昨日スイミング・プールというフランス映画を見ましたが、難しくて頭の中がまとまりません(涙)夕べはあまり眠れませんでした。
正解はない映画のようなのですが、みなさんの解釈を教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の解釈では・・・



一言で言うと、この映画は「創作する過程」を描いた映画だと思います。最後の数分でどんでん返しがあるわけですが、私たち観客は最後の出版社のシーンに至って、ようやくオゾンの仕掛けに気付くのです。つまり南仏リュベロンの別荘でサラが窓から眺めた光景や物語の展開はすべて彼女の想像の産物であるのかもしれないと。

オゾンはインタヴューにこう答えています。創作するという行為では現実とフィクションの境界がなくなり、どこまでが現実でどこまでがフィクションの世界なのか分からなくなる、よくインスピレーションの源はと聞かれるが、僕は映画作家だし、その答えを映画の中でしたつもりだ、と。

彼も言っているように、私はこれは殺人事件ミステリーでも、女性の葛藤でもなく、「創作とは、フィクションはどこから生まれるか」ということを描いていると思います。その創作の過程で作家自身が物語の中に没入し、自分自身も物語の展開につれて変わっていくわけです。いかにも典型的イギリス人ミステリー作家のサラが、徐々にフェミニンになっていく様は、流石オゾンだと思いました。自分の想像の産物が自分の肉体に作用していくプロセスの描き方は秀逸で、その空気を捉えるのが本当に巧者です。

スイミングプール自体も象徴的です。オゾンの言葉を借りれば、それは映画を映すスクリーン同様、作家のイメージ(映像)を写すスクリーンなのです。最初、プールにはカバーがかかっていて、サラはなかなかプールに入ろうとしません。サラはスランプ気味のミステリー作家で、インスピレーションを得るために南仏の別荘に来たわけですが、ジュリー(実はジュリア)が彼女の生活に闖入してきて、静かであるはずの生活が乱されるようになります。実はそれがきっかけとなりサラは創作のインスピレーションを得ます。やがて、サラはプールに入るようになるのですが、それは彼女の創作が始まったということをあらわしているのではないでしょうか。

最後の最後に別荘の持ち主である出版社のシーンで、出版業者の娘ジュリアが現実として現れ、その後にプール際で微笑むジュリー(セニエ)のショットがジュリアのショットに変わりますね。これで、ジュリーというのは本の登場人物であり、プールサイドのことも殺人事件に至る過程もすべて、彼女が書いていたストーリーだったということをほのめかしていると解釈しました。

そして、その本のタイトルがスイミングプール。劇中劇のように、いれこのように、仕掛けは何層にもなっているのです。サラが生み出したジュリーの存在、それは時には親子のように、時には女性としてのライバルのように、時にはサラの過去と現在の葛藤のようにも思えます。ジュリーの存在を生み出すことや、彼女の傷やマルセルの扱いなどいろいろ心理学的な解釈もできるでしょうが、ここでは触れません。とにかく現実的には、サラはイギリスの家では年老いた父親を抱え、バーのカウンターでウイスキーのストレートショットを飲むような、女性というよりは男性的にミステリーを書いている作家です。その彼女が創作したジュリーという存在によって、彼女と生き、彼女自身も影響を受けていくのです。

サラが書いたものをプリントアウトして読むシーンの挿入が何度かありますね。あれは現実の部分なのです。彼女が書きながら窓から眺めるスイミングプール、それはフィクションの世界のことなのです。四角いフレームの中で、揺れ動く水に反射する光。

作家というのは(映画作家も含めて)インスピレーションの源は些細なディテールにあり、そこから全く別の世界へと境界を超えていくということを、オゾンは言いたかったのではないでしょうか。

シャーロット・ランプリングとの前作「まぼろし」も現実と想像の世界をテーマにしていましたが、これも同じテーマだといえると思います。映画のプロットとしては特に目新しくはありません。デビット・リンチの「マルホランド・ドライブ」アメナバールの「Open your eyes」(バニラ・スカイのオリジナル)「アザーズ」などの方が現実とフィクションの扱いがよりショッキングでした。それに比べ、この作品を見終わった後、オゾンは随所にオゾンらしいショットや色彩感覚を見せるものの、物語の仕掛けとしてはいつもの毒が少なくインパクトも弱かったという印象を抱きました。ディテールがいかにもステレオタイプで楽しく、その遊び方にオゾンらしさを感じましたね。

リュベロンというのは、イギリスの作家のベストセラー「プロバンスの12ヶ月」の舞台だし、一番笑えたのは、サラの服装です。いかにもわざとらしいスコットランド風チェックとかトレンチとか、モビレットで村を訪ね歩く時とか、彼女の書くミステリー小説のタイトルとか、いわゆるクリシェが多用されていて、遊び心がありました。観客はついセニエやランプリングの裸に惑わされて、官能的とか言ってしまいがちですが、私はそれよりも細かいディテールにオゾンのエスプリを感じましたね。

これはあくまで私なりの解釈ですが、きっと百人百様の解釈があると思います。

これで少しは眠れるでしょうか?
    • good
    • 20
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!なるほどですね。
オゾンのインタビューからしてもcoupdemainさんの解釈があっているように思います。
殺人事件やジュリーのお腹の傷やジュリーの母親のことなどは、すべて彼女の書いていた物語だったんですね~(納得・・・・。)
なんともおしゃれで面白い映画ですね。他のオゾンの作品は見た事がないので、見てみたくなりました。

また、ここまで細かく解釈できるcoupdemainに尊敬してしまいます。
そしてまた質問なのですが、未来世紀ブラジルって御覧になった事がありますか?これも全くわかりませんでした。もし解っていらしたら、教えて頂けないでしょうか?

お礼日時:2004/06/30 07:13

>未来世紀ブラジルって御覧になった事がありますか?これも全くわかりませんでした。

もし解っていらしたら、教えて頂けないでしょうか?

私は未見です。
たしかTerry Gilliamのずいぶん前の作品ですよね。
他には何本か観ているのですが、はずすことが多くて。上記の作品は面白いとは聞いているのですが、なぜか食指が動かなくて・・・

Ozonは日本公開前にある所で初期の短編を観てからずっとファンなので、馴染みがあるのですが。短編の「サマードレス」が強烈な印象でした。あのころから考えると、フランスの監督で日本でこんなメジャーになるとは思わなかったですね。他のオゾン作品もご覧になってください。とりあえずはスイミングプールの二人、シャーロット・ランプリングの「まぼろし」とかセニエもでている「8人の女」とか。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「ハイヒールを履いた女」ネタバレ

WOWOWで見ました。
ヨーロッパ映画らしくて雰囲気はとってもよかったのですが、
わからないことがあります。
アンナの娘や孫は殺されたのですか?
それとも、アンナが殺したのですか?

Aベストアンサー

たった今、WOWOWオンデマンドで見終えました。
一瞬でしたが、アンナの記憶の回想シーンの中の新聞記事に『マシソン家の悲劇』という、タイトルがありましたよね。
娘のエミーは、キアラを事故で失ったショックから、自殺したのでしょう。
前後しますが、冒頭のシーンでアンナは、元夫にボックスから電話をかけていました。その時彼女は、孫のキアラをベキーバギーに乗せて外出中だったのです。電話を切って外に出ると歩き始めたキアラが、バギーから降りて車道に出てしまい車に跳ねられ事故死したのでしょう。
自分が目を離したせいで、目の前で孫が跳ねられるのを見たショックと娘のエミーまで失ったことで、記憶障害になったのだと思われます。
生前にエミーは、母に新しい幸せを見つけて欲しくて、独身パーティーに出かけることを進めていたようです。
ピンナップにメモが添えられていました。
娘と孫を失った(元夫のサイモンも若い女と再婚したかもしれなくて)深い哀しみから、アンナは、エミーとキアラが未だ生きていると思い込みたかったのでしょうね。
公園で空のブランコを揺らす場面もありました。娘が勧めてくれたパーティーに出掛けるのも、空虚さを埋めるためというよりも、結果をエミーに報告したい気持ちからだったように見えました。
だから、化粧直しの時に女に言われた事をジョージという単なる悪いだけの男に出会い実行したものの、自分自身の不安や怒りや恐れをコントロール出来ずに、我に帰った時には相手に犯されそうになり殺害してしまったのです。
パーティーで最初にフランクのような人に逢えていたら、違った結果になっていたかも知れませんね。
シャーロット・ランプリングが、複雑な女性の心理を見事に表現していました。
『愛の嵐』の時から目の離せない魅力的な女優でしたが、個人的には、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた2015年の『さざなみ』(こちらもWOWOWで放映されました。)よりも『ハイヒールを履いた女』(原題は『I ANNA』ですが…いかにもって邦題)の方が彼女らしいと思いました。
心に闇を抱え精神的に病んだ女性を演じると、女が観てもそそられる女優です。

たった今、WOWOWオンデマンドで見終えました。
一瞬でしたが、アンナの記憶の回想シーンの中の新聞記事に『マシソン家の悲劇』という、タイトルがありましたよね。
娘のエミーは、キアラを事故で失ったショックから、自殺したのでしょう。
前後しますが、冒頭のシーンでアンナは、元夫にボックスから電話をかけていました。その時彼女は、孫のキアラをベキーバギーに乗せて外出中だったのです。電話を切って外に出ると歩き始めたキアラが、バギーから降りて車道に出てしまい車に跳ねられ事故死したのでしょう。
自...続きを読む

Qライフオブデビッドゲイルについて(ネタばれあり)

まず最初に、この映画を見たことがない人は
ご覧にならないで下さい。
この映画は、何の予備知識もなく見て頂けることを
望みます。ぜひ映画をご覧下さい。

さてさて、やっと私の住む街でこの映画が上映され
昨日見に行って参りました。
このような後味の悪さは『カル』以来ですし
最後の衝撃度は『ユージュアル・サスペクツ』や
『真実の行方』を凌ぐほどだったと思います。

この映画を見て、考えることは数多くあるのですが、
『ユージュアル~』という前例があるだけに
どこからこの結末は仕組まれていたのだろう?と
疑問を持ちました。
はたして、ゲイルの語る話は全て真実だったのだろうか?
最初のレイプ騒動がきっかけで、ああいう方向(事件)に進んでいったのか??それとも騒動そのものは、全く別物だったのか?最後のお金の意味は??
『なんでもする女』の何でもは、告発だったのか??
それとも、この計画に参加することだったのか??
授業中に渡されたメモ書きは何だったのか??
とにかく見終わって尚、謎が残りました。

カウボーイ男も、弁護士も、死んだコンスタンツも
ゲイルも誰一人利益はないんです。
あの元学生のみお金を受け取っただけ。
あと、べッツィは名声を得たかもしれませんが。
全ては死刑制度を見直すことを世の中に
知らしめるという使命のためだった訳です。

あなたは、この映画を見てどのように解釈しましたか?
色々なご意見を聞きたいので、しばらく質問を締めずにおります。どうぞご回答下さい。

まず最初に、この映画を見たことがない人は
ご覧にならないで下さい。
この映画は、何の予備知識もなく見て頂けることを
望みます。ぜひ映画をご覧下さい。

さてさて、やっと私の住む街でこの映画が上映され
昨日見に行って参りました。
このような後味の悪さは『カル』以来ですし
最後の衝撃度は『ユージュアル・サスペクツ』や
『真実の行方』を凌ぐほどだったと思います。

この映画を見て、考えることは数多くあるのですが、
『ユージュアル~』という前例があるだけに
どこからこの結末は仕組...続きを読む

Aベストアンサー

ども,再びdaredevilです。

『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』
http://www.uipjapan.com/davidgale/top.htm

(-_-)ウーム,あまりに記載すべき内容が多すぎてどこから話してよいやら....とりあえずわかった事から順不同で記載しておきます。

●登場人物の確認

・デビットゲイル

死刑制度反対運動家でハーバード大学を首席で卒業,27歳で終身教授の地位にあった。州知事との死刑制度での討論番組で激論を交わせるほどの著名人。元学生バーリンへの婦女暴行から教授職を剥奪。バーリンへの婦女暴行はバーリンの起訴取り下げで無罪だがコンスタンスレイプ殺害容疑で6年間収監所にいる。

・コンスタンス

死刑制度反対運動家でデビットゲイルと同じ教授職にある。ベティ弁護士曰くダスティーとの恋仲との噂。白血病を発祥。理由は不明だが自殺。その現場にはその一連のシーンを取るダスティ,ゲイルがいた。

・バーリン

ゲイルの大学での学生だったが成績不振による除籍処分。パーティーでゲイルを誘いSEXするが工作してレイプの容疑をゲイルへかける。一旦は起訴するもののその後起訴を取り下げ行方不明。ビッツィーとゲイルの会話から入所して1年後【後悔しています。なんでもする学生より】という手紙が来たという話しだが真偽は不明。

・ビッツィー

女性記者。幼児虐待の情報屋を取材源秘匿の理由から7日間拘束された経験がある。ベティ弁護士から取材許可を唯一もらいゲイル曰く7日間拘束された事があるからと言われてはいるものの,【なぜインタビューが彼女なのか】その真意は不明。

・ザック

男性記者。ビッツィーの助手的役割で一連の事件につきあっている。

・ベティ弁護士

コンスタンス殺害容疑のゲイルの弁護士。ザックの発言によると2回罰をくらっておりヘマを起こしてゲイルが終身刑にならず死刑にまで追いやられたダメ弁護士(と偽っている可能性あり)。死刑実施4日前にビッツィーを50万ドルの報奨で独占インタビューを指名する。50万ドルの報奨とパスポートなどを空港のトイレでダスティーへ渡す。

・ダスティ

死刑制度反対運動家でコンスタンスに特殊な感情がある。粗暴者でゲイルのコンスタンス殺人罪による証人出廷でゲイルにアルコール依存体質だとの不利な発言をする。ビッツィー&ザックがゲイルへインタビューに来る日から両者の行動を監視。ビッツィー&ザックの作戦でおびきだされるフリをしてビッツィーが家でマスターテープを見つけるかどうか監視。空港のトイレで50万ドルをベティ弁護士から受け取りスペインへゲイルの奥さん宅へお金を運ぶ。ゲイルの奥さん宅のマンションの玄関でスペイン人の中年女性へスペイン語で写真を見せながら『この人はどこに住んでいる』といった発言を流暢にしゃべる点からスペイン語は堪能と推測される。またオペラを見ているあたりからもあれはスペイン語を理解できると考えられる。

・ゲイルの奥さん

スペイン大使の娘。ゲイルが教鞭を終わったあとのパーティー会場で『奥さんは年に4回バルセロナへ行っている。不倫をしている。』などの発言から不貞行為を行っていた可能性が大。ダスティから受け取った金を見る際に男が『ゲイルからか?』という発言が不倫相手なのか父親なのか不明。ただ父親にしてはあまりに若いので不倫相手と推測する。

●各登場人物の気になる言葉

ビッツィーとのガラス越しでの接見中でデビットゲイルの発言:

『息子が父をどう記憶するか』
『多くを失うと死は喜びだ』

同じく接見中でコンスタンス殺害方法に関しての発言:

『あれはルーマニア特殊警察が使う手で鍵を飲み込んだ理由は自由への鍵は内にある,という暗示だ』

ビッチィー&ザックが始めてゲイルのいる拘置所でベティ弁護士の発言:

『噂と違って我々の戦いはこれからでね』
『録音器は使わないように』

●コンスタンスの症状

まずは↓をご覧ください。【白血病】の症状について詳しく記載されています。

【白血病について】
http://homepage3.nifty.com/mickeym/simin/58haketubyou.html

・ゲイルがアルコール依存症で退院後コンスタンス邸へ訪れた際にゲイルがコンスタンスの腕を見て『どこかぶつけたのか?』と言って腕の痣を見つける点。

・直後庭先へでて『熱があるのか?』とおでことおでこを合わせる点。

・あくる日ゲイルがコンスタンス邸の玄関口で例の『人形』を手持ちぶたさに持ちながら,家の中に入ってしばらくしてコンスタンスが倒れて病院へ担ぎ込まれ【白血病】と診断されている点。

・コンスタンスが自ら命を絶つビデオで裸になる際に体中【斑点】や【痣】がある点。

以上のことからコンスタンスは間違いなく【白血病】の症状がでています。しかしちょっと疑問に思うのがコンスタンスの【白血病】の種類ですね。映画の中でコンスタンスの年齢は詳しくはわかりませんが,30~40歳近辺と考えた場合【急性リンパ性白血病】と仮定した場合,↓のHPの平均生存率は約50%です。↓HPはあくまで日本での場合ですがアメリカは世界でNo.1の医療先進国です。コンスタンスが白血病でもそこまで深刻に捉えるべき病気でないかもしれないはずです。そうなるとコンスタンスがなぜ自分から口にガムテープを張ってビニールをかぶって自殺した理由で『不治の病による将来への失望』などの類は無くなると推測できます。

【財団法人骨髄移植推進財団】
http://www.jmdp.or.jp/patient/seiseki/

●デビットゲイルはコンスタンスへのレイプ殺人の罪で確実に起訴されて死刑は実施された

色々と映画の中で現実の世界とゲイルとビッツィーのやり取りにおけるゲイルの【空想 or 妄想(?)】がごちゃついていますが,元学生バーリンへの婦女暴行罪はバーリン自身が起訴を取り下げましたが,コンスタンスへのレイプ殺人による殺人罪で6年間収監生活を送っています。

それと今まで2回罰則をくらっいているベティ弁護士が担当し敏腕弁護士が名乗り挙げたにもかかわらずゲイルが拒否し終身刑から死刑へ流れが決まった事はザックの発言からわかりますし,ダスティも証人出廷からゲイルにとって不利な証言を行った事もゲイルが証言しています。これらの点から何か"作為的"にゲイルが死刑になるような流れになっている事がわかります。

●コンスタンス邸の2回回す特殊な呼び鈴

映画の中で何度かクローズアップされるのがコンスタンス邸の2回回す特殊な呼び鈴である。殺人後も太った女性に見世物小屋とされた時も2回回す特殊な呼び鈴がやはり描かれているので,あの家はコンスタンス邸である事を認識させる。

●ゲイルの死刑直前の晩餐の食べ物

パンケーキ,シロップ,イチゴ,ホイップクリーム,チョコチップは映画冒頭に自宅で子供とじゃれあっている際に子供がゲイルへしゃべっていたものと同じ。死の直前まで子供への愛着が感じられる。

●キーマン"ダスティ"一連の行動と関係

この映画の登場人物でゲイル側で最もカギを握るのはダスティーですね。理由として↓が挙げられる。

・死刑反対運動でゲイル,コンスタンス共につながりが深くコンスタンスとおそらく恋仲であった。

・コンスタンスは死亡,ゲイルは獄中,自由に動けるのはダスティのみ。ベティ弁護士はゲイルとの法廷での弁護などがあるため完全にフリーなのはダスティである。

・コンスタンス,ゲイル死後に金の送金を行う必要がある。

・ゲイルの死刑を成就させる為にビッツィー,ザックを事件の全貌に向かわせる牽引役をしつつ,尚且つ死刑を妨害させない為のブレーキ役でもある為常に2人を監視する必要がある。

ダスティはベティ弁護士と裏でつるんでいたのは事実で弁護士事務所から引き上げる際にビッツィーに目撃されている点,ゲイルへの不利な証言をしている事からベティ弁護士から法廷へ証人喚問を請求されている事,空港でパスポート&50万ドルの受け渡しなどからも明白です。

しかしゲイルの元奥さんとは面識は一切無い。なぜならスペインでの50万ドルの受け渡しではわざわざ呼び鈴を鳴らしたのにもかかわらず,エレベーターに乗って消えてしまった事からわかります。

ダスティ宅からは【ビッツィー・ブルーム様】という郵便物にコンスタンス自殺のダスティが映るマスターテープが入っており,もしビッツィーがダスティ宅でマスターテープを発見できなかった場合確実に郵送して事件の真相を伝えていた可能性があります。ただその際にはゲイルまでが映っているマスターテープを送るのか,ダスティがそのゲイルが映っているテープを持っていたのか定かではありません。

スペインで50万ドルを届けた後演劇舞台で女性がナイフで腹を一突きして自殺するシーンをダスティが見て感極まっているのがあるのですが,やはりこれは特別な感情を抱いていたコンスタンスが自殺するシーンを目の前で目撃したシーンを投影していると思われます。

■事件の全貌とは

私の個人的な見解では主たる命題は

『冤罪(えんざい)』

ですね。事件の全貌をコンパクトにまとめるとこんな感じです。

大学教授のデビッドゲイルの授業に落第確定の生徒バーリンが"女の色気"で単位を取得しようとするも相手にされず,しかも大学除籍。

パーティーでゲイルは初めてバーリンが除籍になった事を知ったが時既に遅かった。バーリンはその落第しかかっているのに相手にしなかったゲイルに恨みをもち,肉体関係を迫ってレイプ犯にしたて見事に成功。

この事をきっかけに天職と信じていた教授職は追われ,挙句の果てに妻子にも見放される。今まで大学を主席で卒業し27歳で終身教授の地位にまでついていたエリートが初の挫折を味わい,アルコール依存症にまで落ちぶれる。

バーリンは起訴を取り下げ無罪となるも復職は叶わず,今まで活動してきた死刑制度反対運動のグループからも虐げられ,盟友であるコンスタンスも白血病に倒れる。

死刑制度を始め犯罪における【冤罪】の怖さをまざまざと知ったゲイルはここまで追い込んだ世間に対し復讐を誓う。

コンスタンス自身も身を粉にして反対してきた死刑制度だったが警察官を殺した17歳の未成年にすら死刑を実行する制度に対し,白血病で余命いくばくも無い状況から命をかけた最後の方法を復讐を誓ったゲイル,自分と恋仲にあるダスティと共に恐ろしい計画を練る。

コンスタンス自身がレイプ殺人の被害者として殺される偽装殺人事件を捏造し,その犯人役にゲイルがなり,それらの後始末をダスティが担当するようにした。

コンスタンスはどの道遅かれ早かれ死ぬ運命,ゲイルは『多くを失うと死は喜びだ』の表現から最愛の息子ですら取り上げられ絶望し,ダスティは死をかけてこの世に何かを訴えるコンスタンスの覚悟を受け止める,3者3様の鉄の団結を覚悟した。

コンスタンス死後ゲイルも冤罪による死が必要なのでダメ弁護士を雇い,法廷でも自分に不利な証言をするようにダスティを仕向け,死刑になるようにコンスタンスには予め性器に自分の精子を残してレイプに見せかける周到さをみせる。

ゲイルは落ちぶれても元エリート教授であり幼稚な犯罪に疑問をもつマスコミを巧みに利用し,死刑実行のぎりぎりまで何もしゃべらずマスコミ側の興味を拡大し時期が来て多額の報奨金と引き換えに練りに練った事件の概要を断片的に話す事で可能な限り死刑実行ぎりぎりに事の次第がわかって【冤罪】の怖さを強調しようとした。

以上が私が考えた全貌ですね。この映画の監督アラン・パーカー監督も死刑制度に反対のようですし,この映画の撮影現場のテキサス州では全米で最も死刑を実行している州だそうです。1976年~2002年までに実行された807件の死刑のうち3分の1がテキサス州だそうで,過去25年のうち102人の死刑囚の冤罪がはらされたそうです。どんな人間でも一度死んだらリセットして復活とは行きませんからね。やはりアメリカの政治制度の欠点をつく事がこの映画で言わんとしているのではないでしょうか?詳しくはDVDのオプションなどで詳しく見れます。この間の回答で記載した【オンラインDVDレンタル】などと契約してDVDで色々見ては如何でしょう?

▲解けない"疑問"

これだけ引き付けられる映画でも解けない"疑問"が幾つかあります。choco87さんはどう考えるでしょうか?

疑問1.スペインへの送金方法

空港でベティ弁護士がダスティに対して50万ドルのアメリカ紙幣入りのアタッシュケースを渡しますが,いくらなんでも米ドル50万ドルを税関がみすみす見逃すのでしょうか?アメリカからの出国,スペインへの入国の際に最低2階の【X線検査】を税関で行います。税関職員もこれだけの米ドル札を見て気づかないのもおかしいですし,安直に飛行機で大金を運ぶのは芸が無さ過ぎます。例えビッツィーが証拠のマスターテープをゲイル死後警察,裁判所,検察などへ提出しFBIが動いて捜査が開始する前に高飛びしていたとしても安易ですね。

疑問2.ベティ弁護士

ゲイル,コンスタンス,ダスティの3人のつながりは死刑反対運動での共通の認識の下深い絆があったとするならベティ弁護士はどうなのでしょう?いくら弁護士に【守秘義務】があるとはいえコンスタンスの自殺関与罪にあたるダスティを国外へ逃亡させた幇助の罪,事件の真相を知っていながらゲイルの法廷で弁護を担当した際の偽証罪,など一連の事件の全貌に深く関与しており映画内でのつながりがイマイチ不鮮明です。もしFBIの手が伸びてきたら弁護士資格剥奪に加えて厳罰主義のアメリカでしかも死刑実施が最も多いテキサス州では懲役30年以上は覚悟モノです。そんなリスクを負ってまでゲイル達へ手を貸す理由はナンだったのでしょう?お金でしょうか?もしお金でそこまで手を貸すのであれば何億ドルを要求されてもおかしくはありませんし,金でのつながりは【裏切り】のリスクがあります。これだけの事実を知っているとなると50万ドルをダスティに渡さない事だってありえるだろうし,強迫される可能性もあります。それを考慮すると金以上のつながりがあった可能性だとすると同じ価値観を共有する【死刑制度反対】の姿勢が強かったのかもしれませんが,それを強調するシーンは一切ありません。

疑問3.コンスタンス殺害の最初のビデオテープ

ビッツィ,ザックがゲイルインタビュー後に50万ドルをベティ弁護士へ運び届ける際に途中でモーテルへ泊まった部屋でビデオテープを発見するのですが,なぜその部屋に工作ができたのかですね。あのモーテルへはたまたま泊まっただけにしか見えませんしどこかで予約を取っていたようなシーンもありません。おそらくダスティが工作したと思うのですが2人がチェックインした際に,どの部屋へ泊まるかダスティとつながりがある受付が作為的に誘導したとしてもそもそもそのモーテルへ宿泊すると限らないのでどうしてあの工作が成り立つのかがわかりません。ダスティが後をつけていたとしてもどの部屋に泊まるかチェックインするまでわかりませんし,それをダスティがどう確認するのでしょう?

疑問4.バーリンへの手紙

ゲイルの授業に遅れて入ってきたバーリンが席へついた際に隣の女性からもらった手紙は開けずにそのままファイルの中へ入れたのですが一体なんだったのでしょう?特に意味が無ければあそこでそのシーンを入れる必要がありません。その後パーティーでバーリンは除籍処分となった事実が判明しますが,あれはその通知書でしょうか?またそのパーティーへの招待状?それとその手紙を渡した女性は誰からもらったのか,そしてその女性は誰?ゲイルがパーティーへ向かう際に家にいた女性,ゲイルがバーリンレイプの起訴を取り下げられた際にコーヒーショップから出てきた際に車の中に声をかけた女性は同一人物なのか?

疑問5.ゲイルが映っているマスターテープは誰から送付されたのか?

ダスティがスペインへ50万ドルを送金した後ビッツィーに【自由への鍵だ。デビットから】と郵送されて始めてビッツィーはゲイルが事件に関与している事を知ります。しかしここで大きな疑問なのはダスティはゲイルが首謀者の一味である事を知っているのですが,ビッツィーに自宅を荒らされた際に持ち出されるテープの内容はダスティ関与の裏づけまでしか映されていません。ゲイルはあくまで【冤罪】によって殺されたという事実を世論に訴える事で,死刑制度の是非を問うのが目的だったと推測できますがゲイルまで映っているマスターテープが発見されると【冤罪】では無くなります。このテープを送れる人物はダスティ,ベティ弁護士が挙げられます。ダスティは現場にいた人物ですからマスターテープを持っていたから当然ですし,ベティ弁護士も空港で50万ドルの現金をダスティに渡して国外逃亡幇助をしている人物として事件の全容を知っているからありえるでしょう。ただここで問題なのがもし仮にベティ弁護士がマスターテープをビッツィーに渡してしまうと,FBIの捜査の手が及ぶ可能性がでてくるのでそんな事をはたしてするのかが疑問です。捜査の手が及ぶ可能性があるのであればダスティと同じく国外へ逃亡していたはずです。

特にビッツィーへの手紙には【自由への鍵だ】という文言,ゲイルの元妻へのアタッシュケースの中の手紙には【後悔してます。何でもする学生から】とあります。これらの文言はビッツィーとのインタビューで発言したゲイルの話にでてきます。これらの文言を知りえた人物はベティ弁護士とその弁護士と接触できたダスティですね。ただそれを送った理由は何だったのでしょう?ゲイルの意思だったのかあるいは愛しいコンスタンスを殺した汚名に嫌悪感を抱いたダスティが裏切って本当はゲイルが首謀者である事を知らせる為に送ったのか,真偽は映画の中ではわからないですね。

だいぶミクロレベルまで検証してみましたがこんなところで如何でしょうか?かなり長い時間検証してポイントを掴んでみましたが,人それぞれ全然違う見方もあると思いますし,当方の意見に穴もあると思います。是非ご意見頂戴したく存じます。

参考にして下さい。

ども,再びdaredevilです。

『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』
http://www.uipjapan.com/davidgale/top.htm

(-_-)ウーム,あまりに記載すべき内容が多すぎてどこから話してよいやら....とりあえずわかった事から順不同で記載しておきます。

●登場人物の確認

・デビットゲイル

死刑制度反対運動家でハーバード大学を首席で卒業,27歳で終身教授の地位にあった。州知事との死刑制度での討論番組で激論を交わせるほどの著名人。元学生バーリンへの婦女暴行から教授職を剥奪。バーリンへの婦女暴行はバ...続きを読む

Q映画「リクルート」の結末の解説をお願いしたいです

いつもありがとうございます。
先日妹に「リクルートって映画のDVD借りてきて見たんだけど、何度見ても最後がよくわかんない」と言われ、
「お姉ちゃんが見ればきっとわかるから見て」と解析を頼まれました。(笑)
それで早速見たんですが…
最後の方3回見てもよくわからないんです。 (・ε・`)
結局バークはCIAをやめさせられた人間だったのですか?
バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてたってことですか?
最後に包囲されるけどあれはCIAの人たち?
最初はジェームズが殺されそうになってたけど、
レイラの横にいた人が「どうなってんだ?」とか言い出して、いきなり赤い光がバークに向かったのもよくわかりません。。
ジェームズはいつバークが悪者だと気づいたのか。
ジェームズのお父さんはCIAの人間で、任務を遂行している時に亡くなったってコトでしょうか?

質問ばかりでゴメンナサイ。
ネットでも調べてみたんですが、「この映画はネタバレ厳禁」と書いてあるばかりで…
おバカな私が理解できる結末の解説をどなたかお願いできませんでしょうか?
妹に「お姉ちゃんもわからなかったよ」とDVDを返すのも姉としてちょっと恥ずかしくて…
よろしくお願いします!

いつもありがとうございます。
先日妹に「リクルートって映画のDVD借りてきて見たんだけど、何度見ても最後がよくわかんない」と言われ、
「お姉ちゃんが見ればきっとわかるから見て」と解析を頼まれました。(笑)
それで早速見たんですが…
最後の方3回見てもよくわからないんです。 (・ε・`)
結局バークはCIAをやめさせられた人間だったのですか?
バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてたってことですか?
最後に包囲されるけどあれはCIAの人たち?
最初はジ...続きを読む

Aベストアンサー

リクルートは、面白いですね。
ご質問の通り、確かにジェイムズが本当にCIAに入ったのか、やめさせられて、バークに利用されていただけなのか分かりにくいですね。

■■■以下ネタバレ

●ジェイムズはCIAをやめさせられたのか?

最後で事情を聞きたいからと、CIAの捜査官の車に乗りましたが、その車の中の台詞で、「次の任務は、彼女(レイラ)と組ませるか」と言っているので、ジェイムズはCIAの捜査官だと言うことが分かります。

●バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてたってことですか?

バークが撃たれる前に、全部しゃべってますが、真面目に働いてきたのに、現場からはずされ、山奥(特別訓練基地ファーム)に転勤させられたことに不満を感じ、CIAを裏切り一人で計画を練りました。レイラは微妙でしたが、バークに操られてプログラム(アイス9)を盗んだのではなく、CIAの訓練の一環だと思います。結局、プログラムは偽物だったので。

●最後に包囲されるけどあれはCIAの人たち?

そうですね。レイラも一緒にいました。CIAは、レイラの通報を受けて、ジェイムスを追いかけてきました。なぜ居所が分かったかと言えば、携帯電話の電源を切らなかったので、信号をキャッチして分かったのですね。

●赤い光がバークに向かったのもよくわかりません

CIAの狙撃銃から赤いレーザー光線が出ていたのです。照準を正確に当てるために。最初は、CIAは、ジェイムズを追いかけてきたので、レーザーはジェイムズに向けられていました。このときは、CIAもバークが裏切り者だとは気づいていないようでした。しかし、バークは、ジェイムズのパソコンを通して、何もかもばれてしまったと思い、べらべらしゃべってしまいます。それを聞いたCIAが実は、バークが犯人だと気づき、赤いレーザーを向けたのです。

●ジェームズはいつバークが悪者だと気づいたのか。

これは難しいですね。おそらく、レイラが接触している人物がザック(ジェイムズが殺した人)だと分かり、何かがおかしいと思ったのでしょう。そして、車の中で、バークに銃口を向け、本当は何がどうなっているか聞こうとした。しかし、反撃されてしまったので、このとき、バークが仕組んだと言うことに気づいたと思います。

●ジェームズのお父さんはCIAの人間で、任務を遂行している時に亡くなったってコトでしょうか?

これも、よく分からないですね。。。でもCIAのロビーにあった「国家に命をささげた職員たち」という★マークがありましたが、これは、監督かな?ツアーで見学したときに見たそうで、かなり忠実に作られているそうです。なので、1990★は、多分ジェームズのお父さんはなくなったのではないかと思われます。

私は、こんな風に思いましたが、違うところもあるかもしれません。

リクルートは、面白いですね。
ご質問の通り、確かにジェイムズが本当にCIAに入ったのか、やめさせられて、バークに利用されていただけなのか分かりにくいですね。

■■■以下ネタバレ

●ジェイムズはCIAをやめさせられたのか?

最後で事情を聞きたいからと、CIAの捜査官の車に乗りましたが、その車の中の台詞で、「次の任務は、彼女(レイラ)と組ませるか」と言っているので、ジェイムズはCIAの捜査官だと言うことが分かります。

●バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてた...続きを読む

Q「アメリカン・ビューティー」の謎(ネタバレです)

先日、テレビで「アメリカン・ビューティー」を初めて
観て、わからないことがあります。

1.ジェーンは豊胸手術をするためにお金を貯めていたようですが、
窓越しに、隣の家のリッキーに服とブラを脱いで見せた
胸は、決して小さくなかったのにどうして豊胸手術を
したいと思うのかなと疑問に思いました。
若干左右の大きさが違って、ちょっと垂れ気味かなと
いうほど、大きめだったのに、さらに大きくしたい
ということなんでしょうか?
最初の方で豊胸手術の情報をネットで見た後に、
姿見で服の上からの胸をチェックしてたときも、
ふくらみは大きいと感じたので、
パットでも入れてるのかなと思ってたのですが・・・。
映画の中では手術はしてないことになっていますよね?

2.リッキーの父親のクリスがレスターを殺した理由は、
リッキーとゲイの仲だと誤解したままのため、嫉妬心から、という解釈でよいのでしょうか?

3.アンジェラがレスターに抱かれそうになるとき、
「実は初めてなの」と告白しますが、最初にSEXしたいと
思ったら誰とでも簡単に寝るというようなことをジェーンに言ってたのはウソで、本当は純粋な女の子だったということですか?

以上、理解力のない私に教えてください。

先日、テレビで「アメリカン・ビューティー」を初めて
観て、わからないことがあります。

1.ジェーンは豊胸手術をするためにお金を貯めていたようですが、
窓越しに、隣の家のリッキーに服とブラを脱いで見せた
胸は、決して小さくなかったのにどうして豊胸手術を
したいと思うのかなと疑問に思いました。
若干左右の大きさが違って、ちょっと垂れ気味かなと
いうほど、大きめだったのに、さらに大きくしたい
ということなんでしょうか?
最初の方で豊胸手術の情報をネットで見た後に、
姿見で服の...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
小さい頃から貯めてきた訳だけど、
成長に伴い胸も大きくなって必要がなくなったと解釈しています。
アメリカでは小さい頃から車を買うためにお金を貯めたり、
整形の貯めにお金を貯めるのはよくある話だと思います。

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q「フライトプラン」のオチを教えて下さい

 フライトプランでジョディーの娘が飛行機の中で
行方不明になりますが、結局あのオチはなんなのですか?
乗員乗客で口裏をあわせてたとか?なにか政治的なこと
とかからんでたのでしょうか?
 映画を見に行けばオチもわかりますが、見に行くほど
でも私の中ではないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

アハハ、しかたないな。
まだ見てない人は見ないでくださいね。
では書いちゃいますよ。







最初に私のつたないストーリーでなく、HPからの抜粋を貼り付けておきます。概要がもっとわかりやすいかも。

航空機設計士のカイルは、メカニカル・エンジニアの夫デビッドと娘のジュリアと共に幸せに暮らしていたが、突然、夫が飛び降り自殺を図ってしまう。悲しみに打ちひしがれたカイルは、6歳の娘ジュリアと共に飛行機に乗って帰国の途に向かっていた。搭乗したのは、ベルリン発ニューヨーク行き、世界最大最新鋭のエアジェット。

 だが、高度1万メートルの上空で、彼女の娘は忽然と姿を消した…。

 しかし、乗客はおろか乗務員の誰一人として、ジュリアが機内に存在していたことを認めない。必死に機内を探すカイル。その時、乗務員は彼女に恐るべき"真実"を告げる。FAXで送られてきた記録によれば、ジュリアは6日前に夫と共に死亡していたというのだ…。

 けれどもカイルには、娘がこの旅客機に搭乗しているとしか思えない確かな証拠があった!
もはや誰一人として頼れる者はいない。愛する娘を取り戻すため、カイルの孤独な闘いは始まる。最新鋭の巨大旅客機は今、命をかけた戦場と化した!

という内容ですが、実は娘ジュリアは連邦航空保安官のカーソンによって、格納庫ではなく圧力隔壁の前で縛り付けられ、眠らされていた。
しかもジュリアは乗客名簿には載っていないし、夫とともに病院で死亡したと、機長にFAXが届いた。
実は、カーソンとフライトアテンダントの一人が共謀してしくんだわなだった。
二人は機内にピストルとリモコン爆弾を持ち込むために夫を殺し、棺の中に隠した。しかも、その格納庫に出入りするためにジュリアを給食のカートに隠し、眠らせて圧力隔壁の前に縛り付けておいた。
カイルが抜け出してジュリアを探している頃、カーソンは正体を現し、機長にカイルからの脅迫を告げる。
機体に爆弾を仕掛けた身代金4000万ドル(だったかな?)を用意しろと。
そんなことは知らないカイルだったが、緊急着陸して警官が待機している空港で、カーソンがタラップを降りていこうとしている時にカーソンの疑わしさに確信を持つ。カーソンと、仲間のアテンダントだけは、スタッフがジュリアを探している時も真剣に探していなかったのだ。
カーソンは再び機内にもどり、カイルを始末しようとするが、逆にカイルによって気を失ってしまう。
その間にカイルはリモコンを奪い、ついに娘を発見する。足を負傷したカーソンが追ってきた。
カイルはカーソンを突き落とし、別室に逃げ込んでリモコンのボタンを押した。

ということで、後はハッピーエンド。
カイルを精神病やら犯人扱いした機長はすまなかった、本当にいたんだな、と謝った。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
つたないですが、こんな感じです。
ところどころ記憶に誤りがあったらすみません。

アハハ、しかたないな。
まだ見てない人は見ないでくださいね。
では書いちゃいますよ。







最初に私のつたないストーリーでなく、HPからの抜粋を貼り付けておきます。概要がもっとわかりやすいかも。

航空機設計士のカイルは、メカニカル・エンジニアの夫デビッドと娘のジュリアと共に幸せに暮らしていたが、突然、夫が飛び降り自殺を図ってしまう。悲しみに打ちひしがれたカイルは、6歳の娘ジュリアと共に飛行機に乗って帰国の途に向かっていた。搭乗したのは、ベルリン発ニューヨーク行き...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qラストサマー2の結末を教えて下さい!

昼間、TVで放送してたのですが、途中で寝てしまいました…
レイは、婚約指輪を売って銃を購入。
ジュリーはクローゼットの死体を発見。
…っと、これからっていう時に寝てしまいました。

ネットで調べてみたのですが…
ベンジャミンは、「1」では死んでおらず、生きていたんですよね?
ジュリーに好意を持っていたウィルはベンの息子?
二人で共謀して、関係のない人まで次々と殺していったって事?
やはり、ラストは、「続き」があるような後味の悪い終わり方ですか?

Aベストアンサー

質問者様がお書きになったような結末でした。

ジュリーが島の墓地まで追い詰められたところに漁師になったボーイフレンド、レイが到着、しかし銃が不発で徒手格闘~その最中にベンの鉤爪が息子に誤爆~怒り狂うベンがレイに襲い掛かり絶体絶命
というところで、ジュリーが拳銃発射、普通のリボルバーでは考えられない弾数を撃ち込まれたベンは墓穴に転落(ジュリーは「死ねええええ」とか叫んでいました)

生き残ったのは二人とジュリーの友人のカーラだけ、という酷い顛末でした。

その後、一緒に暮らすようになったレイとジュリー。
もうあれは終わった事なんだ、と自らを納得させようとするジュリーですが、不審な物音を辿ってベッドの下を覗いてみると...

Qキャスト・アウェイを見た方、教えてください!!

ラストで、トム・ハンクスが荷物を届けますよね?
届けた先は、冒頭で出てきた女の人の工房みたいなところなんですよね?
看板が片方(ベティーナ)のほうしかなかったのは離婚したからなのでしょうか?
最後、犬を連れてた女の人が、この工房の女の人っていうのはわかるんですが
車にフェデックスのマークが入っていたりしたのがよくわかりません。
ここらへんには深い意味などあるのでしょうか?
荷物の中身も気になります。。
何かわかるかた教えてください。

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、konoeさんのおっしゃるとおり、あの羽根のマークは彼女によって描かれたもので
FedExのマークとは関係ありません。

フォード製の赤のトラックの後ろにその羽根のマークがありましたね。
でも当然(!?)FedExのマークはありませんでした。

FedExのマークというのはFedの部分が紫色でExの部分がオレンジ色(注:部門によって色が違う)で
下に小さくFederal Expressと書いてある、あれです。
映画の中でもFedExのトラックが走りまくってますので次回ご確認下さい。
というよりFedExのHPで一度確認してみればもっと早いですね。
http://www.fedex.com/us/about/
私もFedExを何度か使ったことがありますが、あの羽根のマークは見たことはないです。
一瞬、超速達用なのかなと思いましたけどね
(基本的にFedExは速達です、なのでトム・ハンクスはあんなに時間厳守していたのですね)。

naka53さんの回答に離婚同意書、とありましたが確認したところ、

Dissolution of Marriage Agreement(結婚の契約解消)

そのとおり、離婚同意書でした。
ほんの2~3秒、しかもそんなにズームインしてないし…
よくそんな小さなところを見ていましたねー。感心しました。
この墜落事故でどこかのカップルの離婚を救ったかもしれませんね!?

パッケージの中身は希望です。
しかし、パンドラの箱と同じで禁(=羽根のマーク)を破って開封すると
人間の諸悪や災いが飛び散る仕組みになっていました。
これは彼がやっとのことで火を起こしたこととも関係があります。
もし彼が開けていたら…彼はあの無人島から二度と戻ってこれなかったでしょう。

…って私は勝手に思い込んでます(^^ゞ。

ちなみに関係ないですが、この映画、想像力のない私のために、
もう少し結末を具体的にしてほしかったです、
その新しい恋の始まりを…ね。

お望みであれば、DVDがありますので何度でも確認することが出来ます。
すっきりしましたでしょうか?

参考URL:http://www.fedex.com/us/about/

結論から申し上げますと、konoeさんのおっしゃるとおり、あの羽根のマークは彼女によって描かれたもので
FedExのマークとは関係ありません。

フォード製の赤のトラックの後ろにその羽根のマークがありましたね。
でも当然(!?)FedExのマークはありませんでした。

FedExのマークというのはFedの部分が紫色でExの部分がオレンジ色(注:部門によって色が違う)で
下に小さくFederal Expressと書いてある、あれです。
映画の中でもFedExのトラックが走りまくってますので次回ご確認下さい。
というよりFedExの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報