痔になりやすい生活習慣とは?

ご承知のとおり、第二次世界大戦は、ドイツ、それから日本の宣戦布告を契機に始まりました。

このとき、宣戦布告された側(イギリス、フランス、ソ連、アメリカ、中国など)の立場で、ドイツと日本の宣戦を思いとどまらせる平和的な方法はあったのでしょうか?
それとも避けられなかったのでしょうか?

あったのであれば、具体的にどんな方法?

繰り返しますが、あくまで日本とドイツの逆の立場で。
(日中戦争の中国も含めます)


日本が(たとえば中国などに)攻められた場合の話をすると、たまに「外交努力」や「話し合いで」戦争を回避できるから武力は無用という意見も出てきますが、では、日本に攻められた国の立場で、日本の戦争を平和的に止めることはできたのだろうか、と、ふと思ったのが質問のきっかけです。

どんな観点からも、断片的な意見でも、ご自由に。
ただし、質問に対する非難ならば、ご遠慮ください。

(お礼を書く余裕がないかもしれませんので、ご承知おきのほどを)

質問者からの補足コメント

  • 事実と異なる記述のご指摘を受けまして、まことに恥ずかしい限りです。
    イギリスとフランスに関しては、ドイツが宣戦布告したという書き方は誤りでした
    私としてはあくまで「ドイツの侵攻をきっかけに」というイメージで、立場的には日本と大差ありませんから、後からついでにドイツを書き足したんですが、言い訳できないウソとなってしまったので、早急に終了したいと思います。

    ただ、いつも日本がこうだったから戦争が起きたとか、あるいはこうすれば戦争は起きなかったのに、など日本の主観的な立場ではよく議論されるところ、じゃあ日本の戦争をアメリカが止めることはできなかったのか、という逆の立場で客観的に考察することが質問の主眼なので、その核心にお答えいただいた回答をベストアンサーとさせていただきます。

      補足日時:2015/08/06 11:55

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ドイツはともかく、日米開戦は十分に可能だったと思います。


あの戦争は米国が望んでいたものでったからです。

当時の米国は、1930年に続く大不況の真っ只中でした。
GDPは1/2に、株価は1/10に落ち、1200万の失業者が
街に溢れ、あちこちで暴動が発生していました。
ルーズベルトは、ニューデールなどの政策を打ちましたが効果は
さっぱりです。
それでどうしても戦争をやる必要があったのです。
戦争は最大の公共事業ですから。その証拠に戦後、米国
経済は見事な復活を遂げています。

これは私の偏見ではありません。
米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズベルトが巧妙に日本を戦争に引きづり込んだ
過程を明らかにした本を出版しましたが、これは事実上の発禁処分
にされてしまいました。

31代米国大統領のフーバーが、ルーズベルトを、
日本を無理矢理戦争に
引きずり込んだ狂気の男、と評した書見を残しています。
彼は、ルーズベルトは真珠湾を知っていた、とも書き残しています。

マッカーサーは戦後、あの戦争は日本の自衛戦争であったと
米国議会で証言しています。

ハルノートのハルは、真珠湾攻撃を耳にして躍り上がって
喜んだ、という側近の証言が残っています。
「これで戦争ができる」

また、パル判事は、あのような要求を突きつけられたら
モナコのような小国でも銃を持って立ち上がっただろう
と述べています。

日本は負けたから悪者になっただけです。
勝てばどうなったか、説明するまでもないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一部誤りが明白な質問に、まともにご回答いただきありがとうございます。

大方、同意見であります。
策を弄して、先に仕掛けたのがアメリカなのは明らかですね。
となると、アメリカは止める気自体がなかったということで、日本は撒き餌におびき寄せられ、釣り針に食いついた魚のようなものですか・・

コロンビア大教授の話は勉強になりました。
後で詳しく調べたいと思います。

余談ですが、
ゴッドファーザーのワンシーンで、アルパチーノが志願して戦地に赴くとき、アメリカの対日経済封鎖を非難して「あんなことをやられればどんな国でも戦争するさ」とか、そんな趣旨のセリフを言っていたのが印象的でした。

お礼日時:2015/08/06 12:05

止めることはできたと思われますが、止めれなかったのは、日本の政治体制にあります。



今でも国立競技場とか、直には止められなかったでしょう?
そういうものなのです。

また、日本が戦争をさせられたのは、ソ連(ロシア)のスパイのせいです。
そういったものを受け入れる、日本国民のアホさ加減が日本を戦争に導くのです。

今でも共産主義者が戦争反対を叫びつつ、共産主義国の戦争幇助をおこなっている現実をみましょう。
    • good
    • 0

次やったら止めようが無くなるでしょう。

    • good
    • 0

日本は、巻き込まれる戦争で、あらかじめシナリオがあったのでしょう。

今でも繰り返すのがその証拠です。外圧で、シナリオどおりに内と外からもっていかれたのです。まだ、ローマ戦に気付いてい無い時期です。多くのヨーロッパ諸国が、被害に遭った手法ですね。下界人を潜り込ませるトロイの木馬的手法は、伝統技です共産国になった金で操れる下界人は、使えるのです。板垣退助が暗殺され乗っ取りに成功すると武力を送り込み、その武力で、徴兵したのです。何も知ら無い国民は、戦争へと駆り出され巻き込まれていきます。今の状態も似た形をとっています。
    • good
    • 0

No2様に同意



>宣戦布告された側(イギリス、フランス、ソ連、アメリカ、中国など)の立場で、

質問者様はどこの星の第二次世界大戦について仰っているのでしょうか。

先にドイツに宣戦布告をしたのはイギリスとフランスです(1939年9月3日)

原因はドイツのポーランド侵攻(1939年9月1日)です。
そして、ソ連も同時にポーランドに侵攻しています。
これについて質問者様はどのようにお考えでしょうか。
(これも質問に対する非難になるのでしょうか)
「過去の大戦で、日本やドイツの戦争を止める」の回答画像3
    • good
    • 0

戦争の始まりはドイツとソ連が秘密条約を結んで


周辺国を攻撃した事による。ソ連はバルト3国を
侵略しフィンランド、ポーランドを攻撃。

ドイツとソ連によるポーランド同時侵攻が大戦の始まり。
戦争開始の状況さえ理解していない質問者に第二次
世界大戦の理解は不可能と思う。無知をさらす質問な

ので早々に閉じる事を勧めます。
    • good
    • 0

現在の国際情勢や外交手法で当時を見るのは無理でしょうね。


当時は国際交流が不十分でした。
このために話し合いがうまく出来なかったのです。
あれから、もう70年以上が経過しました。
現在の先進国には、戦争を避けるためのいろんな手法ができています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング