい

74歳になる母が、大腿骨を骨折してしまいました。

来週中に手術をする予定ですが、大腿骨骨折の手術の方法、
術後の経過などがどんなものか分からず心配と不安の気持ちでいっぱいです。
家族としてどんな点に注意をしたら良いのかわからないので、
教えて頂けたらと思います。

また大腿骨骨折は、必ず手術をしないと治らないのでしょうか…

母の場合、糖尿病・高血圧・脳梗塞・認知症など、
多くのリスクをかかえているので、手術に耐えられるのか
とても心配です。

主治医からの手術前の説明はまだ受けておりませんが
その前に家族として大腿骨骨折について知っておきたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

もちろん、主治医の先生のご説明を一番にされてください
やはり、骨折の程度やお母様の全身状態(糖尿病など)によりますからね…

ですので一般的な…ということになりますが…
大腿骨の骨折はやはりズレたままというのは困ってしまいます
若い人であれば基本的には手術をすぐに考えます
しかし、リスクがあるようですとお守りで足を引っ張ったりしたままで、保存的に治療することもあり得ます

また、大袈裟ではありますが…骨はそのうちくっつきます
しかし、それまで歩けませんので…その間、寝たきりですよね
手術すれば、少しは期間が短くなりますし、保存的ならもっと長くなります…その骨折以外の寝たきりの問題で…手術を考える理由になります

ですので、手術をしたほうがいいか、よくないか?は
現状がわかりませんので、まったく言えません
しかし、どうなったとしても寝たきりの期間ができますので
担当医の先生と相談のうえ、タイミングよくリハビリを始めること
また、座ってよくなったら、なるべく座ることなど
骨が折れての問題より、寝たきりで弱ってしまうことを極力、予防・また回復させることが御家族のできることだと思います

いまは先生より御説明も受けてらっしゃらないようですね
御心配なのは、御察しいたします
よく話をお聞きしてくださいね
珍しく危ない骨折では無いですので、落ち着かれてじっくり対応されてくださいね

もちろん、主治医の先生のご説明を一番にされてください
やはり、骨折の程度やお母様の全身状態(糖尿病など)によりますからね…

ですので一般的な…ということになりますが…
大腿骨の骨折はやはりズレたままというのは困ってしまいます
若い人であれば基本的には手術をすぐに考えます
しかし、リスクがあるようですとお守りで足を引っ張ったりしたままで、保存的に治療することもあり得ます

また、大袈裟ではありますが…骨はそのうちくっつきます
しかし、それまで歩けませんので…その間、寝たきりです...続きを読む

Q母に困っています。 母は86歳。 要介護の父もそばにいます。 父の面倒を長く母は見てきましたが もう

母に困っています。
母は86歳。
要介護の父もそばにいます。
父の面倒を長く母は見てきましたが
もう、母も限界だと思うのです。

母は骨粗鬆症、腸も具合が悪く
痛い、痛いといっています。
ヘルペスも痛むらしいです。

さらに原因不明のおできが目の上にできています。

これだけ悪いのに、通院はしても
入院はしないのです。
また。ケアマネさんに薦められても、
けっしてデイケアにもいきません。

きょう、父の介護について
家族が集まってケアマネさんやヘルパーさんと話し合いました。

わたしはいつも電話しては
わたしにからだの愚痴を言う母に参ってます。

しかし、こんなときには必ず
自分の介護は必要ないと言い張ります。

かっこつけるのです。

またこんなふうになりました。

わたしはもう母にはお手上げです。

介護保険を利用しない母、
頑固で言うこと聞かない母、、

どうしたらいいでしょう。

父、88は認知症で、むしろ
扱いやすいように思います。

Aベストアンサー

うんうん
わかります

甘えたいんですよね
なんでも言っても受け止めてくれる、うまく聞き流してくれると思って居るんですよ

いけるところまで見てもらいますか
反対にお父様をショートステイとかで少しお母様から離してみてはどうですか?

Q大腿骨関節の人工骨

私の70歳の母です。18年前に大腿骨関節を骨折し丸い側を人工骨に変えました。普通に歩けるまで回復していましたが、去年の11月末に同じ脚の膝関節を骨折し、今度は凹の側が折れ陥没したため、人口の支えを入れました。今はリハビリの後、ゆっくり歩けるようになりましたが、前に骨折した大腿骨に痛みが出てきました。病院で検査した結果、大腿骨関節の凹側が痛み始めているので近いうちに関節全体を新たな人工骨に変える手術が必要だと言われました。ただ、膝の人口の支えをとめているスクリューの除去を今年の末ごろに終えてからでないと大腿の手術はできないと言われました。
それで質問なのですが、歩かなければ膝が直りません。ただ歩くことで大腿骨関節をよけい傷めてしまいそうで心配です。どのようなことに気をつけて日常生活をおくれば良いのでしょうか?どのような運動が適していますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

文面を拝見しますと股関節の大腿骨頭(凸部)を人工骨頭に置換したのが52歳という事になるわけですよね?
今回、膝関節の骨折という事で、それが誘因となって同側の股関節にも過剰付加がかかってしまったのかもしれませんね。
しかし、人工骨頭で使用される素材がいくら硬くで丈夫なものであっても人間の骨には勝てないんです。
現在の人工骨頭もそろそろ再度置換術が必要になってくる時期といえば時期だったのかもしれません。
通常は15年~20年が耐久年数のようです。
今回は大腿骨人工骨頭を受け止める側、寛骨臼(凹部)にも
カップを装着しなければいけないような状態、という事のようですね。
 早めに膝関節を良い状態に保ちたいという事ですが、
まずはもし、お母様の体重が増加傾向ならなるべく、
体重を落とす努力が必要かと思います。
あとは患側をなるべく使用せずに痛みの無い方を多く使用してると、それもまた健側に相当な負担をかけてしまう事になってしまいます。
病院、医療機関でのリハビリも大事ですが、
もしお母様にその気があるようであれば水中ウォーキング等も一つのリハビリになるかと思います。
陸上では歩くのみ痛みが伴うけれど水中だと歩いてもさほど痛みが感じ難いという場合もあり関節の可動域制限や筋力低下もある程度は防げるかと思います。

参考URL:http://www.stryker.co.jp/health/bone2/bone1.html

こんにちは。

文面を拝見しますと股関節の大腿骨頭(凸部)を人工骨頭に置換したのが52歳という事になるわけですよね?
今回、膝関節の骨折という事で、それが誘因となって同側の股関節にも過剰付加がかかってしまったのかもしれませんね。
しかし、人工骨頭で使用される素材がいくら硬くで丈夫なものであっても人間の骨には勝てないんです。
現在の人工骨頭もそろそろ再度置換術が必要になってくる時期といえば時期だったのかもしれません。
通常は15年~20年が耐久年数のようです。
今回は大腿骨人工骨頭...続きを読む

Q今後の親の介護について。 要介護2の認定を受けた障害者の親の介護を自宅でしていますが、ヘルパーさん

今後の親の介護について。

要介護2の認定を受けた障害者の親の介護を自宅でしていますが、ヘルパーさんに頼んだら、どれくらい料金がかかるのでしょうか?
週に2〜3回、6〜7時間くらいでお願いする事はできるのでしょうか?
わたし自身、介護のため、会社を辞めて今はバイトで収入を得ています。もう少し働けたらと思っています。
今は、親が家族以外の人に介護をしてもらう事を望んでいないので、ケアマネさんにもはなしていないのですが、今すぐにヘルパーさんにお願いしようとは考えていないのですが、今後の介護生活を考えて、ヘルパーさんのことを教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

介護度2なら月限度額一杯使っても負担は1万9千616円です。十分可能です。
   https://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/riyousha/riyoushitai/riyou/3.html
     要介護2を参照

他に「介護保険外サービス」を提供する団体があります。1H千円とか廉価です。

相談だけは近くの「地域包括支援センター」にいるケアマネージャーにされた
方がよいと思います。
介護は手が掛かることもあり、一人でやろうと思わないことです。また出来るもの
でもありません。
発動には時間も掛かりますから、準備だけはしておくことです。

また障害者支援の観点からの相談も受けたらどうでしょうか(私はこの方面は
詳しくないのです)。

Q大腿骨骨折の接骨治療の可能性について

義理の母が昨日(2/18)、転倒して大腿骨を骨折しました。

医師からの電話では、折れた箇所が大腿骨の頚部で骨が大きくずれているため、頚部の骨は金属(或いはセラミック)のものと取り替える必要があるとのことでした(私は東京、義理の母は広島と遠方のため電話での確認です)。

義理の母は90歳の高齢でこの大手術に耐えられるか心配です。

そこで、「教えて」いただきたいことですが、
・骨折の治療法に「接骨」があると思いますが、大腿骨頚部骨折ではこの手段は無理でしょうか。

教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

大腿骨頸部は非常に骨がくっつきにくいところです。
そして折れた状態、歳などで手術をきめます。

人口骨頭置換術ではないと
無理というのが、今の医療では通説です。
早期離床はかなり重要なポイントです。

しかし、質問者さんは質問のポイントを良く抑えていますね。
読みながら感心してしまいました。
まだ何かありましたお聞き下さい。

Q要介護認定 自立と要支援の間?

先日知人が介護認定を受けたのですが、結果が「要支援1の経過観察中」という感じだったそうです。実際に保険証を見ていないので、どう表記されていたのかはわかりませんが、どういうことでしょうか?
介護サービスを受けるとすると自費になると聞きましたが、自立と要支援の間ということになるのでしょうか?
情報が少なく、もうしわけありませんが、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 介護保険に「要支援1の経過観察中」という、認定基準はありません。ですから、知人の方と一緒に認定を確認してください。「要支援1」なら介護保険が使えます。
 上記の”特定高齢者”の場合は、介護保険の認定基準では「非該当」となっているはずです。「介護保険サービス」は使えません。
 
 この”特定高齢者”という考え方は、去年の介護保険法改正でできた「介護予防事業」=介護や支援が必要になる可能性の高い高齢者を早期に把握して予防する目的で各自治体に義務付けられた事業です。各自治体で「基本健康診査」時に「基本チェックリスト」などを実施し”65才以上の一般高齢者”から選定して事業に参加してもらうものです。
 この件につきましては、自治体の「介護保険課」か「地域包括支援センター」に問い合わせて説明を受けてください。

 「住宅改修」につきましては、「要支援」ならば介護保険は使えます。実費20万円までの自己負担1割でご利用できます。
 ”特定高齢者”の場合は、介護保険の「住宅改修」と似ているのですが各自治体で「高齢者福祉」の観点で補助を出しているところが大半です、自治体によって名称が違うのですが「高齢福祉課」等でご相談ください。もちろん、「地域包括支援センター」でも相談にのってます。
 
 このURLは、川崎市の例ですご確認ください。 
http://www.city.kawasaki.jp/35/35kaigo/home/seido/riyousuruniha.htm

 介護保険に「要支援1の経過観察中」という、認定基準はありません。ですから、知人の方と一緒に認定を確認してください。「要支援1」なら介護保険が使えます。
 上記の”特定高齢者”の場合は、介護保険の認定基準では「非該当」となっているはずです。「介護保険サービス」は使えません。
 
 この”特定高齢者”という考え方は、去年の介護保険法改正でできた「介護予防事業」=介護や支援が必要になる可能性の高い高齢者を早期に把握して予防する目的で各自治体に義務付けられた事業です。各自治体で「基...続きを読む

Q大腿骨の骨折について

昨日、高齢の母が転倒して片足の大腿骨を骨折しました。
即近所の町医者に行ってレントゲンを撮って見て貰ったら、「骨にヒビが入っているかもしれないが、よく解らない」との診断でした。
そこで、本日、総合病院で診察を受けたら、大腿骨を骨折していることが解りました。

腑に落ちないです。以下を教えて下さい。
①1日経過しただけで、大腿骨のヒビから骨折に至ることはあるのでしょうか?
②医者が大腿骨の骨折を、ヒビが入っているだけと誤診することはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

レントゲンの写す向きによって、見え方は当然違います。ヒビと骨折の呼び方の違いもあるでしょう。一部がかろうじてつながって見えたか、どうかの違いなのか。
それより、治療の方が心配です。
高齢で股関節近くだと治しにくい。最善の治療を優先して下さい。

Q統合失調症で要介護3の母の介護について

タイトル通りの母がいます。現在は実家で父と二人暮らしです。父が面倒をみているのですが、最近少しずつできることができなくなってきて、父は疲れがでているようです。訪問ヘルパーも毎日来ていますが、週に2日のお風呂と、あまり真面目にやらない散歩の手伝いだけです。

最近、少し体調が悪く、通院中の精神病院へ入院しました。病状には特に変わりがないため、父の疲れが取れたら退院することになっています。

母の入院時、主治医以外の医師に見てもらったのですが、その時「こんなにわがままじゃ特養なんかは入れないね」と言われました。母のような患者の場合、在宅が基本だと言われました。

実は父はガンの再発を懸念されています。次の検査で結果が思わしくなければ治療を始める予定です。父が元気なうちは何とかなるとは思うのですが、父の体調が悪化した場合、母はどうすればいいのでしょうか。

私は実家から車で15分くらいにところに家族で住んでいます。今は通院や父の用をするくらいのことしかしていません。私が看るのが当然だという気もするのですが、子供の頃に母が発病、以後暗い雰囲気の家で育ちました。ずっと普通のお母さんが欲しいと思って大人になりました。やっと手にいれた普通の家庭を壊したくありません。この考えはわがままなのでしょうか。

タイトル通りの母がいます。現在は実家で父と二人暮らしです。父が面倒をみているのですが、最近少しずつできることができなくなってきて、父は疲れがでているようです。訪問ヘルパーも毎日来ていますが、週に2日のお風呂と、あまり真面目にやらない散歩の手伝いだけです。

最近、少し体調が悪く、通院中の精神病院へ入院しました。病状には特に変わりがないため、父の疲れが取れたら退院することになっています。

母の入院時、主治医以外の医師に見てもらったのですが、その時「こんなにわがままじゃ特養...続きを読む

Aベストアンサー

念のため確認なのですが、mahumahuさんはご自身がお母様の介護をする、という以外の選択肢をお考えなのですよね?

確かに、高齢や障害の程度にかかわらず在宅での生活を続けることは理想的といわれていますし、親の面倒は子供が見るという考えは今も根強く残っています。けれど、mahumahuさんの人生(というとおおげさですが)を犠牲にすることはないと思います。ご自分の今の家庭を大切にしたいと思う気持ちは決してわがままではありませんよ。

さて、お母様の今後についてですが、特養等の施設への入所も不可能ではないと思います。集団生活の場ですから、他の入居者との共同生活が難しい部分はあるかもしれませんが、基本的にはお医者さんに言われたような「わがままだから入れない」なんていうことはありません。(施設によっては要介護度や対応のしやすさで入所者を選ぶところもありますが・・・。)

また、家がお近くのようですので、ケアマネージャーの方に相談する等してホームヘルパーのサービス内容を見直し・改善して、もっと効果的にお母様の生活のお手伝いをしていただき、mahumahuさんは定期的に様子を見に行く・・・というのも良いと思います。
具体的にお母様にどのようなサービスが必要かは分かりませんが、毎日来ているのにお風呂は週2日だけ、あとは散歩というのは介護サービスとしてどうかと思いますので・・・。

長くなってしまいましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

念のため確認なのですが、mahumahuさんはご自身がお母様の介護をする、という以外の選択肢をお考えなのですよね?

確かに、高齢や障害の程度にかかわらず在宅での生活を続けることは理想的といわれていますし、親の面倒は子供が見るという考えは今も根強く残っています。けれど、mahumahuさんの人生(というとおおげさですが)を犠牲にすることはないと思います。ご自分の今の家庭を大切にしたいと思う気持ちは決してわがままではありませんよ。

さて、お母様の今後についてですが、特養等の施設への入所も...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング