美容皮膚科での保険適用について

最近肌がピリピリすることと、鼻の毛穴の黒ずみに悩んでいます。
長年悩んでいるので皮膚科を受診するか悩んでいるのですが、一般の皮膚科で診てくれるのでしょうか??
また美容皮膚科を受診した場合保険は適用されないでしょうか??

宜しければ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

保険が適用されるかされないかの判断は一般的には病気か


そうでないかです

まず肌がピリピリするこれについては、何がしかの病気の可能性が考えられるので保険は適用されるかもしれませんね。

もう一つの鼻の毛穴の黒ずみこれは、病気とゆうよりかは
美容関係ですよね
多分適用外だと思いますよ
まずは一般の皮膚科を受診されてから美容皮膚科の方が懸命だと思います。
悪質な美容皮膚科さんですと
保険の説明をせず治療し高額請求するケースもあると聞きますので
ご注意下さい
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険見直しの相談場所

保険の見直しをしたいのですが、
お薦めの見直し方法を教えて下さい。

現在 主人と二人暮らしです。
子供は未だいません。

(1)どの位の保険に入っているべきなのか 
(2)今、入っている保険は妥当なのか それとも
 解約した方が良いか。その際 損はどのくらいか。

など詳しく知りたいです。
ただ、しつこい勧誘などをされるのが嫌なので
「ココは相談に乗ってくれて良かったよ~」と教えて頂きたいです。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

・住まいと保険と資産管理
http://www.mylifenavi.net/

・保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/

はいかがでしょうか?

参考URL:http://www.mylifenavi.net/,http://www.hoken-erabi.net/

Q保険の見直し相談会について…

先日「保険の見直し相談会(無料)」というものに行ってきました。

「特定の保険代理店が関与しているものではない相談会」とのことでしたが…
案の定、地元の代理店が絡んでいるもので、その代理店が扱う商品を勧められました。

有料でも構わないので、本当に中立に相談に乗ってくれる機関(公共&民間)
というものは無いのでしょうか?

Aベストアンサー

お住まいの市区町村役場によっては市民相談という形で無料相談が行われている場合がありますのでそちらで相談されてみてはいかがですか。

ライフプラン・保険相談の様な相談でできるかと思います。
基本的に無料で相談にのってくれる人は民間の保険会社の人間ではなく公的な資格を持った人になると思います。

お住まいもしくはお勤めの市区町村のHPで確認してみてください。

Q老後の生活のための保険の見直しなど始めたいのですが、まずはFPなどに相談した方が良いのでしょうか。最

老後の生活のための保険の見直しなど始めたいのですが、まずはFPなどに相談した方が良いのでしょうか。最適な選択をしるための手段を教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です。

> 頼ることが出来ないので幾ら備えるのがベストなのか見積もる必要があるかなと考えています。

資金計画の年表みたいな資料は作成されていますか?
我が家の場合は「自分達だけになって先の生活が見える状況になったら早期退職してあちこち旅をしながら暮らそう」ということで、40歳代はじめにそういう資料を作成し、毎月の給料日時点での更新と毎年末の見直しを行って来ました。
具体的には自分と妻の想定寿命を設定し(男女の平均寿命でも可)、60歳まで、63歳まで、65歳まで、70歳までといった定年や年金支給開始など区切りの年までの生活費を想定しました。現在の出費状況をベースに食費・光熱費・通信費・被服費・医療費など毎月の生活のための費用想定と、生命保険・固定資産税など年単位で生じる費用想定と、大型家電や給湯器・車の買い替え・車検や家のリフォームなど一定周期で生じる費用想定、etc.etc.を行いました。ちなみに旅行費用などの遊興費は年額で想定しています。
また、早期退職狙いでしたので辞めた場合の健康保険や国民年金の支払い額も年額(その方が安いので)で把握しました。
これを横方向を年代、縦方向を費目の表にまとめた上で。。。

横方向に年、縦方向に毎年の歳入・歳出項目と金融資産項目を示した資金計画年表を作りました。
で、例えば定年まで現状のペースで金融資産を増やし、会社規則にある退職金を得られ、毎年の誕生月に来る年金のお知らせにある年金額を受け取れたた場合にどのようになるかをこの表にまとめました。
満期型保険や個人年金保険に加入している場合はそれらも該当年の歳入欄に記入します。

退職後は金融資産を切り崩して生活する場合、金融資産残高が毎年減って行くわけですが、「今年の視点で見た状況」を把握しやすくするには、例えばどちらか長く生きる方の想定寿命の年からの毎年の想定歳出額の累積行を設けておくと、「この年の段階で金融資産が幾ら有ったら安心」ということがわかりやすいです。
この表の精度を上げるにはインフレ率の想定などが必要ですが、そういう面倒はせず最初にやった年代別生活費の想定などを毎年見直して表に反映させればよいです。

この表をメンテナンスして行き、「妻が想定寿命以上である100歳の時点で金融資産残高がこれくらいあるから民間のケアハウスに入居するなどしても大丈夫!」ということで退職しました。

ちなみにこの表は現在もメンテナンスを継続しています。
デフレからの完全脱却感が無く生活費が思ったほど上昇しなかったり、テロで海外旅行が想定より減ったり、一方投資はアベノミクスやトランプの影響で想定より順調なため今のところ残高はプラス方向に変動しています。

No.1です。

> 頼ることが出来ないので幾ら備えるのがベストなのか見積もる必要があるかなと考えています。

資金計画の年表みたいな資料は作成されていますか?
我が家の場合は「自分達だけになって先の生活が見える状況になったら早期退職してあちこち旅をしながら暮らそう」ということで、40歳代はじめにそういう資料を作成し、毎月の給料日時点での更新と毎年末の見直しを行って来ました。
具体的には自分と妻の想定寿命を設定し(男女の平均寿命でも可)、60歳まで、63歳まで、65歳まで、70歳までといった定...続きを読む

Q保険の見直し無料相談

現在夫30歳、私31歳。子供がもうすぐ産まれるということもあり、生命保険の見直しを考えています。夫が独身時代に入っている保険もあるので今まで何も考えてなかったのですがすごく無駄がある気がして、自分でいろいろ調べていますがよくわからないので専門のFPに相談してみたいなと思っています。ネットで調べたところ各地域にあり、無料相談、強引な勧誘などしなどとありますが本当なのでしょうか?無料だったらその会社の利益ってなんなんでしょうか。。。?
どなたかそのようなところに相談された方いますか?

Aベストアンサー

nonnon515 さん

保険の見直し相談がなぜ「無料」でできるかといえば、見直しにより自分が提案した保険に加入してもらえば、保険会社から手数料がもらえるからです。
無料相談は、保険勧誘の一手段です。
お調べになった無料相談会の主催者は、保険代理店だったりしませんか。 FPといっても単にその資格をもっている保険営業員だったりします。

ですので、現在加入の保険の保障額を単に下げるだけの見直しでよい場合であっても、別の新たな保険を勧めてくる場合も考えられます。

●見直したつもりが、余計訳のわからない保険にたくさん加入させられることのないよう、相談に行く前に、いくつかの事前準備をオススメします。

ひとつは、保険についてある程度の予備知識をもっておくこと。
そのための参考として、
・「生命保険の見直し術」
 (日本FP協会のHP http://www.jafp.or.jp/index2.htm から「2.暮らしとFP」→「これならわかる生活設計」→「生命保険の見直し術」)
・「保険加入のABC」
 http://www.saveinfo.or.jp/life/hoken/seiho/index.html

ひとつは、自分の希望にキチンと対応してくれるFPを見分けるための予備知識を持っておくこと。
そのための参考として、
・「これだけは聞いておこう!ファイナンシャルプランナーへの10の質問」
 (日本FP協会のHP http://www.jafp.or.jp/index2.htm から「2.暮らしとFP」→「ファイナンシャルプランナーに相談しよう」 →「これだけは聞いておこう!ファイナンシャルプランナーへの10の質問」)
・「信用できる保険相談相手ランキング」
 http://seimeihokenerabi.seesaa.net/article/22431844.html
(良い保険営業員(FPといっても保険営業に単にハクをつけるためにFP資格をもっているという人もいると聞きます。)を見分ける一例として。)

●このような事前準備をした上で、相談するファイナンシャルプランナーを探す方法の一つとして、
日本FP協会 HP https://www.jafp.or.jp/cfp/agreement.htm を利用する方法もあります。

●最後に、保険見直しの一環としてFP(保険営業員)から新たな保険提案を受けた場合、その場で決めたりせず一旦その提案を持ち帰り、事前に身に付けた「予備知識」を思い起こしながら少し冷静に検討してみましょう。
さらに、可能であれば、別のFP(保険営業員)からも提案を受け、両者を比べてより有利な方を選択するということも必要だと思います。
何人かから話を聞けば、FP(保険営業員)を見る目もだんだん肥えてくるのではないでしょうか。

そして、いくつかの保険提案を受けて迷ったら、また、こちらで相談してみたら如何でしょう。

nonnon515 さん

保険の見直し相談がなぜ「無料」でできるかといえば、見直しにより自分が提案した保険に加入してもらえば、保険会社から手数料がもらえるからです。
無料相談は、保険勧誘の一手段です。
お調べになった無料相談会の主催者は、保険代理店だったりしませんか。 FPといっても単にその資格をもっている保険営業員だったりします。

ですので、現在加入の保険の保障額を単に下げるだけの見直しでよい場合であっても、別の新たな保険を勧めてくる場合も考えられます。

●見直したつもりが...続きを読む

Q保険の見直しをレディーさんに相談しても大丈夫?

結婚前から加入している生命保険やこどもの学資保険、個人年金保険(自営なので)など、加入している保険が多すぎる気がして、いつか見直さなくてはと思いつつ今に至っています。

そんな折、加入している生命保険のレディーさんが、定年で担当交代、との事で訪問され、見直しを考えているなら持っている保険証券を全て見せてくれれば相談にのる…ということを言われたのですが、はじめてお会いした方に他社のものも見せるのは抵抗があり、お断りしました。その後も数度、その事で電話を頂いています。

1.レディーさんに全て見せたりしても大丈夫なのでしょうか。他人の保険の見直しをするのに、資格(フィナンシャルプランナー?とか…)は必要ないのでしょうか。

2.自分で勉強できれば一番よいのでしょうが、正直難しくてよくわかりません。(収入が一定でないので余計)。基礎を簡単にわかりやすく解説してくれるよいサイトや勉強方法をご紹介いただけませんか。

Aベストアンサー

生保レディさん、男性営業職員さん、代理店さん、どのカテゴリーでも、お客様のことを考えてコンサルティングをする人もいれば、自分の稼ぎのことばかり考える人もいます。
契約内容の確認であれば、まずは第三者にみてもらうべきだと思います。ただ、FPの中で保険代理店を兼業していて、契約内容確認は無料で行い、結局は自分が取り扱う保険に切り替えを勧める人もいます。
まずは、ご自身で勉強をされてからアクションを起こされるのがいいと思います。

http://www11.plala.or.jp/gyosay/insurance/

Qがん保険の見直しについて相談です。

がん保険の見直しについて相談です。

夫:46歳
妻:43歳

【スーパーがん定期保険:がん定期保険B型】保険期間20年
平成5年に加入してます。掛け金は年12,000円ちょっとです。

主たる被保険者 60歳まで
・入院15,000円
・在宅療養給付金 最高20万円
・診断給付金 100万円
・通院 5,000円
・死亡 150万円
となっております。
妻である私が癌になった場合は入院給付金や診断給付金などは低く設定されていること
上皮内新生物は対象とならないこと
更新できるのは満60歳までなどを考えると、解約して夫婦別々でがん保険に加入した方が良いのではないかと思うようになってきました。

このまま更新がくるまでこの保険で良いか、見直しした方が良いのかアドバイスをお願いします。

ちなみに主人の母は元気ですが乳がんで全摘しており
私の祖母は胃がんで他界しております。

医療保険は加入済みで主人は日額10,000円、三大疾病等の特約はなし
私は5,000円同じく三代疾病特約はついていません。

Aベストアンサー

(Q)このまま更新がくるまでこの保険で良いか、見直しした方が
良いのかアドバイスをお願いします。
(A)見直しを進めます。

理由
質問者様の質問を読んでいると、いずれは、終身のがん保険に契約する
ことになると思いますが、終身のがん保険というのは、基本的に、
何歳で契約しても保険料の支払総額は同じになるように
設計されているのです。

つまり、30歳で契約しても、60歳で契約しても、基本的に
支払総額は同じになるように設計されているのです。
ですから、早いうちに終身に切り替えることをお勧めします。

スーパーがん保険は、基本的に、古いがん保険です。
その後、21世紀がん保険を経て、現在は、フォルテというがん保険に
なっています。
つまり、通院が増加している、先進医療を受ける方がいる、という
現在のがん治療環境に合致しているとは言いがたいです。

また、夫婦別々の保険にすることをお勧めします。
男性と女性で治療費が異なるということはありません。
ならば、保障は、同額とするのが基本です。

ご参考になれば幸いです。

(Q)このまま更新がくるまでこの保険で良いか、見直しした方が
良いのかアドバイスをお願いします。
(A)見直しを進めます。

理由
質問者様の質問を読んでいると、いずれは、終身のがん保険に契約する
ことになると思いますが、終身のがん保険というのは、基本的に、
何歳で契約しても保険料の支払総額は同じになるように
設計されているのです。

つまり、30歳で契約しても、60歳で契約しても、基本的に
支払総額は同じになるように設計されているのです。
ですから、早いうちに終身に切り...続きを読む

Q保険の見直し~保険代理店と独立・個人でやってるところとではどちらに相談に行くのが良いのでしょうか?

初めての相談になります。よろしくお願いします。

現在、保険の見直しを中心に、ライフプラン(主に資産運用)の相談に行きたいと検討しています。ネットで検索してますが、正直・・・何を基準に選んで相談に行ったらよいのかわかりません。

相談料は有料でも構わないのですが、この場合
個人で事務所を構えてやられてる方と
保険代理店とでは、どちらが良いのでしょうか?

一概にどちらが良いとは言えないところもあると思うのですが
何か、皆様に相談する中で
ちょっとでも安心して行動できればと思ってます

ちなみに、個人で事務所などを構えられてやっておられる場合
どのように探し出せば(判断すれば)良いのでしょうか?
お薦めのサイト等教えていただけると有難いです

以上、よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>現在、保険の見直しを中心に、
この相談に関しては、中立性を確保するのが、極めて難しいです。
あくどい人は、相談にかこつけて、必要な保険まで解約させて、不要な保険を必要と相談で答えて加入させようとしますから。

これ防止に、とりあえずは、あなた様が事前知識を持つために、しかるべき本を読むとかで知識付けた方がいいです。
有料相談も良いですが、ご自身で知識をある程度付けないと、玉石混淆とした中で、何が玉で何が石か、判別できませんよ。

保険は、車を買うより高い買い物です。車を買うときは、みんなカタログ取り寄せまくって、スペックを比較しまくって、いろんなディーラー当たりまくるのに、保険に関しては、相手に任せすぎ。
車の時と同じくらいはご自身も勉強するべきです。
それが、より良い保険プランに入る秘訣です。

まあ、有料相談ならば、このあたりから、探し出せたのでは?
http://www.jafp.or.jp/

>個人で事務所を構えてやられてる方と保険代理店とでは、どちらが良いのでしょうか?

まず、自宅に来てくれるか来てくれないか、これでまず判別。自宅に来てくれない代理店(通販系)は、窓から投げ捨ててください。有事の保険請求の時も来てくれませんよ。
その上で、
・個人事務所・・・保険ノルマが緩やかな人が多いので、欲深いプランを進められる確率は低め。転勤も無いでしょうから、良い人に当たれば末永く付き合える。
当たりを引けば、一番おすすめ。
ただし、先代が立ち上げた大きくした所で、二代目が引き継いでる所とか、二代目が全然勉強不足な場合あるので注意。

・小規模中規模保険代理店・・・・これも、個人事務所と同様に考えればいいでしょうか。

・大規模保険代理店(スーパーとかで出店やってるような所)・・・・担当者が、チョロっと研修受けたような経験不足の場合あるので注意。
あと、保険会社とは別に、代理店単体で、担当者に強めのノルマを課している所がありがちで、欲深いプランを勧められることが起こりがちなのも注意。しかも、転勤リスク、店舗閉鎖リスクもあるので、長く付き合いしたいなら、勧められません。

私は、
個人代理店で当たりの担当者>小中規模代理店で当たりの担当者>>>>>>大規模代理店>>>>>>>>>>ハズレ担当者
と言った感じと思ってます。

あと、まちがえても、銀行とかに相談してはいけませんよ。餅は餅屋。銀行も保険扱ってますが、契約はしますが後の保全は全く期待できません。
年金関係で違法勧誘(貯蓄性保険も元本割れませんよ、とか。)にて、消費者センターへのクレーム持ち込まれるのが多いのも、銀行の保険窓販の特徴です。

翻って、結局は、小中規模の代理店(小回りが利いて、目配りができそうな所)で、
★中立で欲深くない、良い担当者に当たる★
これが一番良いのですが。ちなみに私は欲深さ皆無ですがw

なにより、ご自身である程度知識付けて下さい。話はそれからです。
ご自身の財産は、最後はご自身で守らないと。

>現在、保険の見直しを中心に、
この相談に関しては、中立性を確保するのが、極めて難しいです。
あくどい人は、相談にかこつけて、必要な保険まで解約させて、不要な保険を必要と相談で答えて加入させようとしますから。

これ防止に、とりあえずは、あなた様が事前知識を持つために、しかるべき本を読むとかで知識付けた方がいいです。
有料相談も良いですが、ご自身で知識をある程度付けないと、玉石混淆とした中で、何が玉で何が石か、判別できませんよ。

保険は、車を買うより高い買い物です。車を...続きを読む

Q生命保険の見直しの相談先

就職と同時に先輩に勧められ生命保険に加入し18年が経ちます。当時はどのようなものに入ったのか分からず勧められたものに加入しました。この18年の間に転勤を繰り返し、その間に管轄の同じ生命保険の方から別の保険を勧められ、現在同じ保険会社に4本、支払い月額27,000円となっています。恥ずかしながら今でもどのような保険に入っているかわからず、これが妥当なのかどうかもわかりません。また27,000円は払い過ぎと感じてもいますので、見直しをしたいと考えています。しかし、相談する相手が同じ保険会社の方だと、なんとか解約しない方向にもっていくだろうし、他の保険会社の方だと、それを解約し自社のものを勧めてくるだろうしで、困っています。どこに相談するのが一番いいでしょうか。追記ですが、生命保険の貸付が60万ほどあります。解約によりこの額を支払うことは可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

この状況だけではどう回答したらいいのか迷うのですが・・

まず保険料が多いかどうかはなんとも申し上げられません。
内容も年齢も収入も何も情報がありませんので・・・
それと貸付の件ですが、これは解約返戻金を元に貸し付けているので、解約をするとなれば相殺はできると思います。
しかし18年前となると保険料が今より安かったと思いますので、安易に解約という道に進まれなくてもよろしいかと思います。

また、相談窓口に関してですが・・・
下記のように色々な保険を扱う場所があります。
そこで相談なさるのも一つの手かと思います。
また、この教えて・・で、もう少し具体的に書き込みをなさって下さると、なかなかいい案を出される方がいますよ^^
その筋の年齢を重ねたおじさま?と思わせるが本当は若い頼りになる方がよくこのようなコメントに回答してくれると思います。勿論それ以外の意見も目にすることができます。
あくまでも参考意見となりますが、私が読んでいても全ての回答は勉強になるなぁという感じです。
軽くここで保険への第一歩を踏み出され、勧誘対策のため勉強なさることをお勧めします。
もしきちんと理解され、納得された保険に・・となれば、どんな形になったとしても失敗したなぁという思いは少なくなると私は思います。
難しい話となるかもしれませんが、保険は大きな買い物です。
がんばってくださいね^^

参考URL:http://www.ins-cis.com/index.html?ID=iu222

この状況だけではどう回答したらいいのか迷うのですが・・

まず保険料が多いかどうかはなんとも申し上げられません。
内容も年齢も収入も何も情報がありませんので・・・
それと貸付の件ですが、これは解約返戻金を元に貸し付けているので、解約をするとなれば相殺はできると思います。
しかし18年前となると保険料が今より安かったと思いますので、安易に解約という道に進まれなくてもよろしいかと思います。

また、相談窓口に関してですが・・・
下記のように色々な保険を扱う場所があります。
そ...続きを読む

Q生命保険の契約内容の見直しを行いたく、無料の保険相談窓口へ行きました。

生命保険の契約内容の見直しを行いたく、無料の保険相談窓口へ行きました。

家族構成は、私と妻の2人で、平均的なサラリーマンです。
現在、掛け捨てに入っていまして10年近くが経過しました。

担当のファイナンシャルプランナーに貯蓄型の生命保険を強く勧められました。
満期前に解約は出来ませんが銀行より利率がよく、貯蓄として考えて下さいと
言われました。

そこで質問ですが、
・なぜ世の中の人は、利率のよい保険があるのに(元本割れはありますが)銀行ではなく、
 貯蓄型の生命保険を利用しないのでしょうか?
 貯蓄型生命保険を勧めるのには、何か裏があるのでしょうか?
 ご教授下さい。

Aベストアンサー

あのね、保険相談なのにFP資格を前面に押し出してくる人は要注意です。

保険販売には、FP資格よりももっと重要なものがあります。

「情報と経験」です。

保険相談窓口に行ったのならば、担当者のプロフィールなど尋ねてみてください。
既婚者なのか? 住宅購入経験はあるか?
子どもはいるか? 子どもの教育状況(大学まで経験しているか?)
などです。

実際に経験している人は、机上の空論ではなく、
経験値に基づいた話やアドバイスをしてくれます。


商品の話。

貯蓄型の保険を利用しない理由。

途中の元本割れのリスク・・・払い込み期間の当初もしくは全期間に渡り元本が割れる。
流動性のリスク・・・いざというときに使えない(使いにくい)
保険会社の破綻のリスク・・・銀行も同じですが、破綻の事後処理は、銀行の方がリスクが少ない。


貯蓄型生命保険を勧める理由。

保障と貯蓄のバランスを考えた時、保険商品が最も効率的だったから。
勧めた人(代理店)に手数料が入るから。

後者が有力な気がします・・・

ま、ここら辺でしょうかね。


FP資格をお持ちの担当者は、他の金融商品などと比べての
メリット、デメリットを説明してくれましたか?
FPというのは、金融全般の知識があるはずですの・・・

あのね、保険相談なのにFP資格を前面に押し出してくる人は要注意です。

保険販売には、FP資格よりももっと重要なものがあります。

「情報と経験」です。

保険相談窓口に行ったのならば、担当者のプロフィールなど尋ねてみてください。
既婚者なのか? 住宅購入経験はあるか?
子どもはいるか? 子どもの教育状況(大学まで経験しているか?)
などです。

実際に経験している人は、机上の空論ではなく、
経験値に基づいた話やアドバイスをしてくれます。


商品の話。

貯蓄型の保険を利用しない理由。

...続きを読む

Q生命保険見直しのご相談

こんにちは。38歳既婚女性。子供無。パート収入ありの主婦です。以前もここで医療保険のアドバイスをいただきました。いよいよ見直しを考え中です。今現在の保険は以下の内容です。
<34歳時に契約した「平準定期保険30年」>
定期分1,000万円 入院特約10,000円 がん特約10,000円 女性特約5,000円で保険料月額8,545円
見直しにあたり、現在の保険の解約、継続どちらも可。1つの保険、複数の保険、どちらも可です。
<現在の問題点>入院保障が64歳で切れる。
<今後の希望>入院特約を終身に。死亡保障&解約返戻金は無でも可。明治生命の歯科保険特約を付加。入院日額できれば\7000以上。女性疾病特約を付加。全期型希望。
月額保険料はとりあえず無視して良いので、世の中の情勢を加味しつつ、以上の条件を満たす方法を提案していただけないでしょうか?具体的な商品名を出して貰えればより有難いです。自分としては、現在の保険を解約し、(1)明治生命の10年確定年金+歯科特約(2)東京海上あんしん生命のメディカルミニで入院保障、という方法を検討中です。それではどうぞよろしくお願い致します。

こんにちは。38歳既婚女性。子供無。パート収入ありの主婦です。以前もここで医療保険のアドバイスをいただきました。いよいよ見直しを考え中です。今現在の保険は以下の内容です。
<34歳時に契約した「平準定期保険30年」>
定期分1,000万円 入院特約10,000円 がん特約10,000円 女性特約5,000円で保険料月額8,545円
見直しにあたり、現在の保険の解約、継続どちらも可。1つの保険、複数の保険、どちらも可です。
<現在の問題点>入院保障が64歳で切れる。
<今後の希望>入院特約を終身に。死亡保障&...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
いろいろな意見が出ればいいなあと思って見てましたが、他に回答がないようなので少し補足を・・・。

死亡保障1000万円。
質問者様が万一の場合でも経済的に困る人がいないのなら不要だと思います。解約してもよろしいかと。

しかし「先に死んじゃってごめんね」的な意味の保険で、保険料負担に余裕があるなら続けても構わないとも思います。
こればかりは価値観の問題ですので他人がとやかく言える事ではありません。

もし、定期を継続し、終身医療がいらないと思うなら現在の医療特約の一部解約・減額ということも可能です。
ご希望の7000円+女性特約と言う形にもできる筈です。(終身医療と歯科特約は無理でしょうが。)

この場合の見積もりを取って、新しく入るつもりの医療保険と比較してはいかがでしょう?
加入年齢が若い分、新規加入よりお得かもしれません。
いろいろな方法が考えられますよ、、、。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報