いろんな保険ランキングでも堂々のワースト1位を取り続けている大手生保の「アカウント型保険」。ここまでくそみそボロクソに言われ続けているのに売れ続けるには訳があるはずです。
アカウント型保険ならではのメリットを教えてください。よろしくお願いいたします。

(経済雑誌の保険ランキングを過度に神聖視するつもりはありません。あくまでご参考です。中途半端なFP先生たちが、机上の空論を振りかざしてマニアックな商品を良しとするケースもあろうかと思います。一般消費者には高スペックよりシンプルでわかりやすい商品コンセプトが響いたりするものです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

元保険外交員で、アカウント型保険も売ってた時期があります。



アカウント型保険は「アカウント(積立)部分+定期保険(掛け捨て)+特約」で構成されています。
保険料は一旦アカウント部分に入り、そこから定期保険や特約に振り分けられます。

私なりにメリットをあげると、アカウント部分の利率が一般に高いこと(1%以上)、保険料の支払いが滞ってもアカウント部分が一定額たまっていればそこから保障部分に行くので失効などの危険が少ないことがあります。
(養老保険や終身保険だと、支払いが滞ると積立部分から保険料の「貸付」が行われるので、返済しないと利子を取られます。アカウント型だと積立部分の残高が減るだけです)
また通常の保険料支払いと別にアカウント部分の積み増しをしたり、逆にアカウント部分からまとまったお金を引き出したりもできます。(金額には一定の条件があるのが普通です)

発売当初はアカウント部分を利用して保障の見直しができる、という謳い文句もありましたが、条件もいろいろあるのでイメージほど自由な見直しはできません。

ついでですが一番のデメリットは、上記のような特性が「わかりにくい」ことではないかと・・・。

それから「売れ続ける」大きな理由で想像がつくのは、営業職員への成績計上が高い、ということでしょう。(私がいた会社でもアカウント型には割増計上がありました)
身も蓋もない言い方ですが、歩合給で働く営業職員はとにかく成績計上が命ですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。
売れ続ける最大の理由は営業職員の成績計上が高い、、、やはりそうなんですね。

お礼日時:2015/08/08 22:51

無料の保険相談できいてみたらよいでしょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワースト・ファーストレディは?

ワースト・ファーストレディは?

私の場合は、鳩山幸夫人です(少なくとも、目撃・体験・記憶の中では)。


<理由>
私事では不倫結婚であり、その経緯は尊敬・信頼出来ない夫婦。

また、国のファーストレディの出自が朝鮮総連系(父が朝鮮総連支部の創始者)であるだけでなく、推測の域を出ないが、婦人を通じての鳩山氏の特亜3国への肩入れが、余りにも目立つは国益・主権に関する問題であるだけに疑念を感じる。
(外国人参政権・国籍法・1000万人移民計画・竹島の固有領土標記外しの教科書や学習指導要領解説書から記述除外、拉致問題3原則から実行犯の引渡し要求を削除他)

外遊やファーストレディ外交での発言・行動が、国益・国威・国際信頼に寄与していないだけでなく、我が国・国民への品位・イメージダウンに繋がる事が著しい。

<関連記事>
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3089.html

Aベストアンサー

自分の国の首相夫人をとやかく言うのも気が重いんですが、あの鳩山夫人。何と申しますか、「演技派」とでも言うか、そういう雰囲気。
何かを演技してますね。

その演技の底に有るのは、「自意識」なのか「気負い」なのか。或いは何らかの「コンプレックス」があるのか。精神的に若干の病気を持つ人もああいうタイプの動作・表情・身のこなしをします。

ところで鳩山夫人は父親様が北朝鮮総連の創始者だったのですか? 迂闊にも知りませんでした。
元々私はそういうことは別にして、人は人として、大儀は大儀として、正義は正義、秩序は秩序として訳隔てなく事実を見ようというタイプですので、興味は無かったのですが、しかし日本の首相の配偶者がそういう濃い姻戚関係を持つのであれば、鳩山は首相に相応しくありませんでした。

米国であるならば、その様な姻戚関係が発覚した時点で大統領候補から外されますが。
人種産別・民族差別とかではなく、安全保障上の問題と言うか、があります。

彼女との婚姻は、略奪に基づく行為によって行なわれたそうでありますが、彼が首相になった今、その当時の事件経緯をつまびらかに調査・公開する必要があります。
当然持つ疑いは、朝鮮総連関連の側から彼女を鳩山に近づけ、工作活動として鳩山と結婚させた…のではないのか? との疑惑。


まあしかし、鳩山夫人そのものは置いておいても、鳩山本人が… 国際的リスクに成るほどのド馬鹿ですから。
諸外国の民百姓に至るまで鳩山によって危険に晒されている…w 困ったヤツが脱税行為によって首相の座を買い取ってしまいましたねえ。

あまりに鳩山がアレなので、鳩山夫人に纏わる危険度が消し飛んでいるという、現状でしょうかw

自分の国の首相夫人をとやかく言うのも気が重いんですが、あの鳩山夫人。何と申しますか、「演技派」とでも言うか、そういう雰囲気。
何かを演技してますね。

その演技の底に有るのは、「自意識」なのか「気負い」なのか。或いは何らかの「コンプレックス」があるのか。精神的に若干の病気を持つ人もああいうタイプの動作・表情・身のこなしをします。

ところで鳩山夫人は父親様が北朝鮮総連の創始者だったのですか? 迂闊にも知りませんでした。
元々私はそういうことは別にして、人は人として、大儀は大...続きを読む

Qネット生保と大手生保の選択

母と二人暮らしで、万一私が死亡したときのために、死亡定期保険に加入しようと思っています。保険料を見るとネット生保は割安で魅力的なのですが、万一私が死亡したときに母が保険金を受け取る手続きがひとりでできるか心配しています。母は、メールもしないし、インターネットも一切できません。大手生保は自宅に来て請求手続きの案内もしてくれると思いますが、ネット生保は、どこまで請求手続きのお手伝いをしてもらえるものなのでしょうか。また、保険内容の案内はネット生保でも定期的に郵便で案内はくるものなのでしょうか。そのあたりを知って加入する保険会社を最終的に決めたいのですが、ご存知の方はいらっしゃいますか。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

生保会社を大別すると

(1)漢字系生保:いわゆる旧来からある大手生保。
(2)カタカナ系生保:外資系生保あるいはネット生保。
(3)ひらがな系生保:損害保険会社の子会社生保。
に分かれます。

(1)はご存知の通り担当者が付きますが、保険料が高いです。また2年以上同じ担当者である確率はかなり低いです。

(2)は、アクサ生命、アフラックやプルデンシャル生命、メットライフアリコなどの外資系とオリックス生命ソニー生命など国内資本です。アフラックは代理店契約が基本ですので代理店の担当者が付きます。メットライフアリコは通販型か社員担当者を選択できます。オリックスは通販です。ソニー生命は社員担当者が付きます。

(3)は基本的に代理店契約となります。

(2)と(3)は保険のバリエーションが豊富ですからご自分に合った保険選択が可能と思われます。

通販契約でも、保険請求は、まず電話での対応となりますから連絡先をしっかり理解してもらえば問題ありません。
請求書類の書き方などもオペレーターが丁寧に教えてくれますからそんなに心配する必要はないと思います。 

契約内容の確認も担当者がいようが通販だろうが、毎年1回は送られてくるはずです。 

生保会社を大別すると

(1)漢字系生保:いわゆる旧来からある大手生保。
(2)カタカナ系生保:外資系生保あるいはネット生保。
(3)ひらがな系生保:損害保険会社の子会社生保。
に分かれます。

(1)はご存知の通り担当者が付きますが、保険料が高いです。また2年以上同じ担当者である確率はかなり低いです。

(2)は、アクサ生命、アフラックやプルデンシャル生命、メットライフアリコなどの外資系とオリックス生命ソニー生命など国内資本です。アフラックは代理店契約が基本ですので代理店の担当者が付きます。メッ...続きを読む

QマンガのWORST(ワースト)、クローズについて質問です

こんばんは!
WORSTの村田将五の出身中学校はどこですか?

わかるかた教えてください!

Aベストアンサー

特にどことは書いていなかったと思いますが兄の十三が加地屋中の頭だったこともあるので普通にいけば加地屋中じゃないでしょうか。

Q保険会社の担当者変更について(某大手生保)

私の勤務先に出入りしている生保会社の担当者の対応が悪いので担当変えをしてほしいと思っているのですが、
その人は、会社をまるごと担当しているので、私がちょっと嫌だからと言って担当者を変えてもらう事は出来ないのでしょうか。
そもそも、こちらから依頼をしておいた案件に対して(書類上の手続きですが)、まったく反応がない、来ないからそろそろ言おうかと思ったらいきなりメールが届く。しかも、指定の日が土日も含んでいて、会社は休みだけど自宅まで来てくれるのか?と思ったり。(そもそも、メール見なかったらどうするんだ。)と思ってます。
お給料の中から自分を守るためのものだからかけてるのに、こんなにぞんざいに扱われるのははっきり言って不愉快です。

どうしたらいいでしょうか。
どなたかご教授くださいませ。

Aベストアンサー

元保険外交員です。

No.1の方も仰る通り、法人担当だと難しいかもしれません。
特にお勤め先が出入りできる担当者を1名に決めていて他の人が職場に出入りすることを禁止している場合など(大手企業だとこういうことはあります)は、生保会社に直接相談しても結局その担当者が来てしまうでしょう。
(担当者が成績優秀だと生保会社も強く言えないことがあります。成績優秀かどうかは顧客対応の良し悪しと連動しない場合があるので困ったものです)

よほど担当者として信用できないのであれば、生保会社のコールセンターなどに“苦情”として連絡されてはいかがでしょう。
最近は生保も苦情には敏感になっています。
日時も含めて(こちらから○月○日に連絡し返事があったのが×月×日だった、など)具体的に伝えた上で、担当者の変更が本当にできないか言ってみる価値はあると思います。

勤務先の総務に同様の苦情が殺到すれば、企業側から担当者変更の要請をしてもらえるかも知れませんし、ある意味その方が生保にはダメージ大きいと思いますが、これは勤務先が本気でとらえてくれるかにもよるでしょうね。

Q現在、開発途上国が抱える問題でワーストランキングを付けたいのですがどう

現在、開発途上国が抱える問題でワーストランキングを付けたいのですがどうなるのでしょうか? やはりワースト一位は貧困問題 二位は難民問題 三位は環境問題 でしょうか?

Aベストアンサー

開発途上国の数だけ問題がある。
まずはそれぞれの国について調べてみましょう。

それからワースト1は貧困ではなく、おそらく食糧問題になると思います。
貧困だから食糧問題ではなく、食料が無いから食糧問題なんです。
貧困は富んでいる者から差別的に見たマスコミ的興味本位の内容に過ぎません。

貧困が問題ではなく、富の集中と独占が問題なんです。

Q生保・年金保険は必要?

1994年12月に契約した年金保険があります。
いつも見直しをしようとすると、契約している保険会社の人でなくても、利率の良い時に入った保険だから、このまま続けた方が良いと言うので、続けてきました。

保険料は月12000円くらいです。

去年から専業主婦になり、12000円を毎月払うのはなんとなくもったいないかな、と思い始めました。

基本年金額が858700円。

あと25年も払い続けるよりも、貯金した方がいいんじゃないかな・・・と。確かに貯金は今増えない時代なんですけど、でも年金保険って本当に必要なのかな???とちょっと疑問に感じました。

公的年金がもらえるか分からない時代だし、やはり続けた方が良いのかな、と思うと同時に疑問に感じたので、どなたかご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

総支払い額は、12000×12月×35年=約504万円

総受け取り額は、858700円×10回 =約858万円(10年確定年金として)

858万円ー504万円=354万円のプラスです。

今時、100万円を1年あずけて、いくら利息がつくと思いますか? 約480円です。15万だったら約72円です。

72円×35年=2520円です。(正確には銀行で、聞いて下さい)

もう、どちらがお得か、判りますよね。

年金でもらわなくても、解約してもらっても、いいのです。後は会社が潰れそうになったら、すぐ、解約する事を忘れなければ、大丈夫かと、思います。

Qワーストドレッサー

ニュースで見ましたが、アメリカでワーストドレッサーにヒルトンホテルの令嬢が選ばれたそうです。
しかし、なぜワーストドレッサーを選ぶのでしょうか?何かメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 そういったことはアメリカの雑誌や、テレビではごく一般的なことです。週刊誌でも毎週、ベストドレッサーとワーストドレッサーが掲載されているものもあるし、ブリトニーのスッピンの写真が表紙になっている物もあります。日本では有名人に対する否定的な意見はあまりとりあげませんが、向こうでは普通に行われていますね。     特にメリットなどはなく、単に社会性の違いだと思いますよ。

Qアカウント型保険とは何ですか?

私は今までずっと某M生命保険に入ってましたが、
1年チョット前、ライフアカウント型保険を勧められて切り替えました。
しかし、最近になって「契約者が損をする様にパワーアップされたライフアカウント型保険」
という内容の記事を見つけました。
そしてネットで調べてみたところ…

【利点】
大きな保障が必要な時期には定期保険でこれをまかない、同時に一生涯の保障の準備も行うという点では定期付終身保険と同様であるが、比較すると、やはり積立金部分による運用の柔軟性が利点として挙げられる。

【問題点】
前述のように、積立金を切り崩すことによって定期保険を厚くすることができるが、一部で主契約を更新型商品とするような設計がなされることがあり、問題視されている。すなわち、更新型商品は更新のたびに保険料負担が大きく増大するが、その増大分を積立金の切り崩しによってまかなう設計にすることによって、保障は変わらないのに積立金は減ってゆくという状態になり、最終的に終身保険や年金に移行するための原資がなくなってしまうような事態に陥る。

というような事を書いてありましたが、私には何の事やらよく分かりません。(+_+)
一応、保険の契約の時も色々説明は受けたものの素人の私には
裏にある「盲点」なども全然分かりません。

もっと分かりやすく「池上クン」のような解説で
どなたか分かりやすくご説明して頂けると有難いのですが…
余りご回答が長文にならない方が助かります。
いかがでしょうか??
(゜ -゜ )?

私は今までずっと某M生命保険に入ってましたが、
1年チョット前、ライフアカウント型保険を勧められて切り替えました。
しかし、最近になって「契約者が損をする様にパワーアップされたライフアカウント型保険」
という内容の記事を見つけました。
そしてネットで調べてみたところ…

【利点】
大きな保障が必要な時期には定期保険でこれをまかない、同時に一生涯の保障の準備も行うという点では定期付終身保険と同様であるが、比較すると、やはり積立金部分による運用の柔軟性が利点として挙げられる。

【問題点...続きを読む

Aベストアンサー

この場合のアカウントとは、ずばり、貯蓄の意味で使われています。
つまり、貯蓄型保険ということです。

従来の終身の死亡保険は、貯蓄部分と保障部分が組み合わされて
いたので、支払った保険料のうちの、どこまでが貯蓄で、
どこからが保障なのか、不明確でした。
そこで、それを明確に分けた物です。

なので、主契約のアカウント部分につける特約の保障は、
すべて掛け捨てとなります。
貯蓄部分=アカウント部分になります。

さて、ここで問題になるのは、最後の最後の部分で、
アカウント部分を終身の死亡保険に移行させることです。
このとき、アカウント部分に十分な蓄えがないと、
終身保険に移行できません。

ここで、架空の保険を考えます。
主契約のアカウント部分は、月に1万円。
特約保障の保険料が月に1万円だとしましょう。
合計保険料は2万円です。
10年後、アカウント部分には、120万円が貯蓄されています。
1万円×12ヶ月×10年=120万円。

10年後。
特約保険料が1万円のアップの2万円となり、
合計保険料が3万円になりました。
しかし、支払いが厳しいので、いままで通りの2万円にしたいとします。
このとき、アカウント部分のきりくずしができます。
120万円あるので、これで、1万円の保険料アップをカバーできます。
見かけ上の保険料は、2万円です。
1万円はアカウントのきりくずしでカバーします。

その10年後、さらに特約保険料が上がって、3万円になります。
アカウント部分と含めると4万円になります。
でも、2万円しか払えません。
そこで、アカウント部分のゼロにします。
(実際には、ゼロに設定できません)
そうすると、合計で3万円になります。
この10年間にためたアカウント部分120万円を特約保険料に振ると
いままでどおり、合計2万円で良いことになります。

さて、さらに10年後……
特約保険料が4万円になります。
しかし、今度は、前の10年のアカウント部分の保険料がゼロなので、
アカウント部分の貯蓄がゼロです。
4万円もの保険料が払えないので、解約。

気が付いたら、30年間貯めた360万円を掛け捨て保険に回して、
結局は、終身の保障が何も残らなかった……

これが落とし穴です。

つまり、アカウント部分は、貯蓄なので、自由に使えるのですが、
使ってはいけないお金なのです。
さらに問題なのは、アカウント型保険の設計の多くが、
アカウント部分の保険料が月1000円程度で、役に立たない金額に
なっていることが大きな問題です。
なので、20年後、30年後ではなく、10年後の初回更新時に
早くもアカウントが足りなくて、保険料が大幅にアップするという
問題が生じてしまいます。

ご参考になれば、幸いです。

この場合のアカウントとは、ずばり、貯蓄の意味で使われています。
つまり、貯蓄型保険ということです。

従来の終身の死亡保険は、貯蓄部分と保障部分が組み合わされて
いたので、支払った保険料のうちの、どこまでが貯蓄で、
どこからが保障なのか、不明確でした。
そこで、それを明確に分けた物です。

なので、主契約のアカウント部分につける特約の保障は、
すべて掛け捨てとなります。
貯蓄部分=アカウント部分になります。

さて、ここで問題になるのは、最後の最後の部分で、
アカウント部分を終身の死亡...続きを読む

Q球団ワーストタイとは?

昨晩の阪神x巨人戦の終了時には巨人が31イニング連続で無得点となり、球団ワーストタイだと言う事でしたが、この「球団ワースト」までは分かりますが、「タイ」って何ですか?「タイ」と言うと引き分け、同点とか、ネクタイなどの意味しか思いつきませんが。。。何かの略でしょうか?

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

引き分けや同点の「タイ(tie)」と同じ意味で、「今までのワースト記録に並んだ」ということです。
あと1イニング無得点が続くとワースト記録更新となります。

開幕7連勝はベストの方の球団タイ記録なのに、どうしちゃったんでしょうね、巨人。

Q民間生保と会社の団体保険(医療保険)について

はじめました。
今回、民間生保と会社にある団体保険について質問させていただきますので、
よろしくお願いいたします。

現在、民間生保に入っています。月は8000円くらい支払っています。
同じ内容で会社の団体保険では、3000円くらいですんでしまいます。
会社の団体保険は、掛け金を1口として、何口にするかを決める保険です。

現在、月々の出費を見直しておりますが、民間生保は非常に掛け金が高いので、
独身ということもあり、会社の団体保険にしようか迷っています。

みなさんでしたらどちらがよいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、では早速ですが、アドバイス申し上げます。

【結論】
会社の団体保険への加入はお勧めします。
(1)手軽な保険料:団体という規模のメリットがあります。
(2)シンプルで解り易い保障内容:難しい専門用語の特約でないので理解し易い。
(3)目的が明確:保障内容は勿論、加入した理由が明確に理解。

ちなみに会社の団体保険も民間の保険会社が引き受け保険会社になっている事が一般的です。

あとは、保障内容がどのようなものか解りませんが、目的に応じて保険に加入する事が良いと思います。
(1)資産形成(老後の御自身の生活資金)として終身保険に加入する。
 御質問者様が仮に定年まで働いた場合、「超高齢化社会」の深刻化で老後資金が完全自己責任。
(2)がん保険に加入。二人に一人が発症する「がん」に備える。

保険会社に勤務する方も団体保険に加入する方が非常に多いです。

御参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング