マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

現在、H15年式のトヨタ WISHに乗っています。
純正では、ハロゲンタイプのヘッドライトになっていて、社外品のHIDライトへ
交換して乗っていました。
現在使用しているのは、ブルコンのHB-60Rという製品で、6000ケルビンのものを使用してますが
5年前に取り付けて、最近バラストの不調からか、右のヘッドライトがしばらくするとつかなくなります。以前は、左がついたり消えたりしていたので、このままでは両方共消えるおそれがあるので、
バラストのみ交換か、そろそろ新品入替えを検討しております。

その中で、以前は気にはしていなかったのですが、
自動車のヘッドライトにもLEDがいくつか出ておりまして、
どちらが明るく実用性がよいのか、気になりましたので、質問させてください。

現在のHIDキットは、付き合いのある自動車の電装店で、部品取り付け込みで、40,000円(税別)
ほどで、付けてもらいました。3~4年は全く問題なく使えたので、国産の良いものではなく
そこそこ安価なHIDキットでの入替えでも良いと思っています。
今現在も同等のものを探してもらっています。

ただ、再来週から車で遠方に出かける用事がありますので、早期に対応するならと思い、
量販店(オートバックス・イエローハット)にも、安めのHIDキットと取り換えの見積り相談
に行きましたところ、
イエローハットには電話で聞いた所、商品が35,000円~50,000円ぐらい 取替え工賃21,000円ほど
と聞いており、56,000円~70,000強になるとのことでした。
オートバックスにて、カーメイトの商品6000ケルビン GIGA クールスカイ HB3/HB 明るさ2400lmのものを紹介してくれました 商品5万弱、取替え工賃25,000円ほど合計75,000円ほどです。
若干予算オーバーでした。

オートバックスの店内で色々物色しておりましたところ、HIDではなく、LEDの商品が並んでおり
そちらには、色温度が6000ケルビンで、明るさが4600lmのと3800lmのLEDヘッドライトがあり、
それだと、38000円ぐらいから20000円弱であり、取替についても10,000円強とのことで
50,000円~33,000円ほどで収まりそうです。

価格はできるだけ抑えたいと考えており、それだとLEDのほうが良いのではないかと思いましたが
明るさの数値だけ見れば、4600lmも3800lmも相当明るいものになっておりますが、
実際に使用した際、LEDとHIDとどちらが明るく、実用性が良いでしょうか?
スタッフのかたの話では、HIDのほうが遠くまで明るいのは明るいと伺いました。
できるなら遠くまで明るいほうがヨイです。視力的にも裸眼0.3程度 メガネを掛けて1.0程度
ですので、その他実用性としては、夜間雨天の運転時に、視認性の良いほうがいいです。
なお、現状の車両にはフォグランプはついておりません。
LED、HIDにしても、明るさ重視であり、ドレスアップ目的の6000ケルビン以上(青くなる)
は考えておりませんが、3100ケルビン等の黄色いライトについては、パスしたいと考えております。

LED、HIDの双方利用された方や、LEDの使用されている方などのご意見をご教示いただきたく。
双方のメリット、デメリットのなどもご教示いただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

前車HID、現車LED



絶対HIDの方が良いですよ、フォグが無いなら尚更、迷う要素ないです。

LEDは当たってる所は当然明るい、当たって無い所は位です、境目がはっきり出ます、夜中は人の下半身しか見えない事もあります!
LEDは光が拡散しませんので・・・・・フォグがあればその辺はカバー出来ます。
何より・・・LED・・・雨の夜中・・・ヘッドライト付けてる意味が無いくらい・・・酷いですよ!!!
雪国行くと・・・熱が無いので、ヘッドライトに雪が積もり・・・解けませんよ・・ヘッドライト用のウオッシャー液付いてますがね^^;
積もってくると前がくら~くなってきます(笑)高速だと風圧で吹き飛びますがねw

燃費気にしないのならLEDの意味無いでしょ^^?そう言う車^^?

私はグレード上げてLEDに成りましたが、凄く後悔してます、フォグにHID化して補足してる状態です・・・・。

去年購入した車ですが、まだまだLEDはお勧め出来る様な物ではありませんね。

前車・対向車に眩しく無いHID化でお願いします!!私、切れそうになるのでwww
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ご迷惑かけ内容にします(汗)
LEDよりやはりHIDのほうがよさそうですね。

お礼日時:2015/08/02 21:33

>>実は、もともと反射板がついてないタイプなんです。



なにか勘違いしてませんか?
反射板のついていないライトとか絶対にありません。
それだと、ライトではありませんから・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

反射板、勘違いしてましたか。
てっきり前にある、傘みたいなのことかと思ってました。
それがないと伝えたかったので(^_^;)

お礼日時:2015/08/03 08:58

HIDの光源はほぼ点光源、つまり360°全方向に広がります、LEDは通常平らな基盤の上に発光ダイオードを取り付けています、必然的に、照射範囲は片側180°以下、最近はかなり工夫がされているようですが。


となるとリフレクターの設計もそれに対応した形にする必要があります。
HIDでも視認性をいうなら6000Kはおすすめではありません。
ほとんど差がないが左右異なるバナー使用していますが、6000K側点灯していないのでは?と下りて確認したこと2度あります、もう一方は運転席着座のままで点灯確認できますが。
参考 人間の目は黄色をもっともよく感じます、昔の銀塩カメラのフィルムは青をよく感じたそうです。
それと、バナーについて、電極の金属がガラスを貫通する部分、技術の差がはっきり出るようにも思います。
高温になる金属とガラス、膨張率も違いますね、稚拙な技術だとすぐ気密が破壊され、不点灯になります。
カーメイトの6000K、2本で3万以上3年保証でしたが、1年以内に1ケ月おきで2本とも上記の症状でお釈迦でした、2本ほぼ同時だったので、別のバナーすでに装着、保証期間内のため新品2本ありますが、交換する気にならずそのままです。
キセノン発光は紫外線が多いと聞くが、最近はマルチメタルハライド、金属の炎色反応をくみ合わせて白色にしているが、本当に紫外線がでているんでしょうか?。
炎色反応、ナトリウム=黄色、銅=緑、青、ストロンチウム=赤、光の3原色?、花火の緑、青は銅によります。
金属のままで蒸気になりませんので、ハロゲン=塩素、臭素、ヨウ素との化合物にして使用。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます
カーメイトの商品、場合によってはPIAAのより明るいといった
ページも見たので気にはなったのですが、
耐久性が良いほうがいよいので、避けたほうが良いかもしれないですね
PIAAの商品で取替えこみでイエローハットさんで
64000円ほど聞いたのでそれを候補に検討してみます

お礼日時:2015/08/02 21:32

HIDは、5000ケルビン超えたら紫外線が出るので、その紫外線が原因で反射板が焼けたりして


光量が極端に落ちます。
あなたの車のヘッドライトの反射板をチェックしてみてください。
もし白くなってたら焼けて、光量が落ちてます。
HIDもしばらく使ったライトは、光量が落ちてしまって、光量計測したら純正のハロゲンより暗かったというのもありますからね
実際はHIDとかは、ライトの反射板が綺麗な時が一番効果があるけど
焼けてしまった反射板にHIDとか付けても、新品のライトのハロゲンバルブの光量に負けてしまいますからね
だったら、HIDとかにお金かけるよりも、ライト本体を新品にしたほうがずっと明るさが増します。
純正のHIDは、赤外線防止の為に4300ケルビンにしています。
社外品の6000ケルビンとかにするなら紫外線カットバルブってのを付けた方がいいです。
そうじゃないとライト本体を痛めるだけです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実は、もともと反射板がついてないタイプなんです。
HID確かに熱くなりますね。
ライト本体を新品・・・結構お金かかりそうなんで
低めの色温度のHIDのほうがよさそうですね

お礼日時:2015/08/02 21:30

ルーメン値が高くてもリフレクターとの相性が悪くてきったない配光ということもあるし放熱のこととか考えると実績のあるHIDのほうがいい

と思います お金にこだわらず冒険心があるならハイルーメンなLEDをためしてだめならすぐHIDにするのもありです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

benrijiさん
ありがとうございます。そうですね、リフレクターとの相性や配光のことも考えねばいけませんね
冒険心、無いわけではないですが、即LEDからHIDに戻すのは、費用感としては抵抗ありますね
店舗においていた限り、LEDは相当明るく感じたんですがね。
やっぱり、HIDにのほうが無難なんでしょうか、、、。

お礼日時:2015/08/01 15:57

明るいが良いのであれば迷わずHIDだと思います。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

rgm79quelさん
ありがとうございます。そうなんですか、やはりHIDのほうが明るいって
ことなんですね、ルーメンの値だけでは測れないってことなんですかね(^_^;)

お礼日時:2015/08/01 13:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィッシュ ヘッドライトについて

平成15年のウッシュに乗っています。
HIDヘッドライトが暗く明るくしたいと考えております。

1.純正のHIDヘッドライトをさらに明るくしたい場合、何Kぐらいがおすすめでしょうか。
純正は3~4000Kときいたのですが・・・・

2.社外のHIDをユニットから交換する場合、お勧めのメーカーを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

K(ケルビン)は色温度の単位であって、明るさの単位ではありません。ケルビン数が低いほど黄色く、高いほど青くなります。
個人的に見易いのは5000kくらいだと思います。純正は4500kあたりでしょう。
HIDも使用と共に光量が落ちますから、純正の新品バーナーに換えるだけでも光量はアップします。

QHIDの寿命は?

HIDというももは、壊れないかぎり半永久と聞きますが、寿命というものはあるんでしょうか?購入ご3年ほどたちますが、最近少し暗くなった様に感じます、また、買った当初は、かなり青白い色をしていたんですが、少し黄色っぽくなってきたみたいです。最近フォグにも同じケルビンの物を入れたんですが、明らかに色、明るさ共に劣っています。左右ほぼ同じ状態なのでバラストなどの故障などではないと思います。回答お願いします。

Aベストアンサー

雑誌「AUTOCAR JAPAN」の2005年5月号に「電球が切れる理由」という記事がありました。
(この記事は、「クルマはなぜ壊れる?」という連載記事の第10回です。)

それによると、
 ・HIDにはフィラメントはないので、当然その消耗も断線も起きない。
 ・しかし、HIDランプ内部の気体が少しずつ抜けるため、光量が落ちてゆく。
  ざっと2000時間で70%に光量が落ちて、そこが実用上の限界だろう。
 ・寿命が近づいてくると、一般に、ただ暗くなるのではなく赤くなる。
  これは、元々HIDは様々な色の光を出す物質を組み合わせて白い光を
  出しているのだが、そのうち赤系の光を出す物質が残りやすいため。
 ・なお、HIDの色が元々青系に振られているのは、特に技術的な背景はなく、
  要は流行りだろうとのこと。

自動車ライトの大手メーカー、スタンレー電気の開発管理担当者に取材して書いているとのことなので、かなり信憑性が高いと思います。

質問者さんの「最近少し暗くなった」「少し黄色っぽくなってきた」というのは、まさにこれに当たるのではないかと思います。
見て分かるほど暗くなったというのは、かなり劣化が進んでいるということのような気がします。

しかし、No.3さんの「凄く青くなって切れた」というのは、上記の話とは合わないですねぇ。
ガスのリークで寿命が来た…というのとは、故障モードが違うように思います。振動かな?
それとも、ある程度ガスが逃げると、異常放電を起こして発光管が高熱を発し(それで青くなる)、ついで壊れる…ということかも知れませんね。(想像ですが。)

雑誌「AUTOCAR JAPAN」の2005年5月号に「電球が切れる理由」という記事がありました。
(この記事は、「クルマはなぜ壊れる?」という連載記事の第10回です。)

それによると、
 ・HIDにはフィラメントはないので、当然その消耗も断線も起きない。
 ・しかし、HIDランプ内部の気体が少しずつ抜けるため、光量が落ちてゆく。
  ざっと2000時間で70%に光量が落ちて、そこが実用上の限界だろう。
 ・寿命が近づいてくると、一般に、ただ暗くなるのではなく赤くなる。
  これは、元々HIDは様々な色の...続きを読む

Q雨の日走行に適したHIDランプの色温度は?

ノーマルの色温度は4100k程度で、ハロゲンランプ並みな感じです。
交換用バルブが多種発売されていますが、どのくらいの色温度が夜の雨の日走行に対して、前方視認性が優れているのでしょうか。
雨と云っても、土砂降りや霧雨などありますが、本質問では主に前者を想定しています。できれば人里離れた山間部や高速道路の夜間・雨中走行の場合を前提に、ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

こんばんは、車関係の仕事をしている者です。


(1)ノーマルの色温度は4100k程度で、ハロゲンランプ並みな感じです。

→ハロゲンランプは約3200Kですが、ノーマルHIDは純白光で光量も多い為、雨や霧以外では最も視認性に優れています。


(2)交換用バルブが多種発売されていますが、どのくらいの色温度が夜の雨の日走行に対して、前方視認性が優れているのでしょうか。

→夜間雨天走行のみならば黄色(約3300K)です。
黄色は透過率が高い為、光が雨や霧の成分である水を通過しやすく(=乱反射もし難い)路面や前方の物体まで到達しやすいのです。又、対向車からの被視認性も黄色が一番優れています。


(3)雨と云っても、土砂降りや霧雨などありますが、本質問では主に前者を想定しています。できれば人里離れた山間部や高速道路の夜間・雨中走行の場合を前提に、ご意見をお聞かせください。

→土砂降り・霧雨共基本的には黄色ですが、毎日いつも雨天という訳ではないので(日本ではまずあり得ませんが・・・)黄色HIDへの交換は余りお勧めしません。理由は、晴れの夜間はノーマルの純白光の方が視認性が良いからです。


(4)専門家としてあなたへのアドバイス

今のヘッドランプはノーマルのままにして、お金があるなら黄色HIDフォグランプ、無いなら黄色ハロゲンフォグランプを付け、HIDヘッドランプ+フォグランプにするのが、晴天雨天問わず良好な視界が得られる最良の方法だと思いますよ。


*余談・・・5000K以上の色温度は晴天雨天問わずノーマルより視認性が劣るので、見た目重視でどうしても!という方以外はしないのが賢明です。(下記URL参考)

参考URL:http://www.fet-japan.co.jp/catz/hid_faq_a05.html

こんばんは、車関係の仕事をしている者です。


(1)ノーマルの色温度は4100k程度で、ハロゲンランプ並みな感じです。

→ハロゲンランプは約3200Kですが、ノーマルHIDは純白光で光量も多い為、雨や霧以外では最も視認性に優れています。


(2)交換用バルブが多種発売されていますが、どのくらいの色温度が夜の雨の日走行に対して、前方視認性が優れているのでしょうか。

→夜間雨天走行のみならば黄色(約3300K)です。
黄色は透過率が高い為、光が雨や霧の成分である水を通過しやすく(=...続きを読む


人気Q&Aランキング