人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨年筋トレをしていたのですが、しばらくすると、腕立て伏せで、右の手首に痛みが発生するようになり、次第に筋トレをしなくなりました。
さて、最近プッシュアップバーなるものが存在することを知りました。これを使えば、手首の痛みは軽減されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プッシュアップで手首に痛みが出るとの事。


恐らく手首の柔軟性が低いか、もしくは手をつく位置が低すぎるかのどちらかではないでしょうか?
まずはフォームを再チェックし正しいフォームを身につける事は、トレーニングにおいて結果を出すためには必要な事だと思います。
が、実際に柔軟性の問題で手首に負担がかかりすぎると言うのは珍しい話ではありませんので、もしそういう事なら、限界以上に手首を屈曲させずに前腕骨の延長線上で重さを支える事ができるという点で、プッシュアップバーはたいへん有効なツールですよ。
あと、バーなしに比べ、より深い位置まで大胸筋を伸展させる事ができるという点でも為になるツールです。

トレーニングする前に医者にかかれ…的な回答もあるようですが…
何でもかんでもヒビって何もやらないよりは、自分の体を動かしながらひとつづつわかっていく事の方が何倍も有用な事だと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは正しいフォームを確認します。やはりプッシュアップバーがあると手首をそこまで曲げずにトレーニングできるんですね。
バーについて言及してくださったのでこちらをベストアンサーにします。お二方とも、丁寧な回答をありがとうございました。

お礼日時:2015/08/10 15:10

手首の痛みは腱鞘炎によるものですか?まず整形外科医で診断を受けることをおすすめいたします。



>次第に筋トレをしなくなりました。
これが良かったのかもしれません。

私も筋トレができなくなってチューブを購入しようとしましたが、「チューブも傷める人が多い」ということでスポーツ用品店で販売拒否されたことがあります。筋トレをする人の中にはとことん無理をする人もいて、最終的には手術になることも珍しくないようです。

ご自身の痛んだ箇所がどのようになっているか、医師の書いた書籍を読んで構造を知り、リハビリ項目での運動療法を取りいれのが安全な方法です。負荷が弱すぎるというのであれば、まずは手首の構造に関して勉強するべきだと思います。
同じ人間が行っているので、痛みが再び起こる可能性があります。(経年変化で手首に症状が出てくる可能性もあります)
手首の疾患に関しては経験者の方がご回答してくださると思います。

個人的には、人間の身体は無理に鍛えるようにはできておらず、普通に生活できるだけで素晴らしいことだと実感するべきだと思います。関節寿命50年という話もあるくらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

医者にかかるという発想はありませんでした。dixさんの回答を読んで、自分の身体に対する思いやりが足りなかったなとおもいました。痛みが発生するメカニズムや関節・筋肉について勉強して、再発しないようにしたいと思います。

お礼日時:2015/08/07 18:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腕立てを何回もしていたら肘を曲げると痛くなりました。解決方法を教えて下さい。

筋トレで腕立てを1日200回程1週間程やっていたら腕を曲げると痛くなりました。はじめは筋肉痛だと思い5日程休んだのですが、多少痛みは和らいだものの、10回程やると痛くて耐えられません。曲げた時にコリッと筋肉の筋のような物がかすかに音が鳴り傷みます。腫れはありません。負荷のかからない状態で曲げる分には痛くありません。腕立てのように肘に負荷がかかると痛いです。コーチにはそれは筋肉痛だと言われますが、私は筋肉痛ではないと思います。どなたか詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

筋肉かどうかはわかりませんが、機械的に同じ動作を繰り返しやり過ぎると、繰り返し使った部分にストレスがかかり過ぎたのではないでしょうか!?
基本的にトレーニングを行った次の日は、同じ場所のトレーニングは行いません。
野球選手と同様、先発投手が投げたら中数日はあけるのと同じで、繰り返し使いすぎた場合には、栄養と休養という回復期間が必要となります。それがだいたい48時間程度になりますので、痛みが消失し、再度チャレンジされる際にはこのあたりを気をつけて頂きたく思います。
繰り返し負荷を与えながら動作を行った事により、局所的なストレスが発生しているのでしょう。ですので、基本的には日にち薬だと思いますが、血の流れが良くなるように積極的に働きかけても良いと思われます。
局所的興奮が招いた痛みだと思われます。
※興奮により酸欠状態となり、痛みの物質が発生し、侵害受容器が刺激され、痛みを感じたのだと推測します。

参考URL:http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/

Q肩関節を痛めました、腕立てを休止すべき?

原因は定かではないのですが、2カ月くらい前に左肩の関節を痛めました。

日常ではさほど気にならないのですが、
筋トレのための腕立てをすると痛みます。

出来れば、腕立てを休止したくないのですが、直すためには休止すべきでしょうか?

また、スポーツ選手達は、関節を痛めたら皆さんどうしてるんでしょうか?
トレーニングを止めるわけにはいきませんよね、
サポーター着けながらトレーニングしているんでしょうか?

Aベストアンサー

膝や肘の様な関節と違い、肩関節は三次元的な動きをする関節で、故障した場合長引く事が多いですよ。
高負荷のトレーニーなら肩に関わらず、一度は二度は関節の故障に悩まされた事はあるはずですが、肩の関節は厄介です。
特に肩は、一概に「痛めた」と言ってもそれぞれ症状が異なる場合が多いです。
ベンチは無理だけど腕立ては大丈夫、とかフライは無理だけどベンチは大丈夫、とか故障個所によってさまざまですので、この質問だけでは「このトレーニングは大丈夫だけでど、あれはダメ」なんて簡単にアドバイスできる問題ではないですし。

基本的な考えとしては、やはり故障の間は無理をせず運動は休む、と言うことでしょう。
それでも無理を押して腕立てだけでもする、と言うのなら仕方ないですけど。

フォームは、
・肩甲骨を終始寄せ、肩は上げない。
・手を着く位置は乳首ライン。(初心者の方が思うよりかなり下半身側。

Qプッシュアップバーを使った筋トレ(大胸筋など)につ

大胸筋をたくましくしたくて、プッシュアップバーを買いました。
腕立て伏せを10回×3セット(2セット目、3セット目は10回出来ないことも)を毎日やっています。
しかし、大胸筋が全然筋肉痛になりません。負荷が小さいのでしょうか?

プッシュアップバーを使った効果的な筋トレを教えてください。

Aベストアンサー

例えばね、バーベルを使うベンチプレスってのがあるとして、これは、乳頭から鳩尾あたりまでの間にバーベルを下げて、そして肩の真上に挙げてゆく。つまり、肩の前から肩上に直線的に挙げるのではないということ。半円を描いて挙げるということ。肩にバーベルを下していては、小さな三角筋に刺激がいくだけなので、何時まで経っても大胸筋が大きくならず、で、挙上重量も全く伸びない。挙句に肩を痛める。

初心の内は大胸筋が未発達で、肩前の三角筋が強いということもあるのだが、そこを我慢して、最初は苦しいけれど、乳頭に下ろすということをやっている人が、結局、挙上重量を大きく伸ばしていく。

でね、手幅は、パワリフのルール的には81cm以内と決まっている。広い方が、肘の伸展までの距離が短くなって、クリアまでが楽と言う理屈なので、手幅が81cm以上になると競技的には失格。

そういう基本情報を承知であれば、手幅(両親指間)を80cmにして、両乳頭を結んだその延長線上にプッシュアップバーを置くことが肝要と分かる。自重系を卒業して、さあ、ベンチプレスという時、違和感なく、進んでいける。でも、最初から80cm幅は無理。60cm、70cmと広げていければ良いのだと思う。

で、ディープに深く体を沈めて、フルレンジを心掛けましょう。

10回反復が限界なら、今は、とりあえず、負荷的には少なくはない。が、今後、一週間から十日おきに負荷を増やしていくというくらいの勢いが無くては、10回という回数が楽をし続けるだけの惰性になってしまう。

真面目にやっていれば、一週間から十日おきに負荷は増やせると、自分の体験や周囲の真面目な人を見ていて分かっている。重量物を入れたバッグを背負えば良いと思う。その重量数値も、体重計があれば、体重計に両手を乗せて、手幅は必然的にめちゃくちゃ狭くなろうが、とにかく、腕立て姿勢を取れば、腕(胸)にかかっている重量は知れる。自重のみだと、正しく乳頭に両手があれば、体重の2/3くらいが表示されると思う。で、この数値の更新を目指して、日々、記録しておくことが大切。で、個人差はあろうが、理屈的には、この数値がベンチプレスの挙上重量と思って良いのだと思う。

暇だから、余計なことを付け加えますが、例えば、体重60kgの人が居たとして、その2/3は40kg。自重のみの腕立て伏せだと、この人は、40kgのベンチプレスをしていると同等ということ。で、これを10回、反復できるということは、推定一発のMaxは53kgということになる。これは、まあ、初心男性の平均値かな。参考まで。何かの励みになれば幸いです。

例えばね、バーベルを使うベンチプレスってのがあるとして、これは、乳頭から鳩尾あたりまでの間にバーベルを下げて、そして肩の真上に挙げてゆく。つまり、肩の前から肩上に直線的に挙げるのではないということ。半円を描いて挙げるということ。肩にバーベルを下していては、小さな三角筋に刺激がいくだけなので、何時まで経っても大胸筋が大きくならず、で、挙上重量も全く伸びない。挙句に肩を痛める。

初心の内は大胸筋が未発達で、肩前の三角筋が強いということもあるのだが、そこを我慢して、最初は苦しい...続きを読む


人気Q&Aランキング